10/22 橋下氏ツイッター 「夜回り先生こと水谷氏のような意見が僕への反論の典型・・・」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

(引用)
RT @inosenaoki: 盗作は誤字まで引き写す場合と、山根一眞「東京のおそうじ」に佐野眞一「日本のゴミ」と厳密には盗作でないよう装うケースもあり見抜くのが難しい。ベストセラーでないしね。山根氏から申告なければわからなかった。それにね、佐野眞一は真一だったのだけれどそのころから眞一になった。

RT @inosenaoki: Mrサンデー、コメントがわかっていない。朝日新聞社は広告掲載権をもちチェックしてきた。そのとき「ハシシタ」以下のタイトルが載っている版下を確認する機会があったが不作為だった。700万部の新聞は公器で責任があり、20万部の週刊誌の読者ではない。

RT @araikaoru: 【緊急連載スタート】「ノンフィクション界の巨人」佐野眞一氏の「パクリ疑惑」に迫る(ガジェット通信) http://t.co/RCI5d1lr 猪瀬直樹氏 @inosenaoki の衝撃的なツイートによって、橋下市長 @t_ishin を攻撃した佐野氏のたび重なる盗作癖が発覚した。

単なる嫌いも結構ですが、真正面から政策論争をして欲しいですね RT @s_hakase: 東京で僕が親しくしたり敬意を持っている人は反・橋下の人が多いんです。そして皆、危険な政治家だと指摘します。でも僕は大阪へ仕事で定期的に行くので比較的、大阪の抱える構造的な問題を見聞きします(続く…)

(続き)
http://t.co/EVZAGfPl 夜回り先生こと水谷氏のような意見が僕への反論の典型。おそらく君が代起立斉唱条例や教育基本条例に思想的に反対なんだろう。そして僕が教育政策として何をやったかを確認することなく子どもたちのことを想っていないと決めつける @s_hakase:

http://t.co/EVZAGfPl 夜回り先生の学校を回ることは否定しないが、それは教育の中でのほんの少しの部分。それが子どもたちのための大人の行動として全てではない。大阪では、610万円世帯までは10万円で、800万円世帯までは無償で私立高校にも通えるようにした。

この制度によって年間4000人を超える子どもたちが公立高校から私立高校へ先願として流れた。つまり、これまでお金がなくて私立高校へ行けなかった子どもたちが私立高校へ行けるようになった。障がいのある子どもが通う特別支援学校の4校増設を決めた。

学力に課題ある学校を財政的に支える制度を作り年10億円予算化した。大阪府内の公立中学校の給食を普及させるために250億円ほどの予算枠を設けた。市長就任後、大阪市では公立中学校の給食を実施し、経済的に苦しい家庭へ給食費のサポートをする。小中学校の空調設備の設置。

こども医療費助成制度の拡充、国の難病指定以外の難病の医療費サポート制度の創設。公立高校院内学級の創設。発達障がい児のサポート制度、児童虐待対策、一時保護預かり施設の設置・・・・・・もちろんこれは知事、市長の役割としてやったことであり、現場の教員も頑張ってくれている。

水谷氏は、このように知事、市長として何をやったかを確認もせず、君が代起立斉唱条例と教育基本条例のみで全てを全否定。そしてこの二つに真正面から批判してくるならともかく、「子供たちのことを想っていない」の一言で片づける。多くの有識者も同じ。博士さんの知る反橋下の人たちもそうでしょう。

僕は水谷氏のように学校を回って、悩みのある生徒の話を直接聞くようなことはしていない。それは知事や市長の役割ではない。しかし知事や市長にしかできないこともやっている。端的に言えば、学校を回っているだけではできないことをやっている。水谷氏はそこへの想像力がない。

水谷氏のような意見が、反橋下の典型的な意見であり、これではまともな政策論ができない。そしてこのような意見を現場の一部教師や教育評論家の多くが発する。これでは日本の教育政策や民主主義が成熟しない。まずは、僕がやった教育政策も見て、真正面から論戦してきて欲しい。

水谷氏へ。さらに大阪市では塾や習い事の助成として月1万円、年間12万円の学校外教育クーポンを中学校の生徒に配布する。まずは西成区で経済的に苦しい子どもたちに配布した。次年度大阪市内全域に広げる予定。こういうのも子どもたちを想ってのこと。学校を回ることだけが全てではない。

RT @morica7youlu: @t_ishin 私は忘れません。大正区の入院中の高校生の院内学級をという訴えに、前大正区長、橋下市長、松井知事がどのように動かれたか。これは学校を回るだけではわからないことであり、市長、知事の連携があってのこと。学校や地域を回るのは市長知事の仕事じゃない。

了解です。僕は学校を夜回りしませんが、制度を作り予算化します。これが市長の役割。そして現場の先生にも頑張ってもらいます。 RT @wolfcolor: 市長、学校のいじめ対策もお願いいたします。マスコミなどであったいじめがきっかけの自殺防止などを阻止が出来るようにお願いいたします

それも重要なんですけどね、しかし全てではありません RT @chimirohinji: この先生は立派な先生ですが、深夜徘徊するようなドロップアウトした子供のコトしか考えてないような気がします。“@t_ishin: http://t.co/EVZAGfPl @s_hakase:”

これは現金のバラマキではありません。バウチャーと言う新しい政策手法です。教育事業が切磋琢磨する状況になり盛んになります RT @WBJPPP: 僕は「反橋下」ではないが、こういうバラマキ政策には反対。 RT @t_ishin 水谷氏へ。さらに大阪市では塾や習い事の助成として月1万
(橋下氏 twilogより)

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る