「日本維新の会」公開討論に元議員ら 4人 新党入り前向き

(引用)

「維新」公開討論に元議員ら 4人 新党入り前向き

 日本維新の会(代表・橋下徹大阪市長)は二十九日、国会議員団が主導する「道州制型統治機構研究会」に参加する元国会議員五人を招き、大阪市で公開討論会を開いた。橋下氏は討論会後の記者会見で「価値観、方向性は一致している」と評価。五人も維新新党の価値観に賛同し、木挽司氏を除く四人は新党入りに前向きな意向を示した。橋下氏は入党の可否の判断については、国会議員団に委ねる考えを示した。一方、維新の会幹部は二十九日夜、元国会議員が次期衆院選に出馬を希望する場合には「公募を経る必要がある」との認識を示した。

 元国会議員はいずれも自民党衆院議員だった早川忠孝(埼玉4区)、小西理(比例近畿)、並木正芳(比例北関東)、林潤(神奈川4区)の四氏と、兵庫6区の木挽氏の五人。

 討論会は審査員役の竹中平蔵慶応大教授を中心に、農業と環太平洋連携協定(TPP)、財政、金融政策について意見交換。橋下氏は中小企業金融円滑化法と雇用調整助成金に関し「反対だ」と明言し段階的に廃止する考えを表明。総裁の権限と責任を明確化する日銀法改正を目指すとした。

 討論会に参加した松浪健太衆院議員は会合後、新党国会議員団の代表(団長)を松野頼久元官房副長官、幹事長を松浪氏、政調会長を桜内文城参院議員とする人事案を明らかにした。十月三日にも初の両院議員総会を開き、正式決定する。(東京新聞 9/30)

早川忠孝氏、自身のブログで討論会の感想を語られています。
http://ameblo.jp/gusya-h/entry-11367119888.html

価値観の合う方は、参加して頂きたいですね。
再選に維新を利用しているのでは?と言う批判もあります…

維新がある程度の議席を獲得すれば、
国会運営等で、経験者の方々の力が必要になる場面もあると思います。
玉置氏のケースもありましたから、大丈夫かと思うんですが…
参考記事:日本維新「民主・玉置氏の合流、全くない」 松井幹事長、全国遊説も延期

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

トップへ戻る