橋下氏「きれいごとばかり言って本気で取り組まない現状への問題提起・炎上手法として風俗活用発言をしたけどちょっとこれは行き過ぎた」5/23のツイート

(twilogより引用)
沖縄での悲惨な事件について、容疑者の有罪が確定すれば死刑は当たり前だ。しかしだからと言って容疑者が属する集団の存在を否定するのは違うだろ。ある日本企業に属する日本人が殺人事件を犯したときに、その企業の存在自体を否定するのか。橋下ゼミ⇒synapse.am/contents/month…

今回の事件で米軍基地の存在が事件の原因だとして、米軍基地を否定する主張を自称人権派は展開している。これこそまじめに活動している米兵等への人権侵害だよ。自称人権派ほど人権侵害をやりまくる。

日本企業に属する会社員が殺人事件をやったとして、その企業自体の存在を否定するのか。そんなことはない。今回米軍基地を否定するなら、それは外国人だからだ。まさに移民排斥のロジック。普段は移民に優しいきれいごとを言っている自称人権派は、今、移民排斥と同じ主張をしていることに気付かない。

今回の根本問題は、米軍内での教育指導方法だ。これはこれまでずっと抱えてきた課題であるにもかかわらず米軍が本気でやらなかった。これはアメリカの過度なきれいごと体質(ポリティカルコレクトネス)が原因。日本でもきれいごとばかり言う連中に限って何も解決できないのと同じ。

性の教育は難しい。思春期の子供を持つ親なら皆、悩む。きれいごとばかり言う連中には悩みはない。「そんなことをやってはダメだ!禁止!オフリミッツ!」きれいごと連中は、これだけ叫んでおけば何とかなると思っている。【橋下徹の激辛経済ゼミ】⇒synapse.am/contents/month…

現代的な価値観とルールの中で、性の問題をどのように解決していくのか。禁止ばかりじゃ何も解決しない。この問題は禁酒法と同じ。禁止では問題をかえって悪化させる。どうマネジメントするかだ。ところが米軍も、日本のきれいごと連中も、きれいごとばかり言って、本気で考えようとしない。

性の問題は禁止じゃなくて、管理・マネジメントの話。現代的な価値観とルールの中でどう対応するのか。思春期の子どもへの性教育と同じ話。きれいごとばかり言って本気で取り組まない現状への問題提起・炎上手法として風俗活用発言をしたけどちょっとこれは行き過ぎた。

性の問題は禁止だけ、きれいごとだけじゃ何も解決しない。こういうきれいごとばかり言う人たちは思春期の子どもにどうやって性教育をしているんだろ?難しいけど真正面から取り組まないといけないんだよ。米軍も、きれいごと連中も、結局ここから逃げていた。だから悲惨な事件はなくならないんだ。
(続く…)

(続き)
アメリカでも日本でも、これまできれいごとばかり言ってた連中は、トランプ候補を批判し、トランプ候補が共和党の指名を受けることはないと断言していた。ところが大外れ。きれいごとばかり言ってアメリカが抱える課題に本気で取り組んでこなかったアメリカ政治にアメリカ国民は怒っているんだよね。

日本人のきれいごと連中が一番にトランプ候補を批判した点。「メキシコ国境に壁を作る!」発言。これまでの候補はヒスパニック系の票を意識して選挙前には不法移民の問題をうやむやにしていた。トランプ候補は、ヒスパニック系の票が逃げることを恐れず、そこをズバッと言い切った。

この辺のトランプ候補の態度振る舞いが逆に有権者に支持されたんだろうね。本当に国境に壁などできるわけない。トランプ候補も修正し始めた。ただ不法移民には厳しくいくぞ、という方針。ここには賛否はあるだろうけど、少なくてもこれまでのように、きれいごとを言ってごまかしていた政治とは違う。

きれいごとばかり言って何も解決しないのは最悪。米兵と性の問題についても、現代の価値観とルールの中でどのようにコントロールするのか、真剣に考えないと。軍と性の問題は永遠の課題・テーマであることは歴史を勉強すればすぐに分かる。ここに失敗すると悲惨な事件が起こることも歴史が証明済み。

自称人権派ほど人権侵害やりまくり。きれいごと連中は、きれいごとばかり言って何も解決しない。こいつらの目を覚まさせ、社会に問題提起するには、破壊的なメッセージが必要。一歩間違えればアウトの暴言。これも政治家の重要な仕事。
(引用終わり)

関連
【元知事集結SP】橋下×羽鳥の新番組(仮)「知事を辞めた今だから告白・・・」2016.5.23

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    米国人が自慰しない文化だとか、米国軍人をバカにする発言だとか綺麗事言ってるから、この問題は一生解決しません。
    性的欲求は我慢しろといわれても、心と体ば別の生き物と言われるように 無理な話。
    自慰はダメなら、前向きに解決策を考えないと精神的におかしくなるよ。

トップへ戻る