(元日産取締役:ゴーンは自分さえ稼げばよい)橋下氏「ゴーン氏に助けてもらわなければならないほど日産をダメにした、日産の経営陣がバカだろう」11/22,23のツイート

記事をシェアして頂けると嬉しいです

(橋下徹氏twilogより引用)

(11/22)
日本の刑事手続きに疑問の声=ゴーン容疑者勾留「家族と面会できず」―仏メディア(時事通信) – Yahoo!ニュース

日米地位協定の改定ができない大きな理由もこれ。日本の刑事手続きは欧米スタンダードからみて野蛮。地位協定を叫ぶだけでは改定できない。地位協定改定を叫ぶ国会議員は勉強を。


自公と維新、「入管難民法改正案」の修正協議へ(TBS系(JNN)) – Yahoo!ニュース

正しい修正方向に持っていけるか。今回の問題では、政治的に決めるのは上限数とコントロール方法。ここが決まれば資格基準は官僚に任せてもいい。維新に上限数についての確たるロジックがあるか?政府の積み上げ方法に乗ったらアウト。あんなの全く意味がない。

(11/23)
<最高裁>橋下前大阪市長の在職中メール「公文書」判決確定(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

これだと公にされたくない話は、全部職員と電話をしなければならず、業務効率がむちゃくちゃ悪くなるな。最高裁は真面目に仕事をするときの知事の異常な仕事量を想像できないのだろう。まあ、こういう判断であれば全部公開でもいい。その代わり国の方も全部公開にすべきだ。

元日産自動車取締役・奥野信亮氏インタビュー 「ゴーンは自分さえ稼げばよい」「イエスマンだけ残り、ガバナンスに問題」

ルノーやゴーン氏に助けてもらわなければならないほど日産をダメにした、日産の経営陣がバカだろう。


東京都23区は、人事委員会が過去最大の給与引き下げを勧告したのに、無視するらしい。引き下げ勧告が出るということは民間と比べて高すぎるということだ。そんなに余裕があるのだから、都税を奪って地方に回すことは仕方がない。小池都知事は23区への交付金を減額してから、都税確保の主張を。


(出典:https://twitter.com/adachiyasushi/status/1065875230537568257)

維新のスタンスなら、東京都特別区人事委員会による過去最大の職員給与引き下げ勧告を無視して、民間よりはるかに高い給与をもらう東京の公務員を徹底して糾弾しなければなりません。

<<下に続く>>

国会で野党は、政府のデータ集計のささいなミスをあげつらうことで仕事をした気になっている。こうした悪癖を捨て、本質的な政策論争に持ち込むにはどうすればいいか。橋下徹氏が実践的な国会改革論を披露する。以下はプレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(11月20日配信)の抜粋記事だ。
保守やリベラルといった区分けに固執するのは無意味。安倍首相とトランプ大統領が実践する「マーケティング政治」を野党は学ぶべき。


国会議員が秘かに読んでる!?

憲法問答
橋下徹, 木村草太
徳間書店

【政治部門:ベストセラー1位】(10/25時点)

橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。(初めての方)30日間無料お試し実施中!

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)※2023年度から小学5・6年生にも拡大
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・府大市大を統合し公立最大規模・知の拠点「大阪公立大学」に、そして授業料も無償化
・小中学校に授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

【新・政策目安箱】日本維新の会にどんな政策を期待しますか? | PoliPoli

【維新政治塾】オンライン – DMM オンラインサロン
2012年の開校以来、経験ゼロの初心者から数多くの政治家を産み出してきた維新政治塾がこの度、オンラインにて開校! 政治の第一歩を踏み出したい方から、政策を勉強したい方まで、幅広く皆さまのご参加をお待ちしています。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る