共産党機関紙:赤旗「都構想をめぐり公明党は維新に屈服」と酷評。1人の指揮官の下でやりたい放題のことができる体制はダメ!(アレ?)

記事をシェアして頂けると嬉しいです

5/25 大阪維新幹部と公明大阪府本部幹部が「都構想合意」に関する共同会見を開きました

今まで、都構想反対の同士だった公明の方針転換に共産は怒りが収まらない様です・・・(笑)

公明一転、「都」構想賛成/大阪 来秋にも住民投票へ/維新と合意

(一部引用)
解説

公明党の苦しい弁明

 「大阪都」構想をめぐり公明党は維新に屈服しました。先の知事・大阪市長ダブル選では「百害あって一利なし」と痛烈に批判した「大阪都」構想に一転して賛成する理由は苦しいものでした。

 公明党の佐藤茂樹代表は「強い民意」を挙げましたが、2015年の住民投票で「大阪都」構想は否決され、先の統一地方選でも大阪市議選で維新は過半数を得ることができませんでした。根強い大阪市民の「大阪都」構想反対の民意は無視するのでしょうか。

 賛成に転じる前提として公明党が維新と合意したという4条件は「百害」を消し去るものではなく、大阪市をなくすことに変わりはありません。4特別区案は両党で議論もされておらず、特別区設置のコストについても維新の松井一郎代表は「われわれは投資と考えているが、(『都』構想)賛成の立場から(公明党と)前向きな議論ができる」とし、児童相談所の全特別区設置はすでに四つ目の児童相談所が計画されており、4特別区に対応します。

 住民サービス低下や特別区設置コストを懸念するなら「大阪都」構想そのものを断念させるべきです。同構想は政令市である大阪市を廃止し複数の特別区にバラバラにし、権限も財源も「都(府)」に吸い上げ、「1人の指揮官(知事)」の下でやりたい放題のことができる体制をつくることが狙いです。どんな「修正」もその根幹を変えるものではありません。

 記者会見で、記者から「『民意』で公明党を屈服させたお気持ちは」と聞かれて松井氏がムッとする場面も。佐藤氏は衆院選と大都市制度の問題は「まったく次元の違う話」としましたが、維新はこの間、公明党が「都」構想に賛成しなければ、公明党が現職議員を持つ関西の6衆院選挙区に対抗馬を立てる準備があるとけん制し続けてきました。公明党の今回の「屈服劇」を、公明党支持者はどう見ているのでしょうか。(辺)

<<下に続く>>


「1人の指揮官(知事)」の下でやりたい放題のことができる体制をつくることが狙いです

→東京都は、ずっとそうなんですけど何で批判しないの?
→というか、そもそも共産主義が目指しているのは「1人の指揮官の独裁体制」じゃないの?それを否定しちゃったら・・・(爆笑)

相変わらず、言ってる事がハチャメチャですね(^_^;)

もうご覧になられたと思いますが、その共同会見の模様も貼っておきます

この段階で「住民投票が否決されたら?」って聞く記者って・・・

そこまで聞いておいて、その内容はほとんど記事になって無いし・・・

大阪市を廃止し、特別区を設置する「大阪都構想」推進を巡り、大阪維新の会と公明党大阪府本部の幹部が25日、大阪市内のホテルで最終協議した。一貫して反対してきた公明は、都構想実現に賛成する立場を正式表明

コメント

  1. 仲井 より:

    今回日本維新の会を除く日本で一応野党といわれる虐殺集団が中心で固まった朝鮮民族団体が、次の選挙では合体して統一候補者を出すと発表した。

    まあどうでもいいんだが、ただそれを取り上げたテレビ局のそれぞれの反応、報道がもうあきれてものも言えない。
    一番異常なのは、コメンテーターらがこいつら本気で言ってるのか、それとも今後も使ってもらい続けたいからそう言ってるのかテレビの出演を断られないためにそういわざるを得ないのか、まあそいつらが出す意見に、見ていてこいつらもう無茶苦茶やなあと。

    ★【安倍政権を倒すためには、野党とすればもう皆で一緒になってでも闘わないと、、、、これも一つの手段なんですよ、、、、、、、、】

    ★【今の安倍政権に対抗できる野党を作るには、こうするしかないでしょう、、、、】

    ★【この5野党統一候補者擁立になっても、消費税反対(←あれっ?反対?って、自分らで消費税って決めたんでは?)と、憲法改正反対、原発ゼロ、これが一致してるんだから、いいじゃあないか、、、】

    ★【小沢さんが皆で一緒にというまとめでこうなったんでしょう、、、】


    こいつら言ってることがいったい何がしたいの?って、意味が解らん。

    日頃主義主張、政策の違うものが一緒になるなんてひどいと、いつもこいつらテレビでそう言ってきたはずが、それをやるなんてひどい政党だ!って、これまで多くの政党が合併した折そう言ってきて非難していたはずが、つまりはこいつらの本音で行けば、安倍政権さえ倒せば後はどうでもいいという論調。

    それ。
    テレビで偉そうに語ってきた政治理論日本の政治論など全く嘘っぱちのいい加減なもので、偉そうに識者ぶって喋ってきていたコメントなど全く関係なく、目的はすべてが兎に角トランプ反対、安倍政権打倒にさえ目的が一致すれば、中身も内容もすべてどうでもよくて、中はどうでもいいというコメンテーターだったということ。

    安倍政権以外の、朝鮮民族の反日の政治集団組織がやることであれば、それなら日本の国家転覆に向けて合体して行動がともにできるだろうから、それでもいいんじゃあないの?ってこと???

    政治家の座にとにかく座って身分を保障させたいという、身分が高いと思い込んでいるこいつら民族の、日本人にはない朝鮮民族奴隷だけが思うこの意識、絶対になれるはずもなかった祖国を離れた国の中でつかんだなりすましの日本国籍で偽装して掴んだこの国会議員という座、どうやってもこれから離れたくないのだろう。

    しかも政治家というものを生活の所得の糧としてきた家業にまでしてきたこいつらにすれば、政治家で無い立場になれば何にも仕事ができない能無しのものがほとんどで、選挙で落ちればピーマンのようにただのバッジ経験者というだけの、国民からも、国家からも、ただ邪魔ものにしかならん存在になる。

    密入国して日本に入ってきて日本の国籍を騙し取って日本人に成りすましても、しかも祖国からも放棄されて棄てられた民族で、祖国から帰国も許可されなかった奴隷が、日本ではそれでも得意な嘘で作った騙しのテクニックで偽装し、騙して政治家になれる日本という国家、不法移民の奴隷が違法に夢にまで見た国会議員の身分を掴み、これを兎に角つかんでおきたい、これを手放したくないと、日本からどれだけ奪えるかだけしか考えずに政治家になった連中が、こいつらからバッジを取り上げたら何処に行っても何の役にも立たぬ、ただのウソつきの泥棒にしかなれん連中が、こんな奴らが今の国会議員という立場にどうしても離さない、こだわる意味がそこにある。

    維新が一時だったがあの石原さんと合体した時、こいつらは目を三角に、眉毛をしかめて寄せてもうこれでもかと非難ごうごうであった。
    主義主張も違うものが一緒になるなどとんでもないと、まだついちょっと前の事。

    つまりは日本で反日の組織、集団であれば何をしても万歳(あんなシバキ隊の菅野のような誰が見ても犯罪者であっても、コメンテーターの誰もが、奴らの事をテレビで批判をしなかった、まだ安倍政権打倒の力になるからと応援コメントまで出していた)で、日本への愛情、日本国家への大事さを思う政治集団には、存在さえも認めようとしない。
    こういう反日がどうして存在しだしたか、
    こういう連中がなぜテレビに常に出てコメントを出すようになったのかは日本のテレビが朝鮮人の支配になってるから、中國資本が主要な資金源になりだし、身元素性は脅され続け、ここまでこいつらが中国の意向が最大大事で動いているから。

    誰がこれを根っこから根こそぎ潰せるのか。
    日本の子供たちの将来の運命は、そこにかかっている。

    今の日本の日本人の現役世代がここを認識してまともに動かないと、このままのんべんだらりとそのうちよくなるわレベルで見過ごしていると一気に中国朝鮮の思いのままに、日本は理不尽な奴隷制度の存在する占領される国家になるだろう。

トップへ戻る