松井知事「予定より1年早く起債許可団体から脱却する見込みになりました」定例会見 2018.9.19

起債許可団体:地方債を発行するにあたり、国や都道府県の許可が必要となる団体

「起債許可団体」に該当するか否かの基準のひとつとして、実質公債費比率が18%以上というものがある。
簡単に言えば、地方債(借金)の比率が多い自治体は、このままでは危険なので、国や都道府県が監視して早期是正措置を求められる。

「内容」
(公務関連)
・台風関連について
・財政健全化法に基づく健全化判断比率について
・秋の全国交通安全運動の実施について
・ノー残業デー、ワーク・ライフ・バランス推進月間について
・「水都大阪フェス2018」の開催について
水都大阪フェス2018
・質疑応答

(政務関連)
・質疑応答(自民党総裁選、沖縄知事選など)

(4:25タイトルのシーンから再生します。スマホの場合、初めからになる場合があります)


<<下に続く>>


(会見文字起こし:一部有料)
大阪・松井知事が定例会見(全文1)夢洲が脆弱だと表立ったわけではない | THE PAGE 大阪
大阪・松井知事が定例会見(全文2完)沖縄外遊「政治家として当然の行動」 | THE PAGE 大阪

大阪府、起債許可団体から脱却へ: 日本経済新聞

(橋下徹氏twilogより引用) 政と官 細る人財(3) 滞る国会改革、すり減る現場  :日本経済新聞 大阪都構想に反対する素人...

(23:11:自民党総裁選)
松井知事
「朝日新聞、頑張って何とか安倍さんの票減らそうとキャンペーンみたいのやってるけど(笑)
もう、どうみてもアレやろ」(笑)

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る