日本維新の会、20日に九州遊説 13日から面接開始

(引用)

日本維新の会、20日に九州遊説 13日から面接開始

 日本維新の会は9日、橋下徹代表らによる全国遊説を20日の鹿児島、熊本、福岡3市を皮切りに始めることを決めた。845人が応募した次期衆院選候補者は書類選考で約450人に絞り、13日から竹中平蔵元総務相らが面接を始め、総選挙準備を加速させる。

 維新は9日、大阪市中央区のビルに党本部事務所も設置した。府議団など地方議員は今月下旬以降、全国11の比例ブロックごとに地元首長らと面会する。

 地方議員が維新との連携を探る動きも表面化し、京都で田坂幾太・自民党府議が政治団体「京都維新の会」をつくり次期衆院選での立候補を検討中だ。ただ、橋下氏は9日、「公募に応じていない田坂氏が維新の候補者になることはない」と述べた。(朝日新聞デジタル 10/10)

また、こちらのニュースも…

(引用)

日本維新の会:次期衆院選に中田前横浜市長ら擁立表明

 新党「日本維新の会」幹部は9日、次期衆院選候補者の第1次公募に申し込んだ845人中、約450人が書類審査を通過したと明らかにした。また、代表の橋下徹大阪市長は同日、公募とは別枠で中田宏・前横浜市長と山田宏・前東京都杉並区長を公認候補として擁立することを表明した。

 書類審査の通過者については、竹中平蔵・慶応大教授や維新幹部らが13日から順次面接を行い、今月中にも合格者を決める。ただ、「維新政治塾」塾生で、特に優秀と判断された約50人は面接の免除も検討する。立候補する選挙区は、全ての合格者が決まり次第、各地の選挙区情勢などを踏まえて調整する。

 中田、山田両氏の擁立について、橋下氏は記者団に「ともに国会議員を経験し、実績がある。松下政経塾を通じて、政治の舞台で活躍している人とも太いパイプがある」と説明した。(毎日新聞 10/10)

中田、山田両氏の擁立、ついに正式表明されました。
遊説も始まり、今月末頃には、公募の候補者も発表されるでしょう。
解散はいつになるか分かりませんが…(来春辺り?!)
着々と維新の準備は進んでいるようです。

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る