橋下氏「学者の研究は尊重していますよ。でもね有権者がどう感じているかを掴むのはこちらがプロ」10/19のツイッター

記事をシェアして頂けると嬉しいです

橋下氏「慰安婦問題。国際的には残虐性のレベルの話。ここに外務官僚も日本の学者も自称インテリも気付かなかった」10/19のツイッター
の続きです。

三浦瑠麗氏のツイートに対する橋下さんの反論ツイート

(twilogより引用)
まあこれは爺の小言レベルだけど、内向きの男性目線とかね、そういう決めつけは良くないよ。こっちもそれなりの経験を踏まえて、バカじゃないんだから色々考えてやってるの。きちんとした学者にはきちんと丁寧な議論をさせてもらっている。キャラ作りであっても一般的な礼儀は必要。 twitter.com/lullymiura/sta…(引用終わり)

(twilogより引用)
共感してくれない人もいれば共感してくれる人もいる。その判断こそが政治家にとって最も重要な政治判断。これは政治家が学者の研究領域に一定の配慮をするのと同じように、学者もでしゃばったらダメ。 twitter.com/lullymiura/sta…

政治学者など学者がやってしまう勘違いは自分が政治家と同じような気分になってしまうところ。有権者の感覚を掴むのはこれはプロの技術。学者にはできない。あの発言があったこととなかったことで国民全体の共感がどうなったかなど学者には分からない。 twitter.com/lullymiura/sta…

僕はね学者の研究は尊重していますよ。でもね有権者がどう感じているかを掴むのはこちらがプロだからね。学者もそこへの配慮が必要。僕の発言の前後の維新の支持率を再度見るように。そして僕のスタイルで既存の政党とやり合って現在維新というものが存在する。あの発言がなくてもまずはこんなもの twitter.com/lullymiura/sta…(引用終わり)

(twilogより引用)
そういう捨て台詞も一般常識の欠如。でしゃばるなじゃなくて、自分では分からない領域もあること、実行プロセスがいかに大変かを謙虚に認識するようにということ。勉強してしゃべるのは簡単。実行するのがとてつもなく大変。そこを踏まえた意見を出せる政治学者が日本には皆無。そこを目指すべき。 twitter.com/lullymiura/sta…

経済学者日本の最貧困地域に挑む 鈴木亘著 東洋経済新報社を読むこと。これが実行プロセス。勉強して口で言うレベルの事は皆分かっている。それを実行するとなると。この実行プロセスを踏まえた意見でないと、全く意味をなさない。日本の政治学者の意見ってほとんどが実行プロセス無視。 twitter.com/lullymiura/sta…

大阪の諸課題の解決のためにどのような実行プロセスをたどるべきか。その視点から大阪都構想や大阪維新の会が発生した。最後の維新の党の分裂劇も。僕がやったことが全て正しいとは思わない。ただ批判するなら一点批判ではなく、流れ全体を捉えて、他にどういうプロセスがあったかを提示する必要あり。 twitter.com/lullymiura/sta…(引用終わり)

日本は主権者教育がなってないから、大人になってから、初めて政治に触れ考え始める。
でもやっぱり分からないから、「評論家」と称する人達が重宝がられる。

日本が英国やドイツの様な主権者教育を行えば、こんな持てはやされなくなるんだろうね…

しかし、今の日教組にニュートラルな主権者教育が行えるかというと…

とは言いつつ
三浦女史は、ある程度「維新」を評価している数少ない学者の方だと思います。

鈴木亘氏の著書
まだ発売されたばかりなんですね
[amazonjs asin="4492444343" locale="JP" title="経済学者 日本の最貧困地域に挑む"]
470ページの大作ですね。
第1章 面倒だから、やる
第2章 区長をやってください!
第3章 労働者のまち、釜ヶ崎
第4章 福祉のまち、あいりん
第5章 アイディアと人材の宝庫
第6章 いきなりの逆境スタート
第7章 「七人の侍」の闘い
第8章 ドブ板行脚の日々
第9章 橋下市長の知られざる実像 ←気になりますね!!
第10章 子どもの家戦争
第11章 特区構想3本の矢
第12章 毒を食らわば皿まで
第13章 そんな予算はありません!
第14章 官民協働の小さな成功体験
第15章 まちづくり合同会社
第16章 西成警察署の変身
第17章 府市合わせの現場
第18章 アゴラのススメ
第19章 綱渡りのまちづくり会議
第20章 直接民主主義の勝利

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    うーん、そうですかねぇ…
    この人や、繋がりのある有本香とかのまぁ…あの手の番組の御用コメンテーター程度の人だと思いますよ
    見事なまでの捨て台詞が見てて情けないですわ

  2. 京都の住人 より:

    そんじょそこらの男と違い全く素直じゃないので、三浦女史は自分可愛さからもこれ以上いらん突っ込みは続けないでしょう(笑)確かに女性票は減っていたでしょうにね(笑)そんなことより、車使用目的に関して、天敵のMBSの取材にしどろもどろになってパニックに陥っていた市議。往生際を良くしないと皆に迷惑かけるよ!有頂天になってる者が他にもいるのですかね?

  3. 匿名 より:

    三浦氏は何か残念でしたねー
    そんじょそこらの「小金稼ぎ」レベルに見えてきました・・・
    「橋下氏にカラめば稼げるw」とかにならなきゃいいんですが・・・

  4. 仲井 より:

    三浦さんは、戦後色々と表れてきた学者と言われる人物の中ではまだ現状の日本での多くの学者と言われる者らから比べれば、とりわけ冷静に物事を分析しているなあと、群を抜いて常識のある見識を持っているのではと私的には思っています。
    第三者的に自分なりの分析で物事を考えを自分の頭でまとめられている数少ない人物だと思っています。
    こういう内容についての見識を彼女は確かに持ってるがそこは彼女は学者であり、学者が越えられない部分はやっぱり政治的な中身の部分ですね。
    彼女はやっぱり学者ですね。
    でも学者とすれば彼女は最近にない良い学者に入ると思いますね。
    私はそう思っています。

    彼女については一言で言えば、橋下さんのおっしゃる通りの内容になると私も思います。私は彼女の存在は彼女の発言は今の日本ではやっぱり必要だと思います。

    それは全面的にすべてが的を得ているとまで言わないがでも物事の捉えかたの入り方が過去の学者らと全く違う。
    過去の学者らには冒頭からこうだろう公に違いないという初めから思い入れを持って結論を期待しての学術調べ研究が行われてきていた府市があるが彼女の場合には彼女が触って出てきたものから柔軟に物事を判断しようという部分から入っている。

    だから頭が非常に柔らかい。
    極日本人的発想だ。
    初めから思想があっての学者ではなくて事実から物事を分析す居て行こうとする姿勢がうかがえる。
    私は日本の今の政治状況、つまり歴史における日本の過去から現状に至るまでの歴史事情の認識、そこから変遷してきたここまでの日本の、国家としての、政治家がやるべきことでの、やったことでの、本当にそれでよかったのかどうかという部分でのその瞬間瞬間の政治家としての国を代表する政治家がその瞬間本当にきちんと判断していたのか、そこら辺についての、政治事情に於いてそれを日本でやられてこなかったその内容を国民に広く伝えていく、認識を正しく持ってもらうというこのことを啓蒙させるには、彼女のようなこういう学者さんはここまであまり見ていなかったが、でもようやくまともそうな学者さんが出てきたと思っています。

    まあ政治家としてではなくて、学者さんとしてですが。
    三浦さんは貴重な存在だと思っています。

    学者さんが現実の施政の現場に立った場合のことが、ここが学者さんではどうしても越えられない部分ですが、でも私はこう思うんですが、三浦さんのような学者がいてることは私は日本には、いや、国民が広く振り返って歴史を見つめるという意味では三浦さんのような学者さんの存在は私は非常にいいことだと思いますねえ。

    学者の分析で事実がどうだったかということで留まる場合と、そこに自分なりの分析による判断想像を入れていくと、その段階でどちらにも揺れ動く物語になる場合がある。ここの部分が今までの学者でよくでっち上げのねつ造が行われてきた。
    この意味では三浦さんは、朝鮮のことを普通に【朝鮮】と発音してオンエアーさせれるし、朝鮮半島を、【韓半島】などという文言ですり替えて発声している偽善者学者が大勢いてるぐらいの世界。

    その意味で、誰もが発音で言わない朝鮮人という文言を、臆せずに普通に何のこだわりもなくテレビで【朝鮮人】とも三浦さんは普通に喋れるし、言葉で、声で言えるし、そういう意味では、本当の歴史事実を彼女自身は学者として出来るだけただ正確に知りたいというその一点だけであろう。

    政治の部分にまでコメントを駆り出されている最近の三浦さんだが、思考も視野も彼女も一生懸命現実に本当にあった事実に真正面から向き合おうと今は頑張っておられる段階だと思いますねえ。
    でもかなり分野も見識も広げてきているようだ。

    私は彼女には怒られるかもだが彼女の学者としての能力は相当な者だと思っていますのでこれからは政治の中に入って戴いて是非とも日本維新の会の中に参加していただいて日本国家としての今後の在り方を見つめていくうえでもこういう学者さん、三浦さんのような学者さんの知識知能を日本維新の会の議員さんに日本という国が今までどうやってきた歴史を持ってるのかをこういう学者さんと定期的に懇談の勉強会なるものを開ければいいのかなあと主思ったりしていました。
    その中で色々な意見、知識の交換、交流しながら、過去の日本国家の政治的歴史についての、過去の政治家が愚かで至らなかった部分、またよかった部分、これらをもう一度議員同士でその中に三浦さんのような学者さんを交えての、こういう学者さんに混ざって貰って、お互いで法律をはじめみんなで知識会のような勉強会なるものをやられればいいのかなあと。

    本当の歴史知識をまだ身に着けていない議員さんも大勢いてるはず。
    三浦さんの知識を日本維新の会の議員さんも吸収されて、知識を吸収するという部分に特化して、こういう学者さんに参加してもらえる懇談の知識会、研究懇談会なるものでも立ち上げればと思う。
    私は三浦さんのことは今後大いに楽しみな学者さんでこれからの日本にはこういう冷静に歴史を真正面から見つめ事実を探求される人物は絶対に必要だと思いますねえ。

    政治という部分のはざまで多少あるかもですが、でも彼女の持つ知識才能、分析能力は、そんじょそこら辺のテレビに出てくる学者やコメンテーター、新聞の報道の者ら、こいつらを一掃でなぎ倒す迫力はある。
    この間の橋本さんとの対談は、これは橋下さんが大きすぎただけで彼女はそこがもっとよく解ったのでは。
    会ってみてわあこの人はやっぱりすごいんだと恐らく感動に近い興奮したと思いますよ。
    何しろ今まで橋下さんのような凄い人に多分巡り合っていなかったはず、彼女は橋下さんの凄さに圧倒されたと思いますね。
    最後の投げかけた言葉は、歴史学者三浦女史が一瞬あれは女の子になった瞬間だったのでは?

    凄さに圧倒されてそのことに感動で、どうしていいかわからずに、多分気恥ずかしかったのでああなってしまったのは?

    三浦さんは自宅に帰ってから、恐らくはその時を思い出して
    【私一体どうしちゃったの?】
    このレベルだったのでは?

  5. 匿名 より:

    >最後の投げかけた言葉は、歴史学者三浦女史が一瞬あれは女の子になった瞬間だったのでは?
    同意!
    行間に一瞬見えた彼女の変化を見逃さないあたり素晴らしですね

    つか、番組の後半でも一瞬目がハートになりかけてたし
    まあ橋下さんも厳しく指摘しながらも彼女には優しい言葉もかけてたし
    彼女もそれがわかるから嬉しくてついつい必要以上に絡んじゃったんじゃない

    橋下さんが『>読むこと。』って言ったのは彼女に次の討論のチャンス与えたような感じ

    多分、次回会った時に彼女が目をキラキラさせながら
    『本読みました!(ハート)』って言いながら
    橋下さんに本の内容について議論ふっかける姿が目に映るねw

    しかし、あれだけ聡明で感情や思い込みじゃなく、知見と研究に基づいて
    しっかりと自分の主張を、自分の言葉で言える彼女がさ、あんなに簡単にコロっと転がされちゃうって
    橋下さんの魅力ってそんな凄いのかよ、、ってのが
    今回の感想。

  6. 京都の住人 より:

    以前からお気に入りなんです(笑)会えるのを楽しみにしていましたよ彼女は。「またそういってディスる~♥」ってめったに聞けませんよ。彼女の口から(笑)

  7. 仲井 より:

    一寸ずれるかもですがでも本質部分は個々のタイトルに繋がるかもです。
    この件でテレビ、新聞等で、三浦さんのような人に”【この件】”で是非解説を出してほしいですね。

    なにかというと、
    例の今大きく新聞テレビをはじめもの凄い話題にして連日やっているあの韓国大統領とあの女性との関係、
    この二人の間で行われていたとされる不適切な間柄、現在の朴政権が国の政策決定、国家間の外交に関わるまで、この政治家でもなく政権側の人間でもなく、まったく第三者の一個人、それも宗教と称する悪い言葉で言えばまるで朝鮮半島で古来から延々続いてきた、続く祈祷師を頼る社会、必要としてきたこの異常な社会の伝統の中でそこにこともあろうに一国の大統領がそれに頼っていたのではという疑念が持たれているこの問題。

    報道されているような、このような前近代的形態、やってることも怪しそうなそういう人物の助言で国の方針を決めていたのではとの疑い、この女性に関する周辺に大統領が直接かかわっての優遇する処置も行ってきたとされるこの事件、全くの部外者の一人の女性の意向が働いていて実は一人の女性の力が働いてそれによる傀儡政権になっていたのでは?という云々のこの内容。

    これについて三浦さんが、この件で私が今から書くことの内容について、三浦さんであればどう思われるかを、これを是非とも聞きたいものです。

    過去のもう20年ぐらい、いやもっと前になりますか、日本で当時なぜか日本の政治家になって日本人だとされて存在していた野中広務という人物がいた。
    彼が日本で政治家で、しかも幹事長、国家公安委員長、官房長官という役職に就き、日本の政治の、日本の政権のど真ん中、中枢で存在していた。

    一時これが大きく問題にされだして話題が出てきたが、さっとこの話題は国民の目から届かないように消されて、奴らの思惑通りに一切隠蔽されて出てこないようにされてしまっているが、例の国の機密費である官房機密費を、これを当時の官房長官であった野中広務がマスコミ関係、メディア関係者、ジャーナリスト関係者、コメンテーター関係者ら、あらゆる範囲に、自分たちに利益誘導する目的での手広くこの国家の大切な資金がこういう薄汚いヨダレを出して待っている連中らにこいつらに不当にバラマかれていた事件が発覚した。
    これは官房機密費云々という問題ではなくて明らかに不当事件扱いの無いようであることは明確にわかる内容。
    だったが貰って手にした新聞社テレビ曲他みんながみんなすべてがこの貰っていたことを一切隠し隠蔽しこの内容が存在していないかにマスメディアは一切表で出さないようにした。
    表で出そうとした上杉というジャーナリストの記者について、テレビ局は一切の出演を拒否して隠蔽工作をやって来た。
    これは現状も続いて各マスコミメディアは、一切隠そうと必死である。

    問題は今回の韓国で起きたとされるこの朴政権が行ったとされる問題の内容事象、これが私は日本ではもっとひどい状況でやられていたと思っている。

    日本のマスメディアはこぞって、
    【韓国は前近代国家だ、まだそんなものに影響されるような政権運営をやっている】などと言って一斉に朴大統領をはじめ韓国という国家の根っこにある不当政権の沙汰を捉えてモーレツに糾弾しているが、そらこの、韓国の内容など国家として、大統領として、政治家として絶対にあってはならんことで言語道断は言うまでもない事案に違いはないが、ではわが日本国家は、日本ではこれに近いことが延々長年ずっと続けてやられていたではないか!って、私はそう断言して言う。

    野中広務は、日本の国家の政権の中枢に存在していた時期、及びその前後の期間中、毎月のように読売グループのトップのあの渡辺恒夫と会っていたと言われている。
    それも官房長官自らが渡辺恒夫にこっちから足を運んで会いに行っていたという。
    名目は、挨拶だという。

    【挨拶】?
    何の挨拶だよ!ふざけるのもいい加減にしろ!って。
    税金で食ってる者がなんで毎月毎月あんなもんのところに、瓦版屋如きになど何で会いに行かなくちゃあならんのか!って。それも挨拶になんておかしいだろうが!って、何をやってんだあ?って。
    国民からすれば誰が見ても言語道断だとそう思う。

    つまり何かの思惑での面談だと思われても不思議ではないし、何よりも国の中枢が一新聞屋になど会う必要すらないはずだ。
    そこに合う必要があったとすれば底はこんかいのこの韓国朴大統領のこのたびのことと全く同じ構図だ。

    何で読売グループのトップに官房長官がわざわざ出向いて毎月挨拶に伺わなきゃあならんのだあ?って。
    たかが瓦版のトップごときに何で日本の政権の中枢にいてた者が毎月顔を出してわざわざ訪れて会いに行かないといけないんだよ!って。

    これこそまさしく野中広務は無論思惑で会っていたし、渡辺恒夫にも思惑があって、互いで思惑で国民の利益とは違う内容の思惑で会っていたと思って間違いない。

    つまり朝鮮半島での、韓国の朴政権がやってるとされている内容と、全く同じことをこいつらも普通にやっていたと言われても異論が出る人など日本の国民の中ではないと思える。

    にもかかわらず日本のテレビ新聞はすべて韓国の問題とだけ報道しこの日本で行われている内容については一切これを表で出して糾弾をやっていない。

    あのチェという女性について朴大統領から億単位の資金が優遇で流れたとされているし娘が大学に優遇されてはいったとされているが、これなど日本の政治家であれば過去殆どの政治家が何らかの口利きを経験しコネでの採用、コネでの入学合格、公的機関が関わるあらゆる抽選という場には、必ずと言っていいほどの政治化、公務員のコネでの口利きが蔓延し、待機保育時だって政治家の子供公務員の子供、マスコミメディアの関係者、これらでの子供についてほぼ優遇されての待機児童状況など皆無になって居る。これらもすべてがコネと口利きである。

    問題はあの野中広務が当時政権の中での機密内容を一マスコミの読売グループトップの渡辺恒雄に流していたかどうかという部分、月に一度づつあって居たらそら国家機密などふつうに漏れていただろうしましてや日本民族では無いと思える野中広務にしたら日本国家よりも彼にすれば北朝鮮国家の方が最優先で大切に思っている素性を持っており、こんな危険極まりない人物と毎月挨拶と称して会っていたこと自体が異常だと誰もが注意求めることもしなかった。

    【力道山】、【●●し●】、【●う●】、他、スポーツ関連だけでもこれだけ深くものすごい数での朝鮮半島でも特に北朝鮮から日本にやってきている家系でつながる人物を大勢自分のところのグループ所属に取り込み、読売という組織は、北朝鮮とは毎日系グループや朝日系グループとはまた違うルート構造での、違う形での親交密度は日本人にすればこの状況が誰が見ても異常を越えたレベルで付き合ってきているこの読売グループという企業体グループ、北朝鮮とは独自のつながりでの緊密に親交を持ち、このように密接につながってきている読売グループのトップ棉㎡鍋恒雄と野中広務が官房長官時代に毎月のように面談で有っていたことは日本国民はこのこんかいの朴政権の問題だけで取り上げずに日本の中でこういう不正行為に思えることが常態化して行われてきていたということを知るべきだ。
    野中広務はマスメディアの関係者に、多い時には一度に500万円単位で金をばらまいて渡したと証言している。もっと多くくれと要求を重ねたマスコミメディアの連中がいてたとも証言した。

    野中は彼なりの裏で思う思惑があり、マスメディアの連中にここで渡して置いてこいつらに渡したことを当人に認識させておいて、そのことで何かの時に後の脅しの内容に使えると思ってこの税金を奴らに渡しているのだ。
    一方の渡辺恒雄らは金をもらうために面談を毎月やっていたのか、
    それとも政権中枢から漏れ出てくる国家機密を読売として知りたくて、知りたいがために野中らと会っていたのか、

    ここだ、
    肝心なところは。

    つまり現在偉そうにテレビ局や新聞社が朝鮮韓国で起きていることを糾弾しているがでは日本でこうして行われていあことは大丈夫と言えるのか!って私は言っているわけ。
    読売のあのトップのことを日本民族の日本人の日本国民は果たしで全面的に信用できるかと言えばもう言語道断だよな!
    絶対にうさん臭くて欲の皮がつっぱって傲慢でまるで朝鮮身分制度の身分でもあるがごとくに振舞い、自分があたかもその身分の高いところにでも座ってるがごとくに勘違いし、錯覚がはなはだしい感覚ズレのこんな奴に対して、日本の日本人国民はまず信用などするはずもない。

    こういう輩だからそこをよくわかった上で野中広務は個々をターゲットで狙いをつけこいつだったらよくで寝返りも欲で裏切りもなんでもやれる神経感情を持っている奴だと認識したうえで追加づいたのだ。まあ言えば日本の国などということは論外な同士が親密そうに演技同士で思惑同士で会い、欲の皮の突っ張ってる爺さんに北朝鮮司令部と直結の日本の司令塔である政権中枢の人物が、官房長官という総理に一番近い側近と定期的に懇談を密に月に一度は会ってやっていたというこの実態、こっちの方が日本国家に取ってとんでもない危険状況だったことに気づくべきだろうにって。もっと怖いだろうがというのが私の見解、気持。
    此の当時、国会の議員会館事務所に相当抗議で連絡したことがある、
    返しに私宛に返ってきたことが、日をおいてから後に、後に起こり、其れもなぜか北朝鮮側からこれが非常に怖い内容で知らせてきた。
    このことは以前にここに書いたが。

    日本は日本国家の日本民族で出来ているのかを本格的に真剣に疑った時期。
    其れまでは戦地から帰還した兵士による実体験話で幼い子供時代を過ごし育ってきた私の時期での知識、そこにその後知識で入ってきたり現実に事象で起きていく内容などでの歴史的事実による自分なりの洞察的感覚での認識が殆どだったが、そうしてその時実際に目の前で自分のところでそれが起きると、事実はやっぱりこれだと確信になった。
    やっぱりなあと。
    その事実をこの目で目の当たりにしたのがこの時ついこの間まで起きていたこの内容について今韓国朴政権で起きていることとどこがどう違うのか、
    私はほぼ同じ内容にしか思えない。
    日本でやっていることの方がもっと危険で日本民族の日本国民からすれば、言語道断なことを日本中でこれをやっていると言える。
    これをどう思うのかということ。

トップへ戻る