橋下氏「障害のある方々が生活しやすいようにバリアフリーなどを進めるのは当然。しかし生活費用等について税の補助をするなら、そこには所得制限の視点が必要」8/1のツイート

記事にするのが大変遅くなりましたが、記録の為残しておきます

(橋下徹氏twilogより引用)

AbemaPrime れいわ議員へ参院が介助費補助!反対表明の維新議員と賛否激論 | 【AbemaTV】国内最大の無料インターネットテレビ局

福祉とは、障害のあるなしにかかわらず、所得のある人が支える側に回ること。国会議員の年2200万円の報酬、その他文通費年1200万円や政党交付金年5000万円の収入を考えれば、障害があっても国会議員であれば支える側に回ってもらうしかない。それが所得の再分配、格差の是正の基本原則。

れいわ二議員の介助費用問題を税の無駄遣い的な視点から語るべきではない。あくまでも所得制限の話。現在の法制度に問題があるなら改正すればいいが、所得制限の視点は忘れてはならない。どれだけ子供が多く教育費等に莫大な費用がかかる世帯であっても、所得が多ければ補助は出ない。それと同じ。

障害のある方々が生活しやすいようにバリアフリーなどを進めるのは当然。しかし生活費用等について税の補助をするなら、そこには所得制限の視点が必要。れいわ二議員は、所得の点では、もはや社会的弱者ではない。所得階層上位1%未満の強者。二議員がこのような状態になったことは大変いいこと。

もちろん、一定の生活コスト分の所得控除・税控除などの減税策は必要かもしれない。それと同じ視点で子供の多い世帯についても、フランスのN分N乗方式などの税制が必要。


(出典:https://twitter.com/gogoichiro/status/1156827850428649472)

僕の知事就任直後、かなり強引な財政再建策・補助金カットを断行したが、障害者施策の補助金は原則カットしなかった。その後、障害者施策に力を入れた。個人間の切磋琢磨・競争を重視するが、真に支援が必要な人へのサポートも徹底した。両建て。ただし、所得制限にもこだわった。

通勤中に公的介助が使えない今の制度は問題。これを全国的な話題に押し上げた山本氏の功績は大きい。世の中を動かそうとすれば大騒ぎするしかない。しかし高額所得者には支える側に回ってもらうべき。雇用主には介助助成金が出るが国会は雇用主とは言えない。議員に負担させないなら、政党が負担すべき


(出典:https://twitter.com/hiroyoshimura/status/1156920242351697920)

批判するなら、この現実をしっかり勉強してからにしてくれ。


米軍駐留費「日本は5倍負担を」 ボルトン氏が来日時に:朝日新聞デジタル

現在の駐留経費が約4500億円。5倍ということは、1兆8000億円ほど追加。3倍なら9000億円追加。あとはどこまで値切るかだが、これくらいのお金で日米地位協定の改定や沖縄の基地負担軽減をアメリカと取引できるなら安いもの。消費税0.5%未満。

<<下に続く>>

【新番組】橋下徹がナビゲーター「(ゲスト)三浦瑠麗が語る女性の活躍に必要なこととは?」(後編)

(略)政府与党は、利根川水系につくられた八ッ場ダムに関して、台風19号の豪雨に対してきっちりと機能していたと言い張った。2009年の政権交代時に八ッ場ダムの建設を中止にすると宣言した旧民主党系の野党各党は…

最新刊!「トランプ式交渉術」をわかりやすく刺激的に解き明かす!

トランプに学ぶ 現状打破の鉄則
橋下 徹
プレジデント社

橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。(初めての方)30日間無料お試し実施中!

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    この件については、私の意見は半分半部である。
    昔になるが、
    今のお若い方及び中年代の皆さんには、この病気はあまりなじみ馴染みが無いかもだが、当時(昭和20年代から40年代くらい)は結構この内容が新聞等でも取り上げられていたんだが、脊髄の一部に異常が出る脊髄カリエスという病気が全国でそこそこ発生してそういう症状を持つ患者さんが結構見られた時期が或る。
    今はあまり報道で見ないが、まあたぶん今もあるのだろうがその当時は結核と並べられてその話題が結構あった。
    私の同級生で可哀そうに一人これに、生まれてすぐその症状が出て中学校を卒業するまでの学生生活を常に片足を支えるための、脇で挟んでその松葉杖で立つのを支えて歩くという状況であった。
    彼は同窓会にはほとんど来なかったが数年前に何十年ぶりかに、半世紀を超えるぐらい期間を空けて皆の前に顔を見せて出席したことがある。
    私の一番の印象は、
    小学校低学年の運動会での徒競走において、片足はそこそこ立てる状態であったのだがその徒競走の時、その彼の親が、その子を一人で皆と同じようにスタートラインに並べさせて、教師の上げる旗を合図に走り出した生徒の後ろから彼は片足でケンケン状態でその100メートルの距離の中間位置くらいまで自力で”走った(?)”のだ。

    その時は私は、まあ子供だったのか、真意がわからずに、「彼のお父さん酷いことするなあ」と思って(現に意味を知らない同級生が彼の後ろから追いかけて支えようとしていたが、それも親が「やるな!」と叫んで、助けようとする同級生を止めていた)いたが、これはなかなかできることではない、特に親とすれば。
    まあ逆に、親の立場だからこそ出来たのかもしれないが。

    後にその彼の父親については、私は凄いなあと、それをよくやったなあと。

    私が卒業してその後独立して、その折にそういう松葉杖での同じような障害(外的事故や脳出血とか脳の梗塞等による突然の障害ではなく、時間経過ごとに症状が酷くなる、徐々に徐々に体に異常が出て麻痺や痛み等の症状がきた方についてだが)の症状を持っておられる方が、たまたまだが、後に私の事業所に来たことがあって、その方が一人でやってきていたので、玄関で入ってくるのにそこそこ自力では時間がかかっていたので中に招き入れようと近づいて手で触ろうとしたら、
    その方が突然に
    【触らないでくれ!自分でやれる!】と、結構大きな強い物言いで言われて、私は一寸どうなってるのかと、かなり複雑な思いをしたことがある。
    その人にすれば何でもかんでも人に世話をしてれば喜ばれるということが実は違うということを感じている人もいてるということを知らせたかったのかもしれないが、私ぐらいかとこれを経験してるのはと思いきや、同じようなことをじつは経験したという或る飲食店のお店のご主人が居てて、
    「こちらとすればお客さんがそういう状態であれば手助けが必要だと思い込んでいたのでそうしたが逆に切れられて怒られた」と言っていたことがあるが。

    実はここがこの障害という病気を持たれている方、こういう特に生まれつき症状の出ておられる方の扱い方の難しさというものも実は現実有る。

    どちらが同行ではなくて私は思うが、
    身体的介助が必要であれば、絶対にやってくれと強く要望のある方は、そういう行政なり周辺の地域の方や、そういう事業をやっている方や、また身近の家族なりそういう人ら、そういう人らとまずはその人が実際どうしたらいいのか、そこにはわがままは許容できない旨をきちんと伝えておいたうえでこの介助等いう者への行政の立場をはっきりさせることが必要である。
    患者さんにはもう千差万別ではじめにわがままを聞いてしまえばすべて周りがやってくれると思い込みすべてそれが通ると思い込み介助する立場の方への暴言がとにかく辛辣で理不尽ということもよくあり、まるで家来部下、下僕の奴隷状態で命令するものまで出てきているのが現状である。

    身体障碍者はすべてがかわいそうではなくて、その人がどう生きるかをまずは障害者自身が自分の意志で自分の現状をよく知って貰ったうえで、その覚悟を持ったうえでの国や自治体家族は取り組むべきで、やれひどい扱いだと常に介助側を責めるがでも現場は多くがその全く逆で患者からの虐待のほうが実は多いということをまず国民は知るべきである。

    それがあるから世話をしている家族が、
    「こんな理不尽でひどい暴言を吐くものなどいくら家族であっても耐えられない」と、
    「もう見てあげられない」だとか、
    「もう嫌だ、我慢も限界だ」と、とかになっていき、最後そういう理不尽にされることは家族の面々の自分は逃げて、人に、結局は自分ら以外の他人にそういう理不尽さは自分以外の者らに受けてもらうというようになってきているのだ。

    マスメディアが、いつも介助側は患者に対しての扱いが酷い酷いと取り上げるが、まあそらそういうこともあるだろうが、でも、この障害者が現状介助してくれる人たちへ向けての態度行動、やっている現場の姿は、マスコミが国民に思わせている現場とは、実はかけ離れている場合のほうが多くある。
    事業所の税金搾取等での金銭的不正はこれは断じて駄目だが、いわゆる本来の業務である介助行為というこの作業に於けるときにおいては、この内容に限って言えば、
    あまり普通の人が見たらもうこの患者を普通に殴ってやりたくなるほど暴言で、奴隷扱いでのこき使いまわしている場合が、もう本当に多く存在している。
    近づくと唾を吐きかけてきたりつねって着たりひっかいてきたり暴れて言う事を全く聞かなかったり食べたものを解除人に向けて口からぶっ飛ばして吐きかけて階にかけてきたり空現場はちょっと想像できないくらいひどい場合が多くある。

    日本人の民族が施設に多くなくなりだしもうr兎に角解除人は奴隷だと思う朝鮮民族独特の発想が常にまかり通り位に薮田扱いでとにかく何をやってもこいつらは私の奴隷だと思ってやってくる。
    日本人の障害者はまずは解除してくれやすいようにそちらから考えて物を言ったり行動するが朝鮮民族はもうとにかく解除する人たちは下僕の身分の低い連中で自分が貴族にでもなったような態度振る舞いで通しだしもう暴言や言葉での虐待など日常的に起きている。

    介護施設などはこういう現状が自分のところで起きているという事を表で見せればその施設には応募が無くなってしまったり、入所患者がそれを怖がり入ってこなくなったりするために、実際現場ではこれが頻繁に起きているにもかかわらずほとんど隠そうとするし、こういうことはひたすら表で見せない、隠そうとする。

    だから突然解除人が患者に対して何か暴力的ことをやればそっちだけが表でさらされこの患者からの虐待行為についてはほとんどが隠蔽されてしまう。
    介助をする、これを職業として働いている人らに対して施設は絶対に表では喋るなと指導し、絶対に表からの問い合わせ、家族からの問い合わせにも、それは喋るなと、普通におとなしく元気で楽しく毎日過ごして
    仲良くやっていますよと、患者の状況を家族や周囲およびマスメディアにはそう説明してしまう。

    結果被害が直接及ぶのが実は介護を作業をやっているこの人rたち従業員にまともに繰る。
    患者がひどいんですとは外で喋ったら首になるし周りにも噂を出せないし現場では暴言を吐かれ、奴隷と同じぐらい理不尽な命令をされ、その患者の部下を超えて奴隷そのものにされてしまうということが全国で起きている。

    国民に伝えたいこと、
    それは介護の現場は作業労働は確かにきついがそれだけしか常に取り上げられていないがそれどころではない、この介助をする人に対しての患者からの目を覆うばかりの奴隷扱いでの暴言、理不尽行為、もう小間使いのように命令をし、酷さがもう半端ではないというのが事実の現場になっています。

    身体障碍者は気の毒な人たちだと、障害を持つ患者は常に回りは助けてあげなくてはだとか、常に弱くてかわいそうな人らだという間違った、でっち上げられて煽動された認識はやめましょう。

    こういう障害を持っているということはもう現実避けようがないことを本人がまずはそこを自覚しそこから自分の道を自分で決める努力が必要である。
    動物や獣であれば障害で足を痛めれば獲物を捕獲できず即刻命の危険が待ち受け、間もなく死亡ということが起こる。
    命がいとも簡単に自分自身がこの世から消滅してしまう。

    そのことをまずは自分で厳しい目で見つめてもらわないと行政的なサービスというものがむつかしいということを障碍者本人がそれをまずは自覚することだ。
    之花にも冷たいとかではなくて皆人間が多くで生きているわけでいろいろな苦しみを皆抱えて生きているわけd総て行政で助けてあげようなど無理はわかってるはず。
    要求は最小限でとどめるべきでありもっともっと行政は助けるべきだと言っているがこいつらマスコミメディアがでは率先して銃ぎょいんの半分異常をこの間の参議院選挙で当選した北朝鮮から支援を受けている令和新選組のあの障害者レベルの人を、それだけその人らに手を差し伸べてというなら、自らの新聞社テレビ局が社員の半分以上意を、テレビ局のキャスターにあの令和新選組山本太郎のところで当選した車いす議員を、あれを正社員にして、年収数千万数億円で番組のキャスターに抜擢してやって見せてみろよ!、
    ニュースキャスターに抜擢してやって実際に朝のモーニングの報道番組の司会者として実行している姿を見せてくれよ!

    皆預かって、従業員社員として健常者と同じ給料で彼等を雇ってやれよ!

    出来ないことがわかっていてマスコミ目で居アハ障害者を公平公正に扱うべきだ彼らに同じ権利を与えるべきだといってるんだからテレビキャスターに早速局長命令でやらせろよ!

    きれいごとを言ってるが何もできないくせに、都合が悪い立花孝志さんのことは一切隠しでも河野障碍者についてはまるで自分らはこの人らへの奉仕者のような態度をやり嘘もあきれ果てる現状。

    国民の皆さん!
    日本民族の日本国民の皆さんは介護施設で暴れたり介助人に対して患者が奴隷扱いなどしていないが、とにかく朝鮮民族の高齢な患者が多くなってしまい、これが施設でもうとんでもないことをやりだした。

    こいつらもう手が付けられないほど言っても意味の通じない連中で、
    【介助人は、仕事としてあなたの世話をしているんですよ】と、【あなたの召使いや奴隷などではありませんよ】ともう何度言って伝えても、言っても言ってもまったくそのことの意味が認知症ではなくて朝鮮流しきたりがしみついていて、兎に角人の世話をする立場の者はそれは召使であり身分は奴隷だと思い込んでいて、【こいつらには何をやってもいいんだ】というもう理不尽どころか唾まで吐き飛ばして介助をする人を虐待と同じほどに侮辱しこき使いまわす。
    このいまの介助施設の事で、いったい何が大きな問題なのかといえば、現状の最大の問題になっているのはこのこういう施設に現状朝鮮民族の高齢の連中が子供から棄てられ、多く入所してきだし、この朝鮮民族の高齢者が介護の施設に多く入所してきているこの現状、この問題、昔は老後の安心施設という状況だったがここ30年くらい前から一気に入所者が朝鮮民族の高齢者が一気に増えだし、彼らが介助人に向けてのふるまう態度、彼らが行う暴言、虐待、侮辱行為、は、もう戦時中や終戦間近の時のようにこういう朝鮮民族はやっぱり日本ではもう扱いきれないので、キリスト教団体(実は日本で存在している現状のこのキリスト教というこの宗教団体はほとんどが朝鮮民族が主体の組織)に、この施設の朝鮮民族に任せて預かってもらわないと日本人ではあいつら奴隷上がりの民族はもうりができないじょうたいで、同じ民族に彼らを預かってもらう事を日本政府は真剣に考えるべきでも嘘ロシオ路遺伝子で藩閥して高齢になった朝鮮民族は北朝鮮か南朝鮮の度r地らかへ帰ってもらう嫌がるものは強制的に国外追放するぐらいやらないと日本の高齢者の入れる施設など危なくて怖くて無くなってしまうだろう。

    ここまで考えないといけないところまで来ているということも考えるほど朝鮮民族の施設入所が増えており非常に危険施設へと変貌しつつあり、酷い状況に来ている。
    奴らを日本民族高齢者で施設入居希望者とは別の隔離したまったく日本人とは別の施設に入れなおしたほうがいい。
    冒頭で書いた私の同級生の父親が行ったああいう行為は朝鮮民族には想像できないだろう、まずはこの子を政治や行政で賄えと、金銭で補助しろとすぐにそっちへの要求に代ることだろう。
    いや現実この令和新選組の議員も介助人の給料まで払えなどという始末。
    私の同級生の父親が今生きていたら彼はこの令和新撰組の行う行動二通いて罵倒するだろう。
    【ふざけるな!】って。
    【障碍者を餌にするな!】と。

    朝鮮民族からのこういう要求は、ここ日本で長こいつらが要求すれば全部聞くべきだなどと、これが普通にここ続きだしたがここらできついことも言ったほうがいい。
    そこまではできないと、自分で自分の道をほぼほぼ9割は自分でやってほしいと。

    こう言う介助施設の現場で今何が起きていて最大の問題は解除人の給料と長時間が問題ではなくてこの朝鮮民族高齢者が介護施設内で行っている奴隷体制での介護人に対してのとてつもない酷い虐待こそが問題である。
    介助をするものが患者に対して虐待や暴行暴言をやっているのはほんの僅かである。
    じつは患者自身がひどい場合が多くて、介護、世話をしてくれる人に対して、患者のほうが実は虐待、奴隷扱い、侮辱、暴言行為のほうが、施設ではもう圧倒的に多いのだ。
    朝鮮民族は身内や家族の面倒など特に自分の母親ではなくて義理の両親の面倒などまず放棄する。
    だから圧倒的に朝鮮民族のこうrウェ医者が施設へ入所しだしたのだ。

    40年くらい前までは日本人が入所していたが、今では生活保護の対象が朝鮮民族には役所は脅される(
    君は朝鮮人なのになぜ日本の国籍を持って公務員になれているんだ違法だろうが、バラすぞと脅すのだ)のが怖くて、すぐに生活保護を認めてしまう傾向にあり、そのおかげで、もう6割7割以上が実は日本人に成りすました朝鮮人や、朝鮮民族自体にまで生活保護を認めていき、結果老人ホームや介護施設は朝鮮民族の高齢者入所者になってきだしている。
    だから、そこでは、この朝鮮民族の高齢の患者から、この世話をしてくれる大事なはずの介護人へ向けてこいつらはもう酷い奴隷扱いをして召使扱いでやってくるのだ。

    それは入所者が、昔と違って日本民族老人から、朝鮮民族の高齢者の入所がここにきて圧倒的に増殖しだしたからだ。
    入居する民族が、日本人から朝鮮人に入れ替わりだしてからこの介護施設などでとんでもない酷いことが患者が介護をする人に向けて実はやっているのだ。

    新聞テレビは一切ここを知っていて隠す。

    新聞テレビは施設入所者で、そこで異常なほどに問題を起こしている連中らが朝鮮民族だということはもう皆百も承知で知っているのだ。

    でもそれを絶対に知られたくないのだ。
    それは、知られたくない違法行為を、これを、バラされたくない、バラされる恐れがある、また日本民族の日本の国民に気づかれてしまう、この恐怖、自分らと同じ日本の国籍を騙し取った同じ朝鮮民族同胞だから、彼らが朝鮮民族だと報道で出せば、こいつらなんで日本の国籍を持っているんだという事になり、おかしいと気づかれだし、そこで、では日本中にこう言う日本国籍を騙し取ってる挑戦民族らが実はそこらじゅうで戸籍まで偽装してものすごく居てるのでは?と、今まで騙せて気づかれていないと思っていたものにひょんなことからそのことに気づかれてしまう、疑問を持たれてしまいかねないと、ちょっとでも火種、民族に繋がる部分は隠しておいたほうがいいと、日本民族の日本国民が気づいてしまうのが怖いのだ奴ら。

    日本国籍を騙し取っていてまだバレていないと思っている連中にすれば。
    野中広務ももう死んだし、後は騙し取ってる日本国籍のことで「バラすぞ!」って直接脅してくると言ったら、力を持ってると言えば、テレビ局新聞社を脅してくるほど力を持っているものは電通か、NHKか、まあ現状辻本ぐらいか。
    【どういうことになるのかやれるもんならやってみろや、どうなるかやれるもんならやってみろや、”偉いこと”になっても知らんからな!】と国会議員やテレビ局新聞社に向けて国会でマイクやカメラの前でそう叫んで脅して見せた。
    まあ現状こいつぐらいか、脅しを入れて発言した辻元清美。

    あの枝野も蓮舫も、小西も、原口も、福山も、小池も、志位も、山本太郎も、またおまけに、自民党のあの国会対策委員長も、あの一言でビビってしまい物が言えなくなった。
    自民党をはじめ国会議員の日韓議連のほかの連中も。
    この脅しが効いている間は日本は朝鮮中国の言いなりである。
    小泉純一郎がそこに穴をあけたと思えていたが実は裏ではもう気が遠くなるほどの日本の国税を北朝鮮には渡していた。
    つまり日本はすべてが朝鮮の言いなりで脅され税金を強奪されている。
    石井先生はこれと戦って、いや戦おうとして殺された。
    立花孝志がここをやれるのか!。
    私は個々の部分は彼の行動発言、これを支持する。
    40年以上前からやりだした私の内容にも範疇が同じ部分が多い。

    ただ、都構想についての立花さんの意見にはちょっと無理なんだが。

トップへ戻る