橋下氏「在日韓国人が本名(韓国名)に切り替える際、大変なエネルギーがいる。それは何故か?在日韓国人への差別が激しかった日本の歴史があるから」6/21,22のツイート

記事にするのが遅くなりましたが、記録の為残しておきます

橋下氏「藤井治さん家族(中国残留邦人家族)を戸籍の不正取得者だと断じた雑誌WILLや出版社WAC、深田萌絵氏の責任は重い。藤井さん側から当事務所に連絡があったので、公にしていく」6/20のツイート
の関連ツイート

(橋下徹氏twilogより引用)

(6/21)

(出典:https://twitter.com/fujikazu7/status/1141544215521796097)
youtu.be/Nr5okZb8hPM
youtu.be/j6puSqLVuEY

WAC出版、WILL、深田萌絵氏が、でたらめな推理で戸籍の不正取得者(背乗り)だと決めつけた藤井さんの反論。藤井さんの祖父は、中国残留邦人だった。WAC出版、WILL側は、戸籍についての十分な知識がなく、取材も怠ったために、深田氏のでたらめさを見抜けず、このような重大な過ちを犯した。

(6/22)
資産売却なら韓国政府に賠償請求へ 元徴用工問題 – 毎日新聞

第一段階。次は、韓国政府の韓国企業への徴税債権を押さえる理屈で、日本国内の韓国企業の財産を差し押さえる対抗策に知恵を絞るべき。これができれば、元徴用工は、韓国企業からお金を奪う形になり、そんなバカな話はあるかと結局、韓国政府が元徴用工に賠償する。


莫大な補助金を所管していた担当局は猛反対していたけど、大阪維新の会市議会議員が改革を断行。



(出典:https://twitter.com/nippon_ukuraina/status/1142245461408899079)

在日韓国人が本名(韓国名)に切り替える際、特に子供たちは大変なエネルギーがいる。それは何故か?在日韓国人への差別が激しかった日本の歴史があるから。僕が中学生の頃、同級生は泣きながらこれからの決意を述べ、同級生はそれを支えると何ヶ月もクラス会や学年集会を開いて話し合って、やっと本名

確かに僕が中学だった約35年前に比べれば、今は部落差別や在日韓国人差別は収まりつつある。しかしまだ差別があるのが現実。各国にはそれぞれの歴史がある。ウクライナで在日韓国人が本名を名乗るのと日本で名乗るは全く状況が違う。貴殿はよく勉強し、次代を背負う立場。日本の悪しき歴史も勉強を。


(出典:https://twitter.com/arimoto_kaori/status/1142341996138258432)

それは各地域で実情が異なります。本名で過ごせる地域もあれば、そうでない地域もあり、いまだ現実に差別に苦しんでいる人たちもいるのです。在日韓国人の親御さんが、入学時、韓国名で行くかどうかを判断していますが、通名を選択せざるを得ない状況もあるのです。

それぐらい、かつて日本人の在日韓国人への差別は過酷だった。それを知っているか、体験しているか、また現実に苦しんでいる人たちと今も接しているかが認識を左右します。そのようなことがなくなる日本になるには、まだまだ時間がかかるでしょう。

差別意識が残っている僕ら世代以前が死んで、そのような意識が本当にないか弱い、良い意味でも悪い意味でも、日韓がライバル、競合、敵対関係になる僕らの子供世代以後の時代までは少なくとも時間がかかるでしょう。それぐらい日本の差別は苛烈だった。


(出典:https://twitter.com/moonmoonjjj/status/1142382531783692288)

それは大変よかったです。差別の歴史はお近くの図書館に行けば直ぐに調べることができます。特別永住資格を廃止し、帰化するか否かを選択してもらうことが最終ゴールですね。それは五世くらいに実現できればいいのですが、今のネットの状況を見る限り、まだ時間がかかりそうです。

<<下に続く>>

毎週木曜 23:00 abemaTV AbemaNewsチャンネル「NewsBAR橋下」 今週のゲストは、猪瀬直樹氏 とうとう...
このほど、『日本国紀』などベストセラーを連発する作家・百田尚樹氏と橋下徹氏との間で、靖國問題をめぐりツイッター上で大論争が巻き起こ…

橋下徹・三浦 瑠麗 共著「選挙こそ国民の最大の武器だ!」

政治を選ぶ力 (文春新書)
橋下 徹 三浦 瑠麗
文藝春秋

大反響!12万部突破!

橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。(初めての方)30日間無料お試し実施中!

コメント

  1. 椿 より:

    >在日韓国人への差別が激しかった日本の歴史があるから。

    そりゃあ、あったでしょうね。あれだけ、日本人に対して、
    酷い「暴行」・「略奪」・「強姦」・「詐欺」・「放火」等やってたら、
    (今でも、やってる事は同じだけどね…)

    日本人じゃなくとも、例え ”神様” でも「怒髪天」を突くと思いますよ。

    アメリカの黒人奴隷・インディアンの大虐殺のような「民族浄化」・
    「人種偏見」・「人種差別」ならともかく、

    ⭐︎ ある面、朝鮮人の場合は【自業自得】でしょう。

    確かに、朝鮮人の中でも、日本人と協力して生きて行こうと決め、
    日本の伝統文化を大切に考えてくれている人達も少数派いるでしょう。
    その少数派の人達が、多数派の朝鮮人のために、
    差別されていたのなら、本当に気の毒だと思います。

    しかしながら、そんな事は、アメリカの日系人だって、「排日法」により、
    朝鮮人よりもっと酷い差別や偏見に晒され、人間扱いされなかったし、

    他国でも、そのような差別や偏見の例は、山のようにあります!

    むしろ、在日韓国系の場合、彼らの「嘘」や「反社会的行為」が大問題で、
    それを今まで放置してきた日本人にも責任があると思います。

    昔がいいとは思わないが、むしろ昔のように、彼らの常軌を逸した反日活動や
    犯罪・違法行為や優遇処置を正々堂々と公のもとに晒し、処罰をするべきなんです。

    それを放置しているから、日本人を舐めてかかり、
    【拉致】という「凶悪犯罪」が跋扈したのです。

    彼ら韓国系や北朝鮮系の人間に必要なのは、ヘイトスピーチなんていう
    【百害あって一利なし】の馬鹿げた法律でも、同情でもなく

    ⭐︎ 勇気を持って【自分達の ”真実” を直視させる事】です。

  2. 仲井 より:

    終戦時も、いや、その前の日本のあの大正の時代でさえ、あんな日本国内が一致団結しての、皆が気持ちを一つに近い状態で国のことを守ろうと、自分にも何か国のためにできることはと無いかと、できることは何だろうと考える(国民の生活を他人自分関係なく守ろうと=これは世界でも珍しいほどの、日本人が持つ特有の意識、国民が皆一体となっての自分以外の者までもへの思い、日本国民は誰でも家族と同じような同じ国民だという強い気持ち、気遣い気配りという意識)、そんなときに日本国内で起きていたこの異国からやってきた民族に日本の国内はそこから一気に混乱の犯罪集団が突然に混乱被災したその東京都内を襲撃しだし(大正に起きた関東大震災がその典型=荒れた東京の地域は朝鮮民族違法民族の愚連隊に都心の一等地をはじめ果ては神奈川から千葉にまで至るほぼほぼ奪われ、日々その襲撃強奪強姦暴行略奪に日本国民はおびえ切っていた)、日本国内にはその恐怖に国民は恐怖心が募り、日本国民が抱くこの違法にやってきた朝鮮民族に対して気持ちも対象ももう普通の人間としてみるという対象、普通の状態では彼らを見ることすらできない状態にまで日本国民の、彼らを見る目を落とし込んでいた。

    関東大震災がこの日本での朝鮮民族の本性が現れた象徴的事例であり、この間での東北大震災で日本人の行儀のよさが世界でもすごいと話題になったがあの緊急の状態でありながら人間的行動が取れる日本人はすごいと、そう言わしめたその状態とは天と地ほど違うこのあの当時の関東大震災及び大東亜戦争敗戦後の終戦の年以降の日本国内で起きた事例は、上げれば、言葉で表せないほどの凶悪状態であり、普通誰が考えても日本人の間であんな事が起きること自体が考えられないような状態にまで彼ら朝鮮民族は日本国内で無差別に手に入れたいと思えば無防備状態の純朴すぎる日本人に対してこの混乱している状況であれば何をやってもやれると、今なら欲しいものは日本人から何でも奪えると思ってやったのだろうが、強奪と略奪と殺人、強姦を普通の事のように奴らはやりだしやっていた。
    そこから日本人の意識は、急激に変動し、それがまあ現代の若者などは学校で嘘の虚偽内容を教えられ、朝鮮民族が日本でやったことはすべてなかったことに嘘で塗り固めて学校で教えこみ、その嘘で教えられた内容から導く歴史事実というものに作り変えられ、若者や現状の50代くらいまでの日本の国民はそれを知らされずママで育ってしまい、その内容からの当時の想像をしてしまい実際に起きていたことと違う内容に当時の朝鮮民族が行った残虐行為を(大げさでもなんでもなく一番の証拠が現に日本の都心の一等地が、終戦後以降突然に名義が朝鮮民族に入れ替わり、現在も正にほぼほぼ朝鮮民族の所有地と当時なっていたし、今もそうなっている事実を見ればそのことを取ってみただけでも異常だと誰でも気づくはずだし、そのことでそれが証明されるはず。

    この間の森友学園の国から払い下げてもらったあの周辺の土地だっていつの間にか日本民族の土地だったはずがどういう状況で入れ替わったかわからん状態で朝鮮民族の地主にいつの間にか入れ替わっていた。
    この土地がそういう土地でしかも空港騒音問題での莫大な補償というそういう税投入のこの内容とくっつく形で永年もめにもめてきた土地である。
    日本人は江戸時代からそのまま持って居たとしたら何の問題もなく空港騒音問題もお国のためだと、自らでその土地を手放して早々に解決していたものを、別に裁判訴訟で金銭補償など求めての裁判など起こさずすんなりと解決し立ち退いていて解決していただろうが、そこが彼ら違法移民の連中のいつもの手で、故意にこじらせてわざと解決をさせずに長い期間保証を続けさせる手法での税金を食い潰すことに専念していた。

    それに乗っかり朝鮮人銀がそれを言いことに税金食いつぶしのグルになって動いていた。
    日本で土地財産など持つはずもない朝鮮民族が、なぜ日本で日本の関東大震災時と大東亜戦争での終戦のあの日本国民が途方に暮れて居っと起訴の焼け野原からしばらく身を逃れて地方に疎開し実家などで都会が多少落ち着くまで、食料が自力で(当時配給だったがその配給分を朝鮮民族が奪って闇市などで高額で売ったりしていた)賄えるまでのその短期間だけのつもりでの生活の立て直すその田舎での疎開しているその期間中に、その土地での留守の期間中にまんまと勝手に自分名義で朝鮮民族が日本人に成りすまして日本国籍に入れ替わっての土地登記をして奪い取っていった。

    焼け野原になってしまったがでもそこはあくまでも日本人のもともとの土地であったが、日本人が持っていたはずの土地が朝鮮民族名義の所有に入れ替わっていた。
    何故そうなったか、
    朝鮮民族が日本の都心でなどまあまず絶対に土地所有など語法的には持っていないのが普通であった時代、焼け野原が落ち着きだしたらそこらじゅうの都心の一等地はすでに違法移民の朝鮮民族の土地名義へと入れ替わっていた、ここを見たら歴史は誰でも判るはず。日本で一体何が起きていたかは。
    しかもそうなったのはいったいどこの誰がそうしたのかはこのことを見れば一目瞭然である。

    戦後からの人のほうが全国的には多いが東京に限っては関東大震災時以降に、もうそのことが起きていた。
    こういう事実を知られると都合が悪い朝鮮民族は戦後も必死でこれを隠ししかもそこには嘘と虚偽をものすごく入れ込み戦後に育った若者にその嘘を浸透させていき真実を語ろう者なら朝鮮人差別だと言い出してその証言を一切弾圧しそのうち学校の教師、日教組が中心の朝鮮民族教師がそれを一斉に日本の歴史事実を嘘で塗り替えることに徹しだし、朝鮮人は日本で悪いことなどしていないむしろ被害者d背日本人からものすごい差別を受けていたなどというもうちょっと考えられない架空の内容をでっちあげだした。

    テレビ新聞社自体が戦後は、朝鮮人ばかりが牛耳るようになり、現在もそうだがテレビ版雲の報道でのキャスターらも制作現場もほぼほぼ日本人のいない現場になってしまい、自らで、朝鮮民族が日本の中で日本人に化けてそれを報道という真実を伝えるべきものの中で嘘を伝えだした。

    今の南朝鮮の歯するあらゆる嘘、あの、自分は日本での元徴用工だと自分で主張しているあの大ウソつきの爺じいがいい例で、いかにも戦争中だったからあったかもと思わせる言い回しで騙しまくり、ああやってああいう人物と同じ手法で出鱈目の嘘を日本でも日本のテレビ新聞社に居てる朝鮮民族がそれをやり、真実を言われると自分が都合が悪くなるので、もうまともにばれてる嘘を平気で恥も知らずにでっちあげて、それを日本国民がそう思わされるまで延々と戦後それを吹聴し浸透させてきた。
    今でも多くの日本人は今の新聞テレビ学校現場の朝鮮民族にまんまと騙されたままで、その嘘に騙されたままのものがこれだけネット上に出て居てもまだ騙され続けているものが、相当数いてる。

    真実は絶対に表でさらされては困るこの違法移民の朝鮮民族は、それを隠す報道をやりだし、これが今の日本の戦後の日本の歴史の嘘伝達の歴史である。

    すり替えられている部分がもう想像できないぐらい多く、日本の戦後の大事な日本を奪われた歴史が、そこが嘘が作られている。

    日本で当時起きたことで、戦争という時代、戦中戦後を通じての日本において、日本の国民が受けた一番の被害は戦争での空襲での被害などではないとさえ私は思っている。
    こと治安の構造が、それまでの日本では想像できなかったほうを守らない法律の存在など考えもしない連中が日本の国民を人間とも思わずにただ自分の欲望、よくだけで日本からもうものすごい大きなものまで強奪略奪奪い取っていった。
    そこには日本人が難前年土地誓って来た庶民同士での互いの信頼関係だ値丘人間としての尊厳だとか誇りだ都かつつましくも蓄えての必至で生きてきていた家族で作り上げて来ていた人間としての精神すらこの違法移民の朝鮮民族がそこをずたずたに残虐に叩き壊し何でも目の前で奪い取っていったのだ。」ただの強盗以上の人間社会ではありえないような、特に日本人社会には問うrていなかった異質の内容で日本の国内を人間関係から財産家族周り住民との関係の意識すらもすべて壊してこの日本を無茶苦茶の破壊していった。

    ★、現在日本で動く共産党員が目的としている活動方針、活動の目的地の終着点が、実はまさにこれであろう。
    実際に共産党議員がネット上できちんと証言しこれを狙って日々活動しているとまで発言している。
    共産党組織団体、支援団体と称する団体は日本での活動の最大の目的が日本国家の破壊転覆だと言っている。

    日本国家をテロ行為も含めて暴力革命をやって日本国家を破壊破滅転覆させるのが最終目標だとまでネット上で実際の現役の議員の東京杉並区選出の区議会議員の洞口朋子議員が、これを堂々と顔出しで普通に淡々と語っている。
    日本は今のこの時代でさえ、終戦時と同じように、全く違う形でしか国は国民(日本国民)を、日常守れないほどの状態に変わってしまった。

    最近またまた怪しい内容が出てきているが、私から、日本に存在しているほぼほぼすべての大手といわれるテレビ局に対していくら私が伝えても、言ってることが嘘だろうと、嘘を言っていると伝えても、テレビ局はその人物の日本で行ってきた内容は素晴らしいと称賛の嵐を、そして惜しむ気持ちを全テレビ局が報道でやっている。

    原爆反対活動の先頭に立って活動して要る被爆者とされる日本人だと本人が証言しているあの女性と戦中の時期の話がまあ不思議なくらい一致していることがあってまあこういう連中はみな同じ内容で真実を嘘で固めて日本人だと見せかけて戦争の被害を被った日本政府は保証城、戦争は駄目だ平和でなければ、武器を増やすことは戦争になるというこの手法、言い回しはもううり二つで、一番もう笑ってしまったのがこの原爆で活動の婆とこのいま出てきたこの人物の遭遇したその時の日本本土空爆の時(ババアのほうは原爆投下の被爆)の内容が、まさにうり二つの説明であった。
    私はこいつら同じ手法でやるんだとあきれ果てたが。
    これは嘘だと確信をした。

    理由は簡単。
    まず彼ら二人ともが自分らは日本人だと言いたいがために使った嘘といえる証言。
    これがまあまったく辻褄がおかしすぎる。だからこれはこの二人ともが嘘をついて日本人としたい、認めさせたいがためにした作り話だと私は確信するぐらいそう思ってしまう。

    【私は、日本への米軍からの本土空襲で、戦争中に米軍からのあの酷い空爆のおかげでものすごい被害を受けました。私は当時子供でした、疎開先の和歌山へと送られて生活していました、私は疎開先の和歌山で、その疎開先で絨毯爆撃の米軍からの空爆での焼夷弾空襲に逢いました。
    とてもひどい空襲で、爆撃で、当時一緒にそこに疎開していた多くの生徒らは、皆その空爆で全員死亡しました、運がよく私だけがそこで助かりました、ですから、自分がそこに居てたことすら多分誰も知らないと思います。皆死にましたので。その疎開先で生き残ったかどうかを皆が死んでしまったので、私の存在の事、これをその地域の人もだれも知りません、知らないはずです、戦争はもうこりごりです。
    空爆で、戦争というもので、子供の浮浪児もたくさん出ました。かわいそうな子供たちです。あんなことは絶対に繰り返しては駄目です。戦争反対の意識を強く持って生きてきました】=彼はそこから大人になってそのつい最近まで続けてきた事業で、つい最近までこの戦争反対の舞台のショーを特別な自分の時の経験をもとに思いで永年切らさず自分の管理するタレントをその部隊のショーに出演させ、毎回のように反戦のシナリオでの舞台を続けその戦争反対運動を日本国民に浸透させたいという思いが非常に強いと言っていました、、、レポーターの取材)。

    これを聞いて皆さんこれと同じ話をだれかどこかで聞いたことはありませんか?
    全く同じシナリオを。

    原爆が落ちてきて自分以外は誰も生き残りませんでした、だから自分がそこに居てたことは誰も知らないはずです。私のことも皆その原爆の投下直後に全員が死亡し生き残ったのは私だけだったので私がそこで居てたことそこで生き残ったことも誰も知らないはずだし、私のことを知る人も誰もいません】といっていた世界的に有名になったあの活動家の婆バアと全く同じシナリオだと思いませんか?

    一つちょっと違うのが、
    このババアではないほうの人物が語ってることで行けば、
    彼は和歌山に疎開したといっている。その疎開先で彼は空爆を受けそこに疎開していた生徒は全員が皆死亡してその疎開先で生き残ったのは自分だけだったといっている。
    だから自分のことを知っているものはこの世にだれもいないといっている。
    ここでおかしいのは、日本政府は非常に子供のことは大事にして居て空襲が来るとわかって全国の子供たちを日本人の子供たちを強制的に実家の或る者は田舎の実家に、田舎のない都会人はどこか選んだ疎開先のド田舎へと安全を考えたうえでここなら絶対に空襲は受けないと踏んだうえでそこにしか子供たちを疎開させていない。
    まあ言えば今でいう避暑地のような遠く都心から離れた町村部落地域へと逃れさせていた。
    だから米軍が空爆で爆撃などまず絶対にやらない地域へと逃れさせて居たはずがこの人物曰く自分は多くの生徒や皆と一緒に和歌山に疎開していたらそこが空爆に遭遇して皆が全員がしに自分だけが生き残ったといって証言している。

    まずありえない。
    日本政府の凄かったところは子供への安全というものは何よりも大事にしていた。
    ア世界の戦争を見てもこんな政府主導で先に子供たちだけ先頭を先読みして疎開させ逃しているという事例など世界中ほぼほぼない。
    いかに日本政府が人道的見地の件湿気で対応していたかがよくわかる事例。
    現に私の田舎でも私の家には全員で30人近くが皆疎開すいて帰ってきていてその後終戦になって戦地から帰還した兵隊の叔父さんらが集結して全員で40人を超える団体で戦後住んで同居状態であった。
    私の田舎など絶対に空爆されないし国はそういうことを考えて疎開させていた。
    親族家族、中には他人も混ざって同居状態で助け合いで住んで皆が結構和気藹藹で一緒に数年間戦後過ごしていた。むろん互い同士での一切の金銭の要求も支払いも、負担も、動きもなく、ただきちんと食事がとれる死ねるとこリオも確保できるしクラスに何の不自由さもなく何の要求もされずにただ戦災を逃れてしばらく皆で仲間のように同居状態で過ごしていた。何の強制も何の要求もそこには存在しないただみんなが協力してこの現状を克服して通り過ぎて何とか生き延びようと、一緒に住んで皆が言い争いや、喧嘩など一切見たこともなくただそこで過ごして次の将来に向けての準備に取り掛かるという期間であり、皆がそう思って過ごしていただけである。

    この今日取り上げた人物がなぜこの証言の中に疎開していたという文言を入れてきたのかという部分。
    之も巧妙にしつらえた仕掛けであり、自分がまずは朝鮮人ではなくて日本人ですというためのそのための証拠として自分は日本国家の方針の、国の指示に従って日本人なら誰でもやっていた当時の疎開を自分はしていたんだと、ここをまずはくくっておいてそこから先に今度はその疎開先で空襲に有ったというウソがくっつくことになってしまった。
    疎開先が空襲に遭遇したなどという内容はまあ私は聞いたことがない。
    日本全国60か所以上の地域が空襲に有っているがだがそれは一応都市といわれる場所であり軍事基地は別としてそんな場所に等疎開させてもいないしこの疎開先で空爆を受けたというウソがそこにくっついたおかげでこの人物の言ってることがまやかしの出鱈目だと日本人の我々世代であればすぐにピンとくる。

    こいつらは常にこうやって自分が日本人だと見せかけたいがためにこういう内容を言っているがそのどこかにいつも自爆の墓穴を掘る内容を出している。
    そこまで日本人になりたかったのであれば、日本の国籍などだまし取らなければいいのに(この人物はたぶん現状日本の国籍を持ちしかも純粋の日本人だとされてきたのだろう】。

    だがこういう内容で本人証言として子供時代のことを聞かれて喋ってしまい、そこに嘘が入るとすぐにこの持っているとされる日本国籍のこの件に非常に疑惑が出てくる。
    もしも、朝鮮民族であれぐらいの年齢であれば、まず普通に日本の法務省の許可での日本国籍取得は、正式申請でのあの当時の時期での許可認定は、まず難しかったはず。

    ではどうやって日本の国籍を手に入れたのかを、これをテレビ局や新聞社に対して、ここ数日の期間ずっと何度もこのことを事務所にいって、彼の証言でおかしいことがあると、日本も含め世界でも名前が出るほどにこれだけ業界では日本で影響力を持ってきた組織のトップ、こんなつじつまが合わんことを過去にしゃべって証言しており、しかもこれが法律に違反行為がそこに有るのではという疑念が沸いても来る内容がそこに存在し、これは確認が必要だろうがと、テレビ新聞の報道にはそれなりの責任があるだろうが!彼の言うことがさも真実しかないかのように伝えているが大丈夫かあ?こんなにおかしなことがそこに有るのに確かめもしないのかあ?
    直接確認して来いよ】と伝えた。

    私は自分は朝鮮民族の家系だと言えばいい。そのうえであの戦後のとてつもない混乱の状況で仕方なくそういうことを私の両親や祖父母らが行ったかもだ。でも私たちは日本国家の国籍の国民に慣れて本当に誇りの思っていると、だから日本国家に背を向けるような行動活動など一切行ってもいないし行おうとも温和内。朝鮮民族だがでももう気持ちも体も中身も誇り或る日本国の国民で私は日本国籍の日本人以上に日本人ですとそういって国民の前で証言する也法務省に訴え出れば私は日本の国歌も国民もそこは許容してもらえるはず。
    殺人事件を犯した者でもその理由によっては無罪放免という法の解釈が或る。
    日本に居てる朝鮮民族で違法移民状態で日本国籍を騙し取っている状態なら即刻で法務省にこれまでの自分の家族家系が日本国家の中でどれだけ国民としての責任をもってやって過ごしてきたかを、日本国家の誇りを気づ漬けたりしていないかをここを訴えればいい。
    そのうえで日本国籍を正式に国に要求しださせればいい。
    日本は南朝鮮のように賄賂もなければ陥れも存在しない民族、これらを日本でやってる連中は違法移民の朝鮮民族どぇある。
    ★違法移民かもしれないが日本国民と言われて恥ずかしい行動などはしていないときちんと説明すればいい、自分は違うんだと、日本人としての誇りは誰よりも持っていると、いう証言で、現存している家系上の家族親族も含めて、日本に来てからの過去の生きざまを、正直に述べて、法務省に掛け合えばいい。
    日本は素晴らしい国であり、法的な内容での南朝鮮のようにいかさまが正当化される国家ではない。

    まあ私の個人的見解で行けば、
    日本中の学校の教師、日本中の公務員、ここを自己申告させる。
    虚偽証言が判明したらその時点で身柄を拘束し国外退去宣告も含めた処置対応、そして違法行為を日本国内で重ね続けている違法移民の日本人に化けた連中については、国外追放及び当人の祖国へと強制送還の処罰を本人に告げる。
    マイナンバーを日本中の国民とされる登録者全員に対し義務付けさせ、遺伝子提供を個人個人ごとに強制する。
    民族的判別をまずはそれを見分けてからそこから個々の人物事例ごとに対応する。

    この対策の特別臨時象徴を構築し早急にこれをやる。

    ここまでうやむやでただ疑惑だ疑惑だとやってきていた多くの人物らの部分を、これをすべて公で公報で出させればいい。公務員はすべてをここを公にさせる。
    アメリカではすべて身元確認の折に、公的機関に勤務するもの(公務員職、みなし公務員職などの)は、公のの業務に携わる者については、国家がすべて情報として掴むことが義務付けられており、すべてがこれを徹底して証言させる。アメリカでは自己申告の証言のそこに虚偽があれば、その時点で弾劾、追放される。

    内的にはさすが正義を最大重んじる国アメリカである。
    嘘と虚偽は絶対に許さない国家の起点がそこに有る。
    憲章に基づくアメリカのこの内容は、なさる内容すべてを見習いそのお姿を見てそこから国民が学ぶというこの高貴な誇りあるものを見て見習って教えられ、人はきちんと生きなさいと、自らがお手本として国民の鏡として国民に見せてきてくださった陛下のこの精神だろう。

  3. 仲井 より:

    橋下さん、
    私の知る限りですが、実態は一寸ニュアンスが違ってると私個人は思っています。

    日本の国内で日本人が朝鮮人を差別した差別した、それもものすごく酷い差別だったと、よく日本では報道などでも伝えられている。
    これが真実だと。こう伝えられ続けてきていた日本の中での現状は、このことは私も知っています。

    私は日本人なので、実際にはその酷さの加減は肌ではわからいと言われれば、そういえばそうかもです。

    でもこの件では、一つ必要な部分を加えておかないとちょっと違う内容に結び付けられてしまう危険が常に付きまといます。
    とくに戦時中や戦後のあの昭和40年代半ばごろまでのあの時代の頃まで起きていたとされるこの朝鮮民族への差別という事例の殆どは実は日本人が朝鮮人を差別していたよりももう半端ないほどの数の朝鮮民族による朝鮮人差別というのが実gはほとんどだったと私などはそう解釈もし実際に私の事業所に訪れるものらで、朝鮮人の悪口を言ってる連中ってほとんどが実は朝鮮人だったですよ。

    ★【まあ朝鮮人はひどい奴らばっかりで、あいつらを信用などしてたらえらい目にあうからな、商売で付き合うなら先に金をもらいや!絶対やで、金をもらってからしか商品を納めたらあかんで、必ず品物もってあいつら逃げるからな、金をもらえずにトンずらされるからな、絶対信用したらあかんで、因縁はつけてくるしもうホンマたち悪いからな。奴ら金は払わず旨い事したらタダで奪えると、食い逃げが本性やからな、まあ付き合わんこっちゃ、騙されてしまうのが落ちやから、まあ近づかんほうがいいで】って、

    こういう言い方でとにかく朝鮮人の悪口をこういう言い回しで語っていた連中は、これを言ってる連中って、皆が皆同じ同胞のはずのほぼほぼ朝鮮民族でしたねえ。

    では、朝鮮人のことを日本人は当時どう言っていたか、

    当時日本人は朝鮮人のことをどういうように言っていたかといえば、

    ★【朝鮮人ってホント怖い、あの人ら何するかわからん、危なくて近寄られへんで、殺されるかもしれんし、近所に来たらホント怖いもんなあ】って。
    兎に角怖い怖いがすべてでしたねえ。

    現状要求を次から次へとやってきている朝鮮半島からのつけいられている内容、これらに必ずと言っていいほど加えてくる金銭を要求され、まるでタカりのように要求してくる有りもしないでっち上げの案件、多くの内容にまで、それらと一緒くたで我々は差別されてきた、被害者だ、ただ差別された、被害を受けた、だから金銭で保証しろにつながっていくこれらの内容、この差別という文言を出してくるともう何もかもにこの被害者だと、日本人が差別したと、そういって因縁をつけてくる。

    この日本人がこれについてなぜ素直にそらそうだ、差別してた、本当に悪かったと素直にそれを受け入れられない訳は、日本社会にはそもそも差別という風習というか、そういうことをする感覚というか、人を対象にしてそういうことをやろうとする意識が、大体日本人の中にはほとんどまずないといっていいからです。

    日本人はお金を持っていようが貧しい者に対して差別意識などまず持っても居ない民族で、これはおそらく日本人でしかわからない感覚だと思うが、世界から見たら金を持っている者が貧しい者を見るとき蔑むように見るのは日常多くあるから日本人も当然差別してみてるだろうだとかそう思っても不思議ではないなどと思いがちだが、そこが日本人は全くそこに差別という意識すら持っていない。
    そういう社会なんです。
    日本という国は日本国民という国民は。

    世間では誰かが誰かを見下してだとか、差別意識で他人を見るだとか、差があるだとか、それも身分が違うだとか、こんな意識など日本人はまず持ったこともないでしょう。

    もしも、いやいやそれは人間なら誰でもこいつは自分よりも下だ、上だと絶対に思うだろうと、それも頭のレベルではなくて金銭的身分、肩書的身分、これを日本人は全く思ったこともなければ考えにもそもそも入ってもいない。

    これを一番思ってそこが命よりも大事な民族が朝鮮民族です。
    身分という肩書です。

    ★肩書が朝鮮では身分になるようです。
    ここが我々にはとんとわからんわけです。

    肩書がどっちが上か下かとか、もう日本人の我々から見ればどっちでも何が違うのか意味が解らんというレベル。
    差があるというならしゃべらせてみろと、喋ってそこに価値があればその者の評価が出てくるが、ただくっついて持っている肩書など何になるの?っていうのが日本人の普通の感覚。

    この肩書がくっついた瞬間から奴らはもう差別がそこに存在します。

    日本人はそんなもんなんとも思っていません。
    確かに敬語などは使いますが、それは身分というものではありません、唯の敬意を表すただの言葉です。
    身分が違うなどという意識など日本人は誰を見てもまったくい思ってもいないはず。
    そういう民族が日本民族なんです。

    あの人は凄い、あの人は偉いなあという評価は常にやりますが、でもそれが身分だとか差別には一切感覚的に結びつかないのが日本人社会であり日本国家の日本人の意識です。

    だから日本人は凄いし日本人は素晴らしいし総ての日本人は誇りを持てるんです。

    ★肩書の身分が大好きな朝鮮民族は、私の想像では、自分が居てる自分の国の事よりも自分が今持っている肩書のほうが大事なのでは?
    見てると悲しいほどにそうとしか考えられないのが、違法移民の朝鮮人では?

    これが日本人と朝鮮民族の大きな違いです。

    日本人には博士号も教授の肩書もまったくそこら辺のおっちゃん叔母ちゃんと何ら身分の差別や対応で変わることもありません。
    ただこの人は偉いんだなあというだけで、それが身分には一切関係などありません。
    日本人はそういう民族です。

    だから世間でテレビを見ていたらよくわかるでしょう?
    常に肩書を画面で出して朝鮮人テレビ局がいわゆる専門家という肩書をまずは出してくるでしょう?
    私に言わせれば、肩書など要らなくて、大学の先生ですとだけでいいものを、東大のこの部門の学部の教授で権威だとか、ネイチャーにもよく論文を発表している博士号を持つ先生ですなどと紹介する。

    そんなこと説明せずとも番組内で喋ってみれば見てれば、その人物の能力などはすぐにバレるのに、まずその肩書が大事な朝鮮民族の感覚、そこには上下という人間自体を上下で分けていく体質、肩書が身分と同列にくっついている、日本人にはそこがどう考えても解らん。

    これは朝鮮民族にしかわからん意識なんでしょう。

    朝鮮人を差別していたのは日本人ではなくて、朝鮮人民族です。

    日本の国籍をだまして奪い取った連中が、日本人に化けて朝鮮人を愚弄し身分差別をやっていたというのが実態です。
    現状日本に存在するいわゆる半分が暴力団のあの右翼の連中が、街宣車で「朝鮮人出て行け」とやってるでしょう?
    でもそうやって街宣車の上で叫んでいるその彼ら右翼の殆どが、そもそも同じ朝鮮民族です。

    これは公安調査庁が正式に公表もしています。
    日本の存在している右翼団体の構成員はほとんどが朝鮮民族だと。

    つまり日本人が朝鮮人を差別してるのではなくて、朝鮮時代に日本が併合前までの朝鮮で、当時身分制度で奴婢だった朝鮮奴隷だった朝鮮人を、これを誹謗して差別しながら中傷を繰り返しているそいつらは、日本国籍を自分は持って、自分も朝鮮では奴隷制度の中での奴隷だったが日本で日本国籍に代ってるので今の俺たちは奴隷ではないと、自分は奴隷から抜けたと、朝鮮奴隷から抜けた自分はもう今ではお前らよりも身分が高いと知らしめたいので、ああやってゴキブリだとかとんでもない言葉で朝鮮民族に街宣活動で「出ていけ朝鮮人」とやってるわけです。

    自分が朝鮮では家系が奴隷だっただけに、そこから抜けたその喜びは凄かったでしょうねえ。
    日本にきて日本人に国籍ごと騙し取って日本の国籍になっている現状であれば、もう俺は朝鮮奴隷ではないと、お前らはそのまままだ朝鮮人奴隷のままだと、そう言ってるだけである。

    朝鮮の両班が身分が高かったらしいが、両班に飼わていた奴隷の中で、両班に気にいられたりして一時的にちょっと召し上げてやって奴隷からは一寸身分を上げてやり、傍で置いてやり、両班の身代わりで奴隷を扱う役職をもらえたその「みなし両班」らしき身分をもらえたその奴隷は、今度は人間が変わったほどに権力をかざしだし、その後自分の身分が上がって奴隷ではなくなったと思い込みそれ以降それまで奴隷だった頃に痛めつけられていたその痛さと同じようなことを、今度は自分と同じ同僚に近い同じだったその奴隷に向けて、今度は権力者まがいにふるまいだし、奴隷に対してはその後残虐な行為を平気でやっていたそうだが、まさにこれで、自分が日本でまんまと奴隷から抜け出した途端に、奴隷の身分のものを痛めつけるというこういうことを今日本でもやっているし、昔からそれをやってきたのが朝鮮の歴史である。
    朝鮮人は肩書をつけてやると兎に角その肩書の上下でもう差別行為が起こりだす。
    そういう民族です。
    日本人には全くそういう意識すらない。

    日本で今も行われている差別行為という状況、この内容は朝鮮民族が朝鮮民族に向けてやっている、まあ言えば同じ朝鮮人同士でどっちが身分が高い低いと罵り合っている状況なのだ。
    其れこそ祖国に帰って自分の国でやれ!って言いたいよね日本人からすれば。
    まったく日本人には関係のないことで互いの同じ祖国の同じ同胞同士でどっちが上でどっちが下だと身分争いでの罵りあいをやってるだけ。
    日本人にすればほんと迷惑。

    だから気にすることもないんだが、でもそこに付け込んでの日本から税金を食いつぶそうと、日本の国家をこういう奴隷たちを操っての政治家にまでなり日本の国家の転覆をはかっているのが日本の朝鮮民族議員ら共産党をはじめとするやつらである。

    日本共産党は今も日本に存在する朝鮮総連が組織で作った朝鮮民族政党である。
    れっきとした朝鮮人の朝鮮人が作った政治結社政党であり、彼らが何故日本でそういう政党を作ったかといえば、いずれこの日本とう国を乗っ取って日本を破壊し朝鮮共産主義国家日本を作るためである。

    日教組も朝鮮総連が初めに日本で作った組織であり目的は共産党と同じである。
    朝鮮人組織である。

    こんな政党が日本に有ること自体が異常である。

    日本全国民の二割以上が実は朝鮮民族で占められているのが日本である。
    地域によれば日本国内ですでにもう住民のうちの、日本の投票権をなぜか持っている朝鮮民族が、住民の半分が朝鮮民族という都市もあるだろうと思う。
    彼らが日本の国籍に騙して入れ替わり社民党だとか立憲民主党だとか共産党だとかに票を入れているがまさしくほぼほぼ朝鮮人票である。

    彼らが今度の参議院議員選挙でそれらの党が取得した票数が、すなわち実は日本の国籍を騙し取った朝鮮民族の票である。
    そう思っていいぐらいの日本人に成りすました朝鮮民族の数が今日本で存在している。
    選挙は常にこの朝鮮民族が投じる票の動きで日本の国家の将来の運命が決まるのだ。

    だから選挙は大事なのだ。

    特に日本はこの国籍を騙し取って目的が日本の国家転覆が党是でやろうと活動してきているこんな党を、破壊転覆革命暴力的テロまで容認をして活動するこんな気違い政党にまで日本で票が流れるこの異常さ、破壊工作をはかる共産党や社民党、新選組なるこんな朝鮮総連が作ったような政党が票を受けている現実を日本国民はきちんと知るべきだ。

    彼等は常に自分よりもこいつは上なのか下の身分かを常に図って見定めて生きています。
    肩書が命の源泉です朝鮮民族は。

    それがすべての生きざまです。
    朝鮮民族の生きざまがそれですからそのままです。
    肩書を守るためにやつらは陥れ工作、でっちあげの嘘での煽動工作、印象操作、どんな悪辣な手段でも使ってきます。
    だが責められて窮する前にまずは早々に都合が悪いとすぐに逃げようとします。
    朝鮮戦争でもそうでした。いの一番に戦闘現場から連合軍を残して自分らは逃げていってしまいました。
    朝鮮民族の特性です。

    正面からは絶対に戦いません。
    騙し工作でしか戦えない脳構造なのです。

    だから自分が追い詰められだすと身代わりを立て、闇討ち騙し討ちでの自殺に見せかけての殺しにまで行くことが奴らの手であり、そこまであるわけです。
    朝鮮の歴史には常にこれが日常発生しています。、

    冒頭の内容に戻りますが、
    だから彼らは日本で一番攻撃できるターゲットとして、肩書のないやつら同胞にすればごみ屑扱いだった身分の奴隷に対して、日本でそれをネタに恫喝し、自分は日本国籍になったので、日本には身分制度がないので自分はもはやもう奴隷から抜け出ているので、まだ日本の国籍になっていないものらに対して朝鮮民族奴隷に対して、常に身分がこいつらと自分はもう違うという意識、つまり潜在的に初めから差別というものがもう日常の生活そのものに朝鮮という民族には入って生きているんです。

    肩書を表示することが好きで、朝鮮民族司会者がよく言ってテレビでやってますが、日本人から見て、肩書などくその役にも立たんと、しゃべってるそのことに価値があるのにって、なんでそんなことを思うのかが日本人にはどう考えてもあれがなぜ必要なのか、なぜ肩書が大事なのかさっぱりわからんし、そんなことテレビ局の者だけが知っていればいいだけであり、画面でわざわざ表示する意味があるのかあ?って、
    不思議で我々にはなぜなのか想像できないんです。朝鮮民族には命よりもこの肩書がすべての生きがいでしょうから。
    それがつまりは差別を生んでいる源泉です。

    朝鮮で存在していた、両班と奴婢というこの区別が。
    これを現代社会でも肩書、出身地というものとくっつけて、差別につなげるこの朝鮮流感覚意識が、ここがもう計り知れないほどに薄気味悪いと思えるのが日本人です。

    千葉なのに東京ディズニーとする。
    埼玉なのに23区境に近いからと、東京出身だという。
    東京のほかの大学出なのに、なぜか青山大学出だという者ら、
    京大出ではない場合には、さも京大かと思わせる風に、京都の大学出身だと言っている学生。
    これが朝鮮人がやる典型です。

    橋下さんが言っている差別といっても一口では言えません。

    ★日本人は人も物もすべてが区別が基本ですね。
    ★朝鮮人は区別などというものはなくて、常に差別の上下で物事を見る本能です。

    この感覚は実際に現場で見るともう気持ち悪すぎです。

    ★人間を指導するにも、朝鮮流であれば、導くにも全く間違った歪んだ方向へと部下や家族を連れていってしまいがちです。

    これをやると
    ★親子の間柄の他人行儀問題、兄弟同士での考えられない憎しみ合いだとかの異常な対立構造、
    ★親族との間での、お金持ちと貧乏なお家とのその差からの金銭でのもめごと、
    ★勤務先での暴言等による理不尽なる圧でのトラブル構造、

    日常起きなくてもいいはずの混乱と対立と、そして、最悪恨み妬みの発生。

    最悪です。

    多分韓国南朝鮮では、おそらくものすごい数でこれが日常的に多発しているはずです。
    こういう肩書命で生きていると、人間ではなくなります。
    常に対立と妬みと恨みがそこに出てくるはずです。

    幸い日本人は肩書など何の価値もなく屁とも思っていないのでそこは大丈夫ですが。
    でも、上司にこんな輩が就てしまうと被害は同じです。

    今、日本で尊属殺人が多発しているのは、こういう背景があり、朝鮮民族が持つ感性がそこに有って、それが根っこにあって朝鮮人がこれをやってしまう。
    日本に居てる朝鮮民族家庭でこれがもうほとんどがそうで起きています。

    日本人にはほぼ起きないはずの感覚が朝鮮民族にはあってそこが原点でこういう家族親族内でさえ対立という構図ができてしまうのです。
    人間にではなくて、人間重要視ではなくて、表装飾の見せかけの肩書が最大の価値だと思うこの部分が引き起こす人間から離れた衝動になり、表だけで見せる、表だけで飾っているものが最大重要視される朝鮮人社会の、日本人にはない異常さでしょう。

    テレビのタレントで常に顔のクリームの事ばかり喋ってる連中を見てみてください!ショッピングも見てみてください。
    そこに日本人などいないでしょう?
    表装飾しか彼らには興味がなくて、世の中の本当の大事な部分が見えていないのです。
    それが最大大事なんですが、本当は。

    ★我々は日本人で本当によかった。

  4. 仲井 より:

    ちょっときつい内容過ぎたかもですので最後にちょっと予断を。

    表装飾にかぶれる朝鮮人という部分でちょっと。

    実は私の女房は私と結婚式の折に化粧をしたこっきりで、其れから亡くなるまで化粧を一切やったことがありません。
    あのファンデーションなるものもさえ一切持ったこともなく、使ったこともなく、ただ口紅と、リップのクリーム、これだけは持っていましたが結婚して40年以上の間口紅がついているシーンなどほんの数回程度しかなかったです。
    子供の結婚式の時ぐらいだと思います。
    その程度でした。

    化粧というものは、まず見たこともないし、一切していませんでした。

    お風呂上がりでの、顔や、頭髪に塗るいわゆる化粧水らしきものも、お店で買ってるのを見たこともなく使ってるのも見たことがないほどです。
    ここに以前書きましたが、
    私が作ったミカンの皮から創ったアルコール漬けの液、これだけを頭髪を含め顔や体や皮膚にこれを塗っていて、巡り合ってから40年間以上子の液だけを、これを使っていただけです。

    所ジョージが年間に40ケース毎年購入するといっていた宮崎さんの柑橘「文旦」、これを頭から顔から首からそこらじゅう手につくその柑橘の液を所かまわずに塗りたくってると彼がテレビで数年前に言っていたが、まさにこれである。
    柑橘のエキスが禿げを面積を広げずに止めて居て、増毛までしていると思える。

    彼は黒澤明監督の下、30年以上前に映画で出て居た時の頭髪の禿げぐわいと、現在の頭髪の残り具合が、見てるとほぼほぼ一切変わっていない。
    ということはあれ以降禿が止まっているということになる。
    それ以降に彼は宮崎から送られてくるこのボンタンというミカンと出会い、毎年これを毎日のように武者ぶり食ってその時点で一杯手にもついたその液を、そのまま無造作に頭髪や顔や首やそこらじゅうに塗りたくっているといっている。

    つまり柑橘類の液での増毛効果や頭髪や毛そのものの増殖、増毛、維持に相当効果があると思える。昔あれだけ禿げていたのであれば今だったらもうつるつるになってるはずが今も当時と全く変わらないし、まだ増えてるようにさえ見える。

    柑橘類のあらゆる部分への影響の効果は、その強度は、計り知れない。
    じゃんじゃん!

  5. 椿 より:

    在日韓国人が本名を名乗るに、大変な努力がいるのは、
    ほとんどの場合、家族や親族が大反対するからでしょう。

    民族の誇りとかの問題じゃないと思います。

    日本人として生きて行こうとしても
    「周りが許さない」そういう事情があるからです。

    さらにある朝鮮人らによると、特別永住者でいる方が、
    税金の免除などが受けれて、得をするからだと聞いています。
    実際、韓国名と日本名を使って、「二重口座」を作ったりしてましたよね。

    日本国籍になる方が、彼らにとって「不利」だからです。

    また、アメリカやカナダやオーストラリアに移住する韓国人は、
    ハッキリ言って、「親族と縁を切りたいから移住する」という人が以外と多いです。

    韓国人も中国人と同じで、出世した人間に ”ぶら下がる傾向” があります。
    「お前は出世したんだから、金持ってるんだから、私達を援助して当然だ❗️」
    という考え方です。

    だから出世したり、お金を持っていたりすれば、タカられるんです❗️

    そういう【悪習】から抜け出し、せめて自分の子供たちだけは、
    親族からタカられないようにと思って、
    移住する韓国人が大勢いる事を知っておくべきです。

    そういう【韓国の悪習】を知らずに、「韓国人は差別されて可哀想」とか、
    「民族の誇りがあるから日本国籍にならないんだ」と、

    彼らの情報戦に騙されて、同情したり、擁護したりすると、
    本当にマトモに生き、常識を持って生きて行こうとする
    「真っ当な韓国人達」の ”大きな妨げ” になる事を理解するべきです。

    朝日や毎日は、確信犯ですが、
    彼らの「韓国政府や中国政府に寄り添った嘘」のせいで、

    韓国人達は「ほら、俺たちの考えは正しい❗️」
    「あいつら日本人でさえも俺たちの意見に賛同しているじゃないか❗️」
    と言って、『常識派の韓国人達』を ”社会的に抹殺” してしまうのです。

    馬鹿外務省達がやっている「沈黙」や「放置」も同じで、
    韓国人らにすれば、「俺達が正しいから、日本人の奴らも黙ってるんだ❗️」
    という間違った認識を植え付けてしまうんです。

    橋下さんも、本当に在日韓国人の事を思うなら、
    彼らが主張している「被害者韓国人」ばかりを信じるのではなく、

    その裏にある【被害者ビジネス】という裏の顔も
    シッカリと調査するべきだと思います。

    ⭐︎実際、真実を伝えようとする韓国人や朝鮮人達が、どれほど酷い目にあっているか、
    そういう事、橋下さんは知ってるんでしょうか?

  6. 仲井 より:

    まあ普通の人類であれば皆が持っている本名というもの、これは誰でも持って生きている。
    つまり生んでくれた親なり誰かから命名されて一人の人間がこの世に生まれ出た時点で付けられたものが名前になるが、これが実名とされる。

    朝鮮半島人が、
    そもそも受け継いでいるはずの祖国で持つ本名とされる実名を、これを日本に渡ってきてから、本来の持つ実名ではない全く違うものに変えた通称「通名」というものを、これを、もう日本人が想像できないほどにそこにこだわって、祖国からの本名を隠して、仮に作った誤魔化しの通名と呼ばれるものを、他国の日本で何故彼等は使いたいのか、使い続けるのか。

    これは橋下さんの意見への、僭越ながら私からの説明になるんだが、

    ここについて、私はこの朝鮮民族における日本での彼らが起こしてきた凶悪内容、これまで起きてきた大問題について、ここに触りだしたころから、当初から、まあ一つの答えとしてのわたしなりの見極めの見解を持っています。
    現状まで、日本に居てる朝鮮人の殆どの者たちは、私の考えられるすべてで思えば、
    一言でいえば、
    ★彼らは自分が朝鮮人だというその本当のその民族の事が知られると嫌だとか、自分の本当の出身国の事が知られるとまずいからだとか、このことが、そのことが日本でそもそもバレると自分は困るから、日本の中でそのことがバレにくい通名にしていると、日本では多分皆が普通にそう思いそういわれているが、この内容が一番でこうやって周りからそれがバレるからと、それが嫌でそれにこだわってやっていると、これは実は本来彼らの狙いとは違うのかなあと。

    彼らが思い込んでいる恐怖?と思っているもの、
    それは、
    ★朝鮮に何百年と続いて今でもその内容は裏では実際に現代社会の中でも当時のその身分制度の奴隷制度当時の引き継がれたもの、厳然と存在してそれが行きかう社会構造、意識になって人々の中では今もそのまま頭の中では他人を見るときにはそこからまずは見る社会になって(だから今の韓国社会でまだこの時代でありながら昔の朝鮮の時代の身分の高い官職の家系の家系図が、奴隷で生まれたその自分がその身分の高いものだったものの家系に入りたいがために、そういう家系のものだと、奴隷一家ではないその官職の家系の生まれだとしたいがために、高額な金銭で今の時代でもまだ普通に日常的に売買されているし、戸籍も売買されている)おり、存在し、普通に厳然と朝鮮民族社会で残っているこの朝鮮の過去の身分制度、

    つまり奴隷制度というこのここのこの内容が、彼らが一番敏感に針を刺す内容であって、自分の先祖からつなぐものらが朝鮮では奴隷の身分だったと、ここの部分が最大彼らが絶対に公にだれにも知られたくない内容だと、私はそう思っている。

    ご存知だと思うが、
    朝鮮から日本にわたってきた違法移民の朝鮮民族の殆どは、実は日本国家が半島を併合するまで、そこには残虐な奴隷制度が存在していて朝鮮半島人の9割を超えるものらが実はその身分制度の中の奴隷の身分であったとされている。
    奴隷として生まれ育っていなくて、両班なりのいわゆる官職にあたる身分の者は、国民のわずか1割にも満たない割合であった。
    無残で惨めだったのはそのいつまで立っても日本が併合後もやっぱり奴隷身分は奴隷だとして扱われ、そして戦後になってもまだやっぱり身分制度は残っていくことだし、結果この朝鮮に居てるよりも其れであれば日本のほうが多少とも生きやすくできるかもと、金も稼げると聞いてるしそのほうがいいのかと、奴隷から現状回避できるかもと、海を渡って膨大な人数の朝鮮人が日本に密入国で秘密に渡ってきた。

    一応日本政府は日本の港々で入国してくる朝鮮人の検閲らしきことはやっているが、でも今も日本に居てる彼ら日本に来てるものらはほとんどが奴隷の出の身分の者らで、密入国で登録も人数計算にも日本の受け付けたとされる入国記録の人数にも入っていない。

    日本政府に何らかの形で許容されて日本にやってきたものはもうほんのごくわずかであり、朝鮮で居てれば奴隷としてしか生きられないこの内容から逃げ出したいと思って日本にやってきたもの、日本にいったらそこらじゅうで日本のものを奪い取れると聞いて日本に入ってきたもの、もう様々だっただろう。

    当時からいろいろな理由で日本にやってきて、その時点でまず彼らは日本では奴隷制度のような身分制度が日本には本当に全くないんだということを、じかに目で見、住んでみて正にそのことを実感したことだろう。

    日本に奴隷制度という者が無いことを知った朝鮮民族の奴隷だったものらはまずは朝鮮で植え付けられていた奴隷だけが受けていた差別と虐げられた身分差、ここの部分が日本でこれで外れると、これさえ外れれば自分は朝鮮人だというだけのこのことだけの内容しか世間(日本の国内で)で思われないだろうとの彼らなりの思い込み(でも日本にわたってきた朝鮮民族のほぼほぼほとんどが実は朝鮮国内では奴隷の身分の者だったということはそのことは普通の日本人はもうすでに知っていたんだが、彼らはそのことで奴隷だと思われていないはずだとだけしか思っていなかった=朝鮮の奴隷ではなくただの朝鮮人だと日本人は見るだろうぐらいに思っていた)をもって日本で暮らしだした。
    だから終戦まなしには通名は彼らは語っていなくてむしろ逆に日本人に向けて偉そうな態度まで見せて朝鮮を偉い良い国だというまがいに誇示し日本は敗戦した弱い意気地なしの国民だと思って態度でもそう誇示しだした。

    だが日本人の殆どはいやいや彼らは朝鮮では酷い目にあっていた奴隷であったということはすでにみな知っていたので奴らに向けてまあ何様だと思ってるんだろうぐらいに思って相手にもしていなかった。

    だが戦後のあのどさくさの時期には日本中の都会という都会で奴らはもう日本人のそれまで築いてきて板物凄く多くの者財産だけではない者まで人間つながりの人と人との信頼の部分にまでこの連中は土足で地域にまで入り込んで奪えるものは何でも奪い取っていった。

    もう今でいえば都会のそこらじゅうでやくざもんが毎日のように争い奪い合い、抗争で刀を持って皆が住民らが居てる所にまで目の前で切りあって泥棒同士で争って日本の国土の一番大事な都心の一等地から重要地域を、部分をほぼほぼすべて取って奪い取っていった。

    こうなってくると日本人はこの連中のことがもう手が付けられない、こんな獣とはそばにも寄れないと、やっぱり奴隷なんだと、人間がやれないことをこいつら平気で出来ると、これは人間ではないと、だからこいつらは人間扱いされずに奴隷にされていたんだと思い出した。

    でも本当はそこは少し違っていて、獣だったから奴隷になったのではなくて奴隷にされていたからその今まで満たされて居なかったものを根こそぎ日本でチャンスが来たのでただ奪い取って自分らで満足していただけなんだが=でも日本人にはそうは見えていなかった=奴隷はやっぱり人間ではないなあと。

    そこから日本人は彼らの事を人間としてみなくなりだし朝鮮名イコール獣だと。
    人間ではないと。
    これが正直日本人が朝鮮人に抱いていた当時のそのままの感覚であった。

    ちょうどそういう時期にもうすでに日本につくっていた朝鮮総連らが日本で組織化して動き出し当時監獄に入っていた赤といわれる思想活動家らを刑務所から釈放させ、その力になったのが日本と連携していた北朝鮮直轄の朝鮮総連である。日教組もこの連中が組織作りをして立ち上げた組織であり、日本共産党も、むろん同じこの朝鮮総連が日本で作った、日本国内で日本を朝鮮共産党国家を作ろうとやりだした初めの走りである。
    日本で活動をやるとき出来ることなら自分らが朝鮮民族だとはすぐには三瓶だけでもバレたくない、日本名に近いものを名乗っていれば、そして日本名で日本人に近づけば【私は日本が好きで好きで仕方がないんです、日本のことが好きでこうして日本名を語ってそれで日本の中で立派になりたいんです、などといっていかにも日本国家の中で日本に愛着のある朝鮮人ですと見せかけたくて彼らは初めはそのためにも通名という者をつけさせろと要求した。
    これはあくまでも奴隷のほうから出たものではなくて朝鮮総連なりの日本で存在してる朝鮮総連などの団体が日本国家へ要求をしてそれが認められた。

    それを知った日本に居てる元々は朝鮮で奴隷だった朝鮮民族の奴隷たちは、この連中はただ単に、これで奴隷の部分からは抜け出したいと、朝鮮人だというだけでそれだけで、日本人にも、そして朝鮮人にも、奴隷だったとバレるので、バレないようにしたいと、そのためにはこの通名というものはすぐにも使いたいと、奴隷だったものらはそっちの目的で飛びついたし日本で工作活動をやる連中は連中で、本当の日本での目的は見えなくするように、日本にいかにも馴染んでる風のまじめな親日の朝鮮人という風に見せかける手段として、この通名を要求し、それぞれの立場での狙いは違っていたが、でも結果通名が日本で普通に認められ、そこから日本中で通名だらけになっていった。

    一番喜んだのが実はこの奴隷の身分だった朝鮮人の連中で、これに一斉に飛びついた。
    日本に居てる朝鮮人はほとんど皆奴隷の身分だったということと、日本人から見たら朝鮮人イコール奴隷だったものら、という目線で見ていたので奴隷だった朝鮮人にすればそこだけはどんなことがあっても隠したかった。
    アメリカであれば朝鮮人と言われて呼ばれても彼らは普通に朝鮮人ですと答えて普通らしいがこと日本の場合には朝鮮人といえば皆それは奴隷だと思われてしまう(=事実だからしょうがないんだが)、そのことがまず彼らは絶対にバレたくないのだろう。

    だから極力通名にこだわる。
    朝鮮名での本名にすれば、
    【ああこの人物は朝鮮人の奴隷だったものだ】と、そう思われると彼らは思いこんでいる。
    そう思われる恐怖で彼らは本名に入れ替わりたくないというのが私は彼らが何故あそこまで通名にこだわるのかの意識が日本人にはwから無いという部分の答えだと思っている。

    でも、この通名制度のおかげで真麻ものすごく凶悪内容も発生してきている。
    例えば通名で事件を起こし犯行を犯して刑務所に入れられその後出てきてその折に今度は違う通名をこの朝鮮人は使ってもいいことになっている。
    つまり同一の同じ人物でありながら裁判所の許可もなくこの通名は普通にいくつにでも買えられるし多いものでは朝鮮人で日本で使う通名を20以上使い分けてやってるものが存在する。

    だからテレビでニュース報道で犯人が逮捕されましたというときにテレビ局は通名を使っていない朝鮮人の場合には朝鮮名で報道するが通名の場合同じ人物がまた数年後に犯罪を犯して逮捕されたとき、同じ人物なのに今度はまた違う名前の名で犯人の持つ通名の新しい名前を報道する。

    つまり見ている人も近所の人もこの人物が以前逮捕されたことがある凶悪犯だとはその時点では同じ名前ではないので一瞬はわからない。
    日本人の場合には逮捕されればその名前で報道され次に逮捕されても同じ名前で報道される。
    高朝鮮人は前科10犯でも、10回犯行犯して逮捕されてもその都度名前が違う名前(警察や裁判所では同じだが=朝鮮名の本名で、でもテレビ報道では全部違う名前になる)になっていて、名前が10通りあったりもする。
    表での報道では。

    どれであったことが、朝鮮人はバレたくない。
    朝鮮人だとわかればそれが同時にお前は実は奴隷だったのかと、これがそのまま奴隷だとバレてしまう。
    これが彼らがこだわってでも通名を使いたいという執念だろう。

    それほど朝鮮での身分制度時代の奴隷の扱われ蚊帳が残酷でひどかったということだろう。
    少なくとも自分はその奴隷側だったのではなくて両班のような身分を持っていたものの家系だったとどんなことがあってもそっちの身分に入っておきたいのだろう。

    ここが世界の感覚と、この朝鮮で生まれたこの民族は、人間から見て異常に見えてしまう、まるで獣の世界のハイエナなどの内容と全く同じで、子供のころから子供同士ですでに順列、つまり身分の上下が、力関係がまだ幼い子供なのに強烈に絶対的なものとしてその時期にすでに成立していて、すでに幼い子供の時期にすでにもう子供の中で上下の力関係が出来上がり、生きてる一生そこからその身分上下関係は変わらないんだがまるでハイエナと同じ状況であり、全く違うところで、アフリカ系の黒人やユダヤ人等も奴隷扱いを受けたにもかかわらず、これらと朝鮮民族はもう根本から根本的に違うのだろう。

    身分が世の中をすべて決めると、肩書がつけばそれがすべてを、一生を決めてしまうと、朝鮮民族は昔から今もなおまだそう思い込んでいる。
    上下というこの差しか彼らがこの世で判断する区別基準は持ち合わせていない。
    皆身分差が存在していると思い込んでいる。
    だっから朝鮮には忖度という文言が存在する。
    身分差での忖度が常に行われているのが朝鮮で、人間社会は身分差での何事も忖度でしか物事は動かないと思い込み、人を見るときにも日本でいえば安倍総理を見る目も常にそういう目線でしか見えていない、それをそのままやり続けてきたのが朝鮮民族、そこには賄賂と弱みの暴露脅迫が加わっての忖度が。

    そういう民族である。

    私は基本的に通名は即刻で廃止し、朝鮮民族の奴隷だったものも自分で奴隷になったわけではないのでそこは自分で咀嚼して日本で朝鮮人として生きていけばいいと思っているが。

    そういう解釈が自己承諾で朝鮮人ができるようになれば朝鮮という国は変わるだろうし、日本でも普通に人間としての付き合いができる民族になるだろう。

    でもまだその奴隷だったというこの身分の過去を隠さないといけないと思い込んでるこの状態では、世界とはいつまでたってもうまくいかないだろうし、いつまでたっても人間社会で普通に人間とは見られないだろう、永遠に。

    橋下さんはたぶん「た〇じん」のことで、これを言ってると思えるんだが。

  7. 仲井 より:

    今日本の国内で、身の回りの世間でも、ものすごい数で発生している内容、この間国会でも取り上げて防止法案が成立したがその今度は、こういう例もという意味で、ちょっと違う事案と、この内容との例題で出してみる。

    虐待に関して、まあ同じようなものらが行っている大阪でも橋下さんが旗を振ってものすごいエネルギーを使っていじめ等の内容についての防止案、対策というものを全国で初めて現場が対応しやすい目安の具体的にルールを作って対処したが、これらと同じように虐待は非常に多く発生している。

    今日秋篠宮殿下の娘さんで真子様が、今南米を訪問されているが、今日この真子様がその訪れた国で虐待を受けた子供さんを預かっている施設を訪れて、その子たちとお会いしているニュースが流れた。

    そこでは、日本ではまず絶対にありえない、考えられないその現場のシーンが、これが普通に日本のニュースでテレビの報道ベースで流され、日本の報道番組ではこのことの状況を見て、現地に赴いて同行記者らはそのことを何とも思わずに、これを日本では異常だとか、日本では考えられないという現実今の日本ではそういう内容になっているという思いを、この日本のテレビ局のこいつらメディアの連中は、全く気づくこともできそうもない状況であった。

    いや日頃何やかや因縁をつけて文句ばかりを報道で出してやってるが、人は大事だだとか、こいつら実は内心ではこんなことなど全く思いもしていなくて他人のことなどどうでもいい連中で、人のことなどなんとも思っていないのだろう。
    朝鮮民族にすれば自分に関係すれば、自分に関係して繋がりそうだと思う内容についてはもぷ狂犬のように誹謗中傷で弾圧してくる。
    まあこれが朝鮮民族の本質。

    自分らの時にはもうこういう状況であれば、物凄い剣幕でこいつら抗議して追及し、とんでもない時間を費やしてこのシーンを報道で非難して流すことだろう。
    人権はどうなってるんだ!と。

    こいつら自分と関係なければ微塵も人権など思いもしていない連中。

    だから今日の状況のように、これが、こういう今日のようなシーンが日本でではなくて世界で行われていたら、こいつらなんとも思わない。
    日本では絶対にやってはいけないとこいつらが断固させてきていないこういう内容を、日本でもしもやろうもんなら、もう怪しき市民団体と称する日本人というウソででっちあげた違法移民の朝鮮人組織が、朝鮮人議員を担ぎ上げてテレビまで協力して新聞まで一緒に抗議活動をやるだろう。

    私は今日報道された真子様が訪れたその国の或る施設でのシーン、
    そもそもは実は今日のこういう状況の、本当はこっちのほうがまともで、今日本で現状やっていることそのものが、実は非常に異常だと思っているが、だが現実日本では今日の真子様が行った行動は、それをしつらえた外務省なり皇室関係者スタッフに対して、これを日本で行われていたらもう蜂の巣をたたくようにテレビは攻撃しているだろう。
    まさに日本でであれば誹謗中傷して子供たちの人権はどうなるなどと大声で叫ぶが朝鮮民族はそれが日本以外であれば何とも思っていない。

    そのことで日ごろ日本で起きていたら攻撃するのに外国ならよその国の子供ならどうでもいいというこの朝鮮人の感覚。
    まあテレビといっても朝鮮民族なのでそのままものすごい勢いで攻撃をやるだろうと思える。
    これが日本では絶対にありえないシーンの映像だとは恐らく一般の日本の国民も多分気づいてはいないことだろう。
    日本では原則虐待等を受けて、一義的に保護された子供さんが預けられる施設は、児童相談所である。

    直接児童相談所を訪れて施設職員と話をしたことがある人は、まあ日本博とはいえ、よほどの関係者か、しかもカメラ持ち込みなど一切禁止だし、おそらくほとんどといって機会もないし、ましてやなかで保護された子供さんがその施設でどういう状況で生活しているかなど職員が語るだけで子供たちに会って顔を見たり子供から声を聴くなどは、まあほとんどいないといっていいと思う。

    この児童相談所なるものでなぜそこに預けられた子供と外部からのものが面談なり会うことさえ、ましてや内部生活がどうなってるのかさえ見えないように隠しているその原因は一体何か。

    世界中どこの国でも子供たちがどういう生活をしているかは外からわかるように透明にされているのに、日本では何故隠され絶対に見せないのか。

    これは実は違法移民の内容があるからだ。
    まず昔の時点でこういう施設に入所する、してくる子供の殆どが実は日本人の子供というのはまあほとんどといっていいほどなかった。
    終戦後から数年後の時点でそこから円円この施設での運用がなされてきてでも身寄りがなくて預けられた理浮浪児状態で預けられた理親から棄てられて入って着たり、犯罪行為を犯して入って着たり、つまり状況からして日本人の世界ではあまり考えられない状況がそこに有って預けられた理は言ってくる子供たちがほぼほぼ朝鮮民族の子供たちばかりであった。

    ここが日本の国民に知られたくない、こういう施設に入っているものが日本人ではなくて朝鮮人がほとんどというこの事実を朝鮮民族は絶対に世間に走られたくない内容sであった。

    その点外国などは子供中心で物事が考えられ、日本人もそうなんだが、朝鮮人であろうが黒人であろうがパキスタン人であろうが日本人にすれば皆同じ子供だと思うんだが、でも奴らは、そうは思わない。
    朝鮮人はまずそういう内容は消しておきたいのだ。

    どこの子供も普通に表の世間の目に顔も名前もさらした状態で預けられてそれで世間と普通に顔合わせもやって(犯罪少年少女は別で虐待や親に捨てられた子供場合には)ごく身近で多くの人と触れ合うほうがいいのにもう監獄に入れたように隔離させて閉じ込めているのfが実態だ。

    これは子供のことが人権がという発想で出てる者ではなくて中に入っている子供たちの殆どが実は朝鮮民族の子供らだと知られたくないところからの延長戦で今が来ている。

    この点を私は35年ぐらい前だったか大阪平野の児童相談所に直接言った折にそこの課長に問い詰めたことが或る。

    君らは子供の人権だというかそれならこういう監獄のように折詰の部屋になどするな!、違うダリ王が本当の気持ちは!】といってやったことが或る。
    【中の子供たちが皆朝鮮民族の子供ばかりだから、それがバレることがお前ら嫌で、それを通してきてるんだろうが!こどもの、人権を考えるならもっとのびのびと部屋を大きく解放してやって、外部との交流だとか、地域の子供たちと交流だとかいろいろできるだろうが!それをやらないのは入っている子供の民族が朝鮮民族だとバレるからだろうが!】といったことがある。
    表からの目が絶対に入れないように隔離状態で押し込めて居り結果その中で極端にいけば殺し合いまで行われたりしている。
    この現実が起きてもまだそこを開かない。
    今日、真子様が面会していた子供たちなどもう皆満面の駅を浮かべ子供たちは本当につやつやした顔で笑顔いっぱいで真子様を迎えて来訪を喜んではしゃいで叫んでいた。

    こういうシーンが日本では絶対にやらせないこういう内容を絶対に行わないこういう施設の在り方、これでは日本で現状閉じ込められてその児童相談所に居てる子供たちは、そういうところから世間に出てきて果たして世間をまともに真正面から見ていけるだろうか、私はこの子たちのように育つと施設を出てからこの子らは世間を全く信用しない人間になるだろうと思える。
    親からも虐待され預けられた施設でもいじめや痛めつけを受け中には加害行為までやる子供も出来上がっていく、しかも檻のように閉じ込められ外部の人と絶対に接触できなくされている。

    これで子供たちは之から施設から出てから、社会できちんとやれよと言って送り出して、本当に大丈夫なのかと。
    、人間のことを信用できなく育ってから世間に出ていくことの怖さ、本人も、また、今後この子らと接触する人間にしてもお互いでの信頼度はものすごく希薄になって一生を送るのではと思う。

    今日の真子様の訪れた南米の限りなく明るそうな雰囲気が感じられる開かれた施設の子供であれば、大きくなっていざ社会に出ても多分真面目に生きていきさえすれば、まあ普通に生きていけそうな精神状態になれるだろうが、日本の場合の今のこの朝鮮民族がこういう状況を隠したいという部分からのプライバシー問題、ここが朝鮮民族の都合で使うこの意味を日本人はその隠された重い意味を、ちょっと家族ででも話し合って、現実見えないところで起きているこういうことを、茶の間で少しはこういう話も話題で出して自分の子供たち、同年代の子供たちも含めて皆で話し合って話題にしてほしい。
    どうやれば本当はいいのかを、それぞれの家族間でも話し合っていただきたい。

    南米もそうだが基本こういう内容は欧米でもどこの国での、そこには、本来この子供たちの責任ではないという解釈が彼らには普通にできていて、でも朝鮮民族にすれば、身内にはしたくないという思い、とにかく朝鮮人でそういう状況の子供たちが多く施設で居てるというこの事さえも自分ら朝鮮人の評価が下がるんだと、とにかく都合が悪いと、子供たちがどうのこうのではなくてそのことで何らかの自分が損をする、日本人から蔑まれるという思い込み、上下関係だけで生きて成り立ってきているこの民族が一番嫌がるこの同じ民族のそういう状況を兎に角隠したいという思い、もうこいつ等なんでも人間というものなど心など考えてもいない民族。
    自分に都合がいいかどうかだけで生きている生き物。

    自分の無い内情の中身、自分の家系戸籍等の本当の名義、自分の本名等は無論(学歴や肩書などは別に自慢して等語らなくてもいい、何の価値もない、価値は実に有る)だが、自分の過去、自分の失敗、

    これらを普通に出せる人は、死ぬ時にも普通に悔いもなく死ねると私は思っている。

トップへ戻る