日本維新から出馬宣言のアントニオ猪木氏「9条改正なら“地球防衛隊”を」

あくまでも、猪木氏の一個人の意見と言う事で…
演説動画:20130615 アントニオ猪木氏 選挙演説 浅草寺雷門前

(引用)
出馬宣言のアントニオ猪木「9条改正なら“地球防衛隊”を」

 「こんどの参院選での俺の役目は『もっと面白くしようよ、選挙を。みんなを選挙に参加させようよ』ということ。もちろん維新から出たんだから、維新のために頑張らなきゃいけない。でもそれ以上に俺は、選挙を盛り上げないといけないんだ」

 燃える闘魂が、ふたたび国政に立ち上がった。7月21日におこなわれる参院選に、日本維新の会から出馬するアントニオ猪木(70)。古希を迎えたとは思えない力強い声で、堂々の闘魂出馬宣言だ。6日には、東京・渋谷駅前で石原慎太郎、橋下徹両共同代表とともに街頭演説に立ち、大声援を浴びた。猪木が「選挙を盛り上げたい」と話すのには、理由がある。

「憲法改正という大事な争点があるのに、たとえば投票率が50%だったらどうなるんですか。自民党が仮に過半数を取ったとしても、有権者の25%が賛成しただけ。それで憲法改正という大事なことが決まってしまう。俺は96条改正には賛成です。でも、みんなが無関心なまま決まるのはよくない」(続く…)

(続き)

 96条の改正を主張する安倍政権は、そののちには9条改正、国防軍の創設を視野に入れているといわれる。

「維新がどう言うかわからないけど、俺は俺の発想で言わせてもらうと、9条を改正するなら、俺は地球防衛隊というのを昔から言ってるんです。たとえばアマゾンのジャングルは毎年東京都の10倍の面積が、違法な開発で消滅してるんですね。これを抑えるには、警察じゃダメなんです。軍の力が必要。相手はみんな火器を持ってますからね。それに対抗できないといけない。そういう、地球防衛隊的な形のものができないかと」

 18年間政界を離れていたとは思えないほど熱く語る猪木。そもそも、どうして今回の出馬に至ったのか。

「勝手連的に動いてくれた人がいたんです。森(喜朗)先生の関係で自民党にも話があったけど、いまいちばん維新が困ってる。ならばそのために働くのに男気を感じるので。藤井(孝男)さんが間に入ってくれて。政策なんか話してませんよ。審査もなかったし、認定証ももらってないんだもん。維新を批判しているわけじゃないですよ(笑)。橋下さんが政治家になってからは、初めて会ったし、石原さんも向かい合って話したのは、この前が初めてです」

 橋下共同代表のいわゆる『慰安婦発言』もあり、維新の会はいま旗色が悪い。ならばそのために力になろう、と猪木は思ったのだという。政界に闘魂注入できるのは、この男しかいない。(FLASH 6/25号)

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る