埼玉・新座市議選、京都・八幡市議補選 おおさか維新候補当選 八幡市長選は落選

京都・八幡市長に堀口氏再選 2新人破る(京都新聞)

私が注目していたのは新座市議選。
おおさか維新の会という名称にどの程度の力があるかどうかを試す大事な市議会議員選挙(BLOGOS:早川忠孝)

埼玉でおおさか維新の会を代表する地方議員という自覚を持って大いに活躍されることだ(BLOGOS:早川忠孝)

早川氏の見立てと同様に、関東での、おおさか維新の認知度・印象、また指摘されていた「名前のマイナス面」が図れる選挙だと思っていたから。

前回は無所属で当選している現職の塩田氏、今回は約500票増やしての当選。

(早川氏)無所属の時よりも得票を増やしているのだから、やはりおおさか維新の会の看板はそれなりに大きかったのではないか、という見方もあるかも知れないが、私の見る限りでは爆発的なムードはどこにもなく、まあ普通に若い方が頑張って、そこそこに支持者を増やしたという感じである。

私も、そうかなと思います。

でも、確かに感じるのは「おおさか」と言う名前は、ネガティブに捉えられていなかった、という事。

この一件は、関東以北での、(真の)維新勢力に安心感を与え、そして目指している方々の背中を押すきっかけになるのではと期待しています。

おおさか維新、次期衆院選で埼玉4区に青柳氏擁立へ(産経ニュース)

(笑)

関連
橋下徹氏「京都市長選、投票率が低いから問題だ!と言っている人に限って、対話と協調を重視しろ、選挙至上主義はダメだと言う。支離滅裂」2/8のツイート
(衆院・予算委員会)足立康史議員「『青年を惑わすひどいチラシ』と訂正を求められた共産党のビラ。この手の話は大阪でも苦労している」 2016.2.5

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る