(WILL戸籍乗っ取り証拠?動画)橋下氏「WILLはもし刑事事件にならなければ廃刊になる覚悟を持ってやっているのか?」6/13のツイート

更新が遅くなりましたが記録の為記事にしておきます

(橋下徹氏twilogより引用)

(香港)選挙制度が整備されている国では、デモではなく選挙で政権を倒すべきだ。しかし選挙制度が整備されていない国では、民衆の「力」によって政権を倒すしかない。香港の人たちには頑張って欲しい。中国政権だけでなく、他の独裁政権にも民衆の「力」を示して、脅威を与えて欲しい。



しかしWILLもレベルが低いな。これが事実なら、偽装結婚による戸籍の不正取得の典型例で、出生地に関係なく、死亡者との偽装結婚という事実だけで不正は立証できる。検察に告発すればいいだけ。事件にならなければ、この若いお姉ちゃんの単なる勘違い。

この映像は論点がまったく整理されていないが、偽装結婚による不正取得と、二重国籍問題も絡んでいるので整理が必要。不正取得なら刑事事件になるが出生地は関係ない。それよりも問題なのは、若い姉ちゃん、兄ちゃんのこんなレベルの低い問題追及の形で他人の戸籍情報を開示してもいいのか、ということ

WILLはもし刑事事件にならなければ廃刊になる覚悟を持ってやっているのか。現戸籍は同胞日本人にも完璧に戸籍を与えきれていない。6月12日の朝日新聞8面のような話は旧満州等にもたくさんある。現戸籍を絶対視しているこの若い姉ちゃん、兄ちゃんにこんな映像を流させて、WILLは大丈夫か?

この若い姉ちゃん、兄ちゃんは他人の戸籍情報を開示することの意味合いをまったく分かっていない。だから出生地情報が開示されることの意味合いも理解できていないのだろう。国籍要件で血統主義を採る日本において、戸籍の不正取得防止に出生地の記載は無関係。

弁護士は裁判目的で他人の戸籍を取得できるが、こんな形で他人の戸籍情報を開示すれば一発で懲戒処分になる。本当に確たる偽装の疑惑があるなら、ジャーナリズムの精神で開示すればいいが、あそこまで人物特定してしまうのは普通はやらない。不正を正したいなら刑事告発すればいい。WLLは大丈夫か?

<<下に続く>>

日本経済新聞の報道によると、文部科学省は2020年度にも、大学3年生の全員(約60万人)を対象としたインターネット調査を始めるという。僕は、学生による授業評価が大学改革の柱になることを、メルマガVol.125(【…

6/20発売!橋下徹・三浦 瑠麗 共著

政治を選ぶ力 (文春新書)
橋下 徹 三浦 瑠麗
文藝春秋

大反響!12万部突破!

橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。(初めての方)30日間無料お試し実施中!

トップへ戻る