橋下氏「舛添さん、ここまで来たら思いっきり謝ってもう一度チャンスを下さいと都民にお願いするしかないね。そうでなければ辞職だね」5/11のツイート

(twilogより引用)
舛添さん、ここまで来たら思いっきり謝って、もう一度チャンスを下さいと都民にお願いするしかないね。国会議員だってこの程度のことはある。都民に土下座する姿勢であればまだ許されるギリギリのところでは?そうでなければ辞職だね【橋下ゼミ】⇒synapse.am/contents/month…

舛添さんの政治資金の使い方。これは正当化できない。ただし多くの国会議員は似たり寄ったり。メディアは何やってんだ。政治への監視が全くできていない。これは記者クラブ制の悪弊。週刊文春は嫌いだが、奴らしか本気でやってない。

都民ももうそろそろ怒ったらどうだ?政治・行政にお灸を据える最高の方法はふるさと納税だよ。東京都民よ、熊本地震の被災地にふるさと納税をすべきだ。企業版ふるさと納税も始まった。都民の税金を被災地へ移せ!
(引用終わり)

この話、メディアが抑えてるのかどうか分からないけど、都民の怒りが全然伝わってこない・・・

猪瀬さんの時は、メディアも都議会も総攻撃。
そして、(それに釣られてか・・・)都民も大バッシング。

それと比べて今回、信じられない位静か・・・

やはり、メディア・議会が本腰入れないと、「ピン」と来ないのかなぁ・・・(-_-;)

関連
「オバマ米大統領の広島訪問。訪問して演説するだけではトランプ候補以上のパフォーマンス」5/11のツイート
【過激度No1】ニュース女子「女子はトランプ大統領支持!?、日本企業のモラル破壊、震災発言を検証など」2016.5.9

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 他府県民 より:

    舛添さんの公私混同ぶりに連日マスコミは大賑わい。
    政界でささやかれる「後任は橋下氏」この見出し日刊スポーツでしたっけ?
    分かります。きっと記者の皆さんも淋しいのは私と同じなんですね。

  2. 匿名 より:

    舛添というしょーもない個人批判でお茶を濁すのでなく、問題の本質を見極めようと示唆するところ、被災地への納税というポジティブな提案を上げるところ。まさに橋下さんの流儀。
    小銭稼ぎのコメンテーターや無責任な専門家崩れからは、まず聞けない地に足がついたコメント。格の違いが世間に浸透し、橋下待望論が高まるのは小気味いい。マスコミもしぶしぶ認めざるを得ないだろね。

    1年前の今頃、都構想のTMに明け暮れてた橋下さんを見ていた。ほんま人生何が起きるかわからんねぇはしもっちゃん(笑)

  3. 仲井 より:

    こういう民族は、自分があたかも身分というものを与えられた、得ていると、どうしてもそう思い、そこからは抜けられないんだろうねえ。

    身分制度も、その欠片すらも何もないこの我々の国家日本で、いつの間にか国民に気づかれないように着々と築き上げてきた好き勝手に勝手に連中が思い込んでいる特別な奴らが思い込んでいる高位という名の日本には無かった【身分】、

    この日本では無かったものを、朝鮮で存在したものをそのまま日本にもあるように作り上げてきた奴ら官僚組織の、公務員らの、その無いものまで朝鮮流に日本で勝手に作り上げてきた【身分制度】の日本で作った現代版典型例だね。

    舛添さんよ!
    言っておくが、日本には高位な【身分制度】なるものなどはひとかけらも一切無いぜ!

    知事であろうが政治家であろうが、我々国民は、お前さんらに知事職を与えただけで、国民からの投票という手段でただ人に選ばれただけで、何も特別な高位な【身分】などを与えたつもりもない。

    高位な【身分】が与えられ自分にはその資格が有るとでも思ってるなら、今日にも即刻ですぐに止めなさい!

    公僕で限りなく務めるという心構え覚悟で意識をしてやっているのであれば良いがでもここで出てきた内容はそんな公僕という意味合いからは程遠い自分があたかも身分でも与えられたかに勘違いしているようだ。

    ただの知事職というごく普通のそこら辺の勤める場所が知事だったというだけ。
    価値は国民が決めて判断することでありその知事職についている間にその職の人がどれだけ公僕に徹し国民のためにやって頑張ってくださったかそれが評価で会って自分に身分がついている者でも全くない。
    身分は国民が評価でしていく者だ。

    あの人は立派な知事さんだったとか、こういう評価を国民からいただくこと、これが知事という職の他では得られない知事だけでしか味わえない至福の喜びであり、公僕の言うに言えない喜びの醍醐味だ。
    松井さんや橋下さんを見てみろや!って。
    彼らを見てれば判るだろうが!って。

    この人らが、ここまで身分を欲しくてやってるように見えたか?って。
    国民のほとんどが彼らこの橋下さん松井さんのお二人の大阪府知事経験者がやってこられたことは、いかにもすべてが公僕としての覚悟の先頭に立っておられるその姿その行動、これは身分などまだ超えたほどの本当の意味での価値、知事職の価値を見せつけてくださった、彼らの姿は公僕の国民のその柱にも見えるだろうが!
    知事職などというものは、やったことでその中身の評価でその人の格、身分が後から出来上がる。日本国家では、身分制度はないが、評価が身分を作るのだ。
    田舎の名士のお宅と同じだ。

    周住民がその人が立派な人だと認めて初めてそのお宅のそこの人の【格】を決めていき結果自分らよりも立派な人だと一目置くようになるのだ。

    あくまでも身分らしき内容は後から人が評価して自然に作られていくものであり何も初めからそこに自分が勝手に身分を作って、自分に身分が有るなどという意識は、そんなものは他所の朝鮮ではいざ知らずこの我が国の日本では、ここ日本ではそんな身分など一切あるはずもない。

    【無いんだよ!舛添さんよ!そんなものは!】

    職の位置は、その立場だけであって、身分が存在しているという錯覚勘違いと、公僕から外れている意識を持つのなら、すぐにでも辞めて自らで国民に謝罪すべきである。
    【知りませんでした、日本にも高位の身分が存在していて自分にはその身分が与えられて有るもんだとそう思っていた】と、

    そう言って謝罪して今日にも辞めるべきだね。

    月替わりで月の初めなら給料を先渡しで次の一か月分の給与を先渡しでもらえるからなどというせこいことは考えずに、そんなものは辞退してでも、いますぐに即刻で今日にも辞めるべきだね。

  4. 匿名 より:

    舛添知事、メディアに対して1300万人の意見を聞けますか。と挑戦状を叩きつけ会見を打ち切りました。

  5. 神戸市民 より:

    ニコニコ動画で終始見てましたが擁護者0でした。

    聞いてりゃ、会計士のせい、秘書のせい、マスコミのせい、店のせい、と全く反省の欠片もありませんでした。

    家族旅行先で重要な会議をしたから政治活動と判断した?

    仮に会議が行われたとしてもその会議が重要なのは本人だけであって、3が日に呼ばれる人たちにとってはいい迷惑だったのでは?

    証拠をだせよ。

    イタリアンで政治活動って・・・

    「うまっうまっ」っていいながら食べるだけじゃないのん?

    回転すしのカウンターでなんの話するのん?

    美術品が研究材料とか・・・無理ありすぎ

    これからは反省して都民の為に働くとか言うけど、

    大事なのはこれからじゃなくて、今までそういう常識では考えられない狂った感覚で政治家を続けてきたということ。

    会見の最後の質問で「説明責任を果たせたかどうか判断するのは誰だと思いますか?」

    「有権者だと思います」と答えられたが、ご自身のツイッターやいろんなSNSの反応見たら一目瞭然だと思います。

    ニコニコ動画見ながら家のテレビではミヤネ屋ついてたけど、ミヤネさん呆れた顔してました。

    ボクは都民じゃないのでそこまで口だす必要ないかもですけどひじょうに不愉快でした。

  6. 仲井 より:

    記者会見を見た。
    あの発言の中でボロを出したねえ。

    後々絶対に追及される内容を、舛添さんボロッと喋っちゃった。これは病と思うよ。
    マスコミ新聞社テレビ局もまだ気づいていない様だったので数社にそのことを伝えて、
    【しっかりしろ!子供みたいな取材したらあかんで!】と言ってやった。
    問題点、
    その1、
    彼は、
    【私はすべてに於いて領収書を獲るようにしてるんです。これは政治にとか関係なくなんにでも家庭のものも含めてすべて領収書は獲るようにしているんです】
    問題点の裏付け
    その2、
    【食事処での記載していた3店舗分の領収書で、個人的に家族で行っていたものと、会合、打ち合わせで寄って食事をしてきたものとが領収書が何らかで混ざって勘違いして、どっちがどっちかが今の時点で確認できなかったので、これは訂正して書き直し金額は返金する】と、こう言った。

    この二つの発言を重ねると、おかしな部分を証明する証拠はすぐに出てくる。

    食事処での領収書がどちらかを政治資金規正法に則って記載していた者と実は記載されなかった両方の領収書が存在するということを舛添さんは自分の口で明確に証言し発言をした。

    このことで舛添さんは申告書類の中に記載されなかった残った領収書が今まだ別にどこかに存在することを自分で言った。

    つまりその間違った数枚の領収書の内で一枚は確かに家族と食べたものでそれを勘違いして経理が記載して載せていたなら、間違えられて違うと判断されて記載されなかった領収書がまだ手元に残ってるはずで今後マスコミメディアが本気で追及する気が或るのならその残って記載されなかった領収書の存在を提出してもらってじつはこれと家族の者を間違えて記載したんですと証明してくださいと言えばいい。

    要求すればいい。
    どちらがどちらか等いう状況で間違い入れ間違えたと言ってるんだからその間違えられた残されている記載されずに計上されなかった方の領収書をきちんと目の前で出してくださいと言えば、個々を追及すれば舛添さんは果たしてその領収書を、記載されずに残されている領収書を彼は果たして照明で出せるのかねえ。
    複数の領収書が存在していてそのうちで会合のものがいったいどれで、報告書に記載していたものがどれかを、これをきちんと区分けして両方をこの場に出してくれと要求すればいい。
    手元にある領収書全てを出して貰って、記者らの目の前でどっちが家族の者でどっちが会合の者かをきちんと全部出させればよい。

    まあこれをやれば東京地検が黙ってはいないと思うが、
    さてどうするのだろう。
    新聞社もテレビ局もしっかりしろ!って。
    警察周りをやってる記者連中の日頃偉そうに言ってる奴が、こんなことも気付けない連中ばかり。

    捜査の目の付け所が甘ちゃん、頓珍漢だね。
    何年記者やってるんだよ!って。

  7. 京都の住人 より:

    東大助教時代から勘違いしていていたが、橋下氏が言っていた通り厚生労働大臣在任中は一時しおらしくなったのに、はみごに遭い自民を飛び出さざるを得なくなった時点でその勘違いがまたまた頭を擡げてきていた。なんの反省もしていないし、辞める気などさらさらないのでしょう。ベッキーちゃんが仲井君の誘導で吐きたくないことまで吐かされて、ようやく慄いたように大人のコメントを発した下衆君のような立場に追い込まれないかぎり、舞台裏で舌を出し薄ら笑いを浮かべていることでしょう(笑)

トップへ戻る