【入管法改正】維新deGO!「苦渋の修正合意を解説」串田誠一・清水貴之 2018.11.27

野党がいつもの「お芝居」を繰り広げ、大荒れを演出した入管法改正・法務委員会

その直後、今回の修正協議を解説しました


<<下に続く>>


・圧倒的多数の与党に、廃案の可能性は無いのに、ただただ反対だけでしてポーズは見せるが、問題のある法案はそのまま通過・・・

・反対だけして、そのまま通させるよりは、ベストでは無いが、少しでも問題は修正をさせる

結果的には、どちらが国民や外国人労働者の為になるのか・・・

維新は参院でも頑張って、今回与党が飲まなかった部分もあると思いますので
さらに修正を認めさせて欲しい所です

入管法改正案修正、自公維合意 27日衆院採決の構え  :日本経済新聞 与党と日本維新の会は26日、外国人労働者の受け入...
(橋下徹氏twilogより引用) 国会:入管法改正前、受け入れ人数上限確定せず 首相答弁 - 毎日新聞 上限数を決めることこそが...

p.s.
苦渋の決断
と言ってる割には、チョットにこやか過ぎませんかね?

終わって達成感が、あるのは分かりますが・・・

日本に活力を取り戻し、将来の不安を解消する改革分配
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

トップへ戻る