カジノ候補地、横浜市と大阪市、2020年の開業目指す・・・政府方針

昨年の秋以降、保留状態だったIR。
ここに来て動き出したようです。

(読売新聞より引用)
カジノ候補地、横浜市と大阪市に…政府方針

 政府は、カジノを中核とした統合型リゾート(IR)について、2020年の東京五輪・パラリンピックまでに横浜市と大阪市の2か所で開業を目指す方針を固めた。

 IRの候補地には、全国20か所以上が名乗りを上げてきたが、五輪までに開業できるのは、再開発計画などで適地のある横浜と大阪と判断した。

 横浜市は、再開発計画が進む山下ふ頭(約50ヘクタール)が誘致先となる。大阪市は、大阪湾の人工島・夢洲ゆめしまが本命視されている。橋下徹大阪市長が誘致に熱心で、関西国際空港にも近く、広大な未利用地(約150ヘクタール)を抱える。

 IRを巡っては、超党派の「国際観光産業振興議員連盟」が一昨年の臨時国会にIRに関する制度の骨格を定めた法案(カジノ解禁法案)を提出し、継続審議となっていたが、衆院解散に伴い廃案となった。同議連が今国会に解禁法案を再提出するが、ギャンブル依存症への懸念などから、公明党や野党に慎重な声が強く、成立は見通せない状況だ。(引用終わり)

関西経済同友会が提唱する「スマートIRシティ」についての資料
http://www.kansaidoyukai.or.jp/Portals/0/2014/teigen/150122%EF%BC%AD%EF%BC%A9%EF%BC%A3%EF%BC%A5%EF%BC%A9%EF%BC%B2.pdf

(プロモーション動画)
http://youtu.be/45crA5B4R6U

朝日を初め反対派は、何かといえば「依存症が・・・」と騒ぐ・・・
しかし、こういう考え方もあるのでは?と言う事で、
この記事で書いた事を再度載せておきます。
身内からも「ウソ」と指摘された「依存症536万人」に、こだわり続けた【朝日新聞のカジノ叩き】

ギャンブル依存症対策が先だ。と言いますが、
現状、どうでしょうか?

パチンコは、警察が「ギャンブルでは無い」と言い張ってますので、未来永劫、依存症対策なんてやる訳がありません。

では公営ギャンブルは・・・
JRA以外は、ほとんど赤字・経営難で廃止を検討している所が、ほとんどの状況・・・
とても、そんな余裕はありません。

唯一可能性があるのは、JRAですが、ここも農水省のおいしい天下り先・・・
重い腰が上がる可能性は低いですし、やったとしてもJRA利用者のみ対象になるでしょうから、効果は極小でしょうね。

これで、依存症の人達を救う道があるのでしょうか?

確かに、カジノをやれば、それで依存症になる人は、いると思います。

でも、初めから制度として、依存症対策を組み込む。
しかも、その依存症対策はカジノ利用者のみならず、他のギャンブルの依存症にも対応する。
とすれば、カジノをやったとしても、日本全体トータルでの依存症の人達を、減らせる事になるのでは・・・

「ギャンブル依存症を、減らす為にカジノをやる」と言うのは、本当はおかしな話ですが、
残念ながら、今の日本では、これが現実的でベターな方法かと思います。

関連
1/20橋下市長退庁会見「IRについての関西経済同友会の提言について」
【実はもう、『カジノ』は日本に来ていた!】 その詳細は?これが統合型リゾートと言うものか!
「警察庁が『カジノ』に入ってくるなら、やらないほうがいい!」推進派・堀紘一(柿沢政調会長出演)

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る