どこよりも早い”都構想”大討論会SP(維新:松井代表他、公明・自民・共産)

これ観たかったんですよね!

※残念ながら動画は削除されました・・・

討論会後の動画を貼っておきます・・・


<<下に続く>>

テレビ番組において
「公明が都構想賛成」の札を立てて座っている日が来るとは・・・

感慨深いですね・・・

皆さん同様、心の底から信用している訳ではありませんが・・・(汗


しかし、相変わらず共産党の主張はメチャクチャ・・・

経済活性化・利便性向上で地価が上がることを「悪いこと」と否定しちゃうし(^^;)

p.s.
松井代表の髪型が??・・・

先日放送された、安藤忠雄氏の特集番組 大阪市・中之島に今年3月1日開館予定 こども本の森 中之島|Nakanoshima Child...

政令市制度は「地方都市」用の制度ですよね
ある程度の規模までの

この制度を国の基幹になるような大都市に適応していたら問題が起こるし、大きくなりすぎて住民自治もうまく行き届かない

また、本来もっと発展するはずの地方都市。その成長も阻害しているんでしょうね・・・

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    先日ふと思い出して、
    「そうだもうこういうこともしとかないとなあ」と、
    まあ少し形の意味合いは違うが、まあ断捨離のようなものだが、
    自分の生まれた里の、そこで昔何らかの触れ合いや何らかの関係性のあった人物らに、思い出せる限りの人物らに、もう半世紀以上が経過したこの時期に、まあこの年齢と現状の時期だからこそできたことかもだが、初めてその人たちに向けて年賀状を初めて出した。

    自分の生きている時間のことも考えて、まあこれが最後かという思いもあって、
    できる限り最後の挨拶というか、これまでのなにがしかのお世話になった昔からのその当時の人たちへ当時の感謝を伝えたい、御礼や現状の状況をお伝えもし、またお聞きするためにと思って、ご挨拶と感謝を伝えるためにそんなことをしてみた。

    そこで起きたことで、
    その中で数通の郵便が「宛先不明で届けられません云々」で返ってきたりもした。

    それで、田舎のそこに関係する郵便局に問い合わせをして、そこでああ今はこうなっているのかと、自分の田舎がこういう形に変化しだしていることに、田舎で行う時の同窓会などで帰省はよくしているんだが、そこではやっぱり表でしか見ていなかったようで、実際にこういう手紙を出してみて、それまでに田舎が変わりつつあることにはまあ気づきだしてはいたが、また違う意味での悲しい変化をしだしていた。

    まずは人間、其れと私が当時感じていたその里の周辺の地域の感じていた人間の感触と、そこでの人の心の部分がすでに相当変わりだしていることに、今回こういう手紙を出すことでここまで気づいていなかったことに気づかされた。

    ;「田舎もこういう状況に変りだしているんだ」と、
    ;「昔の知っていた田舎の人間同士の間柄で通う感覚が当時はほぼなかったと思えていたことが現状もう相当、人と人の間に、何か空間の隔たりの距離が出てきている」ということに気づかされた。

    郵便局に問い合わせをして、返ってきた手紙の、宛先の住所が私が書いた住所地名と、後にその地域が当時とは違うということだったらしいが(おなじ田舎だが、地域の町名などが合併などで現在町名が変わっていたり、元あった住所地から向かい側の道路を隔てた場所へと、すぐ近くのところに移転したり=集落の部落単位で行けば海岸沿岸線上のわずか10数軒単位の集落ごとに分かれているぐらいの地域=集落ごとのその”はざかい”は精々200メートル間隔ぐらいごとでの)、その住所地名が違っていたらしい。
    それで手紙が返ってきてしまった。

    私が書いていた住所地名は、昔からの旧町名での住所地名になっていたが、現状その手紙を出さしていただいた方が住んでいる場所とは、書いていた住所地ともう目の前の道を一つ渡ったもう距離にしてほんの二百メートルも距離の違いのないところに現在住んでいるが、その違いで、その住所地との書き違いによっても、現在の私の田舎での郵便配達事業の「地域名が違ってるので郵便物は届けられません」という回答が返ってきた。

    つまり全く間違えないですべて完璧に合致しないと配達できませんと普通に返答が返ってきた。
    状況を聞くと、
    この地域に配達をやっている配達員は、その集落一体2000軒余りを町名を隔ててもう十数年その地域に配達は毎日やっていて、しかも私の宛先で書いていた人物は、同姓同名は存在していなくてその人しか名前が存在しないが、そのことは郵便許の掴んでいる住所地と個人名でのファイルでわかっていると言ってるんだが、また、その一角のところには毎回配達はしている状況で、その人物がそのすぐ近所に住んでいることはこの郵便配達の配達人は知っているが、でも住所地の地名が正確に100%でないので、間違っていたので、配達はできないと言ってここは譲れませんと言って返答が返ってきた。

    まあ私も60年くらい前のお会いしただけの方もおられて、その人の電話番号も判らず、ただ記憶にある田舎の住所地の昔の住所地域名ぐらいしか判らず番地まではわからずに【〇〇町、、、 字、】のところまでしか記載できず、結局町名が変わってるので配達できませんという形になった。

    一番驚いたのは、
    ここの局の、毎日郵便を配達している者と、課長代理と、そこの局の課長の、この三人が共に、同じ返答を私にしてきた文言を聞いたとき、まあ私はこれには驚かされた。

    ★【昔は公務員だったので、毎日配達をしていて、当然名前も場所も解っているので覚えている住民のところには配達の途中で例えそれが宛先が違っていても、近くだったり、名前でわかれば、ちょっと気を利かせれば途中で住民にも聞いて確認して配達の途中の道で同じ地域なので配達はしていたが、今は公務員ではないので、住所番地が一つでも違えば、名前と場所はわかっていてもそれは配達は一切しないと、”もう公務員ではないのでそこまではしなくていい”と思っています】と、これを答えてきたことには私は愕然とした。
    【本気で言ってるのか!】と私もついきつい文言で怒鳴りつけたんだが。

    まあそこでちょっと興味があったので、その配達人とその局の課長代理と課長に、名前を確認して、私は、
    【そうだよなあ】と、或る意味納得した。

    ★日本民族の名前ではなかった。
    この三名に、一人一人電話を替わってもらって(田舎の郵便局なので暇で遊んでいるのだろう、これを説明する時間が取れたほど)、このこと(なぜ日本民族とは違うと私が思うのかについて)を、延々時間をかけて説明をしてやった。
    田舎にもやっぱりこうして朝鮮民族が入り込んできているのかと、しかもやっぱりという具合に公務員と同じ職業にこいつらは入り込んできてるなあと、我々が学生の当時までは郵便局は公務員だったのだが朝鮮民族など一人も考えられない時代であったが今はもうこんなにまで入り込んできて私の田舎のような地域にまで入り込みだしてきている。
    この三人に、
    【君らは生まれも、本家も、このここ(私の田舎の地域)か?実家も、出身もこの地元か?】と尋ねたら、
    案の定全く違っていて、とてつもない遠い県からこいつらは就職でやってきていて、やっぱりという具合で、こいつら三人のもともとの在所は、私の田舎とは全く違う県から来ていて、学校を卒業後にこの私の地域の郵便局に入り、その当時郵便局員は公務員だったが、そこで就職で、学校卒業後この私の田舎へと移り住んで郵便局員として就職してきていた。

    以前にも書いたことがあるが、
    私の田舎にはかなりの期間、ほぼほぼ朝鮮民族がこの地域の集落に入り込めるような状況の地域ではなかったんだが、昭和50年代の半ばを過ぎたころ位からだったと思うが田舎での同窓会で会う同級生らの話で、ここ数十年前から少しづつ都会から移住してくる連中が住み着きだし、田舎で農地が耕作放棄状態の、放置されていた農地を買いこの地域で住み、農業などをやりだしてきているとは聞いていた(地域の集落のお墓の住民での管理や地元のお寺さんとは一切かかわらない連中が)が、それが実は朝鮮民族がきだしていると同級生が言っていたが、だがまさか役場とか、公務員の世界(郵便局もついこの間までは公務員だった)に異国から違法移民が日本の国籍を手にして、この私の地域にも入り込みだし、結果、地域の人の心の間柄が急激に変わりだしてきている、いやもう変わってしまってきていることに、今回こんな、「手紙を出したこと」から始まった事例で田舎も変わったと、それも異国のものが役場を郵便局をもうすでに支配しているということに、しかもこのことを田舎の住民らは彼らを日本民族だと思わさせられ、違法に日本の国籍を持っている者らだとは気づかされていないことにちょっと危険さえ感じ、こういうことがよくわかった現場を昨年の年末から今年の正月明けに見せてもらった気分である。

    何故こんなことをここのこのタイトルに書いたかと言えば、
    番組に出て居た共産党の婆バアが、
    【地域の出身でなければ地域の住民のことなど解らない、今回の区割り案では役所の職員が違う隔てたところで仕事をすることになり、遠く離れたところで執務をやるので地域の住民の気持ちなど解らないので行政がきちんと回らない、できない】などと言っていたので。

    【お前なあ】、と、
    違法移民のお前さんらと同じ状況の者らが日本全国一体どれぐらいの者らが公務員になっていると思ってるんだよ!
    日本民族でもない者が、しかも法務省から正式に日本国籍を受けてもいない状況でいつの間にか日本の国籍を手にしていて、日本という国家、その国自体も違うとかろからやってきて、地元でもない者がどこか遠くから逃げて日本にやってきた者が、日本でここまで、私の田舎の役場郵便局にまでも、しかも他県の遠くから私の田舎にまで就職でやってきて入り込み、公務員をやっている状況を、ここをまずはお前さん自らで、共産党は、立憲民主ら他朝鮮民族議員らは、政党の旗の政策首長として宣言して国会や一般国民に向けてこの不合理をこの違法性を追及の旗を振ってやってみろよ!

    自らの身元素性を明治以前にまでさかのぼって公に出せよ!
    明治時代にどこの小学校に通う、就学したのかの記録を、一般の日本国民に之ですと言って証明できるものを出してみろよ!
    自らの血液を採取させて、科学的判別での民族判別させてみろよ!
    お前さんらが果たしで日本国内で普通に存在できる条件は法的におかしくはないのか、違法性の上での存在なのかそれとも合法での今の日本国家での存在なのかを、個々毎で、全員、国家として義務付けて確認してやるよ。
    テレビで偉そうに発言しているが自分の足元のその状況は発言で責任が取れることなの?
    自らの存在自体が公安や法務省の管轄の対象にはならないの?
    日本がおとなしくしているからと言って調子に乗ってはいけない。

    ★違法が存在すれば、国外追放は日本でもどこの国にも法律で存在し、実行も普通に可能だからさ。

    今現状日本で議員をやっていることを自分で自覚してるのかあ?
    そこに違法が存在していないのかあ?

    全く日本とはかけ離れた民族が日本で現状市議会、府議会、県議会、国会議員、及び公務員、行政職員など全くその地元出身でもなければ違う都道府県からきて採用されている現状で、しかもそこには違法移民の朝鮮民族が国籍を化けて日本国民に成りすまして公務員から行政職員へと採用もされてきている。

    共産党や労働組合の日本人に化けた朝鮮民族が、役所の職員の内からのコネで採用してきたのが実態である。

    採用も私の今回の内容のように、違う都道府県から採用されいてる状況、まあお粗末というか、お前一体どの国からきて日本でのうのうと今があると思ってるのか、この共産党の議員もそうだが、同じく出ていた自民党のこいつ(中学からの入試における北野高校の不正入学合否内容について直接私がこいつに問いただし追求した事があるがこいつは一切否定したが、同じ自民党の幹事長をやっていた当時の議員は、教育委員会が持つ実体数値を見てきて仲井さんの言う通りそれは行われているようだと、大阪府下全域の各中学校から府立高校への合格生徒数値配分実数値を見てきて、この幹事長が私にそのことで証言してきた)も、己の出何処自体からまずははっきりさせて自分のことを証明してそこからよく考えろ!

    こいつらの言う通りなら、
    まずはお前が自ら先に祖国に帰れよ!
    (地元出身者でないと地域の行政は任せられない、預かれないというなら}

    もうこのことを奴らに突き付けたら絶対にこの中身については一切答えてこない。
    直接聞いても一切答えないで、
    【差別ですか?】としか答えず電話を切る。
    違う、差別ではない、事実を聞いてる、中身で答えてもらいたいと問い詰めても、
    【差別発言する者には答える必要はない」、
    これでチョン。

    日本民族であれば、
    【私は日本人ですよ、どこそこ出身です、田舎もこうしてここですよ、なぜ聞いてくるんですか?】
    これでいい。
    所がこいつらに問い詰めるとまだ何にも中身を聞いてもいないのに一切答えずにただ一言、
    【差別ですか?】
    これだけしか言わない。
    私は、
    【日本民族ですか?朝鮮民族ですか?出身はどこ?で、明治時代の祖父母はどこの小学校へ行かれましたか?】ぐらいしか聞いていない。

    日本人であればふつうに流せる内容。
    普通に答えられる内容。
    だが奴らはこの一点さえも答えずに、
    【差別するんですか?差別するような人とは話はできません】とだけしか言わず、一切何にもそこから中身については答えようとしない。
    日本人であればふつうに言える内容。
    これに勘が触るものらはまず日本民族では無い可能性は非常に高い。
    まずはここから問い詰めて、もしもまだ電話を切らずに相手がそのまま無言であれば、そこから名前の漢字に移っていく。
    ここらでもしもそいつが朝鮮民族で、違法に日本の国籍を騙し取っている者であれば、大体は【差別だ!差別だ!】と、異常に怒りだし、言葉使いも荒っぽく変化しだし(何故怒るのか、怒る内容ではないはずで事実をただそうなのかを確認してるだけの作業でありここの部分がいかにも意味が日本人にはわからない=中近東系の人物がもしも仮に娘と付き合ってると言って家に来たら、この家族はこの外国人らしき人物に対して、何処の国の人?って聞くよな、ただそれをやってるだけ。)、差別だ、差別だと叫びだす。

    これが今の日本。
    このテレビ番組を見てたがもうこいつら朝鮮民族の考える方向はいつも同じ。
    日本国内の国策や行政の施策について意見や政策を言うなら、まずは自分はどこの民族ですときちんと出せ!どういう人物で自分はどこの国からやってきた民族だぐらいは日本国民にきちんと説明をして、そのうえで日本について自分は外国の民族として日本はこうしたほうがいいとかを、私はこう思うと、そういう立場で意見を言え!って。
    他人の国にきて偉そうに国民が国民がなど意味も解らんことを言うな!って。
    君らの国民は今もうつぶれかかってるだろうが!そっちを気にかけろ!って。

    日本のことなどほっとけ!って。
    自分の国の事に気をつけろ!って。
    今奴ら大変じゃん!
    国家ごと崩壊して、奴隷国家らしくまたまた潰れかかってるぜ!

    日本に来てまで日本のことにわざわざ口出しするな!って。

  2. 仲井 より:

    中國と朝鮮でコロナウイルスが原因と思える症状が発生して、今大騒ぎのようだ。
    日本の厚生労働省は、さっそく注意勧告を発表し、中国や韓国の、症状が発生している地域に渡航する人は注意してくださいとか、日本の空港での海外からの人の出入りについてはサーモグラフイ―等での現状にチェック体制を敷くと言っている。

    厚生労働省はわかっていて何故隠すのかねえ。

    ★【日本民族には感染しませんので安心してください】と、
    なぜ日本の厚生労働省の感染防止対策本部の担当は、公に日本の国民向けに発表しないのか。
    なぜ日本の国民に、勘違いさせるような発表で誤解と錯覚を与え続けるのか。

    表では、
    マーズは、ラクダと接触した人は、、、、だという説明、
    サーズは、イノシシなどと接触していた人は、、、、だとか、
    こんな説明の仕方で、こういう人は注意をして、こういう状況があった人でもしも仮に熱が出たりした人は、病院で検査をしてもらってくださいという注意勧告を今でもまだやっている。

    何故はっきりと言わないのか。

    何故、
    日本民族には感染しません、感染するのは朝鮮民族の遺伝子を持つものしかありません、と、
    なぜそう言えないのか。

    もうはっきりとしているではないか。

    何処の日本のテレビでもだが、
    テレビを見ていたら、図形でボードで説明をやっていて、

    ;動物 → 動物
    ;動物 → 人間

        ↑
    これがもう起きていると。

    ただ、
    人間 → 人間

       ↑
    ここはまだ起きていないようだが、今後起きる可能性がありまだわからないと、
    テレビで、こう説明している。

    動物から動物への感染は実際にもう起きていたが、その後このウイルスが進化して異形状態を作り現在は動物から人間に感染する事態になっていると、
    所がおもしろいことに、こう説明をつけてやっているのがなぜか科学者はそこで説明はしていなくてテレビ局のスタッフらキャスターやアナウンサーがそこを説明し、この件での科学者の遺伝子の部分だとかこのウイルスの中身についての(遺伝子自体のその意味における獣の遺伝子の意味する機能部分とか)専門家の科学者の発言の部分は、なぜかここの部分の説明部分は一切なくて、
    「現状危険だから発熱したら一度病院で検査をしてもらってください」という、このコメント、専門家とされる科学者にはここだけしか発言を表で出させていなくて、ここの部分だけを説明した文言だけを放送で流している。

    つまりその道の研究をしている科学者らはこのことはもう常識的にわかっていて、判らないのはこのウイルスを撲滅させて今後一切地球上に発生させないようにする手立てがまだわからないだけであり、このウイルスの遺伝子の機能のどういう感染をする能力を持つのかなど部分を熟知していて、その科学者が朝鮮民族の遺伝子とこのサーズやマーズの遺伝子は同じ共通の構造の部分があって、よって、今のところは朝鮮民族にしか感染しません、または、血がつながり、何らかの状況で朝鮮民族の遺伝子が体内に持っている人物及びそれら民族だけが今は感染すると、そういうことはテレビに一切出させずに、、そういう部分は一切消して、科学者がそんなことを言ってるはずなのにそこは消して【ただ気を付けてください】という文言だけしか科学者が言っていないかにテレビでは報道し、事実の範囲を一切事実として出さない。

    韓国台湾香港でも発生しだしているようだが、中でも、中国の武漢の海鮮物を扱っている市場らしき地域で大量にこのコロナウイルス感染者が出ているようだが、中国の武漢と言えば、中國【明の時代】から、確か朝鮮民族が中國の皇帝やいろんなものらから命令されて、要求されて、朝鮮の奴隷であった近親相姦で生まれた多くの女性が集められ、昔からこの武漢あたりの地域へと奴隷として売り飛ばされたあの地域の場所だったと思うが、そういう先だったはずだが違うのかな?

    ウイルスに関しては、一つの例が、
    あの「エイズ」。
    其れも猫にかかったエイズ問題。

    野良猫状態でそこらを走り回っている野良の野良猫の多くが、調べてみると結構な数で実は猫のエイズに感染していることはよく知られているが、この猫のエイズが表で騒がれだした時には多くの科学者は猫のエイズは人間には感染しませんと言っていた。

    この時にはきっちりと猫のエイズの遺伝子と人間の遺伝子が違うので絶対に感染しないときちんとテレビでも報道で出していた。

    ところがラクダやイノシシやクマなどのここにサーズやマーズが感染しだした途端に、この動物の遺伝子の部分と人間の遺伝子の部分のところの内容はテレビで一切報道しなくなった。
    何故か、
    そこには朝鮮民族にそこが深くかかわってくるからだ。
    出したくないのだテレビ局は、自分のことにつながるからだ。

    数年前から人間の遺伝子は人間独自のもので、動物の遺伝子とは違うので、その動物の感染しているウイルスが人間の遺伝子と交われる部分は無いはずなので人間の中ではそのウイルスを育てられる受け皿の遺伝子構造が体内で存在しなくて、受け入れる窓口自体が無くて、入ってきても動物や獣の体内で育ったウイルスは人間の体内では生命を保てずに一切生きられないということが判った。

    猫のエイズウイルスが人間には絶対に感染しないという内容がその証である。

    ところが人間と言われるものの中で、地球上で、じつは獣の遺伝子を持つ民族が実はこの地球上には存在していることが近年わかってきて、そこでこのウイルスが絶対に人間には感染しないはずがなぜ感染しだしたのか、それはこのウイルスの遺伝子が変化しだしたからかと初めは科学者はみなそう思っていたが、じつはよくよく研究していくうちに突如イギリスの学者が、【人類で獣の遺伝子を持ってるものらが存在する】と、驚愕の発表をしたことから一気にこの動物のインフルエンザウイルスが何故人間に感染しだしたのかのその意味が、そこで一気に解決し答えが出た。判明した。
    人間になぜ感染しだしているのかの意味が、世界中でもう解析されだした。

    それが実は朝鮮民族だけが獣の遺伝子を体内に保持していると判明した。

    そうなると、この遺伝子が、互いですべて全く違えば互い同士は感染は絶対にありえないが、実は同じ遺伝子を互いが持つ状態だと判明すると話は違ってくることになる。

    彼ら同士は互いでそのウイルスは互いの体に入っていけるし入っていっても生存が可能になる。

    つまりウイルスが生きて育ち、その結果症状が出てきて感染がはっきりしてくることになる。

    ★幸い、日本民族の血だけしかもっていない状況であれば、このサーズやマーズなどこういう獣からの遺伝子によるウイルス感染なるものは日本民族には感染しない。

    そもそもこういう獣の遺伝子を日本民族からはまだ発見されていない。

    人類で、この動物や獣から広がっていくインフルエンザウイルスに関しては、獣の遺伝子は朝鮮民族にだけ今のところ存在しているので、動物からのウイルスによる感染が浸透してこのインフルエンザにやられる羽目になるのは朝鮮系の血をつなぐ者らだけである。

    それがわかっているテレビ局は、つい昨年だったかこの間韓国国内で大量に一斉に流行したサーズ発症時案において世界中の報道では出されているのに、日本のテレビ局、新聞はこの朝鮮民族にだけ感染することを知っているので韓国で大流行していたにも拘らず記者を番組で日本からは派遣すらせずにテレビ局は日本国内に向けて一切隠して報道しなかった。
    このことを日本で今でも報道していない。

    酷いのになると、
    確かお昼の日テレ系で読売系だったと思うが、韓国があのサーズで空港ごと大変な状況になっているその真っ最中の時期、その時期に、なんとまあ怖いことをするなあと思ってみていたんだが、テレビ局では、今、韓国旅行がとてつもなく安く行けます「韓国格安ツアーがあります」と言って、番組中に大きく宣伝までしていた。

    人間の命などどうでもいいのだテレビ局は。
    挑戦民族には感染することがわかっていてそれでもこういう格安だから今がチャンスだと言ってテレビで進める極悪さ。
    サーズは流行ってることなど一切出さずに。

    まあ日本から行く観光客はほとんど朝鮮民族の血をつなぐ日本国籍を騙し取ってる連中なんだけどね。
    だからこのサーズには朝鮮民族なので感染するだろうし、なおさら命の危険がある。

    あのサーズで感染者が一気に21人だったか、韓国で救急搬送でインチョン空港から乗客が緊急搬送されて隔離された云々、そしてどこかに姿を消した患者もいてるので探しているだとかで大騒ぎになっていたその時期に、ネット上で出て居る時期にテレビ局はこんな日本からのツアー客を集っていたが。

    日本から韓国へ観光で行く観光客なんて、ほとんどが祖国を朝鮮に持つ日本に居てる日本国籍に化けた朝鮮民族か、在日の朝鮮民族が殆ど、であればその者らは、獣の遺伝子と同じサーズのウイルスが入ってこられる体質の遺伝子を持つ者らであり、普通にサーズに感染する危険が大いにある。

    まあ日本のテレビは人権だとか人の安全だとか人間が安心できる生活だとか、パワハラだとかセクハラだとか偉そうなことばかり報道しているが、こいつら芸能界や放送関連、こういつらの起こす事件のほうが、一般と比べて異常に確率はものすごく多い。
    それはその現場には日本民族の存在がほとんどいないからだ。

    大阪の自民党も共産党も、自国の祖国の方のことを考えてろ!

トップへ戻る