辛坊さんウエークアップ「”農協改革”なぜ反対なの?」実は大阪都構想と同じ構図

記事をシェアして頂けると嬉しいです

辛坊さんのウエークアップぷらす
安倍政権が挑む「農協改革」を取り上げました。
佐賀県知事選の後、自民内族議員の抵抗が強くなっているようです・・・

さて、その問題の核心は?

ウェークアップ!ぷらす 150124_2を見る - DailymotionでNEXTを視聴

VTRにあった様、農業が「このままではダメになる」というのは、全国民の共通認識だと思います。
しかし、「全中」「農協」の中には、とりあえず場当たり的な対策でお茶を濁し、出来る限り「現状維持」をしたい人達が多いようです。

全中はJAグループを配下に置いたままにし、その影響力を行使したい。
農協は、全中の指示・保護の元、ぬるま湯の中に浸っていたい。
本来の農家の為に、自立して他の農協などと切磋琢磨する努力はしたくない。

また、そういう人達は、新しい制度になると、自分の地位・収入・老後の保障等は、現在ほど高水準に保たれるか?
不安なんでしょうね。

もちろん、全中をトップとする巨大なJA組織を、選挙で利用している議員も同様でしょう。

そうなると、この人達の口から、このような言葉が出て来る様になります。
「農協がつぶされる」
「農協がダメになる(機能しなくなる)」

こう言われれば、農家の皆さん・組合員は、不安に思い反対しますよね。

本当は、農協がなくなるわけではないし、ダメになる訳はない。
むしろ、農協が農家の方を見てがんばる様になるので、頼っている農家の皆さんにとっては、プラスになる話。
反対する理由は無いはず・・・

でも、先の様なデマが、普段頼っている所から出てくれば、怖くなって躊躇しますよね。
平均年齢が68才と、極端な高齢化が進む農業では、なおさらでしょうね・・・

これ、都構想でも全く同じ構図だと思います。

「大阪が無くなる」
「大阪の税金が都に吸い上げられる」
「住民サービスが低下する」
「効果よりも費用が掛かる」
「税金が跳ね上がる」・・・などなど

議員、役人、経営者などが騒ぎ立てれば、不安になりますよね・・・

しかし、”農協改革””大阪都構想”、共通して言える事は、
「現状ままでは、何年か後には、間違いなくダメになる」と言う事。

どちらも、小手先の改革では、どうにもならない所まで来ています。

もし、農業がダメになった時、
一番ひどい目に合うのは、末端の農家の皆さん、消費者。

もし、大阪がダメになった時、
一番ひどい目に合うのは、もちろん市民の皆さん、ですよね・・・
反対派が今言ってる事が現実になります。

「住民サービスが低下する」
「税金が跳ね上がる」・・・

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る