池上彰氏、イスラム国に呼びかけ「後藤さんを決して殺してはいけない」

イスラム国(ISIS)に対して、後藤健二さんの開放を、アラビア語で呼びかけました。
23日WBSより

※ブラウザによっては直接再生できない場合があります。以下のURLよりご覧下さい。環境によっては再生開始まで10~20秒ほど時間が掛かる場合があります。
http://dai.ly/x2ffy0g
(削除されてしまう可能性があります、ご視聴はお早めに…)

(追記)
池上彰の大岡山通信
人質になった後藤さん 戦争 忘れさせないために(1/26日経朝刊)
※記事後半に引用掲載

関連
青山繁晴氏アンカー「身代金要求、そして『ことし最大の政局。5.17大阪』」
池上彰 「戦争」 悲劇が生み出した『言葉』

(日本経済新聞より引用)
池上彰の大岡山通信
人質になった後藤さん 戦争 忘れさせないために

 中東のイスラム過激派組織「イスラム国」を名のるグループが、日本人の人質2人の映像を公開し、「身代金を払わなければ殺害する」と脅しました。2人のうち国際ジャーナリストの後藤健二さんは、中東取材でお世話になったことがある知人です。それだけに人質映像は衝撃でした。

 中東とりわけイスラム国を取材するジャーナリストの悪夢は、オレンジの囚人服を着せられてカメラの前に連れ出されることです。こんな悪夢を見たと述懐するジャーナリストもいます。ひょっとすると、後藤さんも、こんな悪夢に悩まされていたことがあるかもしれません。

◇ ◆ ◇

 「後藤さんが、シリアに入った後、消息がわからなくなっている」――。この情報を私が得たのは今年初めでした。

 これまで数々の事件を取材してきた私も、個人的に親しい人が事件に巻き込まれると、いてもたってもいられない気持ちになります。さまざまな事件の被害者家族や友人たちは、こんな気持ちでいたのだと改めて知らされます。

 後藤さんと初めてご一緒したのは、私が担当していたNHKの「週刊こどもニュース」に出演してもらったときのこと。米国によるイラク攻撃の結果、イラク国内は内戦状態となっていた中で、子どもたちが、どのように暮らしているかを、現地の映像を交えてリポートしてくださいました。

 戦争の最大の犠牲者は、いつも子どもたち。その視点を持った後藤さんのリポートは、やさしさに満ちていました。

 その後、私がNHKを辞め、テレビ東京で中東情勢を取材するようになって、後藤さんと再会しました。ヨルダンのシリア難民キャンプでの取材や、カダフィ大佐殺害後の混乱するリビアでの取材のとき、後藤さんの助けを借りました。

 後藤さんは、戦場取材のベテランジャーナリスト。何がとても危険で、何がそれほど危険でないかを瞬時に判断する力を持っていました。

 ですから、後藤さんが、「これ以上は危険です」と言えば、そのアドバイスに従って取材を断念したこともあります。それだけ全幅の信頼を置いていたのです。

 それだけに、後藤さんほどの人も窮地に陥ってしまうことがあるというのは二重の衝撃でした。

◇ ◆ ◇

 後藤さんは仙台出身。そのせいでしょうか、東日本大震災後の被災地に入って、子どもたちのためのボランティア活動もしています。心やさしい男なのです。

 戦場ジャーナリストというのは因果な商売。自分の身を危険にさらして取材するのですから。危険だから取材はやめなさい。こういう忠告をしばしば受けるはずです。でも、戦争の悲惨さを誰かが伝えないと、その戦争は「忘れられた戦争」になってしまいます。戦争の犠牲者は世界から見捨てられてしまうのです。

 戦争の悲惨さを伝えること。たとえ回り道であっても、ジャーナリストには、それしかできないのだと思います。

 後藤さんが無事に帰国して、人質になった顛末(てんまつ)を自分の言葉で解説する。そんな日が早く来ることを願っています。
(引用終わり)

コメント

  1. じい より:

    「人間の命は地球よりも重い」と金を払った
    その金が遊ぶお金に使われるのならまだいいが
    支払った金で武器が買われ別の人の命が大量に奪われる
    そうなると最初の言葉がものっすごい軽いものになるね

トップへ戻る