朝日の野党特集(上)「維新、二つの戦略 既得権敵視・政権と蜜月」

(考・野党 維新はどこへ:上)維新、二つの戦略 既得権敵視・政権と蜜月:朝日新聞デジタル

(引用)
 既成政治への批判を背景に有権者の支持を集める。この政治手法は、米国のトランプ次期大統領に限ったことではない。日本では野党の一つ、日本維新の会が用いてきた。橋下徹氏が引退後も、国政で一定の影響力を持ち、地元大阪で強い支持を受ける。従来の野党とは違うこの党がめざすもの、日本政治に映し出しているものとは何か。

 ■既得権敵視 不満の受け皿に

 <トランプ氏評価> トランプ氏が大統領選に勝利したその日、橋下氏は自身が出演するテレビ番組で取材するためニューヨークにいた。帰国後の22日、プレジデント社発行のメールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」には、こう記している。

 「有権者の応援を受けるには、候補者自身が『強い大きなものと闘う姿勢』を示すことが重要になる。僕が代表だった当時の大阪維新の会の選挙はそこを意識していた。アメリカ大統領選挙もそう。『闘っていた』のは明らかにトランプ氏だった」

 エスタブリッシュメント(既得権層)を敵視して闘い、既成政治に不満を抱く有権者の受け皿となり、大統領の座に就くトランプ氏。その政治手法に自らを重ね合わせているようだ。

 橋下氏が大阪府知事や大阪市長を務めた8年間。日本における「既成政党」である自民党や当時の民主党のほか、自治体職員や労組などを敵視し、強い言葉で攻撃。大阪の有権者の不満の受け皿となった。国政政党としては離合集散があり、橋下氏は引退したとはいえ、維新に集う国会議員は現在も衆参27人。7月の参院選比例区では515万票、得票率9・2%を得るなど健在だ。

     *

 <「本音で」を強調> 橋下氏とタッグを組んできた維新代表の松井一郎・府知事は9日、トランプ氏と橋下氏との共通点について「建前ではなく本音で、有権者と正面からぶつかっていく。そこはよく似ている」と記者団に強調した。松井氏がこの日に発表した談話では「日本の政党・政治家も既存の永田町政治を根本から見直す必要がある」「率直な言葉で国民に直接語りかける政治姿勢をポピュリズムと非難すべきではない」と主張。他党に比べ、トランプ氏への評価が突出する内容だった。

 ■小池都知事と共通項

 その維新が今、意識しているのが、小池百合子・東京都知事だ。自民党籍はあるが、党推薦を受けずに無党派層の支持を受けて当選。自民の地方組織と戦った「既成政治批判」という共通項がある。

 橋下氏は9月、小池氏との連携に慎重な松井氏に対し、「冷たい対応を取っているように受け取られかねない」とたしなめた。橋下氏はツイッターで「身を切る改革姿勢を示すことで役所改革・補助金改革・予算の大改革・議会改革に繋(つな)がる」と小池氏にエールを送った。

 小池氏は自らの政治塾の講師に招き、橋下氏もいったんは応じた。その後に断ったものの、小池氏は記者会見で「大阪で様々な改革に取り組んでこられた実績があるので『ぶっちゃけた話、その辺、どうなの』と伺いたいと思った」と語った。東京五輪・パラリンピックの調査などをする都政改革本部の特別顧問に、橋下氏のブレーンだった上山信一慶大教授を起用した。

 小池氏にとって正念場となる来夏の都議選。維新は12月に「東京維新塾(仮称)」を立ち上げて候補を養成するが、小池氏と連携できるか見極め、支援候補との「すみ分け」を検討する。競合しては、既成政治に対する有権者の不満をすくいきれないと考えているためだ。

 (山中由睦、矢吹孝文)

 ■政権と蜜月 大阪へ利益誘導

 維新には、もう一つの顔がある。安倍晋三首相、菅義偉官房長官という政権中枢との蜜月であり、大阪への利益誘導だ。

 松井氏は9日、菅氏を訪ね、2025年の招致をめざす大阪万博の基本構想を手渡した。これに先立つ10月30日にもひそかに上京。菅氏とホテルで会食し、万博への全面協力を求めていた。安倍首相は国会で維新の馬場伸幸幹事長の質問に対し「しっかり検討を進める」との答弁で応じた。

 政権にとっても、維新の存在は好都合だ。首相が意欲を燃やす憲法改正に賛成する勢力として計算ができる。首相は維新の片山虎之助共同代表に「維新と憲法改正の必要性、この責任感は共有している」と国会答弁で秋波を送った。

 自民は今国会から、維新の幹事長と国対委員長を交えた会談を始めた。今後も随時開く予定で、野党相手に極めて異例のことだ。

 環太平洋経済連携協定(TPP)の承認案をめぐる衆院の審議が大詰めを迎えた10月21日の会談。自民の二階俊博幹事長は、民進や共産が審議を拒否する中で維新が特別委員会に出席し続けていることに触れ、「これまでの協力に感謝する」と伝えた。

 これに対し、維新の馬場氏は協力を約束した上で、大阪誘致を狙うカジノを含む統合型リゾート(IR)の解禁法案について「道筋を付けてもらいたい」と求め、二階氏も「真剣に受け止める」と応じた。与党が特別委でTPP承認案の採決を強行した11月4日、維新は出席のうえ賛成。野党の一部である維新が採決に応じたことで、「与党単独採決」との批判をかわす口実となった。そして与党は今、IR法案の審議入りをめざして調整している。

 他の野党は「与党の補完勢力でしかない」(民進の蓮舫代表)と批判する。維新の中でも、「既成政治批判」の原点に返らなければ埋没し、有権者の離反を招きかねないとの危機感はあるようだ。維新の法律政策顧問を務める橋下氏は10月の党会合で、議員の国会質問について「プレゼンが長い。質問だから相手の考えを引き出し、違うなら『違う』と言う」と注文をつけた。

 (今野忍、関根慎一)

「大阪へ利益誘導」と書いて
大阪のことしか考えていないと、印象づけたいんでしょうね。

朝日を読んでる無党派層もいるでしょうから、その人達にどう思わせるか…

橋下✕羽鳥の番組「橋下羽鳥の道徳塾」2016.11.28
を観ても感じましたが、朝日は選挙モード(民共応援)に入ってるんでしょうね(-_-;)

さり気なく”維新”をおとしめる、懲りない朝日新聞

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    >朝日は選挙モード(民共応援)に入ってるんでしょうね(-_-;)

    こいつらにすれば、
    どんなことがあっても、橋下さん及びそのグループ周辺と、この今の小池さんと、意志同調されることが、見える形でそれが行われることが、一番嫌なようですね。

    小池さんのやりたい事、やろうとやっていること、考えていること、こんなことは朝日毎日らにすればそんなことはどうでもよくて、とにかく現状の小池さんと、橋下さんおよびその関係するグループと、これとの何らかの接触、何らかの繋がり、この両者がどういう形であれ現状でこの二人が、この接触を持つことを、とにかく嫌がって今のうちからなんとしても分断での切り離し作戦の真っ最中です。

    国家的には東京中心とした朝日系、毎日系、週刊誌系、また、大阪に於いては、よみうり系もサンケイ系も大阪でやっている全テレビ局もすべて含めて、とにかく、民進、共産、公明、もっと言えば、卑しく眼先にぶら下げられた金銭に食いつき、欲が勝って思わず手にして懐に入れてしまった大阪のこれら多くの連中らが今度はそのネタで脅される羽目に今なってきている。
    脅してる相手は誰もが知っている実態は朝鮮民族連中。
    表では日本人だと、日本国民をまあしゃあしゃあとよくもここまで平気で国籍、不法行為までも騙してるつもりなのかと、呆れ果てる。

    弱みを抱えているこのマスコミメディアのこれらの連中が最前線での手先として動かされ、朝鮮流に陥れ手法での仕掛けていく野中広務ら旧自民党系(大阪の現状の国会議員団及び府市議会自民公明共産ら朝鮮民族議員ら、またそれに加えて日ごろ税金から不正に還流させての小遣いを手にしている地域連合会、振興会らの地域朝鮮民族連合体の日本人だと偽装している朝鮮民族連中ら)と、共産党との間での裏での非道な密接な手をつないだ協力体制、これの実ることだけを願っての望むように動きを活発化させてきているのが今のまさに、日本の、東京の、大阪の現状。

    とにかくよくここまでお前ら金が欲しいのかと、本当に呆れるほど金に対しての強欲の執着は、もうこれは、日本民族には想像もつかぬ。
    貧しさに加え、尊属輪姦までされながら虐げられて抑えられ、結果妬みと恨みだけを持ち育ってきた朝鮮民族、こいつらを人間の世界で人間と一緒に暮らさせてやることのむつかしさは、これはもう日本民族の手ではこの連中を収められないことだろう。

    日本国内を見て、世界と人の顔の部分で一番違う部分で言えば、現状の日本で、世界中でこれだけ歯並びの並んでいない民族は、今いないのが現状。
    我々子供時代にはただの一人も見たことがないほどだった。
    歯並びの悪い人間など日本民族には見当たらなかった。
    いま日本で見る歯並びの悪い連中の家系図は、私の想定では、あれは日本民族に持っていた素因ではなさそうだ。
    ほぼ朝鮮民族の系図から流れてきた様相形状だと思っている。
    今半数ほどが歯並びが正常ではない。
    日本の人口の半分近くが歯並びが何らかの異常形状になって居る。

    これは日本人の血から細胞からの、遺伝子から出てきているものではないように見える。どう考えてもこれは正常な交配の結果には見えない。
    間違いなくこれは、人間の体の箇所でここまで歯並びが異常形状になるのは、近親による交配の結果としか思えない。

    日本に這う言ってきた朝鮮民族の家族はほとんどが奴隷制度の中の奴隷の身分の者だったとされている。
    身分の高かった者らは朝鮮半島に帰国帰還が許され本国祖国に戦後まなしに既に帰国している。
    祖国朝鮮に帰国が許されなかった奴等日本に当時存在していた不法移民の朝鮮民族、この朝鮮民族1600万人ほどは、朝鮮での身分がほぼ奴隷の身分だったとされる。

    このかれら奴隷の身分の連中らの家族の中では、朝鮮に居てた当時は、これら奴隷の間では、子供の売買は普通に行われていた。
    こどもを売ることが普通になって居た折、娘を生んで、その娘に今度は父親が実の娘を輪姦し子供を妊娠させ、そのことで子供を産める娘だと証明させそこから相手側に子供が生める女だということで娘の売値を吊り上げ、相手側に娘を売りとばしていっていた。

    このことが原因で、そのことが引き継がれ結果遺伝子の作用でその繋がって言った遺伝子異常細胞が今、日本の国内で起きている歯並びの悪い形状が出てきているのではないのかと。
    近親相姦事案は昔の特殊例として欧米でも出てきたりもするが、だが、金銭で売る目的でのという内容など聞いたこともない。
    こんなことが普通にできるぐらいだから、多分親が娘への強姦行為は普通に日常的にこれは行われていた可能性がある。
    そうなるとそういう状況で生まれ出てきた娘が相当数挑戦で発生していたはず。
    その子は近親相姦で産まれ出てきた子供ということになる。

    この近親相姦で産まれ出てきたこの子らや、この家系が、あの朝鮮半島から当時この日本に大量に入って来たのではないのかねえ。
    その者らが日本で今のこの世代まで生んで作って来た子供らがいま日本で大量に存在し、その子らが今、日本で歯の並び方の異常形状として、これが実は朝鮮で行われていた当時のあの近親相姦の影響でこうやって出てきているのでは?

    渡しの子供時代の学校には千人単位の生徒が常にいてたが歯の並びの悪い人物など学生時代学校や民間人でさえ、見たことも無かった。
    田舎では住居地域で少なくとも回り直径が10キロ円周範囲地域には、周り中が当時は日本人しかいない状態であった。
    当時日本在住の朝鮮民族は、我々が小学校から中学校までくらいの時期は奴らは日本人とは別にされて、朝鮮人学校に行っていたと聞かされていた。
    つまり朝鮮民族は朝鮮人学校に行っていたようだ。我々は田舎だったために、朝鮮人学校は無かった。
    所がいつの間にかその朝鮮人学校はどんどん消滅していきいつの間にかそこらじゅうから都会では消えていったようだ。
    彼らの住んでいた朝鮮民族居住区がそこらじゅうから急激に消えると同時に、裏返しに突然に日本人の人口が急激に増加していった。
    数百万人単位で増加していった。

    つまり日本人が戦後まとめて一斉に子供を産んで日本人人口が生めよ増やせで増えたのではなくて、実は朝鮮人国籍の者が一瞬で日本人国籍に入れ替わって、その結果朝鮮人が日本人に成りすまし化けて、表向きの戸籍の住民票の日本人国籍登録者数が、その時期戦後のあの時期の十年間ほどの間の終戦時に、どさくさにまみれてるうちに一気に日本人が突然に急激に人口増ということになったのだ。
    増えたのは朝鮮民族で会って日本民族があれだけ急激に増えていったわけではない。

    現に私の田舎なども終戦でその後外地の戦地から帰還した兵隊さんのご家族はたくさんそこらじゅうにあったが、その後その人らの間で急激に地域で子供が生まれて人数が増加したかと言えば、そんなことは無くて、住民の数も前とほぼ同じ人数形態でその後も進んでいたし、昭和の30年代に入る手前の昭和の二十五年ごろからは、もうすでに地域の人数は減って行っていきだした。5万人居てた地域が戦後僅か数年後には2000人ほど減りだして来ていた。東京の大学へとか、都会への就職で、地域の学生は都会に出ていきだしたのだ。

    恐ろしい国に日本はなってしまっている。

  2. 匿名 より:

    朝日新聞は「大阪の利益誘導」って批判的に書いてるけど
    むしろ政治家が先陣切ってどんどん利益をもたらすように積極的に働きかけないと
    かつての暗黒時代の大阪に逆戻りですよ。
    W選当時大阪自民の栗原貴子が「我々は政府と太いパイプが~」とか言ってましたけど
    橋下維新が登場する以前の自民公明共産が支配する大阪は当時政府から全く相手にされてなかったやんか!

    マスコミ界隈では当時
    政治も経済も行政も全くダメだった大阪の凋落ぶりを埋立地の大阪になぞらえて
    「大阪の地盤沈下が~」とバカにしたような文言で溢れかえっていた。
    そりゃ酷かった。大阪の話題が出る度に袋叩きだった。
    今も大して変わらんけど。

    何もかもダメだった大阪が奮起して自ら成長しようと必死にもがいたら
    今度は「大阪の利益誘導、自分のことしか考えていない」って・・・

    自分のことばっかり考えて安易に東京一極集中に迎合し
    偏った考え・情報を好き放題まき散らしながら
    マスコミの中心部(東京)にばかり利益誘導するお前らに言われたくないわ!

    マスコミが今までに東京オリンピックを「税金の無駄だ」と批判はしても「東京の利益誘導だ!」なんて批判したことがあったか?

    あるわけない。何故ならマスコミは東京そのものだから。何もかも東京中心が当たり前。東京さえ良ければいいと思ってるから。

    マスコミにとってダメなままの大阪でいてもらわないとよっぽど都合が悪いんだろう。
    大阪にはサンドバッグのままでいてほしいんだよ。

    「好きなだけ叩ける大阪」
    「(みんなが)見下し優越感に浸るための大阪」
    「いくらバカにしてもされるがままの大阪」
    「スケープゴートにされる大阪」
    「差別から守る対象からは除外される大阪」

    こんなおかしな状態に大阪が自ら立ち上がって「嫌だ」と言うことが、今まで大阪を良いように利用していた連中(既得権団体、マスコミ関係者、コメンテーター、自称有識者)にとって余程面白くないんだと確信してるよ。橋下府政・市政の8年間が証明してる。

    大阪は未来に向かってどんどん突き進むべし。

  3. 仲井 より:

    就任後間もなくの手始めの段階で、まず教育行政の現状にまず初めにきつい一発をくらわして、しかも学校現場で行われてきた生徒不存在の教育行政へのここまでの体たらく、票だけが欲しさに、予算の間接的投入手法は一切やめて、生徒への直接予算投入という荒業を駆使し、ここの部分、ここを今までの議員も行政もまったく、全く頭に入れずの予算構成で来ていたものを、これに断じてやるんだという子の使命だとも思わせるほどの迫力で橋下イズムを断行していくというこのあの時の明確な意思のもと、これを色々な邪魔者をそれこそ次々と叩き払ってでもやった。

    予算は基本中間に何も挟まずにとにかく生徒自身に直接投入という徹底した橋下教育行政の予算投入の基本を、これを教育現場に直接認識させ自覚させ、其れまで大阪で何十年間という期間ほったらかしにされてきていた学業生徒に、その生徒さんらにほとんど目を向けていなかった行政に、一喝でナタをくらわし、生徒への予算投入に徹底してやられた。
    それも大阪には余った予算など一切なく借金の山を気づいてきて居た連中らを前にしてその彼らに正面から突き付け行政面での予算の中から借金をせずに教育現場に5倍6倍と予算を増やしていった。もう今では橋下さん就任時から見ればその予算はいまではもう7外にも8倍にも及びそうなところにまでやってこられている。

    借金もせず二にこれをやって来た。
    凄いことだ。
    十数年前では到底誰もやろうとも思わず、第一予算を子供になど回す発想そのものがほぼ無かった。
    行政改革での底から予算を作り出し本気でやってこられた。

    今では後を引き継がれた吉村さんが、ついに来年度からは4歳児童の無償化を目指しそれもまもなくやれるところまで来ているようだ。
    この予算でもすごい金額。

    こうやって見てくると、やってきていることは実に凄いことだ。
    子供への教育への徹底した予算投入と、その裏での徹底した事業仕分け、改革、
    大阪維新が日本中に威張れる内容だ。

    今頃になって民進党が子供たちへの投資が云々などと言ってるが大阪で民主党が大勢当選した時こんな話は一切でエコなかった。
    平松は祭りの踊ってるところに年間500回も繰り出し地域で100万200蔓延と配って歩いた。
    盆踊りの主催者側の地域連合会、町会の爺さんばあさんらが拡げた手に金くれ金くれと言ってるそいつらに向けて投票の見返りへの小遣いを配っていたのだ。

    こんな連中が今頃になって国会で大声出して、
    【子供への予算投入を!】だあ?

    お前ら政権取った時、子供への予算は一体何してたんだあ?って。
    教育関連団体、教師の給与については【予算を!】って大きな声で叫んでいたが、だが、生徒への予算を!などひと声も聞いたことが無かった。
    まして平松の口からそんなことは一切聞いても居ない。
    教師への優遇予算の配分には相当言っていたが。
    腐った愚か者の典型の政治と行政の歴史が、橋下さんが首長に就任されるまでの、それまでの大阪であった。

    それを応援し支持していたのが朝日新聞系毎日新聞系関西テレビ読売テレビで会った。
    吉本興業の朝鮮民族タレントをしょっちゅう首長に会いに行かせての馬鹿話を喋らせての愚か者が行政をやっているところを気にもかけずにただ遊んですごしていた時代だった。

    正に沈没と腐敗とカビが生えた何十年間の大阪であった。
    大阪の新聞社テレビ局が、国民、大阪府民、市民へ向けての基本の、真摯に向き合うという根本が一切なくて、全く政治行政に真摯な者がほぼいいなかった世界だったということ。
    腐りはてた何十年間だった。

トップへ戻る