橋下氏「東京都知事選候補者は、コメンテーター候補が多いな。政治の実行プロセスを知らない人ばかり」7/13のツイート

(twilogより引用)
イギリス新首相メイ氏「一部の特権階級のためだけではなく国民全体の政治をやる」 政治家を目覚めさせるこれこそが国民投票の最大の意義だ。議会制民主主義は政治の特権化を招く。それを国民投票で破る。ハイレベル民主主義。【橋下ゼミ・メルマガ】⇒hashimoto-law-office.jp

しかし東京都知事選候補者は、コメンテーター候補が多いな。政治の実行プロセスを知らない人ばかり。まず最初にやるべきは記者会見ではなく都議会各会派との政策協定。僕も知事選挙のときは自民党・公明党と政策協定をやった。【橋下ゼミ・メルマガ】⇒hashimoto-law-office.jp

小池さんや他の候補者もまずは都議会との協議だよ。小池さんは課題意識を議会にぶつけて合意できなければそこで宣戦布告。他の候補者は自分が語っていることが実行できるのか確認。コメンテーター気分で語るだけではダメ【橋下ゼミ・メルマガ】⇒hashimoto-law-office.jp

僕が野田政権と政治闘争をやりながら、原発がなくても電力が足りるかどうかを確認する政府電力需給検証委員会という最大のチャンスを古賀氏に作ってあげたのに、彼と飯田哲也はそこで負けた。ゆえに僕は原発再稼働を容認し、ブレたと凄まじい批判を浴びた。そしたら古賀氏は僕を徹底攻撃。なんだそれ?

〇〇〇としたら怪しまれますよ。給料3割カット、退職金5割カット。さらに様々な項目について政策協定をやったからこそ知事になって実行できた RT @gogoichiro: その時の自民党政策責任者が僕、初めて会った橋下弁護士に、最初に言った一言は「??????????でええかなー」
(引用終わり)

都知事選、外野から見てる分には、面白いですね!
もし、都民だったら・・・頭抱えちゃいますね(-_-;)

特に野党統一候補の鳥越氏
都政ノープランだけど、改憲阻止・安保法制撤回って・・・

こんなんでも、宇都宮氏が降りたんで、組織票を積んで勝ち負けになっちゃう。

でも、これはこれでいいのかなと・・・
こんなのが当選しても「都政が大混乱」か「全く何も出来ない」のは目に見えてる。

選挙の為だけの野合が、如何に「危険で愚か」かがハッキリ分かりますよ!

また、18才選挙権で若者が経験の少ない中でも思い悩んで投票した事が、如何に尊いか。
何も考えず、組織に言われた通り盲目的に投票することが、同様に如何に「危険で愚か」か。
良いお手本になるんじゃないですかね。

どちらにしても、こちらは高みの見物ですから、楽しませてもらいますよ(^_^;)

(嫌いな方もいるかもしれませんが・・・)
東京の問題と解決策を示した、上杉隆氏の記者会見
【東京都知事選挙】上杉隆氏 出馬表明会見

P.S.
若い有権者が、こういう知名度はあるけど中身の無い候補者にうっかり入れてしまったら・・・

その後の体たらくを見せつけられて・・・
「だまされた。選挙なんて二度と行くか!」って思うかもね・・・

関連
橋下×羽鳥の新番組「今日本人が知っておくべき世界の政治家SP」2016.7.11
参院選・池上バスツアー【共産「民青」公明「創価学会」民進「連合」自民「日本会議」】各党の支持団体を訪問 2016.7.10

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. アンパンマン より:

    猪瀬元東京都知事が東京都政を裏で牛耳る自民党東京都連幹事長 内田茂氏の存在を暴露されてます。
    https://newspicks.com/news/1663515/body/
    これを見るにつけ、大阪府市の改革が進んだのは橋下徹の突破力は勿論ですが、松井一郎・浅田均の存在が大きいことがわかると同時に、そういった存在のない東京都の闇は深いです。

    増田寛也氏の「東京一極集中を緩和するために東京都の特養を地方に作るといった、経済植民地を地方につくるようなウルトラCな発想」には期待していただけに自民党東京都連に担がれたのは誠に残念です
    増田氏の行政能力の如何に関係なく、自民党東京都連に担がれた彼が当選したら舛添都政のていたらくの繰り返しです。

    しかし、増田氏以外の候補者は広域自治体行政の仕事が何かすら理解されておらず困りものです。
    例えば保育園問題に取り組むのは基礎自治体であり都ではない。都政に関係ない憲法も問題を取り上げるのと同列のピント外れ。
    保育所問題を言うなら、東京都は都と特別区の予算配分か旧態依然で必ずしも適切でないことを指摘しつつ、「特別区への税の配分を増やすことで保育園建設を促す」といった程度の切り口は示して欲しいところ。
    大阪都構想の設計図の説明過程で「都制度」を勉強した大阪市民より都政を知らないんぢゃないか?とすら思ってします。

    とはいえ、候補者の中から誰かを選ぶしかない
    鳥越俊太郎氏はモチロン論外、上杉隆氏の記者会見も拝見しましたが彼も論外(長年都政を見てきたと自負するのに比してピント外れな政策の羅列で期待外れ)
    消去法で言えば小池百合子氏しか選択肢が無いですね。小池氏を選んでも都議会の闇が立ちはだかるので先は暗いですが、小池百合子氏を選んだうえで、次の都議会選挙で声を上げる以外の選択肢は無いと思います。

  2. hf より:

    松井代表の言によれば、党として都知事選に関与しないとのこと。
    裏返せば、個人として応援(小池氏を)するのは構わないということですね。
    それにしても、自民党都連の小池氏応援の人間(親族も含め)は除名対象にするという声明にはたまげたね。
    罪九族に及ぶとは、どこぞの大陸-半島の政治そのままだ。

  3. プリマ より:

    >もし、都民だったら・・・頭抱えちゃいますね(-_-;)
    他候補の公約はまだしも、自分の公約が決まっていないのに記者会見って
    都民は舐められていますよ。
    大阪での首長や議会とのやり取りを見ていると、東京は維新が出てくる前の
    大阪の状態よりも酷いかもしれません。

  4. 他府県民 より:

    本来なら維新が候補を立てて挑むべきに思います。
    人材難ですかね。

    猪瀬さんが公開した樺山都議の手書きの遺書。
    マスコミは報道しないのでしょうか。腐ってます。

  5. 仲井 より:

    党名はそれこそすべてを表す、シンプルな名称がいいと思います

    【維新の会】

    これでいいのではと思います。

    パーティーという色合いでごく少人数の心有る意気の有る、元々この意気からスタートしたこの集まりの原点、
    ここはやっぱり
    始まりがそもそも【有志の会】という所からの出であると思います。
    始めたこの現在に至るまでの経緯を考えるとやっぱり元のところのこの【維新の会】という名称がいいのではと思います。

    橋下さん、松井さん、浅田さんら、この方たちの気持も、このたびの選挙を終え、変えることに了承の気持になっておられるようなので、今回創立当時の名称を変えるということに大方の意思が固まっているのであれば、もう一度この方たちが当時集まったその時の思いも考慮して、原点のこの集まった当時のところに戻っての名称に。

    【維新の会】

    これが一番シンプルで、全国のこれから維新の政治手法政治目標、この内容に、これに是非参加したいと、多くの心意気のある若者人たちに政治的声を挙げて戴くためにも、そういう人たちに参加してもらいやすい名称という意味でも、多くの方たちが参加してくださいという意味合いも込めて【会】という文言をつけていけばいいのでは。

    これであれば全国から出てきた維新の組織を作るときに、そこに地域の名称をすぐに頭につけられるし。
    元のところに戻られては。

    全国それぞれの地域の場合は【〇〇維新の会】のように、地域名がそれぞれ頭に着く今やられている其の今の名称の付け方でいいのでは。
    【維新の会】であれば、選挙の時にも書きやすいし覚えやすいし。
    区別も就けやすい。

    【日本】という文言をつけると、ほかで党を作られたとき、どうしてもこれを使う名称の政党が後々出てくることは有るので、これは省かれた方がいいのではと思います。

    自民党も本当は自由民主党。
    民主党という名称が自民党の名前の中に実は中で使われている。
    ややこしいので結果呼び名で自民党と言ってるだけ。

    全国統括の、
    全国を集約した本部の政治的【政党名】は

    【維新の会】で。

    【維新の会】

    私の案ですが。

  6. 仲井 より:


    タイトル違いのところに書いちゃったようです。
    すみません。

    増田さんは橋下さんのここの、このツイートを見て素早く反応しましたねえ。

    【子育て対策の保育の問題について私(増田は)は待機児童解消問題の解決のプロジェクトチームを一か月以内に作りますなど今頃叫んでいる、もうものすごく敏感に反応している。

    怖いんだろうねえ、橋下さんのコメントが。

    【政策や演説で説明で答える、これで自分の言うことについて、橋下さんがどう反応するのかを】

    怖いんだろうねえ。

    こんな奴が知事になったら、東京都民は多分ほとんど隠されたままで毎日が進んでいくだろうねえ。

    説明で答えるる、説明する文言まで、都連の許可した文言の紙、ここにチェックされた文字しか増田は知事になっても都民には答えられない、自分の書いた説明では都民に聞かせてその紙面は読めなくなるのでは?

  7. 匿名 より:

    「維新の会」だと、関西以外の地域の方が、旧「維新の党」と混同されないか心配です。
    旧「維新の党」は、維新にとって、できることなら消し去りたい過去でしょうし…

  8. 仲井 より:

    東京警視庁に再度お願いをした。

    小池さんの警備について、警視庁に、
    【再度人員増加をしてあげてください】と、
    そして、小池さん周辺への警備対策の強化をと、
    お願いをした。

    東京という地域のことでは、
    ついつい前のことを思い出して、今でも胸が痛い、悔いが残っている。

    何であの時警視庁に、、、、、しなかったのか、と。
    やっとけばよかった、って。

    当時で言えば、改革の象徴のような政治家だったあの石井代議士が、自宅玄関前で家族の見送りの最中に、【金を貰ってのどこかの手先】になって起こしたテロ行為、其れに狙われて遭遇した現役国会議員惨殺テロ事件。

    あの時を思い出し、返す返すも悔しく思っている。

    何であの時警視庁は警備をつけてくれなかったのかと、また、私自身も、自分も何故あの時警視庁に石井先生への警備要請をくどいほど要請をしなかったのかと、
    石井先生がそこまでやって来ていることからして、【狙われるかも】ということは、当然相手が【あいつらだ】と、あんな連中だとは初めから石井先生も私らもわかっていて、其れなのになぜあれを止められなかったのかと。

    まあ本当に悔しい思いをした。

    何故念には念を入れてあの時警視庁に要請をしなかったのかと、まさかという私のゆるみ、当時の自分自身の呑気さにあきれるばかりで、今も私はなんて愚かだったのかと、悔やんでも悔やみきれないほどだ。

    小池さんの様に、伏魔殿を鍵をこじ開けてみせるなどと語った政治家は、伏魔殿の主、配下らの手によって一番狙われやすい。それも朝鮮仕事の荒っぽく。

    既得権益を追及側に回ると、こういうとき必ず出てくるのがふらふらしている朝鮮民族。
    日ごろの本業が何かわからん、でもいっぱしにスーツを着ているという世間では不健康そうな顔面での汚れた表情のそこら辺を与太って歩いている輩。

    その人物が度胸が有り、覚悟が有り、政治的にリーダーシップに優れた人物であればあるほど、奴らが既得権を失うことへの反抗での、本当に狙う場合がある。

    今日、小池さん本人の事務所と、応援演説をやっていたあの特捜検事上がりのあの若狭さんの事務所と、この両方にも、以前の石井先生事件のことも伝える中に一緒に挟んで東京警視庁に伝えた内容と同じ内容を伝えておいた。

    【油断をしないでください、念には念を入れて気を付けてください】と。

    街中(まちなか)での、街頭では、いつも無防備ですから、運動員の方で二重にも三重にも小池さんを取り囲んで選挙活動をやってくださいと。
    熱いですが出来るだけ防弾チョッキを身に着けられるのも必要かもと、
    周りの支援者の人も、囲む体制をとにかく気を付けてくださいと。
    本気で気を付けてください、と。

    【本気で気を付けてください、奴らは日本民族ではありませんから、やることなすこと何とも思わない連中ですから】、と、
    【日本人の感覚で思っていない連中ですから、命令されれば金で何でもする奴隷上がりの朝鮮民族の連中ですから。】と。

    警視庁には、大阪府警を見習って大阪でやったように重要首長候補には、重要人物には、特に既得権に対抗しようという人物、こういう政治家に対しての警備については、警視庁として後から後悔しないように、とにかく思う以上の、多く多くの警備態勢で増員でお願いしますと、とにかく警備を増員でお願いしますと。

トップへ戻る