9/30 橋下氏ツイッター 「日銀法改正と聞いて、何が何でも反対!と叫ぶ人は、改正の中身も知らずに、教育に政治が介入するな!と叫ぶイデオロギーの人と同じ。」

(引用)

RT @ShinichiUeyama: 大阪の橋下改革。日経ビジネスオンラインの連載、実況中継の第1弾が完結した。今回は、地下鉄、バスの民営化。病院、信用保証協会の府市統合。モノレール、文楽の改革など。いずれも経営問題の視点から掘り下げた詳細分析。マッキンゼー手法がフル稼働。http://t.co/czgKmYWy

RT @raurte: 橋下氏の呟きを読めば、領有と利用の区分は理解済。記者は理解できず。記者のレベルの低さに呆然→竹島「韓国と共同管理」発言橋下氏釈明「領有権放棄ではない」http://t.co/rLH3iAwa橋下市長「共同管理」釈明、竹島問題批判受け軌道修正http://t.co/U1SbLyZa

残念ながらここは池田さんよりも竹中平蔵さんの方が、政治実践に裏付けられた知識としてはるかに上です。竹中さんの見解を重視しますRT @ikedanob: 橋下さんには前に「日銀法改正なんて意味ない」と言ったのだが、ちょっとむずかしかったかな。 橋下徹氏のための日銀法入門

昨日の会公開会議では日銀法改正も話題に上がりましたが、単純なインフレターゲット、責任論ではありません。大阪府・市の教育基本条例の制定の際には、教育に政治が介入するな!と散々批判を受けましたが、この条例は精緻に検討し、首長と教育委員会の権限・責任・役割分担をはっきりさせたのです。

中央銀行の独立性の趣旨は十分理解しています。日銀法改正と聞いて、何が何でも反対!と叫ぶ人は、改正の中身も知らずに、教育に政治が介入するな!と叫ぶイデオロギーの人と同じ。政治と教育の役割分担が、現状でおかしければ正せばいい。現在の政府と日銀も同じ。おかしい部分があれば変えればいい

大阪の教育基本条例も、見てもらえれば分かるが、政治と教育の役割分担を精緻に詰めている。目標の立て方、責任、責任の取り方。政府と日銀の在り方も、不断に見直していけばいい。問題があれば正していく。完全独立、完全一体。現実はそういうものではない。
(橋下氏 twilogより)

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

トップへ戻る