橋下共同代表が謝罪メール…都議選候補者に

(引用)
橋下共同代表が謝罪メール…都議選候補者に

 日本維新の会の橋下共同代表(大阪市長)は20日、いわゆる従軍慰安婦問題に関する自らの発言を巡り、党内から批判の声が強まっていることを受け、維新の会の東京都議選候補者に対し、「戦況を苦しくしてしまった点は申し訳ない」と謝罪するメールを送った。

 メールで、橋下氏は「僕の個人的な政治的信条に基づく態度、振る舞いで、皆さんの目の前の戦いが大変厳しいものとなった」とする一方、「戦況を有利にするためだけに、政治的態度、振る舞いを左右させることは一度たりともありませんでした」と記し、発言を撤回する考えがないことも示した。同じメールは維新の会の全国会議員、大阪維新の会幹部らにも送っている。

 今回の謝罪メールは、橋下氏の一連の発言について、石原共同代表が「みんな、迷惑している。苦労している仲間に悪かったと声をかけるのが、リーダーの振る舞いだ」と発言したことに応じたものとみられる。
(読売新聞 6/20)

関連記事
橋下氏発言「大迷惑」 参院選次第で進退も 石原共同代表が批判

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

コメント

  1. 根保孝栄・石塚邦男 より:

    SECRET: 0
    PASS: 6da9dfc00d78ee45a099f7911fac8c2e
    都議選、お疲れ様でした。
    [絵文字:v-218]都議選では低投票率のもと組織票のある自民、公明、共産が手堅い戦いをしたのは計算済みのはずだ。
    組織票のない維新は、風頼みであったが、残念ながら風は吹かなかった。しかし、得票から観て悲観すべきでもない。新党なのだ。そうそう倍増とはいかないものだ。
    基礎票が計算できない新党の維新には、投票率を上げることが至上命令。さて、風を吹かすにはどうする?

    得票から言えば内容的には善戦しながら票に結びつかなかっただけのことで、敗北ではない。都議選で支持票の確認をとれたので、戦略の立て方はある。悲観することはないだろう。

    良くても悪くても橋下・石原の個人的魅力頼みの維新であるから、この駒をどのように使うかが鍵だろう。
    まだ戦いようはある。[絵文字:v-57]

トップへ戻る