「抱負」漢字で表現 橋下徹市長と松井一郎知事

(引用)
「抱負」漢字で表現 橋下徹市長と松井一郎知事

 「愛」と市長、「己」と知事。日本維新の会をけん引する大阪市の橋下徹市長と大阪府の松井一郎知事は4日の新年互礼会で、今年の抱負を漢字一文字でこう表現した。

 新年互礼会での漢字一文字は恒例となっているが、橋下市長は「毎年なのでもういい」といったんは拒否。松井知事の説得を受けて書き上げると、「愛情がないとよく言われたので、愛情を持って接するために書いた。愛の心で今年一年やっていく」と説明した。

 事前に考えてきたという松井知事は「自分を見失うことなく、初心を忘れず今年一年過ごしたい」ときっぱり。日本維新の会幹事長として「参議院で自公が過半数を持たないような数を目指す」と今夏の参院選に向け目標を述べた。

 同党は国会議員と地方自治体首長の兼職を可能とする地方自治法の改正案を通常国会に提出する方針を固めており、橋下市長は「僕と松井知事を参議院に送り出すためにも、兼職禁止規定は外すという声を関西の府県民の皆さんから上げてほしい」と話していた。(大阪日日新聞 1/5)

「権力よりも、愛だね…」
と言うCMが流れていますね。
橋下さんも観たんですかね??

メディアにも橋下さんに対して、少しでいいから「愛」が欲しいですね…

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る