(都構想)松井市長「自民が改ざん資料を出してきた。こんな資料維新が出したら木原さんや西さんにボロカスにやられる」法定協終了後囲み会見 2019.8.26

松井市長
数字を改ざんしてまで、彼らが身分を守りたいのがハッキリした

大阪市:大都市制度(特別区設置)協議会 (…>大都市制度>大都市制度(特別区設置)協議会)

(2:18:14法定協終了後の囲み会見から再生します。スマホの場合、初めからになる場合があります)
※動画の前半部分は法定協の模様


(※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…)
<<下に続く>>

嘉悦学園の担当者
「あくまでも学術的に計算したので議論の参考にしてほしい」
10年間で約1兆1千億円の歳出削減効果」が、理論的に可能性のある数字と説明した。

歳出削減効果巡り質疑 都構想、自共は疑問視 – 大阪日日新聞

 大阪市を廃止し、特別区に再編する大阪都構想の制度案を議論する大阪府・市の法定協議会が26日、市役所で開かれた。府市が委託し経済効果の報告書を提出した学校法人嘉悦学園(東京都)に対し、委員の府議、市議が質問。歳出削減の効果額の実現可能性や、その基になるデータが「U字カーブ」という学術的に確立された理論にのっとたものかどうかなどに議論が集中した。理論値としては説明されたが、具体的に行政に落とし込めるかどうかは疑問が残った。

 嘉悦学園の担当者は「あくまでも学術的に計算したので議論の参考にしてほしい」とした上で、市を四つの特別区に分割することで「10年間で約1兆1千億円の歳出削減効果」が、理論的に可能性のある数字と説明した。

 公明の肥後洋一朗府議の「年間約1100億円もの財政効率化効果が、具体的にどのように実現するのか」という問いには、「内訳を具体的に言うのは難しい。特別区になると小さくなり、役割も明確になる。そういう積み重ねで(行政が近くなることで効率化できる)補完性の原理が発現し、財政効率化効果が生まれる」と答えた。

 特別区の設置に伴うコストと効果について、維新の横山英幸府議の質問に対しては「学術的な計算からすると、財政的にも十分費用を上回る効果が期待できる」と回答。松井一郎市長は「理論的にこういう数字が現れるということ。実際に行政を動かす中で、どれを切るかはその時の(特別)区長の仕事」と話した。

 経済効果算出の基となる「U字カーブ」について、嘉悦学園側は昨年、「1人当たりの歳出は規模の経済性が働くが、一定の規模を超えると補完性の原理で行政が遠くなっていくことで生まれる非効率がある」と、人口50万人を底にU字を描くと説明していた。

 自民の川嶋広稔市議と共産の山中智子市議は、一定の規模を超えると歳出が増える現象について、効率化の問題ではなく「都市化による道路の維持管理や物価」など、大都市ならではの問題ではないかと疑問視。嘉悦学園側は「大都市効果は一定あるが、補完性の原理は理論としてあり得る。50万人くらいが最適規模というのは、これまでの研究と齟齬(そご)はない」と主張した。

月刊Hanada 松井一郎&百田尚樹「大阪万博+IRで世界一の都市へ」

月刊Hanada2019年10月号
月刊Hanada2019年10月号

posted with amazlet at 19.08.27
花田紀凱責任編集
飛鳥新社

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 浜田正幸 より:

    このコメントは管理者だけが見ることができます

  2. ヤマモト より:

    横浜自民の横浜市長が2枚舌で、カジノは白紙と言って、市民を騙して当選したように、大阪の自民も平気で嘘つきましすよね。国政担ってるんだらかもっと誠実に行動する人を選出してほしいです。しっかりしてよ菅さん。

  3. 仲井 より:

    大阪は、
    自民党初め、共産・公明のこいつら連中らは、
    この連中は、
    戦中戦後の日本の、いつどこから日本の大阪に入ってきたのかわからん連中、だからたどってもたどっても身元も調べられない朝鮮民族団体組織と思えるしかない連中。
    こういう連中がつかみ取ってきた利権構造はこいつら命がけで守ろうとするしそれを引きはがそうとする連中を兎に角あらゆる手立てあらゆる手段をやってでも掴んで離そうとしない。

    そらそうだ。
    こいつらもともとは何も持たずにただ祖国を追われ逃げて逃げて(こいつら民族の得意中の特異な手法=自らでは怖気づいて絶対に戦わない、卑怯に逃げてただ隠れて物を掠め取る、奪い取るだけ)闇に紛れて日本にたどり着いて潜入し、着の身着のままにこの大阪で、奴隷その本性よろしくそこらじゅうで奪えるだけ奪い取り、
    その当時どうにかどうにか奪い取ったものが元手でこの大阪や尼崎で生き延びた連中ら、それが全国でも一番顕著だったのが法務局が空襲で消失して財産の登記の役所が持つ証拠台帳が消失した大阪という特殊な地域で、そこに付け込み狙ったうえでドロボーよろしく我ものにして奪い取り、つかみ取った地域の連中。

    こんな奴らが大阪で延々議員という職に就き地域連合会振興会町会自治会という朝鮮民族が会長副会長が務める組織と狙う中身がお互い違法移民同士で合致(そこに日本民族の町会長や連合会会長、副会長がそこに居てれば、「これは駄目だよ」と一言でも言って止めるんだが、日本人であったらそう言うものがいるんだが、残念にもこいつらはもともと日本の土地財産を奪い取っている連中でそんなこと思いもしない朝鮮民族の連中ら、朝鮮民族がその会長副会長の座を占め、一般市民のみんなに役所からお金が実は出て居ることは一切隠し、まんまとだまし取る奪い取る補助金については、みんなには全く知らされないように個人の口座に役所から直接数千万単位の金が振り込まれる、この金額のことは町会員や連合会員のみんな一般会員には誰にも知らせずに、一切隠し公開せずに、勝手に懐に入れっぱなしで、これを手渡す見返りに選挙運動でのチラシ配りからどぶ板選挙運動活動の資金になってばらまかれてきた、ここ40年ほどそれが普通に来ていた=これは大阪では橋下さん以降徹底して検証をやりだしているが、でも全国ではたぶん今も変わらずに兵庫も京都も神奈川も愛知も岐阜も千葉も、長崎も埼玉も、沖縄、佐賀広島北海道新潟も、もうそこらじゅうでそれが普通に行われ続けていることだろう)し、互いでその利権を食い物にしそれを続けてきたのが大阪。

    一つの区役所単位でなんと町会の役員らには年間1億円以上が大阪では当時ばらまかれていた。
    それを配ることを認めていたのがこの朝鮮民族らでやってきた議員連中と公務員、町会らの役員連中らである。
    ひとりの課長と有能に頑張ったひとりの職員が徹底してやってようやく一つの区で前年まで1億2千万円補助金をばらまいていた地区でその補助金を一気に年間で8千万円減らし、4千4百万円まで減額させることができたが、これも二人の職員が地域のこの騙し取って来他地域役員らと役所内で壮絶な言い合いでの喧嘩をしてようやくできた内容、これはもうほんの一例であり、私が直接かかわって8千万円までの金額を一気に減額させられたのは、そんなのは、大阪でももうたった一つの区だけであった。
    他は1千万円ぐらいだとか1500万円ぐらいまででもう皆徹底して反対で食いついて手放さない。
    今現在の東淀川の自民党のあの役員をやっている自民党女性議員には、私は強烈に追及でこれを伝えたが、このことを言ってこんな補助金要らないだろうがと、なぜ減額させないのかと、すぐにやれよと伝えたが自らで手を付けることは一切やろうとしなかったし、学校での個々にも書いたあの高校入試での不正合格者剪定システムの実態についてこれを現場を調べろよと、北野高校などの高校と中学との入試における合格者決定の不正構造、合格と不合格者決定におけるプロセスの現状までの30年以上にわたる犯罪行為、この犯罪行為について査定の大きな不正問題もやれよといってもこいつは一切触ろうともしなかったし、一切調べることも何にもしなかったし、追及しても一切かかわろうともしなかった。

    だからつまりはこいつら実は仕事などしていないのだ。
    条例を自分で作ることもせずただ呑気に選挙の事だけで税金をこんな地域にばらまくだけが自分の仕事になっているというもう呆れた議員。

    だから仕方なく私が項目を挙げて東淀川区役所には項目を(実は何処の区役所も奴ら同調してるのか同じ項目の名目で税金が補助金対象にされ=之であれば補助金を騙し取れるという項目の出し方があり、必要も無い実は騙し取李がばれないように見せかけた名目を作って奪い取っているんだが、巧妙に補助金をせしめていた)挙げて
    「これはまず要らないだろうが」と要求して、それでも東淀川でせいぜい年間で2000万円減額させただけであった。
    之って議員がやる仕事だろうが!って。
    なんで毎年増額で増やし続けてきてたんだよ!って。

    他の大阪の区で、2000万円減額させるだけでももうとてつもない喧嘩をしないと、欲が直接朝鮮流にやってきて卑劣に巧妙に職員をたぶらかし、階級の昇格をにおわせての工作を、議員を通してやってくる。

    私の意向に応えて、ある区役所の【課長、やりましょうよ、僕やりますよ、】といってくれて、やってくれたこれに向こうを張ってやってくれた職員は、現状何故か今区役所から移動し、本庁舎に回り、その部門とは全く畑違いの、補助金関係とは全く無関係の部署で、そういう部署で今もやっている。

    8千万以上減額させた区役所の区長及び区長代理の二番手の職員は、そのこと以降、歴代のものが、私との直接会っての面談は、今でも一切できなくされている。
    周りの職員は私の顔を見たら急に静かになり、皆がぎこちなく動きが止まり異様な光景になる。
    むろん私の顔は絶対に見ようとしないで、顔を背けている。

    皆さんも、お近くの区役所にいって、地域への補助金のことを、年間一体いくらその地域の役員らの口座に振り込まれているかを、徹底的に洗い出して調べるべきです。
    一寸その莫大な金額が振り込まれていることに驚きますよ。

    こいつら地域住民や世間に向けて日頃何を偉そうに

    ★【我々はボランティアでやってるんです】だよ!
    何処がボランティアだよ!、って。

    ボランティアで年間に役所から数千万円数百万円単位の金額が何故手元に個人口座に振り込まれてるんだよ!って。
    この金はいったい何なんだよ!って。

    大阪のこういう議員らを徹底して追放すべきである。
    都よb中のあの森千雄も学園での裁判を起こしたあの木村某議員の、それを背後で支援している団体組織、これら支援団体の組織に、自治体及び国の税金がどう関係し、いくら補助金の名目でこういう組織及び個人らに税金が流されているかを、地域の住民は調査をすべきだ。
    あれだけ森友学園で金銭を公開せよと要求していたんだから奴らの周辺の税金の流れも普通に調べ上げても何の問題もないはず。
    そこに嘘が入ってそこに税金が流されていなかったかを調べ上げるのはこれは普通に合法で当たり前の国民の権利である。
    豊中の市民よ!
    やれよな!

  4. 仲井 より:

    長尾敬とかいう例のあの、
    大阪統一地方選挙並びに大阪知事・市長ダブル選挙時に、共産党と維新は合体しているまがいのでっち上げの嘘のポスターを作った張本人の自民党議員。

    あいつって、内閣府に関する内容を政治家の立場で現状いまやっているようだ。
    つまり政権に近いところにあんないかさまのでっち上げの嘘を平気で世間や有権者に堂々とばらまく工作の記した文言を入れたポスターを国民の税金からなる政治資金で作り、こんな嘘つきのペテン師のような者が、日本の政治の中枢のなんとまあ内閣府でその中でそこに今存在してかかわって活動しているというだけで、日本国民はこの今の安倍政権のその本当の内部は、この政権はこの状況で大丈夫かあ?ってそう思うんだが。

    スパイが蔓延してるのでは?

    過去には、
    もう当然のようにあらゆるこれまでのここ40年余りの期間は、日本の歴代内閣の中の政権側中枢部には、南北朝鮮半島に祖国を持つ、家系を持つ出身者のいつの間にか日本人に違法にすり替わってなっている偽装日本人政治家や、官僚、それに加えてもっときつい、中国共産党とべったりのスパイとも同じ意味に合致しかけない輩議員がわんさと存在した経緯があり、それが現状も今も、こうやってそこらじゅうでちょっとおかしいなあと普通に思えそうな連中が、現在政権側の内閣府の中で普通にかかわっている実態を聞かされると、日本は身元を調査するのが本当にずさんで、このままで大丈夫かあ?って思ってしまう。

    嘘のポスターをでっちあげて国民にバラまくこの手法は、朝鮮半島の得意中の得意ないつもの常套手段であるがそれを現実大阪でやった人物がなぜ日本の内閣府の内容にかかわっているのか意味も何も解らん。

    日本の日本民族の日本人のことをなめてるのか!って、
    国民を馬鹿にしてるのか!って。

    ここは南北朝鮮民族が仕切っている国家ではなくて日本民族の日本国民が作った国家であって、朝鮮半島の国家組織ではないということを、日本の政権は身に短刀を突き付けてその上でそれを自ら戒めとして自制し徹底して調査と身元を洗うべきである。
    内閣の中枢に入れて仕事をさせる人物には、遺伝子判別をやるべきである。
    それが当たり前だろうが!って。

    昔の日本人は短刀を身に着け必ず所持し身に着けて自らをいさめていた。

    あれは、人に切りつけたり人を襲う気概を加えるもののためでは全くなくて、ものではなくて、恥じる行為をしたりふがいない行為に走った折に、いざというときに男性は腹を、女性は首を、自らの首を自らで白羽で貫いて自害するためのものだ。

    それぐらい自らを戒めて生きてきたこの日本人というものを、日本の政権中枢は、そこから離れずに間違っても朝鮮半島民族がここまでやらかすような卑劣極まりないでっち上げ嘘の工作など使うような連中は、鼻から政権になどいれずに、そこら辺のどぶ板でも引き上げていつもの匂いを奴らが日ごろ味わっているその馴染んでいる匂いをかがせてごみ集積場でも見回らせればよい。
    少しは汚れの酷さがどういう者かを感じられるだろうに。

    奴らは自分がどれぐらい汚れているかに気づけない民族。
    だからあんな普通考えられないような卑劣で汚らしい貶めるような工作ポスターを、それもまったくの嘘が記されているものを、作る気になっている。

    この人物とあの日ごろ虎ノ門他ネット上で偉そうにものを言っている有本香は、
    【彼はいい議員ですよ】と、
    親しいお付き合いをしていて彼女曰く
    【いい議員ですよ】ってのたまう。
    もう笑わせる。

    工作員のような議員を「いい議員」といえるその本質が、すなわち同調出来る感覚を互いに狙いの感覚というか本質を持っており、同じように持っている者同士だということになる。

    まさに朝鮮民族しかあんなものは絶対に作らない。

    即刻で政権及び内閣などの内部になどいれずに安倍さんは今日にでも現場から排除すべきである。

    いかがわしそうな連中が大勢そこに居て、政権中枢の情報を外に漏らしていないかと、我々国民にすれば非常に怖いことで気になるが。

    何しろあんな嘘のポスターを作って世間にバラ捲いてんだから。
    人間のやれることではないよな。
    国家としても国民としてもこんな奴信用のかけらすらないよな!

    こういう連中がいつでも既得権で動き回る。
    今の日本の政権内には、姿、形、匂いまで偽装して、日本人に見せて朝鮮民族があらゆる内容で潜伏し日頃内部にまで潜入しもう既に相当潜入してないかあ?って、私などは思ってしまうが。

    この長尾敬なる人物が、最近スパイ防止法案なるものにかかわりだしたという。

    もう笑ってしまう程にこけた。
    嘘のチラシのでっち上げを平気でやるものがそれをやるスパイを逮捕させる法案に参加するという。
    泥棒が家族の警察官にせしめたものを山分けで預けてるようなもの。

    ずっと棚ざらしで、国会を含め全国地方議員も含めての、全国に居てる有権者の二割を優に超える日本国民とされている偽装日本人の朝鮮民族有権者からの票を受けて当選している朝鮮民族議員に猛然と反対され、また政権側も政権側で、角栄が失脚して以降歴代政権自体が、身元の部分でバラされると困る身元に関する絶対に知られたくない内容の弱みも奴ら朝鮮民族及び中国共産党からの絶対に知られては困る内容を厳然とつかまれており、これを握られ結果長い間脅され状態での議論も封じられ、一向にこの法案の成立が見通せない状態が続いている。
    この法案に、スパイ防止法案の内容に、なんとこの長尾敬、こいつらが関わろうとしている。

    これってあれ?れ?もんではないの?

    まるでパチンコの新台の検査機関のあの警察の天下りがやっている保通協と、
    台機種の店舗内での機動に関しての違法を取り締まる側、つまり台の検査と、取り締まる機構が同じ警察というこの頓珍漢なあの構造と同じに見えるが。
    違法を取り締まる側と取り締まりを受ける、取り締まられる側が同じ省庁、取り締まりと、される側が同じ省庁の警察庁というのと同じ構図にしか思えないが。

    つまり取り締まられる側の者らが、取り締まる法律を作ろうとしていると声高にただ叫んでいるとしか見えないし百歩譲って、もしもこんな嘘のデマチラシを平気で作るような連中が、連中らがかかわってこの法案を作ったとしても、法案ができたとしても、おそらく世界中のどこにもないような抜け穴だらけの自分らに都合がいいようにしか作らないんじゃあないのかと非常に危惧するが。

    「ざる法案」が作られるのでは?
    こいつら本当に日本の国民をなめてる。

    こういう法案こそ日本の人としてのそもそもの身元確認を徹底してやって、そのうえで日本民族の血を持つものが関わってのこの外国から潜入してくる、または外国と内通する日本人に化けた朝鮮民族の連中を、これらを徹底して逃げ道の無いように直ちに強制送還可能なように日本国籍に化けていたり特別永住権を持っていたとしても、それは超越させた内容として遺伝子の祖国へ強制的に国外へと追放し二度と日本には入国できないようにすべきである。
    スパイ行為は日本国内で民間での内容においても民族遺伝子解明によって判別し、国外追放というものを付帯した法案を作ればいい。

    長尾敬は愛知県知事大村ともつい最近握手をしているものが出てくる。
    つい最近にだ。
    大村知事にはこの間のあの芸術祭の件をただの一言も話題に出していないと言っている。
    こいつ日本で国会議員をやっている意味がないし、如何にもどっちにもコロコロ流れ、目の前に有る利のあるほうに目がさとく動けば食いついて即刻で転んでいくようだ。

    普通は、
    「この間の芸術祭はとんでもない!今後はあんな国家を愚弄するような貶めるようなものは絶対にさせるな」と伝えればいいが、こいつはそのことは大村知事に向けて一切言葉で出してもいない。
    元々、仲が良いそうである。
    道理でやることが同じだよな。
    こんな奴が内閣府内にかかわる政治家になっていることに不思議なんだが私の間だが、
    もしかするとこいつは有本香と仲が良くてしょっちゅう連絡を取り合って要るなかだと言っていたのでその加減で安倍総理にこの長尾隆を推薦で進めて内閣府という政権の内部にこんなとんでもない工作スパイのような議員を入れこますように口添えしたのではと思えたりしている。

    でないとあんな、いやこんな奴をだれが見ても政権の中枢の内部になどいれるはずもない。
    内閣府の内部にこういう有本の言うことを聞くようなスパイまがいの工作議員を、こんな息のかかった連中を政権に近いところにばらまいて入れることで、入れることでそこから有本香らに政権の内部の動向、政局の動向など、内部情報をこいつらが外に漏らして出してきているのではと思ってしまうが。

    有本香にすればこんな奴はまあ言えば使い捨てのタダノコマに過ぎないがでもこいつらでも何かの政権の内部からの情報をもって出して伝えてくれるかもとというぐらいの思いだろうがこの長尾にしてみれば強い見方が自分にはついているなどと思い込んでる馬鹿かもしれない。
    言われた通りに政権内の内容をこいつが掴めたものはそのまま有本らに漏れ出てきている可能性がある。

    あんな出鱈目のもう朝鮮民族しか出さない創らないような共産党が欲ちゃるての嘘のデマチラシを公然と平気で恥も知らず嘘を並べて出してくるこんな奴が国会議員になりしかも内閣内での仕事に政治家としてかかわっているとかもう怖すぎるだろうに。
    スパイが内閣府でプロパガンダをやる人物が国会議員稲荷政権の中で足となって動いているかと思うと阿部さんこんな奴を入れていて日本は本当に大丈夫なん?」

    大村にあの件で面と向かって直接何にも言わない対応をやってるやつが、日本を貶める行為を平気でやる人物を前にして何も言わなかったということはこいつも大村知事側かと思っちゃうよねえ。
    内閣の中でやる仕事ってこいつの仕事って議員の立場で偉そうに内部情報を出させているだけの、スパイ行為しか仕事としてないのでは?

    日本は大丈夫かあ?

  5. 仲井 より:

    >https://www.youtube.com/watch?v=AhgkCLWUCUw


    私の尊敬する武田邦彦先生が、日本という国の日本人の気質、本質部分を語っておられる。

    以前にちょっとだけ書いたんだが、
    私の田舎での大型台風による打ち寄せる二十メートル近い大波高波からそっくりと家ごと持っていかれ流される家屋を守る為の海岸線に其れなりの防波堤を作ってほしいと、県庁にお願いに行く折に、私の地域の人らは
    【作ってくれるといってもそれは税金でだからなあ、、良いのかなあ、、、、】と。

    地域住民は何度も何度も台風による被害を受け家が流されていても、この時点でもまだその自分たちの家を守るためにみんなの税金を自分らに直接使うなどちょっと気が引けるという思いを持っていた。
    そこを超えて結局この防波堤は作られその後一帯の沿岸戦には数十キロにわたり完備され今でもそのおかげでそれ以降いっさい台風による家屋の海への流失という被害は皆無になった。

    また大阪での、
    橋下府政まで地域への補助金ばらまきについても、大阪では消防団に対してもいくばくかの補助金を地域団ごとに地域ごとに役所から結構な金額が団長に対して出されてきた。
    この内容でも私の田舎では確かに消防服だとか防具だとか放水機だとかのそういう実際に使う装備類には補助金として装備整えにそういう消防団には用意してくれて消火活動に必要な使う物品での現物支給はあったが、出されていたが、その大阪で渡されていたようなそういう小遣いに近い、装備以外の、まるで慰労金まがいの嫌な匂いのするお金などは、私の田舎では一切出て居なかった。

    田舎では、
    当時地域の青年団が主体で組まれていた消防団などは、実費の装備の貸与だけであって、金銭での食事代だとか慰労の飲み会などの金銭などはすべて青年団個人個人の自腹であった。
    ★そもそも自分の家を、地域の家を、火災から守るのに、なんで役所がお金を出さないといけないのかという感覚で成り立っており、まあそういう田舎が私の生まれた地域であった。

    少なくとも私が高校を出るまでの田舎生活の折までは、そうなっていた。
    だから台風による被害を受けるので税金で防波堤をなどという要請にしても、作ってくれだとかのどうのこうのというこういう内容にはちょっとそこまで税金は申し訳ないだろうというのが大筋の皆の意見であったし、田舎の私の住んでいた地域では消防団にしても、一切そういう余分な飲み食いだとかのお金まで役所に面倒をかけるなどということは断ると、要求どころかそもそも役所にそこまでしてもらうなどということなど範疇に一切ないものであった。
    これがやっぱりこの上記している武田先生がここで語っておられる、日本の、日本国民の実質の気概というか、本質の気質というかそこは日本人の、人間としてして貰う筋合いのものではないというこの確固たる意識を、日本人は代々家庭でも地域でも皆育まれて子供時代からすでに日本人は備わって育ってきていた。

    だから私は大阪で地域の役員らがこの役所から補助金を受けて、しかも、それもまだ少ないからと文句まで出して言うこのことに我慢ならなかった。
    そのうえ未だ悪辣に狙って奪おうという思いで、実際の費用にもないものまでごまかして騙してまでも余分にそれを騙し取ろうとまでやるその朝鮮民族役員らの、この想像を絶する奴らの行いに、意識に、唖然としたのが、こういう状況の役所は変えないとだめだと、そういう思いでここまでやってきている。
    役所も議員らもこれを許容し出来るだけ文句を言わないように毎年のように増額増額で不正極まりない内容を続けてきていた。
    ドロボーといっていい内容。

    ここがこういう気持ちが現状の地域商店街地域町会、地域自治会、地域連合会などの、こういう組織団体の役員らがそもそも日本人の手から奪い取った土地財産の地域で、この朝鮮民族役員らが寄ってたかってまだ「金をくれ」と、役所に要求するこの意識感覚は、日本人とすれば我々日本にはそもそもなかった状況、こういう者には物を言って、
    【いい加減にしろ!】と、
    断罪してやめさせねばと思ってまあやってきた。

トップへ戻る