橋下氏「WILLなる雑誌は適切な取材や裏取りをすることなく、中国残留邦人家族を戸籍の不正取得者だと断じた可能性が濃厚」6/16,17のツイート

橋下氏「深田萌絵なる者と雑誌WILLは、中国残留邦人の子孫である藤井氏のことを戸籍の不正取得者と断じた。重大な人権侵害行為の疑いが強い」6/14,15のツイート
の関連ツイート

(橋下徹氏twilogより引用)

(6/16)
交番の警察官刺され意識不明 拳銃奪い犯人逃走 大阪 吹田 | NHKニュース

吹田市千里山交番周辺の皆さん、注意して下さい!!大阪府警は、安街(あんまち)メールを最大限活用して、情報提供に努めて下さい。

吹田市千里山交番周辺の皆さん、子どもたちの移動は控えるべきだと思います。学校行事やクラブ活動等がある場合も控えるべきです。学校やクラブは欠席を当然理解します。

【緊急・拡散希望】
吹田市千里山交番周辺の皆さん、子どもたちの移動は控えるべきだと思います。学校行事やクラブ活動等がある場合も控えるべきです。学校やクラブは欠席を当然理解します。大阪府警はじめ行政機関による案街(メール)を活用した情報提供を望みます。

吹田市千里山交番付近の皆さん、拳銃を持って逃走中の犯人の男は1メートル70~1メートル80。30歳くらい。深緑色のジャンパーを着ているとのことです。

(6/17)
拳銃強奪犯逮捕)大阪府警や捜査にあたった警察官の皆さん、夜を徹しての捜査、ありがとうございました。うちの子供たちも、安心して学校に出かけていきました。負傷された古瀬巡査の一日でも早い回復を祈念します。引き続き、大阪の安全・安心をよろしくお願いします。



(出典:https://twitter.com/lingualandjp/status/1140399249810546691)
藤井氏がソースコードを持ち逃げし、一千万円の清算をしてくれない件について (205) – 深田萌絵 本人公式ノンポリ★ブログ

WILLの編集者ですね。もしあなたたちにメディアとしての自覚があるなら係争中の案件についての報じ方をしっかり学ばれた方がいい。社としてコンプラ研修が必要だ。深田氏がある人物を戸籍の不正取得者だと断定しており、他方、その人物が的確に反論しているのであれば、きちんと両論を紹介すべき。

一定の知識のある者が、深田氏の主張と反論した者の主張を見比べれば、「今のところ」戸籍の不正取得については深田氏の主張に理がないことはすぐに分かる。まあその判断は色々あるだろうから、視聴者に任せればいい。重要なことは係争中であれば両論併記が必要で、今回WILLはそれをしなかった。

さらに、WILLの看板をつけたネット番組において、あそこまで人物特定して戸籍情報を公にし、不正取得者だと報じることも問題。戸籍の不正取得の話題を取り上げるなら、深田氏の裁判の話とは一切切り離して、そして深田氏との知り合いであることやFなどというイニシャルも外して、論じるべきだった。

政治的に一定のポジションをとっている人たち向けに雑誌を売りたい気持ちは分かるが、メディアという自覚があるなら、一定のラインは守るべき。今回藤井氏が反論ブログを掲載していたので、僕は藤井氏の実名と深田氏の主張を併記した。重要なことは両論を視聴読者に提供すること。


(出典:https://twitter.com/lingualandjp/status/1140410937129615360)

僕は、深田(WILL)さんの主張と藤井さんの主張を聞いて、藤井さんの方が正しいと感じ、それを述べた。WILLはそのような論じ方をしていますか?そこが大問題。藤井さんの主張を聞けば、深田さんが支離滅裂と感じる者がたくさん出てくるはず。そこは視聴読者の判断。WILLはそれを怠った。

また僕が藤井さんの実名を出したのは、藤井さんが反論ブログを掲載しているので、深田氏(WILL)の主張と両論併記するなら問題ないから。さらに藤井さんが反論ブログに掲載している以上の戸籍情報を公にはしていない。

藤井さんの実名を出したことが問題なのではない。藤井さんの主張を併記することもなく、藤井さんが公にしていること以上の戸籍情報を公にしたことが問題。WILLはなぜ藤井さんの主張を併記しなかった?WILLの判断能力のレベルは知らんが、両論併記すれば、深田氏が支離滅裂だと判断する者が多いだろう。

WILLが深田さんの主張に理ありと判断するのは自由。しかし係争中の案件で相手方の藤井さんが理路整然に反論しているのだから、それもきっちりと併記すべき。どちらに理があると判断するかは視聴読者判断。深田氏の主張に理ありとWILLが判断するなら、僕はWILLは低レベルだと判断する。それも自由。

WILLは一からメディア論を勉強し直した方がいい。

さらに貴殿らWILLが悪質なのは、もともとは僕の出生地戸籍記載不要論に対して、藤井さんの事例を持ち出して、出生地記載が戸籍不正取得を暴くきっかけになったと大々的に主張。ところが藤井さんの反論を既に知っていたのであれば、藤井さんの祖父が日本国籍を持っていたかどうかを確認すればいいだけ。

深田氏は、中国残留邦人の定義も間違っている。満州に限らない。そして今回の件は、僕がずっと主張しているように、藤井さん方の出生地は関係なく、藤井さんの祖父が中国残留邦人にあたるかどうか、すなわち日本国籍を有しているかどうかが確認ポイント。

戸籍の不正取得を暴くのに、国籍要件で血統主義を採っている日本においては、出生地は手掛かりにはならない。深田氏が散々主張していることは支離滅裂で、藤井さんの祖父が日本国籍保持者かどうか。これは出生地は関係なく確認できる。WILLは国籍と出生地を混同している?それなら超基本的ミス。

いずれにせよ、藤井氏がいつでも取材には答えると言っているので、すぐに取材すべき。WILLはそんな取材もせずに深田氏の主張を垂れ流したの?藤井氏の祖父の日本国籍が確認できて、中国残留邦人だったのであれば、WILLは即刻廃刊にすべきだな。

WILLなる雑誌は、適切な取材や裏取りをすることなく、中国残留邦人家族を戸籍の不正取得者だと断じた可能性が濃厚。普段は保守だとかなんとか威勢よく言って、結局は同胞日本人を傷つける似非保守の可能性が高い。WILLはすぐに裏取り取材をすべき。

貴殿らWILLはなぜ連絡先を公表している藤井さんに取材をしない?藤井さんの祖父の戸籍を見せてもらえばすぐに事実が分かること。即刻取材して、事実を明らかにすべき。深田氏が間違いっていれば、WILLは即刻廃刊にすべき。

橋下徹氏弁護士照会制度で取得した戸籍を「不正取得」と主張 (207) – 深田萌絵 本人公式ノンポリ★ブログ

WILLは、護士法23条照会で取得した他人の戸籍情報を、WILLネット番組であのように情報公開してもいいと思っているのか?弁護士に確認しなさい。裁判での人定目的までだ。WILLは即刻廃刊すべき。

橋下徹さん、「中国残留孤児」の定義を貴方は知っているはずだ。 それに中国残留孤児ならリストに名前がある。そこに名前はないのだ!嘘をついて国民を騙すのは辞めなさい!

WILLも酷い雑誌だ。中国残留邦人と中国残留孤児の違いも分からない深田萌絵氏の主張を全面的に信じて、深田氏が戸籍の不正取得者と断じる藤井氏に裏取りもせずに、中国残留邦人家族の可能性がある藤井氏を戸籍の不正取得者だと垂れ流す。WILLは直ちに藤井氏を取材すべき。


(出典:https://twitter.com/adachiyasushi/status/1140518554460049408)

なんでこんな簡単なことなのに、戸籍の話になると、そこそこ知識のありそうな人でも、日本のルーツがー!とヒステリーになってしまうんだろう。国籍、出生地、本籍地の知識がないことと、日本の部落差別の過去と今の現実を知らないことが原因だろう。

<<下に続く>>

38歳で大阪府知事に就任し、数々の改革を成し遂げてきた橋下徹氏。リーダーシップは個人の資質ではなく、組織に規定される――。自らの大阪での改革や安倍首相の政治運営を事例に、真の「実行力」を語る。
38歳で大阪府知事に就任し、数々の改革を成し遂げてきた橋下徹氏。大阪都構想において公明が賛成する意向を示したなか、大阪ひいては国政の状況はどう変わるのか。政局のうねりとリーダーに必要な要素について語る。
日本経済新聞の報道によると、文部科学省は2020年度にも、大学3年生の全員(約60万人)を対象としたインターネット調査を始めるという。僕は、学生による授業評価が大学改革の柱になることを、メルマガVol.125(【…

6/20発売!橋下徹・三浦 瑠麗 共著

政治を選ぶ力 (文春新書)
橋下 徹 三浦 瑠麗
文藝春秋

大反響!12万部突破!

橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。(初めての方)30日間無料お試し実施中!

コメント

  1. 京都の住人 より:

    白川氏も逃げるのがせいいっぱい。対橋下氏なんだから、怨恨のある映画監督に穴持ち頼めば(笑)懇意にされていたと記憶しています。深田萌絵氏発言背乗りの一件、当ブログでは仲井さんの解説以外考えられない。

  2. 仲井 より:

    >出生地記載が戸籍不正取得を暴くきっかけになったと、、、、、


    意見が交わされているその中身には本当の中身にまでは私は詳細は掴んでいないが、入海苔だとか、国籍だまし取りの件についての、それを暴く手段、手法として、この件については、ただ一点だけ私がこの件でいえることがあります。

    もう二十年以上前から、もっと前になるんだが、全国の警察本部に何度も何度も伝え続けてきていたことがあります。それは個々にも何度か書きました。

    日本の国籍を騙し取って日本人に成りすましている連中、特に反日の連中や、また日本国内や海外で起こす日本人だとされている連中が実は日本の国籍を騙し取っているものが日本人だとされて、実態はそいつらは実は朝鮮民族がそういうなりすましの戸籍で犯行を行っていると、そういう者が日本にはもうそこらじゅうで居てますよと。
    それはテレビ、新聞社をはじめ、行政現場の公務員、学校の全国の教師、大学の教授に至るまで、もう手が付けられないほどの数になってますよと。
    これらを警察庁も、警察本部も、法務省も外務省も全国の法曹関係者、これらが日本で起きていることの現状の異常さを、本気で不正を取り締まる意気込みが警察当局にあるなら、私個人として、警察が、すぐにでも今日からでもできるやれる方法、簡単な手法がありますよと私から伝えていった。

    犯罪者について、逃げ回って日本人に成りすまして逃げ延びてしかも日本の税金をむさぼるこのいわば国民にすれば反日の焦点のようなこの内容を、それを暴ける、その証拠をつかむ方法、これは簡単にこんな方法がありますよと伝えてきた。

    私自身が全国、北は北海道から南は沖縄県警にまでの県警の警察本部(全国にあるすべての数か所の地検特捜部にも同時並行で伝えてきた)に、直接連絡をして、その県警本部の警部(課長)クラスや、警部補(係長)クラスに。
    当時はまだ保安課の名称の頃で、今のように生活安全課や、警備課や刑事課など現状のように皆が重なり合っての対応をするようなそういう複雑に合同されていない体制の時期、時代。

    府・県単位の、そこの府県警本部の本庁舎の、保安課の一課の課長が、公安委員会からこの件はすべて全権移譲され委託されて、全権限を移譲されてその課長が実は持って現場指示して直接動くのは、この課長を頭に、現場は取り締まりを行っており、それで当時は特にこの、課長を兎に角わたしからの電話に出てもらって直接説明をして詳細を伝えていた。

    ★在所の確認が国籍だまし取りでの背乗りの犯罪、または本人の身元確認にそれが実は証明する手段になりますというのは私はその一点をずっと伝えてきていました。

    日本は世界にも珍しく日本では生れた在所のその地域の小学校にしか余程の事の理由がない限り、その出生の今住んでいる住居以外の地域への越境して違う地域の学校(この場合は公立の日本の小学校)に行くということは、まずほとんど無理な仕組みに出来上がっているし、いた。
    これが実はこの日本の国籍を騙し取っていればそれでそこに証拠が存在するという原点が発生することに私が気づいてそれを伝えた。
    つまり、明治の初頭時期に、江戸が終わり日本に明治の時代がきて、その時期にできた日本全国の公立の小学校へのその人物の就学記録。
    これが決定的証拠になりますよと。
    この明治の時期の初めの段階で日本全国の小学校にその先祖は間違いなしに日本人として小学校へ入学した記録があるかどうか、
    家系がその明治のその初頭の時期にその該当対象の人物の本人の家系の祖祖父母及び祖父母の段階ででも、その本人の家系がその明治の時期にそういう小学校へ日本の国内の小学校に入学した記録、就学記録が残っているのかどうか。明治の時代に入学時の写真だとか入学生徒名簿の記録だとかがあるのかどうか。

    日本はここは実は非常に几帳面で、学校ごとにこれは実は残されていたし、地方も含めて地域地域での地域資料館や地域の歴史館などの中に、小学校の歴史についてとか、そういう学校の記録入学生徒、その地域出身生徒の名簿は、実は残されているし残っていた。

    ところが私がここにも書いたので皆さんご存知の通り、

    ★これで日本国籍を騙し取っているものは、この明治時代に残された家系の小学校入学、就学の記録でもって、そこに残された名簿でわかりますよと、それをこれまで数年にわたって実は私は全国の警察本部に伝えていたと。

    そのことを警察本部に伝えだしてから8年以上経過してから以降に、このことを、ネット上に実はこれで日本の国籍のだまし取りは見破れますよと書いて出した。
    なぜそれを私が書いてネット上に出したかというと、日本国内には日本国籍を騙し取っているものがものすごく居てるとネット上に書いてもあまり皆信用もしなくて(警察本部さえも全く信用しなかった=もしかすると知っていて、でもごまかそうと警察自体が私にそう対応したのかもだが)まあからかいを受けたり、ごまかそうと朝鮮人が私を誹謗して来たりで、そういう内容だけを私に向けるか、それかネット上からわたしを追い出しアクセス禁止にされた。

    だがこの情報は実は凶悪犯罪者を自白させるのにはもう特効薬のように気持ちいいぐらいそれを使うとみな白状し、それ以降黙秘事件というのがほぼほぼ極端に減った。

    逮捕起訴したものが否認したり黙秘を通したりと、一切喋らない場合、自白しない場合には、この件を捜査段階で被疑者への問い詰めでこれを使いなさいと伝えた。
    逮捕して身柄拘束しても、凶悪犯が一切自白しない場合、
    その場合に、
    【この手を使えば被疑者はすぐに自白しますよ、これを使えばいい】と、全国の捜査本部に伝えてきた。

    【お前が喋らんでも我々(捜査刑事)は何のことはない、いつまでも黙ってろ!かまわんよ!その代わり身元素性をちょっと調べてみた。お前が今回起こしたされる事件ではなくて、もっと怖いことをお前らやってたんだよなあ。
    そっちでやるよ。

    お前を今すぐ逮捕できる内容がある。お前の先祖、祖祖父母、祖父母、両親ら、明治時代からの学校の家系の記録を調べたがお前の家系のものが明治時代何処の小学校にも入学記録がない。日本はすべて記録を残しているんだよ。
    つまりお前の家系は日本にその当時いなかったということだ。学校に、日本国内の日本の学校に就学の記録が一切ない。つまりお前ら一か家系は日本民族では無いトピうことだ。
    どういうことかわかるかあ?
    お前らの家系は日本に不法に入ってきていつの間にか日本の国籍を騙し取っているとしか考えられない。
    小学校の明治時代の記録がないんだから。

    黙秘を続けてもいいぞ!我々警察とすればは日本の国籍だまし取りの犯罪でお前の家族親族一族全部逮捕身柄拘束もできるし国外追放もできるが、お前はどっちを選ぶんだあ?】と、

    被疑者にこれを伝えれば、ほぼ白状するから、捜査に携わる人はすべてこのまずは明治時代の在所地での就学記録、これをまず調べてそこでこの手法で凶悪犯の口を開かせたらいいと。これをやりなさい】と伝えたら、それ以降全国の警察本部で、それを実際に使いだした。
    特に東京警視庁はもうすごい勢いで所轄の平野啓二でさえそのことをもぷ人司式していてそこからまずは庇護者を調べてやっている。

    今では数年前からもう遺伝子で判明しだしたので非常に楽になってきているが。

    私が当時ネット上にこのことを書いたら全国の日本の資料館や地方の歴史館、図書館などに保管されている小学校就学名簿が全国で60軒以上がページが破り取られたり就学生徒の名簿写真の部分が破り取られた理が多発して発生した。
    私がネット上にそのことで日本国籍を騙し取っていても、逃げ延びられると思っていてもそれは甘いよと、その記録ですべてバレるからと書いて、そしたら案の定というか奴らは恐怖を感じたのだろう、そこから突然に全国の図書館という図書館の(なんと国会議員会館内の国会図書館の中でさえ、その特定のページだけがそれが破り去られているということが起きるまでになった)その就学の名簿に関するページだけが、そこだけが狙ったように一斉に破り取られて消滅という事件が発生した。
    それが起きだした。

    でもこの記録は諸学校には実は残っているし、教育委員会の記録にも実は残っている。
    ただ最近のプライバシー法案なる者ができて警察でさえそれをじかに見るには手続きで非常に難儀なものを課せられるようになった。
    公にされていた図書館や歴史館であればだれでも見られたが、肝心なその就学記録のそこのそのページが引きちぎられていた。

    もう以下に朝鮮民族が、背乗りや国籍を騙し取って他人に成りすましたりまったく架空の在りもしなかった人物を、日本人を勝手に作って、それを日本人に仕立てて自分がそれに成りすましていたものまで存在する。

    橋下さん!
    私は河添恵子さんの発言される内容は非常に良く聞いたり見たりしています。
    私の記憶では、WILLにも対談での彼女の記事を出されることがあって、良い雑誌だと思っていた状況ですので今回の橋下さんの指摘された部分で行けばちょっと残念に思っています。

    まあ私は事実だけしか書いていないつもりですがそれは違うというものも実際これまで相当居てました。
    違うという根拠が私の発言を止めるための圧力でのものとただ単に疑問があるといってきている人の両方でしたが。
    でも圧倒的に都合が悪そうだという連中からの誹謗中傷がもう山のようにやってきました。
    2001年ごろから2007年ぐらいまでの間は、北朝鮮を含む朝鮮民族との間でもうものすごいバトルを連日やっていました。その間アクセス禁止は軽く80回以上はやられました。投稿記事で私が出したものはすべて出されてそこから瞬時に総て消されでも朝鮮民族の誹謗中傷して私にやってきて奴らが私向けでの誹謗投稿していたものはそのままネット上の掲示板に消されず残っていくという状況で、これで延々やってました。

    まあ日本国内にある北朝鮮国家国営企業が、私が出した内容によって即刻逮捕、営業停止、営業許可取り消しが可能な内容を、絶対に逃げられないこの犯罪事案の証拠を当時ネット上に私が書いて出していたので、奴らはもう相当怖かったと思う。

    今に至ってもあれだけ有効な、奴らを無条件で逮捕できる内容を警察当局に提供したものはたぶん私以外にはないと今でも自信を持っている。
    あれでやれば、捜査員が、ボケっと店に入っただけで、其れだけで、店の中を見渡すだけで、すぐに不法が見つけられるんだから。それを実は私は警察に伝えていた。

    店舗に入るだけで何もしないで、不法行為だとすべてわかる内容だったし、営業許可も取り消しも可能なはずが、だが実は警察はほぼほぼやらなかった。
    松下電工、ソニーというとてつもない大企業が提供したものが不法につながっていたからだろう。
    この企業には伝えたがこいつらは全く花にもかけずに無視した。
    まあ私一人が叫んでも警察とはうまくやれるとこいつら企業側はなめてかかってそう気にもせずにそう思っていたのだろう。
    でも懲りずに私は延々もう伝え続けていた。

    表だってやったのは、尼崎のところで一か所と、東京の一か所(東京には130か所存在するがそのうち行政処分対象が当時1月から9月までで90か所の店舗に対して現場捜査で不正が発覚し行政処分が行われるほどに不正が蔓延していた)が、私が伝えてそこの当時の所轄の刑事が結構頑張ってくれてという内容が知っている内容。

    やらないのが続き、なぜやらないのか!と、2000年になる手前だったかその当時に、だから国会議員会館の野中広務にこれを伝えたら、私に向けてその後日凄いものがやってきたが、ああなった(どうなったかはもう何度も書いたので皆さんは知ってると思うが)。

    背乗りについては遺伝子による検査と、
    明治時代の小学入学の就学記録。
    これが今可能な一番最適な身元素性の国籍だまし取りを暴く手法だと私は思うし、しかも、これは私がずっと昔から全国の警察本部に伝え続けてきていた内容。

  3. 仲井 より:

    警察が日本に存在している北朝鮮国家国営企業の、その事業所の店舗内に入って、ボケっと店内を見渡すだけで、その事業所が違法行為をやっているかいないか、それがそのままわかると、違法行為の証拠がその状態で掴めると、、、まあここにそう書きましたが、このことで、皆さんは「まさかそんなことが、いい加減なことを!」と、たぶん誰しもそう思われたと思います。

    これを私が当時ネット上に出した時、皆が唖然としていました。

    内容は簡単で、我々素人の物でも見つけられる内容でした。
    でも誰もそのことに気づいていなかった。
    警察はもちろん、機器のプログラムを組んでいるメーカー自身も、むろん日本全部のそういう事業の事業所も、ましてや、本国の北朝鮮国家司令部も、まさかと気づいていなかった。

    ★普通に誰が見てもわかるような姿で違法行為を行っていることがまさか普通に店内で客の目にも表で晒されていたとはと。

    之も実は「記憶の部分」で見つけられたものです。

    この事業というのは、そこらじゅうにある「パチンコ」のことです。
    内容は単純です。
    あのパチンコのプログラムはすべて基本の規定の形というものが法律で決められていて、その中で、大当たりというのは、プログラムで決められた通りに動かないとだめで、元の法で認められた基盤があって、つまり形式があり、その基盤は規定が決められていて、それを何らかの形に変更したものは違法とされるわけです。
    公安委員会に承認されたものしかダメというわけです。

    或る日、私はパチンコを打っていて或ることに気づいたんですが、その前に同時に疑問も持っていたわけです。
    当時私は記憶がちょっと良くて、あのパチンコ台の画面が次々と回転して画面の絵柄が次々変わって行くんですが大体10回転分くらいを順送りで記憶を残した状態で順送りができていたものですから画面をじっと見ていました。画面に映し出された一回店ごとの画面の数字の配置と絵柄の位置関係を、10回転分くらいを覚えていきながら常に順送りで記憶にとどめ順送りしながら。

    そこで分かったんですが、
    大当たりをしている台の画面と大当たりをしない代の画面に違いがあることが分かったんです。
    同じ機種で同じ店で同じ状況で皆が打って遊んでいるんですがでも大当たりが出て居る台と出て居ない代は明らかに画面の中で映る内容が微妙にですがでも実は全く違っていることに気づいたわけです。

    簡単に書きますね。
    徒競走で100m競争がありますよね。
    皆さんも知っているとおり、走者が0mからのスタート地点からスタートしてから、最終のゴール地点は100mの地点ですよね。
    之と理屈は同じで、
    パチンコの機種の基盤も、つまりプログラムも、実は基本はこうなっていて、大当たりのゴールは実は常にこの100メートルの地点でしか大当たりはしないシステム、基盤プログラムというのが基本で、このゴール地点がこの100mにきちんと決められていて、公安委員会が承認している機種台の基盤の基本がこれでないとダメという規定になっているわけです。

    つまり、パチンコを打っていて、その回転していく過程でいつかのタイミングで、設定で組まれた大当たり確率の規定通りの当たるタイミングがくれば、その大当たりというのは必ずそのゴールである100メートル地点になっているというわけです。

    ところがです。
    この大当たりがする基盤のプログラムの既定のゴールの地点100メートル地点を、100mというこのゴールの地点を、これを実は、102mだとか、97メートルだとかに、故意に、店舗が外部から操作をやってその大当たりする地点のゴール地点を、こういうように少しだけ時間をずらすわけです。
    ずらされた分大当たりが全くしなくなるわけです。

    100メートルのところでしか大当たりはしないものを、それをゴール地点を2メートル長くしたり、3メートル短くくすることで、大当たりするそのタイミングのその瞬間を、時間の秒単位でずらしてしまうわけです。
    タイミングで瞬間の合致する部分で時間を故意に店舗側が基盤に操作で手を加えることでその瞬間をゴールを少しずらすことで、そのことで、リーチが来ればその時に時間がずれている分だけ少し超えて外れたり、少し届かずに手前で外れたりするわけです。

    これをたまたま見つけて気づいたわけです。
    じっとよく見ていると実は同じ機種の同じ台の機種であっても、実は台毎に時間がそれぞれまちまちにその時その時で常に流動的に変わりっぱなしだということに気づいたわけです。

    公安委員会の規定ではすべての台は同じ(機種が同じであれば)プログラムでなければだめであり、その時間というものがそれぞれの代で違うこと自体がここが実は違法に営業されていることの証拠になるわけです。
    朝一で開店前に全店全台に設定が為されその設定は開店から最終閉店時まで実は変化させては駄目でこれをやるといわゆる違法行為で行政史処分対象になる。
    世間でたまに摘発されるものだがあれは単一の台などに仕掛けられた台という場合がほとんどの事件案件だが、そこに松下電工、ソニーらが提供したコントローラーなるもの、いわゆるホルコンで、これがいつどのタイミングでも違法な機種台への操作をやろうと思えば之さえ置いとけば、いつでもできる。
    つまり違法行為を行おうと思えばいつでもできる機器システム、これが自由に可能になってしまった。
    一応は違法行為はしないという触れ込みの基これが事業所にはほぼ全店に置かれて機能させている。

    やれば違法だが、やれる操作技術はすでにできており、これらメーカーはそれには使いませんという触れ込みでパチンコ産業に提供されているというのが現状。

    これを違法に使った折にはこの私が気づいた、見つけたこの少しの時間ずれを起こさせているこの機器での不法操作について、故意に作るその時間ずれ違法操作内容を、これを当時日本中の警察本部の全国へと伝えまくっていた。
    東京警視庁が一番熱心にこれをやってくれたし、他にも頑張ってやってくれた県警本部・所轄もある。
    だがそれまで東京警視庁での警視総監はこの北朝鮮国家国営企業への天下りをやっていなかったが、その私がその内容を全国に伝えて居たり東京管内のパチンコ店への取り締まりが急激に激しくなって(上にも書いたが或る年にはその年の初めの1月から9月までのわずかな期間内で、東京130店舗中、なんと90店舗が取り締まりに踏み込まれ、行政処分・行政指導・営業停止・営業許可取り消しと、立て続けにその年急激にやられだした)いき、だがその後遂に警視総監があいつらの軍門に入って天下りしていった。

    たまには記憶も役に立つものだ。記憶が正義の役に立った例。

    現在は、ここの部分の犯罪部分がすぐ判る時間の微妙なズレ内容のここを、つまり、時間のズレを、台の画面を見ただけではちょっとバレにくくされてしまい、現状はよほど記憶との勝負が必要になる。

    当時全くこの内容に関心も持たなくて、一番ひどかった県警本部は、愛知県警、神奈川県警、兵庫県警本部だった。愛知県警本部長職をやったあの不届き者だと地域では有名だったあの人物はその後どういうわけか、自民党末期だったあの時の内閣の官房の中の重職についた。また、日テレで日曜にやっている番組のバンキシャにご意見番として出て居た東京地検特捜部出身のあの人物、もう亡くなってしまったが、この人物も北朝鮮が作った怪しき組織(どう見ても怪しそうな団体=警視庁の踏み込みを制御させてるのではと疑ってしまうようなそう思えるような団体だった、)のトップとして在職しその職に天下っていた。

    国会議員会館の、もう亡くなったがあの男には直接連絡したら、殺害予告が来た。

    ここは日本ではなくなっている。
    次の選挙では反日の連中を何とか日本で活動ができないようにして、日本の大事な、日本というグランド部分の場からは早々に追い出せる、何とか日本から排除できる内容で、一つ一つ潰していってほしい。

    ★マイナンバーと
    ★顔認証と
    ★血液のDNA、遺伝子による登録を。

    そういえば面白い話がある。
    現在の科学はすごい。いや、すごすぎる。
    DNA冴え採取できればその遺伝子の内容だけでその人物の顔が科学的創作で殆どうり二つの顔に復元可能な状況になってきた。

    つまり背乗りをして違法に全く違う人物に成りすましていても、特殊な科学技術でその元の人物の遺伝子が残って居さえすれば、その人物の顔がすぐに復元できるので、もしもその人物に入れ替わっていても背乗りをしていてもすぐにバレるというところまで科学はきた。

    ★生き物の中で相手に向けて唾を吐く生き物はさてさて何でしょう。
    一応ラクダが有名である。
    「サーズ」は、ラクダの遺伝子を引き継いだ、遺伝子構造が非常によく似ているとされている。
    ラクダは人間に向けて近づいてくると必ず唾を吐きかけてくる。キリンもだがよく見てるとラクダとキリンは顔がそっくりでよく似ている。

    地球上で唯一しょっちゅう人に向けて唾を吐くのは、人間とされている世界では、日本の国のすぐそばの国に得意技のように唾を吐きかけてくる奴がわんさと居てる。

    ★特殊遺伝子950万個の遺伝子は、実はラクダの遺伝子だと言われているが、
    サーズもラクダからきているとされるし、、、、、、
    さてさて、、、、、えらいこっちゃなあ、日本は。

    福沢諭吉の教えを軍部は無いがしろになどして、、、
    ほんとあの時に諭吉先生の言うことを聞いていればよかったのに。
    返す返すも悔やむ。

トップへ戻る