橋下徹氏「小学校前の保育・教育は全て無償、義務化できる。たった1兆円。政治家が本気になれば必ずできる」3/6のツイート

記事をシェアして頂けると嬉しいです

twilogより引用)
【橋下徹の激辛政治経済ゼミ】賛成だがそれを実行するためには一般党員の一票の価値を上げないと。議院内閣制のままなら無理。議院内閣制の本質は派閥力学 RT @ikedanob: アメリカの予備選挙はまだ混沌としているが、自民党の総裁予備選も、この方式でやったらどうだろうか。各候補が北

全条文の草案を作っても意味がありません。それは実現不可能なので。それは言うだけの人の世界。本気で憲法改正を実現するなら改正実行可能な条文に絞り込むべき。きっちりと作ります。 RT @Sasimaru340: 橋本さん。維新は憲法草案作らないんですか?

有料のゼミで述べています(笑) 僕の原発政策での敗北の経緯。その原因は古賀茂明氏やその周辺者のダメっぷりだったのに、彼らは全くそれに気付いておらず、僕を批判していることへの反論などぶちまけています!RT @2113hiro2:橋下さん原発どう思いますか

こちらです→synapse.am/contents/month… 今まで我慢していたことをぶちまけています(笑) RT @Eko090360765061: @2113hiro2 ゼミやられているんですね。ウワー、知りませんでした。

一昨日の番組収録で保育園の義務教育化の議論が盛り上がった。保育園だけでなく幼稚園も含めて小学校前の保育・教育は全て無償、義務化できる。小学校・中学校に待機児童などいない。金の問題だけ。1兆円あればできる。たった1兆円。政治家が本気になれば必ずできる。

大阪では6年前に私立高校の無償化に踏み切った。絶対無理だと言われたが、もう6年間続いている。最後は金の問題。これは政治家の気合の問題。政府予算案を見れば、他のものを削って、1兆円は簡単に生み出せる。まずは公務員給料。保育・幼稚園の義務化はすぐにできる。

大阪市では吉村市長が5歳児の教育費無償化に踏み切った。25億円。来年は4歳児にも拡大する予定。政治が旗を振ればできる。その代り削るところは削らなければならない。もちろん反発は出る。それでも保育・幼稚園の無償化・義務化をやろうと思えば、それはできる。
【大阪市予算】 吉村市長「5歳児教育無償化予算案…未来への投資」(産経WEST)

保育士の資格要件を拡げるのと、ここは税金を突っ込んで 給料を上げれば良いです。一般的な法人税減税に僕は賛成ですが特定企業への政策減税には反対。政策減税に1兆円以上の税金が使われています。それを保育士給料へRT @poasao:保育士さんが少ない問題はどうすれば良いのでしょうか??
(引用終わり)

米大統領予備選・民主党サンダース候補が「大学無償化」を掲げて、多くの若者の支持を集めている・・・と伝えられています。

(ここを見て頂いている方は御存知の通り・・・)
橋下さん(本当の維新)は、ずい分前から「教育の完全無償化」を掲げている。
橋下市長ツイッター「国民の教育レベルを上げることで国を強くする。これが維新ノミクスだ。」(2014.12.6)

さらに、サンダース氏とは違い、しっかりと財源も示していいる。(公務員改革や国会議員定数の削減等)
(因みに、サンダース氏は、「リーマンショックで銀行を救うために投じられた税金を取り返せば出来る」だそうな・・・(-_-;))

松井知事「教育の無償化は日本の少子化対策にもなる。参院選で訴えていく」 ぶら下がり会見 2016.1.19

しかし、サンダース氏の事を報じる時に、維新の事を合わせて紹介したのを見たことが無い・・・

18歳からが対象になる参院選。
このページを通じて、できるだけ多くの若者に、維新の主張を伝えていけたらと思います。

P.S.
サンダース氏の状況を見て、エセ教育無償化(恐らく大学だけ)を言い出す党が出てくるかもですね・・・

関連
「普天間の辺野古移設について国と沖縄県が和解。最終決着は司法で。これぞ法の支配」3/5のツイート

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る