橋下氏問責決議案、公明反対で否決の公算

公明との衝突が避けられて、ホッとしました。
一時は、今後どうなる事かと思いましたよ

市長選、こっちも戦えないが、向こうも戦えまいと…
さすがは、松井幹事長、お見事でした!

(引用)
橋下氏問責決議案、公明反対で否決の公算
日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長がいわゆる従軍慰安婦問題をめぐる一連の発言で市政を混乱させたとして、市議会の自民、民主系、共産の野党3会派は30日、市議会に橋下氏の問責決議案を提出する。

だが、決議案は大阪維新の会に加え、公明が反対に回ることで否決される公算だ。

維新の会の松井幹事長は同日午前、問責が可決された場合、参院選との同日選を念頭に出直し市長選が行われる可能性に言及したが、同日午後、問責が否決された場合の対応について、大阪府庁で記者団に「不信任ではないので、出直す必要はない」と述べた。

橋下氏は自らの発言で国内外から反発を受け、6月に予定していた米国視察を断念した。野党3会派は29日、「市長としての職責を全うしているとは言い難い」などとする問責決議案を共同提案することで合意。公明からも賛成方針を取り付け、可決する見通しとなっていた。(読売新聞 5/30)

トップへ戻る