日本維新から出馬宣言のアントニオ猪木氏「9条改正なら“地球防衛隊”を」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

あくまでも、猪木氏の一個人の意見と言う事で…
演説動画:20130615 アントニオ猪木氏 選挙演説 浅草寺雷門前

(引用)
出馬宣言のアントニオ猪木「9条改正なら“地球防衛隊”を」

 「こんどの参院選での俺の役目は『もっと面白くしようよ、選挙を。みんなを選挙に参加させようよ』ということ。もちろん維新から出たんだから、維新のために頑張らなきゃいけない。でもそれ以上に俺は、選挙を盛り上げないといけないんだ」

 燃える闘魂が、ふたたび国政に立ち上がった。7月21日におこなわれる参院選に、日本維新の会から出馬するアントニオ猪木(70)。古希を迎えたとは思えない力強い声で、堂々の闘魂出馬宣言だ。6日には、東京・渋谷駅前で石原慎太郎、橋下徹両共同代表とともに街頭演説に立ち、大声援を浴びた。猪木が「選挙を盛り上げたい」と話すのには、理由がある。

「憲法改正という大事な争点があるのに、たとえば投票率が50%だったらどうなるんですか。自民党が仮に過半数を取ったとしても、有権者の25%が賛成しただけ。それで憲法改正という大事なことが決まってしまう。俺は96条改正には賛成です。でも、みんなが無関心なまま決まるのはよくない」(続く…)

(続き)

 96条の改正を主張する安倍政権は、そののちには9条改正、国防軍の創設を視野に入れているといわれる。

「維新がどう言うかわからないけど、俺は俺の発想で言わせてもらうと、9条を改正するなら、俺は地球防衛隊というのを昔から言ってるんです。たとえばアマゾンのジャングルは毎年東京都の10倍の面積が、違法な開発で消滅してるんですね。これを抑えるには、警察じゃダメなんです。軍の力が必要。相手はみんな火器を持ってますからね。それに対抗できないといけない。そういう、地球防衛隊的な形のものができないかと」

 18年間政界を離れていたとは思えないほど熱く語る猪木。そもそも、どうして今回の出馬に至ったのか。

「勝手連的に動いてくれた人がいたんです。森(喜朗)先生の関係で自民党にも話があったけど、いまいちばん維新が困ってる。ならばそのために働くのに男気を感じるので。藤井(孝男)さんが間に入ってくれて。政策なんか話してませんよ。審査もなかったし、認定証ももらってないんだもん。維新を批判しているわけじゃないですよ(笑)。橋下さんが政治家になってからは、初めて会ったし、石原さんも向かい合って話したのは、この前が初めてです」

 橋下共同代表のいわゆる『慰安婦発言』もあり、維新の会はいま旗色が悪い。ならばそのために力になろう、と猪木は思ったのだという。政界に闘魂注入できるのは、この男しかいない。(FLASH 6/25号)

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る