大阪府、人材バンク通さず 3人「裏口天下り」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

(引用)

大阪府、人材バンク通さず 3人「裏口天下り」

 大阪府人事課が2010~11年、府の人材仲介制度「人材バンク」を使わず、当時知事だった橋下徹大阪市長が禁じていたあっせんを行い、幹部OB3人を損保会社に再就職させていたことがわかった。正規ルートを通さない「裏口天下り」で、今年4月施行の府職員基本条例では、あっせんした職員は懲戒処分対象だが、当時は対象外だった。同課は「企業の意向に応じた。天下り先確保のため、やむを得なかった」と釈明している。

 府人事課によると、11年1月、あいおいニッセイ同和損害保険(本社・東京)からOBの紹介を打診され、同年3月、水道企業管理者から外郭団体「府中小企業信用保証協会」に再就職していた元幹部(66)をあっせんした。元幹部は7月から同社顧問として、週2回勤務し、年300万円を得ているという。

 同時期に、元監査委員事務局長(65)を三井住友海上火災保険(同)に週2回・年収320万円、元人事委員会事務局長(64)を富士火災海上保険(同)に週1回・年収156万円の待遇で、顧問にあっせんした。

 府では長年、企業の希望に応じて課長級以上の幹部らの再就職を、人事課があっせんしてきたが、「企業との癒着が疑われる」として08年11月、当時の橋下知事が指示して人材バンク制度を創設した。現在は企業からの求人をインターネットの専用サイトで公開して再就職希望者が応募する形で、人選に府は関与しないという。退職予定者に加え、職員OBも利用できる。

 府人事課は「3社には数代にわたって幹部OBが再就職してきたが、人材バンク利用に難色を示された。府への求人を他自治体などに知られたくなかったのではないか。望ましくない行為だった」と説明している。

 一方、あいおいニッセイ同和損保は「人の紹介をお願いしただけで、人材バンクの活用は勧められなかった」としている。他の2社は「個別の採用経緯は回答できない」としている。(読売新聞 7/19)

規則に引っ掛からなければ何でもありの公務員・・・
口で言っただけでは聞かず、モラルも無しですね。
こんな状況では、規則で正して行く他無いですかね・・・

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    三井住友海上火災という企業が、
    いったいどういう企業かを、全国の車を運転されて実際にこの保険会社で車での任意保険に加入されている人らは、真実を知っておいておいた方がいい。

    この任意保険に高額の保険料を支払って加入されている一般の顧客からすれば、もしも自分が過失で事故を起こして他人に人身事故などを起こし怪我をさせて、その被害者への補償について、保険加入による被害者への賠償について、保険会社ができるだけ普通対応での交渉での話し合いをやって貰っているものだと、そう思っているだろうが実際はものすごいものもある。

    運転手さんは加害者側なのでもう普通に保証をとそう願っているだろうし、保証をやって欲しいと思うだろう。

    だが現実は、現状この保険会社がやっている行為は、一例で言うと、もうサラ金の取り立て内容のよく問題になって世間から痛烈に非難が殺到したまさにああいう会話、あれと近い内容で、事故で被害を受けられた方相手に被害者対応をやっている例が有ります。

    まるで暴力団から寄越した弁護士かと思うものが有ります。

    普通に話をしていて、こいつ大丈夫かと、これ本当に弁護士資格を持ってるのかと。
    日本で本当に司法試験に合格して弁護士になって居るのかと疑うようなものが存在します。
    被害者側は、まるで暴力団相手に話をしているかと錯覚するような、こんな保険会社からの代理人弁護士も実際にはおります。

    顧客の皆さんは自分が起こした事故によって加害してそのことで相手が怪我をされているわけですから、保険で保険会社が普通にきちんと被害補償の話し合いをしてほしいと思っていても、肩代わりに出てくるこの三井住友海上火災の代理人と称して出てくる弁護士は、
    ここからやってくる代理人弁護士は、一例ですが一般の普通良識人とは思えないようなこの者が日本の本当の弁護士なの?

    まさかどこかの輩?と思ってしまうほどのものの言い方でやってきたりします。
    もうこいつがほんとに法律に携わっている弁護士?って。
    普通ではない状況でやってきますから、そういう場合がありますので十分にお気をつけください。

    そういう弁護士がやってくるという場合がありますので、
    事故に遭った被害者も、また任意保険に加入している加害者側の運転手さんも同様に、そういう実態があるということを意識は認識して持っておく知識は必要ですよ。
    私の想像では最近はサラ金等での対応の弁護士が今仕事がなくなってきて、仕事にあぶれたそいつらが結果こういう損保会社の被害者への交渉に雇われるという状況になっていてると想像しているんだが。
    こういう種類の者らが多くなって、堅気の普通の弱者に対してのものの言い方を知らないのか、暴力団まがいの文言を平気で被害者対応でやってるようだ。

    お気を付けください。

    ★保険会社が被害者にきちんと対応してくれているもんだと思っていたらえらいことになっているという場合がありますから、加害者の方は交渉中の中間で、保険会社に対して本当にきちんと誠意をもって対応しているのかどうかを確認を忘れないようにした方がいい。

    でないと、全く気付かぬうちに、被害者側からあらぬ恨みを買っているということが起きて、二次的報復などを受けるという二次被害にもなる可能性があります。保険会社の代理人弁護士などの不適切な対応のせいで。

    ですから、任意の保険に加入する場合には、その当該の保険会社にはきちんと確認をしてから加入すべき時代になって来ています。
    弁護士に対しての日本人が描く弁護士というものに対しての性善説はもうやめたほうがいい。日本に存在している弁護士といっても実際は本当の日本人とは限りませんから。

    ★弁護士の内容が非常に短絡的な暴力的と取れる言い回しでやってきます。
    【事故を起こした場合にはきちんと誠意をもって被害者には対応するんだろうなあ!】と、
    ★【丁寧な物言いで対応するんだろうなあ】と、保険に加入時にはそのことも重ねて同時にきちんと確約をしておくことです。

    でないとこういう保険会社から送り込まれた弁護士がやってきたら、もう脅し攻撃で言葉も荒っぽく失礼極まりない暴言を被害者に対してやりますから、このことで加害者は被害者から想像もしていなかった全く思いもよらぬ逆恨みまで受けてしまい、十分に気を付けてください。

    運転手さんは被害者に保険であくまでもきちんとやってくれているもんだと、やって欲しいと思っているのに、保険会社が、もう現場で想像をできないほどの脅しととれる脅迫まがいの暴言でやってきますので、任意保険の加入については、加入の運転手さん自身が自分の意志通りに保険会社は保証の交渉を丁寧な物言いできちんと、きちんと対応してくれるのかどうかを、再度よく確かめるように。

    三井住友海上火災、
    本社トップは現場で今何が行われているかを、そのことを知ってるのかねえ。

    きちんと丁寧にやっているのかどうかを、まさか暴力団まがいでやってないよねって、
    現在交渉中案件を抱えている運転手の方、事故を起こしたりしている人はお心当たりの人は、保険会社に対して、ここにも再度もう一度大丈夫だろうなあ、そんなことはしていないよな!と、
    こういうことは国から絶対に禁止されてるよな!って、

    以前不届きな点では国からも金融庁からも損保の保険会社に対しては行政処分されてるよな!って、
    大丈夫だろうなあ!って、
    加入の保険会社には再確認をされておいた方がいい。

    お気をつけて。

  2. 仲井 より:

    公務員がこういう事例の存在している所に天下りして、結果被害者への暴力団まがいで対応している企業から本来は受けられるはずもないあぶく銭のような報酬を当たり前のように報酬を受ける。

    人間として自分が入った企業が、しかも公けの公務員が再就職で入ったなら、其れまでの企業意識で違法行為に近いことが目に映ったとしてら当然問題意識を出すべきだが、そこが朝鮮人公務員の凄いところで、奴らは一番目ざとい利益優先でやっていたのであれば、何の違和感を持たない民族の連中。

    そもそも既得権だけが人生の命の部分で生き延びてきた連中。自分以外など殺してでも利益が入ればそれでいいと思っている連中。

    こういう金融庁管轄の、その業務が人に対しての業務内容であれば、出身の公務員であれば普通はより公的公僕としての意識で努めねばならぬが、残念なことにこういう天下っていく連中はほぼ当たり前のように本当は日本人などではなくて国籍偽装で採用された朝鮮人公務員で、朝鮮人公務員がこぞってこういう天下っていくので、
    奴らは他人のことなど本来奴隷の出なのでほぼ人のことなど基本的に死んでいこうが殺されようが、自分以外のことなどなんとも思っていないし、金さえ手に出来ればなんとも思っても居ない感覚でここまで人生を生き延びているので、報酬さえもらえればどんな悪どいことをやろうが何とも思っていない。

    日ごろの歯磨きで、ああ、今日は少し歯茎から血が出たという程度の感覚。
    何とも思っても居ない。

    こういうこいつらの天下っていく報酬は、周り廻って基に辿ると結局は一般国民から支払われていく。

    朝鮮人が不法に戦後のどさくさに紛れて日本で日本国籍を騙し取ったというこの内容は、世界中どこの国にも類を見ない内容で、
    しかも日本全国の公務員のほとんどがこの日本の国籍を騙し取った連中が存在し、それを本来問い詰めたり追及するべき報道機関がすべてがこの日本の国籍を騙し取っている朝鮮人犯罪者連中がやっているというこの日本の惨状、

    一体誰がこの違法日本国籍騙し取りの内容を逮捕摘発、国民に情報公開をするのだろう。

    日本の国は法律というものがほぼ機能しない、第一犯罪者が国から許可をもらって放送権をもらってる状況、報道が法律というものをきちんと伝えられない機関になって居るし、日本の法治国家という認識は、世界から見たらもう終わってると思えるぐらいの状況。

    これは戦後に朝鮮人がやったこのもの凄い大犯罪によるもの。

    テレビを見ても一日中タレントは日本人だと言って出演しているが、その者らがほぼ日本国籍を騙し取った朝鮮人家系の者らが殆どだし、こんな違法移住の者らを何故テレビで犯罪者として扱わないのかが不思議に思える。

    見ている国民もそれを知っている者は相当いてるはず。

    大学教授だと出てくる者のほとんどが、特に東大の教授として出てくるものなど、日本人はいったいどこにいてるのかというほど。
    ほぼいない状況。

    これが日本の現実で、そら日本の役所が犯罪の温床、巣窟になるはずだし、早い話が、まるでドロボーに日本の国民の金庫を預けている状況。

    この状況をこれからの若者、子供に伝えないままにするのか、
    このままのこういう不法行為による国家的犯罪者を公務員として採用し、ドロボーに日本の国民の金庫を預けたままで手渡し譲り、そいつらにそのまま継がせるつもりなのかと。

    もう電力会社も保険会社も銀行も、ここまで騙しまくってそのまま放置させてきたおかげで、理研を初め、こういう大手の日本の税金がいつでも動く企業や組織、団体、機関に、あらゆる公的内容が挟んでくる機関には、もうすでに幹部OB、現役幹部としてものすごい想像を絶するほどの朝鮮人違法入国者が存在している。
    ついこの間の大阪ダブル選でのあっち側の立候補者にも。

    どうするのかねえ。
    行政指導する側の霞が関も朝鮮人官僚にほぼ占有されてしまってるし、
    行政指導を受ける大手企業にも、もう日本国籍を騙し取って生き延びてきた朝鮮人違法入国者が、そこですでに朝鮮人という身元を潜めて日本人企業の幹部、日本の役所での幹部として、企業の幹部として存在する状況。

    なにかをやらかして企業が謝罪の記者会見をテレビでもここ数年よく見るが、
    いつも見ているが、ほぼ日本人などいない状況。

    これで、これからの日本は、この件についていったいどういう取り締まりを、
    国家として法治国家の面目をどうやって保つのか。
    一番簡単なのはすべて公に出して日本国民全体にそのことを判断させる。
    国民に国民投票を呼び掛け、現状存在する違法朝鮮人の処理についてどうするのかを判断してもらえばいいと思える。

    その代わりすべての朝鮮人をすべて公にさらして出させることだ。
    国民に正直にすべてをさらしだして、そこでどうするのかを日本民族の日本の国民に考えてもらえればいいと思っている。
    違法状態をどう処理し、どう今後やるのかまで。

    日本だけだろうと思えるが、国家公安委員長職にはこともあろうに違法な国籍搾取の朝鮮人の入国者も存在していたし、歴代の元警察庁長官、元警視総監、全国の元県警本部長、最高裁判所元長官、全国の裁判所元長官、東京検察庁元長官、全国の検察庁元長官らは退職後仕事もないのに名前だけの天下りでのこぞって北朝鮮企業に天下って公職を退職後に莫大な金銭をせしめている有様。

    日本の闇をどうやって除去し、明るい日差しが入る【実務現場】にさせていくのか、
    違法状態の中身まで国民に見える状況に出来るのか、

    【おおさか維新の会】の、まさに本気度と覚悟が試される本年になる。

  3. 仲井 より:

    大阪弁護士会は
    現状、普通にコンプライアンスが働かない組織になって居ます。
    幹部クラスでこうですからなに丘いわんやです。

    橋下さんが怒るはずです。
    とんでもない組織状況になって居ます。
    法律に関わる国家試験で合格して免許を下ろされている者は、そういう者は業務に携わるときには、最低でもここまではやってはダメという普通一般人とは違う国家資格のしかも法曹界に携わる資格を持たされている者は、絶対にやってはいけないラインというものがあるだろうに、資格を持たされた者に縛られる規律というものが有るはず。
    要ってはいけない限度のラインが有るはず。

    そこら辺の暴力団でも最近はちょっと言わなくなってるような文言で平気でやってくる。
    暴力団新法が出来てから、この種の筋からの内容に関しては、公安、及び警察が非常にうるさくなり、暴力団も発する文言にはあれ以降極端に馬鹿丁寧に非常に気をつけて吐いてくる。

    ところが一般のこういう連中は、そのことを知っているはずが、相手が弱そうだと思えば脅せば殆ど怖がって言うことを聞いて、本来すべき保証分など脅して怖がらせばさらさら払わずに安く済むとでも思ってるのか、頭から普通の人間社会では使われない言葉遣い、まさしく映画で出てくる暴力団用語でやってくる。

    これが今の日本の、損保保険会社での、事故被害者対応での保険会社からの寄越してくる代理人弁護士の、被害者への対応の、交渉の現場での実態の一例です。
    実際にこれが有りますので十分に心してください。
    所轄に相談に行けば、昔と違って現在は即刻で対応してくれます。

    脅迫事件事案として処理してくれます。

    ここにもおそらく、この損保企業にも、直接対応している担当よりも上の方にもっとお偉いさんの席には、霞ヶ関から代々の官僚が順送りで席が設けられていて多分天下っていると思える。

    そのそういう国の官僚をやっていた連中が平気で当たり前のように天下っている先がこのレベル。
    朝鮮人に日本の国籍を騙し取られたことが、もうこういう日本全国あらゆるところにまで被害が波及して、特に弱い立場で追い詰められて困っている人に対して、朝鮮人が塊になって弱者の国民に被害を与え続けているのが実態。

    日本という国は日本の税金がどういう流れでこういうろくでもない連中に流されているのかを、政治家だけに任せずに我々のように直接霞ヶ関に連絡して、たまには霞が関に直接乗り込んで、
    暇で仕事も無く遊んでいる審議官クラスを、ここに出て来いと要求して目の前まで出てこさせて、目の前で直談判をするとか、

    国民自らで全国から連絡攻めにして問い合わせて実態はどう天下りが存在しているのかぐらいは、国民の権利として、霞が関を追及、徹底問いただすべきだ。

    審議官クラスでも省庁の執務室で出て来いと言えば呼べば出て来ますから。
    頭がいいだけで、こいつらの脳は金が欲しいだけの連中ですから、内容的にはただひたすら逃げ腰で薄汚くて、悪は大阪と類は同じですから。

    大阪の役所と同じで、おかしなことは直接本人に、
    やるべきことをお前ら何故やってないのかと、
    直接怒鳴りつけてやればいいんです。

    私も数年前ですが、もう大阪で何度言ってもらちが行かずに、
    電話で言うだけでは収まらず我慢が出来ずに直接やろうと思って、そのことで東京にまで行って、数回総務省には直接乗り込んで、
    アポなしで押しかけ、税金で賄われる選挙に於ける税金の使われ方の異常さについての、担当の審議官二名に出て来いと言って掴まえて、15分しか駄目だという奴を、「ふざけるな!こっちは大阪から来てるんだ」と、怒り飛ばして、
    1時間半にわたって、そのホールの部署全員にみんな職員が聞こえる場で、みんなに聞こえるように目の前でその二人を怒鳴りつけ通しのこともありましたが。
    何で総選挙に国の予算が、これだけ税金が必要なんだあ?って。
    やれば、頭を使えば半額も要らないだろうが!って。

    電話で連絡すると鼻であしらうように扱ってきていたので、
    ここまでの電話の対応は何だ!ということもあるし、
    税金の使われ方の異常さをついているのに、お前ら税金を何だと思ってるのか!って、お前ら何なんだ!って。
    お前らそれで霞が関の官僚かよ!って。
    よく恥ずかしくないもんだ!と告げて。

    今年は、皆さんも一度ぐらいはこれをやってみてください!

トップへ戻る