【都構想】住民説明会における質問票の回答について(大阪市)

今日になってようやく、先月行われた大阪市主催の都構想住民説明会で受け付けた質問の回答がHP上で公開されました。

住民説明会における質問票の回答について(大阪市)
説明会で質問を書いた方は、是非、確認して下さい。

(以下引用)
4月14日(火曜日)から26日(日曜日)にかけて開催しました特別区設置協定書に関する住民説明会に、3万人を超えるご参加をいただきありがとうございました。

住民説明会当日は時間が限られており、ご来場者全ての方々のご質問にお答えできる時間を確保できず、誠に失礼いたしました。

こうした状況にもかかわらず、当日ご来場されご質問をいただいた方々から、合計約1300件もの、貴重なご質問やご意見をいただきました。心から感謝申し上げます。

頂戴したご質問やご意見のうち、住民投票に際して、できるだけ多くの皆さまのご参考にしていただくために、特別区設置協定書に関するご質問について、以下のとおり項目を整理して、回答を掲載させていただきました。

このほかにも、たくさんの貴重なご質問・ご意見を頂戴しました。今後、市政を進めるにあたって参考とさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

来る5月17日(日曜日)の住民投票は、特別区を設置するか、しないかについて、最終的に大阪市民の皆さんに決定していただく大切な投票です。5月16日(土曜日)まで、区役所等で期日前投票や不在者投票もできます。

皆さん、ぜひとも投票してください。

大阪市長  橋 下 徹  (引用終わり)

「都構想・説明パンフレット」(大阪市発行)

【都構想・住民説明会】「皆さんの不安や疑問に、橋下市長が丁寧に答えました」(質問回答集)

都構想・住民説明会での質疑応答(NEVERまとめ)

関連
【ご安心下さい!】橋下市長のメッセージが流れる電話。「個人情報は関係ありません」
【都構想まるわかり説明会】橋下市長が都構想で目指す未来(西成区民センター)

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る