日本維新、議員団代表選へ署名集め…執行部刷新要求

内部から色々動きが出ている様です…

関連記事:維新執行役員会 主な発言を書いた時に思ってたんですが…
中田宏議員・東国原議員・山田宏議員…この辺りの誰も執行役員でないのは、どうなんだろ??って感じはあるんですよね…

(引用)
維新、議員団代表選へ署名集め…執行部刷新要求
 石原、橋下両共同代表の続投が決まった日本維新の会で、「参院選敗北の責任問題が曖昧だ」との不満がくすぶり続けている。

 30日には、国会議員団の代表選実施を求める署名集めの動きが表面化した。国会議員団執行部の刷新を求めるものと見られ、今後党内対立が強まる可能性もある。

 維新の会は参院選で8議席にとどまり、目標の10議席に届かなかったが、石原氏はいち早く続投を表明し、27日の執行役員会では橋下氏の続投も決まった。国会議員団の代表は現在、昨年11月に合流した旧太陽の党出身の平沼赳夫氏で、国会議員団の執行部も交代していない。

 これに対し、松浪健太衆院議員が中心となり、「責任が曖昧なままでは党が再出発できない」として、参院選の総括や国会議員団代表選の実施を求める署名活動を29日から始めたという。
(読売新聞 7/31)

これに関する、東国原議員のツイッター
(※①案②案の内容は詳しく分かりませんでした)

(引用)
今回の、国会議員団執行部に総会の開催を求める行動は、概ね今日の読売新聞等に出ている通りであるが、昨日までに一部の議員の方々に提案させて頂いた案(①案)は少し説明不足の部分もあり、誤解や曲解等を与えてしまった部分があった。

そこで、修正・補足を加えた②案を追加併記し、役員を除く議員の方々にお配りさせて頂きます。尚、同時に執行部(幹事長)にも直接、総会の開催を申し入れているが、24時間経っても何の返事も無い。これが、執行部の実態である。(ツイートここまで)

松浪議員のブログ
総括① 日本維新の会 第2幕「惨敗」~わが夢破れたりといえども、第3幕を描く~
総括② 国会議員団役員会 ~総括は大惨敗とすべき~
総括③ コメントに答えて ~捨て身の独自戦略を生かせなかった~

今回もまた、衆院選と同様、みんなと競合してしまって、厳しい(絶望的な)選挙戦になってしまった候補者が出てしまいました…
もちろん、維新だけの責任では無いんですが、また悲劇が繰り返されてしまったのは残念でなりません…
その様な部分も松井幹事長の辞意表明に繋がったのかもしれませんね…

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

トップへ戻る