橋下氏「政治資金規正法上は公私混同も違法とはならない。どれだけ厳しく見てもね。舛添さんそこを狙っているのかな」5/21のツイート

(twilogより引用)
舛添さん問題。政治資金規正法違反について弁護士による第三者委員会なんて全く意味なし。なぜなら政治資金規正法は公私混同の使い方も違法にしていない。金の支出について記録があれば公私混同でも合法。こんなのでごまかしてはダメ!!【橋下ゼミ】⇒synapse.am/contents/month…

舛添さんがもし第三者委員会を設置するなら公私混同が政治家の態度振る舞いとして如何なのかという倫理委員会的なもの。政治資金規正法上は公私混同も違法とはならない。どれだけ厳しく見てもね。舛添さんそこを狙っているのかな

結局今の政治資金規正法がザル法。不動産を買わない限り、原則支出について制約はない。記録しておけば公私混同も違法にならず。あとはその使い方について有権者が政治判断を下すというのがこの法律の仕組み。

舛添さんが、政治資金規正法違反について検証する第三者委員会ではなく、公私混同が如何なものかを検証する政治倫理委員会的第三者委員会を立ち上げれば、間違いなく辞職勧告が出るだろう。法的検証委員会なら違法判断は出ない。舛添さんどうする?

オバマ氏に謝罪を求めるべきではない、未来志向だ!とかっこつけの自称インテリが叫んでいる。そのロジックだと中国・韓国にも日本の謝罪は不要になる。さらに北方領土に関してもロシアの過ちを主張できなくなる。右も左もこの点分かってるのかな?

舛添さん問題、公私混同をいくら追及しても政治資金規正法上、違法にはならない。メディアは分かっているのか?これは政治倫理の問題。普段の記者会見で、もっと言えば、普段から議会が追及し、有権者に政治判断を下してもらうもの。都議会の責任

舛添氏問題。第三者委員会に法的検証のみを委ねれば問題なし(違法性なし)となる。政治倫理の検証まで委ねれば辞職勧告となるだろう。舛添さんが第三者委員会にどこまでの検証を委ねるのかがポイント。
(引用終わり)

舛添氏は、逃げ切る為に出来ることはやった。
多くの方が指摘しているが、後は「都議会」(自公)の腹一つ。

(五輪利権に当然噛んでる)都議会が、どの方向を見て動くのか?

自分達の言う事を聞く、後任者は居るのか?
居たとしても、はたして選挙に勝てるのか?
例えば、東国原氏に・・・

舛添知事をかばえず、降ろせず=自公苦悩、出直し選なら人材難(時事通信)

関連
【素晴らしい】『賭け事』について朝日の主張を次々にぶつけるも、『納得の回答』ですべて一蹴!

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 中村屋 より:

    それにしても凄いな、立法側の権力て
    こんなやりたい放題な法律の中でぬくぬく生活してはったんやな
    民間なんか税をちょろまかしたもんならえらい目にあうのに…税金で家族旅行?この一家学校教育受けてきたんか?倫理的な教育受けてきたん?
    もう哀れとしか言いようないわ

  2. 仲井 より:

    日本の政治家でお金の件で行けば、ことお金という話題が出れば、コメンテーターの誰もが我が意を得たりとばかりにいの一番にここぞとばかりに彼の名前を出して下種に卑しげな表情ではしゃぐ。

    トップで取り上げられるのがいつも田中角栄。だがこんな話もあるという話題を。

    もう何年前になるか、いや何十年前になるが、福田赳夫という日本の総理大臣が居てたことをまだ覚えておられることだろう。
    あの小泉純一郎が側近で付き添っていたあの日本の総理大臣。

    福田赳夫に於ける田中角栄との戦いの最前線で権力闘争の戦闘部隊の先頭で活躍していたのが実は小泉純一郎。
    若き度胸の据わった活きのいい男という触れ込み。とにかくいつも怒っているというほど喧嘩っ早い事でも名を馳せていた。

    その福田赳夫が総理大臣時代に、或る時外国から帰って来た。
    欧州への外遊で。
    日本の羽田空港に着く手前の空の機内で福田は側近に告げた。

    【例の物】を注文しておいてくれ、数はそうだなあ、ん~200枚】、

    これを聞いた側近が注文をした。

    注文品の中身は、実は松阪牛のステーキ用のロース肉。

    実は福田赳夫は外遊から、外国へ行ってその帰りには、帰ってきたら必ず決まったようにこれを注文していた。銀座のステーキハウスに。
    日本で当時、世の中の大學出の初任給が5万円から6万円の間位の年代の時期、この時代に彼は外国から帰るたびに必ずこの最高級ステーキ肉を銀座の行きつけの名店でいつも200枚注文をしていた。
    この肉の価格は1枚が実は当時2万円だった。
    200枚だから一回の注文で400万円がこれに充てられていたのだ。
    無論自分だけでこれを全部食べるわけではない。
    周辺にたむろする色んな人物にこれを必ず配っていた。

    400万円という金額のこのレベルは、当時大阪市内での結構ましな方の良い部屋造りの2LDKマンションを購入する額の、その約半額位に当たる金額。

    市内に一斉に建ちだしたそこら辺の小さな二階建ての建売住宅なら、こういうレベルの一軒家が一軒買えたくらいの金額。

    この金額の肉を福田赳雄は外国に行くたびに帰り際には購入し、東京銀座から自宅まで、それを届けさせていた。

    現在舛添が政治資金規正法云々と言われているが、この話題の中身を当時の日本の政治家の上層部の連中が今ここにもしも生きていたら、大口開けて呆れて、この内容を鼻で笑うだろう。
    小泉純一郎にこの話を聞いてみたら、このことは彼は知っているはず。
    側近中の側近だったんだから。

    何が問題かというと、
    この福田赳雄がこの譲渡な高級肉を注文してそれも200枚も注文して自分らも食べるがそれを帰国後に彼はあらゆるところに配っていたという。

    ここからがこの話の本分で、
    この配られていた人物の中にマスコミメディアの連中はその配ってもらうその中に果たしてそいつらは居なかったのかということ。

    舛添は彼のあの性格だから、多分マスコミやメディアの連中を自分の金で飲み屋でおごって見たり食事に誘っておごって見たりとか、そういうことはたぶんまずしていないだろうと思える。
    つまりマスメディアの連中で舛添におごってもらったという連通はほぼいないんじゃあないのかねえ。
    自分の金での【驕る】という部分で。

    多分やったことも無いと思える。
    其れで行くと猪瀬さんもそういうことは出来ないタイプのように思える。
    猪瀬さんはそもそも人とざわざわ騒いで楽しむという場をおそらく興味が無いと思える。そのことで猪瀬さんはわざわざ人と一緒に飲むとか料理を食べるというその行為自体があまり好きではなさそうでその意味では猪瀬さんはお金がどうの都かおごるのが嫌だからとかではなくてそもそも人と場を和ませて楽しんで遊ぶなどは出来ない人だと思える。
    だから猪瀬さんは自分でそういうのが苦手でおごることが嫌だからというそういうことでは全く無かったと思えるが舛添はちょっとそこが違って居て他人がおごる部分には大いにそこに参加するが自分で人におごってみるとかいうことは徹底して嫌だったと思える。

    自分の金で何で人に奢ってやらにゃああかんのかと本気で彼は思っていたと思える。だからお金は人の物を使う。
    自分の物は自分にしか使わない。自分に役に立つ自分を押し上げて自分自体にいい目を味わわせてくれる、そういう特殊な場合を除いては絶対に自腹はしないで、自分以外の人のためになど絶対に使わない、使うなら人の金を回してもらってというそういうお金に対しての格言のようなものを彼は生まれ出た時から今までずっとそう教えられそう考え其れが凝り固まって現在に来ているのだろう。

    つまり自分だけが大事であり自分には自分に組織にとかではなくて常に自分個人にとっての都合がいい条件しか手を付けない、人にとってそれがどうだこうだは根本的にはどうでも良くて、自分にとってとにかく都合悪いとすぐにその場から離れて逃げていく。
    一目散に無関係を装い離れる。

    こういう根本的思想があるのだろう。
    朝鮮民族発想の典型だ。

    あの自民党の選挙の時にも時の総理大臣麻生さんのことを、
    【自分はこれだけ頑張ってるのに内部から私を後ろから鉄砲で撃ってくる】と、怒り心頭で怒っていたシーンを思い出す。

    一つマスコミにも言いたいが、
    例の野中弘務の官房機密費がマスコミ関係者らにグダグダに配られてきたという不正支出と思える内容が出た時といい、政治家からマスコミメディアは相当な飲食、車代という名目でおごってもらい現金まで受け取って来た。
    隠すなよなあ!
    貰ってたよなあ、政治家から飲み食い車代をしこたま。
    こいつら貰ってきているよなあ。
    政治家が払っていた金額はすべてが税金だとわかった上でお前らマスコミメディアの記者連中らは奢って貰っていたよなあ。
    その金額が年間どのくらいつかわれてきたかをお前ら知ってるよなあ。
    判るよなあ。
    あれってすべてが国民の税金だぜ!。
    舛添が税金を家族に使ったのも、新聞記者、テレビ局員が政治家から奢って貰って来たお金もこれも同じ全てが税金だぜ!

    お前ら解って今舛添のことをやってるのかあ?
    自分らが何十年とそれでおごって貰っていてそれも税金でやって貰って居てそれは一切クチンも報道にも出さず平気でしこたま飲み食いから現金まで受け取ってやがって、おごってもらったことも無い、舛添ってどこまでけち臭いんや、俺たちに一切飯も奢ってくれないやつだ、、、云々。
    こうなったんじゃあないのかい?

    猪瀬さんも実は追及をやるとき個々が実は原因では?

    この二人からは記者連中は一切お金もくれない奢っても貰えない、こんな奴はつぶしてしまえとやっているんでは?

    新市長や首長が当選したらお前ら直ぐに近づこうとすぐそばになついていくよなあ。
    あれってもしかして奢ってほしくて言ってるのかあ?
    それで【ああこいつは奢ってくれないし金もくれない】と判ると、お前ら手のひら返して急に徹底して潰しに行くのかあ?

    そういうことが有ったので、都合が悪いので金を配ってたのかあ?
    奴は。
    それを野中の狙い通りに嵌められて思うとおりにまんまと受け取り、その結果受け取った事実を掴まれてしまい、それを後から国民にバラすぞ脅されて言うことを聞く羽目になってるのかあ?
    その通りだよなあ。
    或る週刊誌の記者が私に言ってたもんなあ。

    奢るという形ではなくて、野中は直接現金を渡す、貰うというこの形にして、野中弘務は朝鮮流に金をバラまいた、その受け取った証拠をつかんでおいて、後々狙いをつけて後からこいつらを脅す目的で。
    マスコミメディアの連中らはまんまと引っかかった。

    舛添の様に奢って貰ってなどいない、そういう政治家相手だけは、こんな奴はいつでも潰せと、マスコミメディアの連中は舛添からは一切奢ってもらったことも無いのでこれはつぶそうとやってるのでは。

    もう旨いものがそばにあるのに自分に回ってこない、これを撮りたいがどうしてもこっちに出してこない。就任後しばらく何とか取れるようにコネ付けて近づくが貰えそうもないことに漸く踏ん切りが着いた。じゃあこいつはつぶせと。
    これが実はマスコミメディアの記者連中の本音の部分では?

    平松のように周り銃に金をバラ撒いていた奴は一切持上げて何にも攻撃らしきことはやらない。何の仕事も出来ない愚か者の市長なのに自分らには奢って貰えるし金は補助金の名目で税金がそこらじゅうからこぼれて出てくる。
    こんな都合のいい首長はマスコミメディには都合よすぎるぐらい。
    つまり国民のことなど新聞テレビは一切何とも思っても居ない。
    自分らに金をバラ撒いてくれる政治家であればだれでもいいのだ。
    そういう奴が理想の政治家なのだ奴らにすれば。
    そういう無能な愚か者の政治家が出て来ても金さえマスコミメディアにバラ撒いてくれさえすればそれでいいのだ。
    首長が愚か者で政治家がもっと愚か者でそのおかげで例え国民が死んだとしてもだ、なんともないのだこいつら朝鮮人テレビ局新聞社には。

    野中弘務は何故渡辺恒雄のところに毎月挨拶に出向いていたのか。
    まさか北朝鮮からの国家命令指示指令を、それを読売のトップに伝えに行っていたのではないよなあ。
    日本に向けての北朝鮮主脳部からの日本向けでの指示の内容を、毎月それを日本で受けてそれを伝える側役目が野中で、聞く側役目が渡辺恒雄ってことはないのだろうねえ。

    何しろ日本での過去からここまでを振り返って見ても、なんであれだけ容易く北朝鮮系人物を読売で抱えられるのかが不思議だったがでもそれは実は北朝鮮系人物ら数名、それも超のつくビックな人物らを大勢抱えているのは日本ではあの読売新聞社だから、そういう特別な事情が戦後ずっとあるのかねえ。

    どう考えても何であれだけ簡単に北朝鮮系人物を抱えられるのかが日本国民にすればちょっと意味不明だよね。
    理解に苦しむよね。

    戦争が終わり経済的にも、また民主主義国の先端を行きだしていた西ドイツで、そのドイツの首相の側近が、実は東側の超大物の幹部スパイだったという。
    こういうことが後に判明したことがある。

    アメリカの一時大スターだったあの俳優の男も自宅で死亡しているのが発見されたその時に初めてその男の本当の正体が判明した。
    彼は実はれっきとしたプロのスパイでアメリカから常に情報を掴み、旧ソ連のスパイで、毎夜毎夜深夜に暗号文を毎日のようにソ連本国情報部に送っていたという。

    舛添さんよ!
    自分の金を惜しんで結果自分が大損する羽目に。
    器が小さすぎる。

    福田赳夫を見ろよ!
    あれだけお金を肉をばらまいても、実に地味な首相のイメージで通ってたぜ!
    同じ東大出だぜ。
    小泉純一郎だってその肉をほおばって食ったはずだし安倍さんの父親の安倍新太郎もその肉をほおばったはずだぜ。
    一枚が2万円の銀座高給ステーキハウスのステーキを。
    今で言えばおそらくそのステーキの値段は多分一枚が、約7万円程だろうねえ。
    つまり200枚であれば合計金額は1400万円、
    消費税が112万円掛かって、結果税込みで行けば1512万円になる。

    これが福田総理が外遊して帰ってきたとき、日本の羽田に着いてからすぐに一瞬で消えていった国民の税金。
    田中角栄は逮捕され、福田赳夫はしなびた頭のいい地味な総理大臣で国税をテロ犯に16億円も支払った総理大臣として名が残った。
    でもお金を使い放題で使っていた総理大臣だったというこのイメージで後世には一切伝わって居ない。
    実はこういうとんでもない金を実は使ってたんだけどね。

    これは、あの当時日本で流通の世界を制していたあのスーパーのトップのあのおっちゃんが思い出話のように喋っていた。
    そんなこともあった。
    舛添は小さすぎる、器も根性も。
    人の金しか当てにしていない卑劣な開拓精神の無いと待った男だ。
    発想がかなり前で止まっている。

    目の前の金だけが彼の喜びその者になって居る。

    東大出の典型的特徴のよくあるパターンで、
    自分で食う術を知らない。
    自分以外の他人の金で食うことしか発想が頭に浮いてこない。
    金が要るときには平気で相手に恥も外聞も厚かましさも恥とも思わずに平気でふつうに頼み込める、頭を下げてでも金を手に入れるが自分から金は一切出さない、自分の金を出すことはほとんどしない。
    下種極まりない男。

    東大出の愚か者の典型的姿例。
    卑しさだけしか持っていない。

トップへ戻る