【新型コロナ】吉村知事緊急生出演「注目、独自の”大阪式”とは!そして、コロナの弱点は?」

3/19 在阪局 全国ネットのワイドショー

吉村洋文大阪府知事が生出演!

番組内でも「兵庫は危険な状況と聞いている

吉村知事出演部分の動画の様です

(※動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…iPhoneでは再生にdailymotionアプリが必要な場合があります)

<<下に続く>>


「3連休 大阪府~兵庫県の往来自粛を」大阪府知事 呼びかけ | NHKニュース
>(吉村知事)「特に兵庫県は1人の感染者が2次感染者を生み出す平均値が1を超えている。爆発的な感染がいつ起きてもおかしくない大阪は1を超えていないが、感染者が増えていて警戒しないといけない状況だ。

大阪知事「事態を重く受け止めた」、兵庫知事「大阪はいつも大げさ」…往来自粛 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

兵庫の方が事態は深刻なのに・・・



(出典:https://twitter.com/hiroyoshimura/status/1240631349846761472)

【新型コロナ対策】生出演「吉村知事に聞く 大阪の取り組み」(医療崩壊を防ぐため大阪が始めた”入院フォローアップセンター”を紹介)

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に(市・2020年4月より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    まともに政治行政をやろうとする者には、世間から、何をやるにもすべてが完璧を求められる。真剣であればあるほどにやつら朝鮮民族にすれば我慢ならんのです。
    国民の目をかすめて裏で采配で朝鮮民族同士で分け前のようにおこぼれがいただけていた時代に戻したいの一心なんです。
    まじめな首長が出てくれば来るほどつぶして何とかアコギな民族の支配下に自治体の税金を置いておいて自分らに横流しできる状況を一日も早く復活させて作りたいのです。

    朝日新聞記者が、
    「俺様は朝日新聞社の記者だぞ!」とうそぶいたり、
    読売新聞記者が、
    「維新などつぶしたるからな!」と街頭で叫んできたぐらい。

    あの渡辺恒雄が戦後一時期共産党員で活動し、日本の政治破壊をもくろむ党員だったことをつい先日しゃべっていた。
    その朝鮮民族で構成されて日本国内での殺害も普通に行っていた共産党という朝鮮民族団体組織の者とも普通に懇意にし、戦後の日本の政治家では、渡辺恒雄が付き合う相手はすべてが日本の朝鮮民族議員で、すべてが朝鮮民族議員と常に懇意にしてつながり、共産党の違法移民の朝鮮民族で作る連中とは懇意にし、それらの側近にまで存在し、その連中と記者時代よくしゃべって交流し、日本の中で日本を食い物にしていく野望の朝鮮民族議員と常に一体で動いていたと自分で語っている。
    のちにはあの日本国内での北朝鮮はもちろん中国および朝鮮民族工作員であった野中広務とも懇意にし、日本に存在している朝鮮民族のまあいわばの脅し工作の頭目でもあるこんな連中とつながる異常な日本の新聞テレビ。
    日本で一番多くの購読数を持つ読売のトップが実は日本の政権へのとてつもない恨みと執着を持つ人物だったとは。
    まあ民族で行けば当然それはあるだろう。
    朝日新聞よりもある意味もっと悪質である。
    日本のためになどと表で見せている顔はすべては金の欲の為である。

    元NHKの社員だった現在N国党党首の立花さんが渡辺を指して「屑だ」と言わしめる意味はここにある。
    もう、過去何十年と、置き去りにされ放置されそのまま国民にだけ負担を浴びせ続けて着ていた大阪の過去の首長政治家、それに食いつく朝鮮民族公務員ら、過去のろくでなし首長の下、国民には何も知らされず気づかれないように巧妙に手管を重ね、ただ見えていなだけで実は中で卑劣な集団組織が国民や府民市民から集まったその資金を潤沢に放漫に使えるように牛耳り、投票した有権者だけがそれを被る、被害だけを受け続けてきていて、それにマスコミメディアまでがそのおこぼれで卑劣にも食っていたとんでもない朝鮮半島出身者らのこの実態、誰もが45年間ほどもの間、ただ奴らに乗っ取られたままの行政が実は大阪の行・政治の中身の実態であった。

    あの拉致のテロ行為を日本で行ったその司令塔のような、日本で日本から生まれる資金、および日本を最終乗っ取ろうと金日成が日本に送り込んだあの日本で最後は旭日大勲章まで受けた輩政治家までもがこの近畿圏大手を振って歩き、のさばり、各種政治家行政職員および法曹界の法律の分野にまでかかわる状況の意味を作ってきた人物まで、こんな工作員を日本に普通に在住させ日本で普通に国会議員にまでさせていた現実。
    こんな国はおそらく世界中どこにもないだろう。
    日本の権力の中枢にいてた人物が、一般人の我々のようなものにまで殺害予告を出してくる、こんな国は地球上では中国・朝鮮ぐらいだろう。

    そしてこれらが時の政権まで牛耳って日本の中でとんでもないことを延々この間脅しと陥れとだましのでっち上げだけで正解をのさばり歩き、マスコミの読売新聞渡辺恒雄とは毎月あっていたというこの状況を日本は日本民族の日本人はよく大きく目を見開いて見届けるべきである。こいつらがどこまで日本の暗部でのさばり動き回っていたかをs電後の決算として見届けるべき時代に入ったと思う。

    ;これでいいのか、許せるのか日本人は、
    ;このままで本当に日本人はいいのか、
    ;日本民族はこんなことが起きていても黙ってみているだけなのか、
    ;この間こいつは死んだが、この残党はそのまま国会でその意志の命令のもと、個々の薄汚い欲も重なっての、こいつらの動きというものを日本国民は知らなさすぎる。
    ;執拗に生き延び、大阪の議員は10年ほど前まではただのこの日本から奪えるだけ奪い最後は破壊させる工作、この工作員の手玉として議員バッジをつけてそのこぼれを常に口を開けて飲み込んできた連中。
    大都市大阪を舞台に、どれだけの資金が日本人のために使われずに工作員のこれら密入国してきた朝鮮民族の輩、違法移民の連中に吸い取られたのか、
    どれだけの資金が国民に使われずにこんな違法移民の連中に奪われ続けてきていたのか、この実態はどこから見ても異様で異常な大阪という街であった。

    表に出て通りを歩いても、繁華街を歩いても、商店街を歩いても、どこから見ても違法移民朝鮮民族が経営している店舗ばかりが存在する異様さ。

    私は最近子供たちや同窓生には、大阪は現状どでかい規模の「コリアタウン」だと。
    日本列島見渡してもこれだけでかいコリアタウンは存在していない、大阪がまさにそのコリアタウンそのものだ。、
    日本中で存在するコリアタウンと呼ばれる地域でも、一番面積の大きい、とりわけとびぬけて規模のでかいコリアタウンだと、まさしく違法移民が身柄を拘束されることもなく強制送還されるわけでもなくどんな罪を犯そうが日本から国外追放にもならずにただ日本で住み続けられるし何の拘束も、国からも自治体からも公安からも警察からも裁判所からも、入国管理、これら当局から縛られることもない。
    こんなほうもない緩い街だと私は周りに普通に言っている。

    日々ひたすら多くの問題と向き合い、何十人何百人分の仕事を一人でこなし決定をし、これをされている知事に対して、我々国民はもっと普通に見つめていくべきである。
    どれだけの事をこなしてきているかを。
    物事全てが完璧などありえないところに持ってきて大阪の行政に対してまあ卑劣な陥れの言い回しが報道ベースで流され続ける。

    一つの例を挙げれば今回の兵庫大阪間の人の往来を三日間だけとりあえず自粛してくださいと要請したこの件で、兵庫県知事の井戸がまあ大阪の過去の45年間続いていたそのろくでもない姿そのままを晒し政治行政を預かる者の文言がこれかと、もう意識に常にそこには朝鮮民族特有の自分以外を常に陥れる含みを持たせる言い回し、卑しすぎる言い回しが入っての記者会見を出す。

    こいつはここまでこのコロナウイルスにしても韓国でのマーズ発生時の2017年にも、県会議員が十数人刑事告訴される政治資金規正法違反事件のその当時も、自分の選挙の折の最大の支えている政治集団、こいつは井戸兵庫県知事はその間テレビの報道に一切出ることなくすべてが末端の県の職員に記者会見させて終わらせた。
    自分を選挙で支えた県会議員のうち何十年と県会議員をやってきている連中十数名が逮捕される可能性がある不正事件が起きていながら、その自治体の県知事というトップが一切記者会見でこのことで県民に謝罪のあいさつはしていない。

    私は当時テレビのニュースを見ていたが井戸知事はこの件で一切カメラの前でのコメントを国民向けて出していない。
    これが大阪であれば即断で自らで松井さんも吉村さんもカメラの前に出てきてコメントを出す。
    こんな井戸のような何にもしない自治体のトップが長年存在するから北朝鮮拉致事件についても公務員そのものが北朝鮮の手足で動く日本の税金をどうやったら違法移民の同法の朝鮮民族に流せるかしか考えていない連中が存在してしまう。
    まあ自分も同じ内容であるタイミングで逃げられない脅しを多分かけられて今があるのだろうが兵庫県民よ、日本民族の自治体にしろよ!

    大阪も兵庫も違法移民の朝鮮民族はもう想像以上にわんさか存在し、数えきれないほどに多い実態がある状況で、しかもこのウイルスは朝鮮民族の遺伝子を持つものにしか感染しないという事を踏まえれば大阪の吉村知事松井市長がとった処置は当然である。

    国民、特に日本民族の日本人の命をこいつら食い物にしてきた過去があり、このまま日本民族などどうなってもいいと兵庫県という自治体は多分思っているのだろう。
    「拉致した国はどこの国かわかりません」と普通に答える公務員が存在しているのが兵庫県内の公務員の実態。
    どこの国の自治体なのか疑うほどに、こんな公務員かどこから裏で朝鮮民族のコネで採用され公務員になっているのか、なぜこうなっているのか、なぜ朝鮮民族の公務員ばかりにまでなってしまっているのか、私は本当に考えられないしどこかの時期に、それが戦後魔なしなのかそれとも金丸信が日本の政治を動かすころからなのか、この内部での朝鮮民族の人事権を持つ者及び内部での職員採用時に朝鮮民族支配の子稲でしか採用しないという不文律のようなものが、兵庫独特の不法規律が出来上がってしまっているのだろうが。
    とにかく一度訪問しても電話をしても、もう完全に日本の役所とは言えない返答があちらこちらで聞かれる状況。

    日々起きる難題を前にして、真剣に日々寝ずに頑張っておられるこの大阪の市長知事のこの賢明での懸命さの姿勢に、大阪の日本民族の国民市民府民は支持しているし、即断で結論を求めてもこんなウイルスのようなものはもう少しゆとりをもって見ているべきだ。
    これが、もしも大阪の知事か、市長が、この兵庫の井戸のような男がもしも大阪の知事ったらもうそれを考えただけでも地獄を見るよりも明らかでぞっとする。

    ★5日ほど前に突然にパソコンがパンクしてしまい、もう頭が点に、その日のうちに注文したがまだ今日の時点でも量販店から連絡がない。これもコロナのせいなのかねえ。

    吉村さん、
    違法移民のテレビ新聞待ちの朝鮮民族街人や、日本で国の破壊と金銭を奪うだけのために存在している輩政治家らの言うことなどの、その全くの逆をやればいい。

    ★【違法・不法移民など、口出しするな!】と吐けばいい
    石原慎太郎のように、

    ★体だけは本当に気を付けてください。
    国会でも足立康史議員、タブーに切り込んで命がけで頑張っています。

    日本の未来をこれから支えていく人たちには日々気をつけてお仕事に支障が出てこないように本当に毎日気を付けてください。
    どこから狙ってくるかもわからない連中です。
    私のようなものにまで、「殺すぞ」と、当該国の名前まで出して、殺害実行のその国の担当部署名まで添えて送ってやって来る連中ですから、吉村さんも松井さんも足立議員も、周り周辺には常に目をおろそかにせずに気をつけてください。

  2. 仲井 より:

    アフリカ系黒人にはまだ感染者が出たとは報道で出てきていない。

    アメリカでは面白い現象が出てきていて何かの公的機関の玄関での体温や体調チェックをして入館を許可するかどうかのチェックをしている人物、これらをやっている保衛をしているガードマンらが、なぜかマスクもしていない黒人がその実務に当たっているようだ。

    いかに黒人の人たちに感染しないかのその判断の分岐にもなる現象が見て取れる。

    朝鮮民族人身売買の仲介人の連中が、自分らよりも世界中が認めて認識している黒人はすべてこの民族は奴隷だったと、この部分を知っていて奴隷に女性を打っても金にはならないと、できるだけ値段を高く売りつけたいというこの内容がその後も朝鮮では続いてきており、黒人には近づくな、黒人奴隷になどには売っても金になどならないと、黒人とはそばに寄るなという完全拒否の慣習があり、今でもそれは歴史をつないでおり、韓国の芸能界で黒人のスターや有名な芸能人は皆無だしそもそもすべて拒否状態が今でも続いている。

    このことが結果今回のコロナウイルスがなぜか黒人にだけは感染していないその証にもつながる。
    日本の中では繁華街などで黒人と付き合う朝鮮民族女性が存在しているが、これは自分が朝鮮民族だとは親からも知らされていなくて、まだそれに気づいていないと思える。
    だから日本の中ではいろいろと朝鮮民族女性と結ばれ付き合っている者も結構いてるようだ。
    だが朝鮮半島の本国では、まず絶対にありえない状態。

    ここまで世界中で拡大してきている状態を見ていると、朝鮮民族の遺伝子がいかに地球上で女性の売買が行われていたかをよく表している。

    ただちょっと面白い説も考えられる。
    朝鮮民族の女系の血を直系でつないだ子孫の女性、
    朝鮮民族の男系の血を直系でつないだ子孫の男性、
    この者らにおいての遺伝子の違いの内容、ここにもしかすると誤差が出てくるのかも。

    つまり、
    今の日本の天皇家の家系図での例題で、ここをすべて朝鮮民族遺伝子での一家だと仮に設定してみれば、これを説明すれば、これで見ればその系図で行けば、
    ;現在の天皇陛下の子供さんの愛子様、
    ;現在の秋篠宮殿下の子供さんのあの男の親王、

    この場合の、
    ;愛子様が天皇家とは全く血のつながらない一般の違う男性と結婚された場合にできた子供さんの場合と、
    ;秋篠宮殿下の子供さんであるあの男の子の親王殿下が、一般のだれか女性と結婚して男の子供さんができた場合の、この二つのその子供さんにおけるこのウイルス感染可能遺伝子という部分での関連で測れば、

    ★男系での直系でできた子供の男性においては、これは朝鮮民族遺伝子がそのまま伝わって直流でこのウイルスが感染し、
    (朝鮮民族直結遺伝子が引き継がれるので)

    ★女系でつないだ場合の、
    天皇家とは全く血が無関係の、朝鮮民族とは全く違う男性と女性殿下が結婚してできた子供の場合では、
    朝鮮民族にこのウイルスが寄生可能な、己自身も、誰かに感染においても、これが可能な十分な内容を保持した遺伝子の割合に誤差ができて、もしかすると直系男子への感染と女系から生まれた子供とでは、このウイルスへの感染度合いの強弱が少し違うのかも。
    でもまあどちらも一応は朝鮮民族遺伝子はどちらもつないできているので、そこは感染が可能性は残しているといっていいとは言えるんだが。
    直系男子でつながった場合には、できた子供はこの遺伝子を濃く持つ事になり、感染した李がそのまま発生しているのでは?

    これを考えたのは、
    終戦直後朝鮮から渡ってきた男性の朝鮮人は日本の中でどこに住むのかを考えたとき、男性であれば一家の屋台骨になるので金が稼げる地域を当然狙うことになる。
    女性はどこにでも嫁いで日本の男性にくっつけば食っていけるが男性はそうはいかない。
    だから日本で食える場所へと連中は日本中で選んで住み着こうとした。
    男性が選んでいなかったのが当然東北だとか四国だとか参院の雪国の貧しかった地域。
    入国した海岸は確かに都会ではなかっただろうがそこから入国後速やかに都会へと彼らは住み着いて生きようとした。
    まあ当然といえば当然だが。
    そこで島根や鳥取や岡山や香川徳島愛媛や三重和歌山山形秋田岩手などは奴らはここでは生活ができないと、当然避けて住もうと考えたことだろう。

    これが女性であれば日本の男性が住んでいるところへとくっついて行くのでどこにでも日本中に散らばったがこの男性の場合には選ぶ地域は当然できるだけ稼げそうな年を狙ア地域には今回のコロナウイルスの患者の発生確率が高くなっているのでは?

    つまり朝鮮から日本に入ってきた朝鮮民族男性は都会の都市中心に住み着いたのだろう。結果女性は地方にも行ったりしたが男性の彼ら朝鮮人は都会でしのぎを作って生き延びていた。
    大阪北区で売春宿を経営しのちに懲役18年の刑で刑務所に収監された男がいてたが、こいつは単身で福岡姪浜に上陸して密入国で日本に着て、そこから何日もかかって大阪までたどり着き、持って生まれた暴力沙汰で切りあいをして大阪の或る駅近く周辺の土地と縄張りを大阪北区の地域で確保し、日本人からそこを奪ってそこで女11人を囲って売春宿をやっていた。当時月に300万ほど稼げるといっていたが当時の大手企業の初任給がまだようやく1万円台のころに。
    昭和30年代後半。

    彼ら男系でつないだ連中らはこれはたぶん感染する度合いが遺伝子が濃くて高いと思える。女系でつないだものは、直系ではないので遺伝子が薄く感染力が弱いのかも。

    ここで考えると二飛音の天皇家がなぜここまでちゅおっ系でつながって着て保てているのかを見ればいくら途中で朝鮮民族女性とたとえ結婚したことがあったとしても結果日本民族の直系の血の遺伝子が強くて、これだけ長い二千年もの期間途絶えずに天皇家は滅びずに続いてきたのでは?

    日本民族の血の遺伝子のおかげで実は歴史上あれだけ日本で疫病というものが発生したにもかかわらず絶えることなく直系での家計がつながれた最大の理由では?

    これが朝鮮民族の男系だけでの天皇家であったなら、だったらおそらくもうとっくに日本での天皇家の血は常に途絶えた血に系属になっていたのではと思える。
    こんな解析も可能になりこの遺伝子については面白くなってくる。

    IPS細胞が研究が進めば、もしかすると朝鮮民族からラクダの子供が生まれるかもね。

  3. 仲井 より:

    読売新聞主筆の渡辺恒雄は、今回あれだけNHKが独占インタビューという形で番組を作ってるのに、この人物はその中でまあありえないような内容を発言で語った。
    ありえないというのは、実は日本民族の中ではまず考えられないんだが、だがナベツネはそのことをありえないことが起きているのを、自分の目の前で起きていて、それを自分は見たとまで証言した。

    私はまだ子供だったが自分の家で、当時終戦になって戦地から帰還して私の実家でその帰還してきたすべての兵隊のおじさんらや都会で戦地の旦那を待っていたその家族ともども、子供たちも含む家族ごと、親族の者も含めて、大勢で同じ実家の私のうちで一同住んでいた時期がある。まあ運よく皆が戦地から無事帰還し戦地での戦死したものは運よく一人も出さずに私の実家に総勢で皆帰ってきてくれた。

    当時みな面白いおじさんらばかりで戦地での話はもう毎日のように効いていた。
    涙が出るような同僚兵士が道で倒れてそのままマラリアで死んで言ったとかいろいろなことを皆からそのままそっちはどうだった打とかでそれぞれの戦地の状況を皆が経験したことをしゃべりあっていたし、普通に皆厳しい内容も語り合ったりしていた。

    ただ言えることは、
    同じ部隊での同じ下士官クラスでの兵同士での激しい喧嘩だとか、上官から意味の分からん暴行だとか、しごきだとか、卑劣ないじめでの虐待的暴行などは、十数人私の家で帰還してきていた兵隊さんになったおじさんらがいてたが誰一人そんなことなど見たという話など一切聞いた事もなければ、彼らが常に言っていたのはとにかく同僚の兵士同士や上官と部下の関係は実は非常にやさしく非常に面倒みが良かったといううことは何度もみなから聞いていた。

    ついこの間渡辺恒雄が独占インタビューで語っていたような内容などは、帰還した兵から聞いた事がなかった。
    私のおじさんらに言わせたら、ただでさえ体も小さい非力な日本人で、相手はどでかい体力を持った敵ばかりで、できるだけ体力と身体y的疲労をさせないように常に彼らの体の活動状況を見守っていたといっていて、間違っても部下を徹底してしごいて痛めつけたり詰って虐待したりのそういう行為など日本減の中で行われたなど全くの嘘だと当時も私は聞いてもいた。
    ラジオで日本の軍部は軍の中で動機や部下を痛めつけるだけ痛めつけていたとそれが軍隊なんだというそういう情報を日本はそんな兵隊の組織だったと伝えられることに非常に怒っていたしそんなことあるはずもないって言っていた。

    同僚は貴重な戦力であり、ただでさえ体を正常に保ってやらないと戦力にならないし、同僚の力量、力や体力が落ちることを一番気にかけそこを一番心配し見守っていたと言っていた。戦争だから最前線での場合にはそこは最後は体力と精神力が必要で底だけであり自分の塀の兵隊を拷問などありえないと言っていた。

    だが戦後の日本でのドラマや映画や戦争ドラマでも小説でも、どれを見てもまさしく拷問をするのが軍隊だったという状況に常に描写され映像でこれでもかこれでもかと兵同士での殴り合いや整列させての暴行が横行してたかに作っている。

    皆が皆、日本の軍隊の兵隊はこういうもんだったと言っては、映画では常に上官が部下を痛めつけ殴られ暴行を受けひどいシーンが常にそういう設定で物語が出来上がっている。
    私のおじさんらに言わせたら”ありえな”と言っていた。
    部隊が常に同じ行動をするのでそんなことをやっていたらもう部隊の部隊・師団全体の戦力を最大限に保てずに統率など取れるはずもなく第一軍として一致団結しての行動、機能などしないと、上官でこの間ネットで調べてみたらまさかだが名前が出ていたおじさんなどは、そんなものが存在などできないのが軍隊だとそういっていた。
    それこそ国賊で自分らの兵を一人でも、やる気を失わせることなく相手、眼前の敵に向かって進軍して、戦うべき戦力を常に考えて皆が一体の気持ちで動事が大事でわざわざ痛めつけて戦力を奪うほどそんな上官など存在しなかったと言っていた。、

    私は思うが、そういうことが起きたというならそれはまさしく戦後のかなりたってからの、それはたぶん戦後の昭和の40年代以降の自衛隊での内容では?と思ったりしていて、戦時中の戦地に出向いている日本軍の中で当時の大東亜戦争時同じ部隊の者同士での殴り合いだとか虐待など絶対になかったし、そんなことが起きれば即戦力がそれで弱体化してしまうことを日本の上官らはよく判っていて認識し、間違っても部下をやみくもに殴ったりなどありえないって、おじさんらは皆が皆語っていたんだが、この間のナベツネは、日本軍の中ではこんなことが起きていたと、こう語っていた。

    彼が日本軍の現地で実際に自分の目で見たと言っていた内容は、

    渡辺恒雄が戦時中日本軍兵士として徴兵を受けて戦地に行き、その戦地において行われていた内容だという言いだしで、

    日本軍の部隊の中で、その中の一人の兵を皆でつるし上げて、結果何本もの両端を切った丸太棒を何段にも集めて重ねたその材木の重ねたうえで、誰か上官の命令でその兵士はそこに正座をさせられ座らされて、その一人の兵士をそこに正座させて、その兵士を別の兵士がこん棒で殴り倒して拷問をやっていたと、それを渡辺恒雄は現地の戦場の自分が所属している或る部隊に所属している間に、実際に自分は見たと、自分は実際に見たと奴はNHKのインタビューに答えて語った。

    ざっくり言うと、
    渡辺恒雄は日本軍の一人の兵士としてどこか知らんが戦地の或る一つの部隊に所属し、そこ、軍の中で、とんでもないことが起きていたと彼は語った。
    一人の同じ釜の飯を食い同じように敵と戦う仲間のはずの同僚の兵士を、日本軍の兵士を同じ日本軍の同僚の兵士らが彼を血祭りにあげてそんなまさに処刑場のような枕木の積んだうえで正座をさせられ拷問を受けていたと、日本の軍部というのはこういうものだったと、戦争というのはこういう事なんだよ、俺はこの目で見たんだよと語った。

    ★もう大嘘もいいところ。

    嘘も嘘も大嘘。
    どこのなんという部隊で上官及び部隊長はだれで、どこの戦地で起きていたのかを答えてほしいぐらいだね。
    こんなことあり得ない。
    嘘も嘘、大ウソつきである。
    日本の今の人たちは映画などでいつも見せられているあの軍隊の中での拷問など実査愛は全くの大嘘、のちに朝鮮民族がでっち上げて作ったとんでもない内容。
    日本の軍隊の中であんなことはまず当時起きてもいない。
    もしも仮に起きていたとすればそれは戦後になってから朝鮮民族が日本の国籍に入れ替わって日本の自衛隊内に入りそこでを奴らは祖rをやった可能性はあるが日本人兵士は基本仲間の兵士に拷問など絶対にしない。
    朝鮮民族はこれを平気でやるが。
    だから韓国の軍内での自殺とされる者が非常に多いし日本でも日本の自衛隊内で起きているいじめ虐待行為は朝鮮民族の家系から日本で自衛隊に入隊した者の仕業だ。
    日本人の中でそういうことは第一考えもしない。
    現状起きている学校でのいじめのすべて朝鮮民族の子供が加害行為でやっている。あれと同じで日本人はそんなことに手を出さない。
    日本の軍隊で当時いくら戦争中だったからと言ってこんな同じ舞台の同じ兵士を同僚や情感がこんな状態でリンチなどするはずもないししかももこのリンチにしているこの形そのものが異常である。
    日本軍は、いや日本民族は是tyタイにこんなリンチの仕方などやらないしそもそも日本人は同じ舞台は一致団結してなんぼという時代、戦争中で一人でも多くの塀が欲しいぐらいな時に味方の兵隊をまるで拷問で殺しかねないようなことなどまずやらない。

    この形、このやり方、この拷問をやるこの枕木の上でリンチを加えるというこの形式、この設定、これは日本民族には絶対にない内容。

    ★皆さんテレビで韓流ドラマの李氏朝鮮時代を見ていませんか?

    見ている人ならよくわかると思うがこの渡辺恒雄が自分の目で実際に日本の軍の現地で戦地で見たと言ってるこの形とそっくりの演出の場面を、これを韓国ドラマでもう何度も見られた事でしょう。
    これと同じシーンが、この拷問の仕方は特に異常でどこの国もこんな拷問の仕方などやりません、地球上広くても朝鮮半島と中国しかこんなことはやりません。
    韓国の時代劇の中ではいつもどのドラマでもこのシーンの同じ枕木の上で正座させられ拷問を受けてますよね。
    何度も出てきませんか?
    この枕木の上で正座させられた人物が、こん棒で殴られたり鞭でひっぱたかれたり、材木を足に挟ませて拷問するそのシーンを何度も見せられている事でしょう。

    つまりこれは日本で起きていることではなくて朝鮮半島で起きていた現実なんです。

    朝鮮民族と常に息を吸うほどに嘘を着くと言いしかも自分らがやっていた残虐行為もすべて日本図んがやっていただとかとにかく自分ら朝鮮民族が自分らでやっていたことは日本軍がやっていた日本政府がやっていたとこいつら常に日本がやっていたと歴史を作り勝てでっち上げて嘘を並べとおすがまあ日本の一番購読数の多い新聞社のトップがこんな大嘘をまあ平気で日本中にNHKでそれも死ぬのが近いと思って息を使ってわざわざ番組まで作って構成したのの¥にまあここまでそこに嘘を入れてバレないとでも思ってるのかねえ。

    いかに日本というすごい国を自分の身元素性からくる恨みと妬み、日本という国のためになどみじんも考えたことがない日本から生まれる資金はとにかくつかめるだけつかむと、しかも最終目的は日本国家を社会主義国家へと、国ごと日本民族ごと陥れ破壊させる目的がそこにうかがえる。

    とんでもない輩だ。

    こんなところにまんまと日本の国有地をまんまとだまし取られたよなもんだ。
    国民は怒りを表すべきである。
    国賊に対して。
    間違っても日本国家から勲章など絶対に渡してはまかりならん危険極まりない人物生き物である。

  4. 仲井 より:

    私欲を追求する者が、健全な人間社会、国家を、ことごとく卑しくさせ破壊する。

    日本の中で権力を持ったと錯覚し勘違いするこういう輩が日本に今でも報道のトップとして存在していることに、われわれ日本人はよく目を見開いて見つめるべきである。
    今後こういうう輩が日本という国で一体どういうことをやろうと狙っているのか、
    ここらをよく見つめて、どういう連中と実はつながっていて、表で見せる顔とは全く違う顔を実は裏では持ち備えていることを国民一人一人が認識すべきである。

    私は今回のNHKの独占インタビューを見てまあ普通に驚愕した。
    日本の中でこういうことをしゃべってももう自分らが支配してるんだから日本国民など怖くもなんとお無いという傲慢さが朝鮮流らしい本文でそのままストレートに奴はしゃべった。
    マイクを突き付けて聞いているNHK自体もこれも朝鮮民族であり、日本という国がもうこういう連中が好き放題何をやっても国民など誰も自分らには抵抗できないと思い込んでるのだろう。
    その片鱗が伺える(日本の公的機関がすでにこいつらの支配が浸透している片鱗が伺えることがその後起きた)ことが、実は私がこの放送を見てから、全国の多くの県警本部の公安・外事・刑事課、これらにかかわる部署の担当に、電話でだが、直接問い合わせて
    「こういうことを読売のトップがしゃべっている」と、
    「まだ見ていないなら近日中に再放送があるから見てみたらいい」と、そう伝え、そこから今度は新聞社・週刊誌にもこのことを伝えてみた。

    面白いことが起きた。
    全国の県警本部の、いわゆる本部のほうの特に公安・外事に連絡して担当としゃべったら、皆が皆【これには触りません」(=「触れません」がたぶん当たってるのだろうが口をそろえて公安は触りませんと答えてきた)と答えてきた。これ事実です。

    内容が適切ではないから触らないという返事ではなくて、新聞社の、それも渡辺恒雄の件は公安は触らないというほうが当たっているニュアンス満々でしたねえ。
    私も、相当突き進んで内容について進言したが、そもそもこういうものは触らない、と言いました。じゃあ公安や外事っていったい何の仕事を日ごろやってるのかと。
    これは全国の多くの県警本部の同じ課の連中がそろって同じ返答をしてきた。

    仕方なく全国の中で一番信用している所轄署の刑事課に、全国の数か所にも問い合わせて「県警本部ではこう言って回答してきたが君らはどう思う?」って聞いたら、
    皆が皆「触らないでしょうねえ」と答えてきた。

    私が、国家公安委員長や官房長官をやった野中広務が政治家時代、そして小泉さんに追い出されてその後も続けて親交があった読売のトップの渡辺恒雄だからか?と問いただして聞いたら、
    【うーん、まあ、、、、ねえ。】と答えてきた。

    その刑事にも聞いてみた。
    【戦時中の日本は日本の軍部ではそれをやっていたと言ってるがそんなことなど絶対にありえないと私は子供時代多くの兵隊の戦地から帰還した人に聞いたがこのことであなたは祖父や父親から日本軍でそういうことをやっていたという話を聞いた事があるか?】と尋ねてみた。
    ★【軍の部隊の中で兵隊同士での暴行事件だとかいじめだとか拷問だとか部隊の軍曹だとか上等兵だとか兵長あたりからの、そういう現場の上官からの、理由もなく部下の兵士がやみくもに毎日毎日殴られるだとか拷問を受けるだとかを、あなたの家族親族などで戦地に行った人がいてたら、そういう話をあなた自身が家族からも直接聞いた事があるか?】と聞いたら、

    その刑事が、
    【私も祖父から戦地でのことを聞いていて、そういう日本の軍の中で、兵隊間で普通に暴行が横行していたなどと、こういうことをテレビやドラマ、映画でいつも言ってやっているが、いかにも日本軍の軍の中でそういうことが普通に起きていたなどという話が出てくるが、間違ってもそういうことは絶対にありえない】と、
    【絶対にありえない】と、
    【そんなことを上官が部下にそんなことするわけがない、大事な戦力の部下にそんなことをやるバカはいない】と、
    【そういってテレビを見て祖父はいつも怒っていましたよ、戦地に行った私の祖父は、いつもそのことでテレビを見てたら腹が立つって、日本の兵隊を何と思ってるのか!】って、
    【いつも目の前でものすごく怒っていましたよ】と言ってきた。

    そうだよなあ、
    ありえない話だよなあ、
    それをいかにも日本の国内では戦争時代の語り部だとか称して嘘を平気で作り上げ戦争中の事だからいかにもそういうことが当然現場ではあっただろうと思わせ、何も知らないテレビを見ている人にこういうでっち上げの嘘を朝鮮民族は日本国民にテレビや映画ドラマでこれでもかこれでもかと浸透させ、全くなかった嘘をそれを事実に作り上げ、渡辺恒雄も今となればもう同期の同じ部隊でにいてたものもいなくなり、そういう者もみな死んでしまって、「お前、それは違う」と反論するものはすべてお亡くなりになっていて、嘘をしゃべってもばれないと思ったのだろう。

    朝鮮民族のここがいかにもいつもの抜けてる愚か者の薄汚さであり、傲慢さであり、すぐにバレることをわからずにこんなことを何百年と続けて嘘をでっちあげて作り上げてきて、陥れる手法を、今の世にもいまだにまだこの日本で通用すると思い込んでる朝鮮民族の、いつもの卑劣でバカの強欲が重なったその歴史を、ここにきてもまだつないできてるのだろう。
    その強欲さにはあきれ果てる。

    同じムジナはやっぱり同じムジナ同士意見も気持ちも通通になれるのだろう。
    渡辺恒雄がなぜ野中広務と懇意なのかの意味が、日本国民はこれを見たらここにきて鮮明によくわかったでしょう。
    あの三宅久之も同じ同類で懇意同士だった。
    多くの県警本部の、本部の公安らは私には答えを一切しなかったが、所轄の刑事らはそこそこ日本人らしい良心と誇りをまだ持ってるようだ。

    ;誇り ????
    ;信念 ????
    ;人格 ????

    渡辺恒雄は、これをもって人生を生きてきたって、こいつはしゃべっている。
    よくぬけぬけと、いい歳をして恥ずかしくないのか!って。
    自分の家族子供ら先祖に対して恥ずかしくないのか!って日本人なら行ってしまうがそもそも朝鮮民族にはそういう家系という戸籍そのものが過去にさかのぼれば奴らには無いんだが。
    戦時に対して申し訳ないなどという気持ちなどこいつら持ったこともないと思う。
    恨みだけでつないだ遺伝子の系図だから、とぎれとぎれでドコモが系図がつながらない連中。
    系図という過去そのものが消えて無い遺伝子の連中。

    嘘で薄汚れた者が、日本で使うこういう貴重な大事な文言を、これをこいつらが、汚れたものが使える文字ではない。

    北朝鮮か南朝鮮で使え!
    ★日本で使える者にはそれなりのその資格がいる。

トップへ戻る