橋下氏「(混迷ブレグジット)離脱案を議会で一つにまとめずに国民投票をしたのは失敗。都構想は案を議会でまとめてから、住民投票をやった」9/14,15のツイート

記事にするのが大変遅くなりましたが、記録の為残しておきます

(橋下徹氏twilogより引用)

(9/14)
同性婚支持、既婚女性の7割 別姓容認も半数に 厚労省調査 – 産経ニュース

(出典:https://twitter.com/toru_azuma/status/1172550391285743618)

維新の国会議員団の価値観も変えていかなければなりませんね。この問題は政治家の価値観で国民を引っ張る問題ではなく、国民の価値観に政治家が合わせて法制化する問題です。それは悪しきポピュリズムではなく、善いポピュリズムです。


橋下氏、小泉進次郎環境相に苦言「全国に流したらいいんじゃないですかと言えば良かった。人気を気にしているなと思ってしまった」(AbemaTIMES) – Yahoo!ニュース

(出典:https://twitter.com/toru_azuma/status/1172549730414391296)

ただし、ロンドン条約との整合性が必要です。福島のALPS処理水に大きな誤解があるのは、トリチウム以外の多核種について告示濃度を上回るものは、二次処理をして告示濃度以下にするということです。さらに2018年からは告示濃度以下になっている。あとはトリチウムを薄めればいい=海洋放出するだけ。

これらについては、小泉環境大臣は意見を言えるし、言うべき。所管外ということで逃げるべきでないし、福島の漁民の皆さんのひだに触れるように向き合っていくなどポエムを発している場合じゃない。今のところ、吉村大阪府知事のほうが優勢。若手政治家の切磋琢磨を期待しています。

福島のALPS処理水問題は、豊洲の騒動と同じ構造。青天井の安心を求めると泥沼にはまります。


(出典:https://twitter.com/adachiyasushi/status/1172554063331749888)

ロンドン条約をどうクリアするかは、官僚の知恵を借ります。私を使って下さい、と大臣が人気取りをするのではなく、ロンドン条約をクリアする方法を考えてくれ、と官僚に指示を出すのが小泉環境大臣の役割。方針が決まれば吉村知事は福島のALPS処理水を大阪湾に放出するでしょう。

東北のガレキも苦労をしながら、大阪は引き受けたのですから。その際山本太郎はガレキ受け入れ反対!と大騒ぎしていたような。この方針に意見を言うのは、小泉環境大臣の仕事。これまでのようにポエムを語るだけでは大臣の仕事は務まらない。吉村知事と小泉環境大臣のタッグで解決策を捻り出して欲しい

山本太郎➡︎山本太郎氏。敬称を漏らしてしまいました。失礼。

橋下徹氏 進次郎環境相は「今は0点」 福島原発の汚染水解決へ「大阪湾に放出して」/芸能/デイリースポーツ online

大阪湾だと兵庫や和歌山からクレームが来るというなら、道頓堀や中之島へ。


ブレグジット国民投票実施に「後悔はない」、キャメロン英元首相 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

離脱案を議会で一つにまとめずに国民投票をしたのは失敗。今のイギリスの混迷はキャメロン氏の責任。大阪都構想は都構想案を議会でまとめてから、住民投票をやった。議会で議決を得るのがほんと大変。



(出典:https://twitter.com/arimoto_kaori/status/1172864654940327937)

いや、そこはお互い様ですよ(笑)😊😊😊

(9/15)

(出典:https://twitter.com/arimoto_kaori/status/1172861358863335426)

ありがとうございます😊😊😊


(出典:https://twitter.com/wanpakuten/status/1172764316279463936)

しっかりと勉強しましょう。トリチウム以外の他核種について、告示濃度(規制基準)を上回るものはALPSで二次処理を行い、告示濃度(規制基準)を下回ることが前提です。2018年からの処理水は基準をクリアーしています。基準をクリアーすれば、海洋放出に何の問題もないのは当然のこと。

一転、「札幌開催」が本決まりになった2020年東京オリンピックのマラソンと競歩。これに対して開催都市・東京都の小池百合子知事は「合意なき決定」と述べ、苦渋の同意であったことを匂わせた。しかし、重要イベントを前にした大組織の長としては「最悪」の一言だったと橋下徹氏は小池発言に辛い点を付ける。プレジデント社の公式メールマガ...

【文藝春秋11月号】日韓相克 終わりなき“歴史戦”の正体
【徹底討論】対決か協調か 橋下 徹/舛添要一

文藝春秋2019年11月号
文藝春秋2019年11月号

posted with amazlet at 19.10.31
文藝春秋 (2019-10-10)

橋下さんの公式メルマガ
橋下徹の「問題解決の授業」公式メールマガジン|PRESIDENT Inc.

amazonで公式メルマガのバックナンバーを販売しています!

販売中メルマガ一覧
http://amzn.to/2ApBkaE

【amazon Kindle Unlimited】月々980円で書籍も雑誌もマンガも読み放題!PCでもスマホでもタブレットでも読める。(初めての方)30日間無料お試し実施中!

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る