石原、橋下両代表、再会談は明日(28日)名古屋にて 

21日、橋下・石原会談 → 翌日?橋下・江田電話会談 → 土曜(24日)執行役員会 → その後、橋下・江田・前原、3氏会談 → そして28日再度、橋下・石原会談。

いよいよ大詰めか!?
この会談が、結いとの合流・・・いや野党再編のターニングポイントになりそうですね・・・

(引用)
石原、橋下氏が28日再会談=結いと「統一会派」浮上-維新
 日本維新の会の石原慎太郎、橋下徹両共同代表が28日、名古屋市内で会談する。合流の前提となる政策協議で、維新が求める「自主憲法制定」明記を結いの党が拒否していることを受け、両代表が21日の会談に続き、再調整する。

 維新内には、合流に先行して衆院で統一会派を組む案も浮上しており、会談では統一会派の可能性も議題となりそうだ。 
 統一会派については、橋下氏が24日に結いの江田憲司代表と会談した際に打診。背景には、合流協議が進まないことへの危機感がある。ただ、江田氏は27日の記者会見で「合流に目鼻が付けば排除しないが、今はすべきでない」と慎重姿勢を示した。

 一方、維新の浅田均、結いの柿沢未途両政調会長が27日、東京都内で会談したが、「自主憲法制定」をめぐっては平行線だった。(5/27 時事通信)

関連記事
24日 橋下・江田・前原氏が、京都で会談していた。
橋下市長「結いの党との協議について」5/26ぶら下がり取材動画
橋下市長「自主憲法制定という言葉にこだわるかどうか?国民は関心が無いと思う・・・」5/23ぶらさがり取材動画

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. アンパンマン より:

    個人的に分党は残念ですが、橋下氏が是としたのであれば、それも良いのではないでしょうか

    良くも悪くも、橋下氏は目先の損得ではなく、少しでも物事を前進させる方向を選択されていると思います
    橋下氏が損得を考える人なら、件の慰安婦発言は無かったですし、それ以前に今もタレントを続けているでしょう

    未来のコトは誰にもわかりませんが、少なくとも「合流が間違いだった」などという後ろ向きの思考は止めたいものです
    仮に合流しなかったとしても、それはそれで別な試練があって「合流していれば・・・」という後悔をしたかもしれないのですからね

    平沼氏、藤井氏、中山夫妻、園田氏あたりは石原新党でしょうが、片山氏がどうするか興味深いところです
    石原新党では「多数決のガバナンス」は採用しないと思いますが、それを是とする維新議員が何人居るでしょうか

    個人的には、石原新党へ行かなかった残りの人達で代表戦、橋下氏は代表辞任し大阪維新の会に専念、大阪維新の会は日本維新の会から分離し「純粋ローカル政党」の原点に立ち戻り...ってな感じになるような気がしています

トップへ戻る