【感染者急増!東京病床逼迫】吉村知事「大阪は重症度によって入院先振り分けシステムを始めている。厚労省も非常に後押し、全国的なモデルになる。政府は早く緊急事態宣言を出すべきだ!」

3/30 全国ネットの情報番組

吉村洋文大阪府知事が生出演!

「政府は早く緊急事態宣言を出すべきだ!」と訴え
感染者急増に対処する為、すでに大阪で始めている「入院先フォローアップセンター」について説明しました

【新型コロナ対策】生出演「吉村知事に聞く 大阪の取り組み」(医療崩壊を防ぐため大阪が始めた”入院フォローアップセンター”を紹介)

【大阪府:新型コロナ緊急対応策】1000病床確保・イベントキャンセル料補填など(吉村知事定例会見 2020.3.25)

吉村大阪府知事「志村さんの死を無駄にしないよう、国民、国家が一致団結を」(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

吉村知事の出演部分の動画です
(※動画が削除されてしまうと思います、ご視聴はお早めに…)


<<下に続く>>


東京、コロナ用の病床逼迫 自治体の体制把握は不十分  :日本経済新聞

記事によると、東京では入院患者223名に対して確保できているのは現状140床・・・
一般病院に協力を求めている状況だそうです・・・

東京は早く「大阪方式」を取り入れて、重症者にベッドを空けるようにしないと大変な事になるかもしれません・・・もちろん近隣県とも連携して

ここ数日、東京で多くの感染者が確認されています この状況について、 先週、吉村知事が暴露した厚労省「非公開文書」を元に、高橋洋一氏が...


吉村知事「都市封鎖はそれをする法律が無い

ここを理解していないメディアがほとんど?
分かっていても、刺激的なワードで注目を集められるので
出来ないのを知りつつ煽ってるのか?

こういう時でも国民を騙してでも自分達の利益なら、こんなもの観る気がしないし反吐が出る
吉村知事が出てたから観たけど・・・

「入院先フォローアップセンター」
厚労省がちゃんと後押ししているようで安心しました

非公開文書を公表し、厚労省のメンツを潰してしまったので、もしやと案じていましたが・・・
杞憂で終わってほっとしています(汗

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 仲井 より:

    緊急事態宣言が出た場合、私はちょっと考えることがある。
    思い起こしてこれが果たして大丈夫なのか、日本民族にとって納得がいく内容なのかという部分で。

    緊急事態宣言、非常事態宣言というのかな?
    まあどっちでもいいが、
    その肝の部分は一体何かと言えば、事業所やあらゆるところにも行政政治が介入可能になり極端に言えば繁華街での店舗での商売も休業をと、こういう内容を自治体のトップが責任において指示指令を出せるところまで可能になり、それにこたえて民間もかなりお店を休むだとかを半強制のようなかなり強い要請ができるようになる。
    より強いメッセージで要請可能になるようだ。

    私が腹が煮えくり返ってそこで危惧するのは、昔の事を思い出すからだ。

    終戦当時、大都会の都心は焼け野原だった。
    日本でそれまで普通に商売をやれていた純朴な日本人の店舗なり土地財産が当時空襲で焼けてまあ言えば東日本のあの参上のようになって姉妹底に日本人がいなくなってる事をいいことに当時日本にいてた朝鮮人だけが住む集落の朝鮮民族部落で住む朝鮮人や、その後日本に行けば好き勝手出来ると思って半島から一斉に密入国してきた連中らが、そうやって不法に日本に入ってきていた朝鮮民族奴隷が愚連隊と化し、奴隷上がりの法律も何もわからんただ暴力だけしか知らない民族が、突然に日本の都心で暴れだし、強奪略奪殺害を繰り返し、暴れだし焼け野原で日本人がしかたなく自分の田舎の実家などに疎開して日本人が都会のそこにいなくなってる間に、日本人のいなくなってる都会の都心の一等地を、こいつら朝鮮民族がすべて奪い取っていった。

    当時日本に存在していた町家・商店街のほとんどは、そこで実は日本人の所有から朝鮮民族にほぼほぼ奪われてしまい、それが今もまだ返却も何もされぬまま強奪されたままの連中所有になっており、その時の強奪して奪い取った時のままの土地権利登記のままである。
    こんな理不尽なことが日本で起きていたことを一切抜きにして今回のコロナの状況でこんな事態になり、やれ行政や国から要請されて休業したから保証をせよと言ってもこれって日本人の皆さんは何ともないんですか?
    日本人の者を奪い取ってその奪い取った者が国の命令で被害に遭遇したから国は補償をせよと要求している状況。

    この奪われたものが普通に日本人の持ち主に返還されたという話は私はここまで戦後70年以上経過していても、そんな話はただの一軒さえも、奪い取った朝鮮人が日本人にあの時は申し訳なかったと言ってすべて元にお返ししますという内容など聞いた事もない。

    当時暴力で盗み取り奪い取っていながらその奪い取った者が被害にあったから保証してくれってこれって日本人の皆さんおかしくないですか?

    簡単な例で行けば、
    自分が家を建てました、気に入って住んでいました、ある日突然に残虐な暴力団が勝手に家に入り込んできて出て行け家族全員が追い出され、強盗yが入ってきて家族は追い出され、結果その気に入っていた家をすべてそいつらに奪わ、そこから土地の登記まで勝手にその強盗の名義にされて、それからそいつらがそこで住み続け、自分らの土地だ、自分らの家だと主張し、法的にも登記もすべてされてしまい、完全に奪われた状態が続いて70年経過したとします。

    このうちが或る日大震災などの天災に遭遇し国が救済と称してこの家の住人及び家を破損したその保証を個の愚連隊の連中に補償をするとなったら、あなたはそれを普通に認めm、明日香?という事。

    これと同じことが今起きているわけで、全国の商店街とされる店舗のうちで果たして正式に日本の日本民族の持ち主だった店舗っていったいどのくらい存在してるのだろう。

    私の田舎などは、店舗はすべて江戸の時代から家系をつないだ日本の民族人が、時代時代でそのタイミングで店舗を開いている場合はあるが終戦当時から眺めても、そこは朝鮮民族に奪われた土地店舗は一切存在しない。

    この都会で起きている他人の土地店舗を奪い取ってそこで自分の者にして代々商売をやりそれで被害が出たから国や行政に補償しろというのは日本民族でこれに納得できる人ってはたしていてるのかねえ。

    襲い掛かって暴力で取られ、その奪われたものが被害にあったから補償をってえ????
    本来であれば、奪ったやつらは逮捕されるのがまずは前提であり、元の地主所有者に戻して返却が前提であり、奪われた人が救済されるべきで、今回のようにこのままで補償が始まると商店街の連中はほぼほぼ人の土地を奪って得たもので、尚且つまだそれに国から税金で補償が貰えてしまうことになる。

    終戦当時の内容を知っている日本人にすればこの状況を許容できる人は一体どのくらい存在してるだろう。

    昔の事だからいいじゃあないかという人はおそらく誰もいないと思うが。
    これだけの残虐行為で当時奪い取っておいて今は全く知らん顔で商店街の良いおじさんぶって商売をやっているその姿を見ていると私はこの朝鮮民族のその中身の空恐ろしい人間では到底考えられないことを平気でできる嘘を平気で事実に変えてしまう、われわれが死んでいってもこのことは代々みな日本人は言い伝え残していくことだ。

    吉村さん松井さんの沖本はよくわかります。

    こういう事実もあります。
    ですから私はマイナンバーカードを国民とされるものにはすべて義務付けをやり遺伝子での民族判別をやってそのもの一人一人の家系図の生い立ちをすべて国はつかんでおくべきだと思います。

    どうやって日本でここまで生き延びてきているのかを、これを家系図できちんとつまびらかにできるものにしか保証はしないと宣言すればいい。

    これはつまりは国家安全保障にもつながる最重要課題にもなります。
    中国がこれだけ日本侵略を徹底してやってきている状況で日本国内の日本人とされている者が一体どういう系図でのどういう生い立ちでここまで家系親族がつながってるのかをこれをきちんとファイルにて管理すべき時代にきている。
    特に朝鮮半島民族は中国の手足となりもうここまで日本中で足場を広げています。
    いつでも工作機関が身を潜め逃げ込める隠れる場所が大学の組織内をはじめ多くの日本中に既に存在しています。

    国家機密機関のようなそんなたいそうな者でなくてもただ単純に戸籍の家系図をすべて正せて確認が取れていついかなる時にでも名簿に載る人物にたどり着けるようにするべきである。
    これは自治体の行政の中でも可能である。
    これらを考えてこの今回のコロナでの事業所等への保障というのは、日本で日本人から土地財産を埋まっていないものを特定してからそれでしか渡さないという条件を付け、それには遺伝子の民族判別からわかる日本でどうやって日本の国籍を手にできているのか等の、国籍の取得のいきさつ等も含めて、支給は当然民族判別で判明した日本民族がまずは最優先で、そして前科前歴の無い在日の者らが経営している店舗および事業所、そしてこのこいつらの身元の家系図の各省が取れるものに限定で保証を行う。

    終戦当時日本人から奪い取っていると或る程度判断できたものらの土地で商売をやってる連中らについては、一切の補償から外し、しかもこの連中には、元の地主に返還させる裁判の手続きを国が中心になって即刻で行う。
    からすべて外す。

  2. 仲井 より:

    今朝の虎ノ門ニュースで面白いデーターが出ていた。
    日本国内での感染者という形で報道されている数のものらの、民族の区分け部分が出ていた。
    日本のテレビは巧妙でいかにもごまかして報道していることがよくわかる。

    テレビは常に画面上で、
    【日本国内での感染者数 =、、、人】という形で報道する

    ★これに日本のテレビを見ている人は、日本人はテレビ局の思惑狙いに乗せられまんまと騙される。

    こういうかq達で報道すると普通にテレビを見ている人は日本の国内で日本人がこれだけ感染したもんだと思い込まされる。
    朝鮮民族が常にやる卑劣な薄汚い思惑と狙いで構成した巧妙な印象操作なのだ。
    テレビ局はそこを狙ってわざとこんな風にやっているのだ。

    事実は全く違っていて日本人の感染者数などでは実は無いのだ。
    日本で感染者が何人と報道すれば普通は日本人が感染したと思い込まされる。
    だが実はこれは錯覚をさせている報道なのだ。
    朝鮮民族の卑劣さがよくわかる事例である。

    日本国内で感染者が出たといってもこの者らがどこの国の民族化は報道しないのだ。
    卑劣なのはすべてを日本人のように見せかけていることがとんでもないのだ。

    実態は、
    日本国内での感染者数は実は日本人が55%割で在日が45%割だという事らしい。

    つまり在日が半分近くを占めているにもかかわらずテレビ局はいかにも日本人が感染しているかに見せかけてだましているのだ。
    だから日本”人”感染者とは報道せずに日本”国内”感染者数という形にして言葉で錯覚をさせて誤解させて日本人が感染しているように見せかけているのだ。
    見てみると私の見立てでは日本で感染したと言ってるものはすべて朝鮮民族の遺伝子を持つ人物らだと思える。
    これはほとんど間違いないだろう。

    日本には日本の国籍をだまし取ってるものや帰化して現状日本人になっている者は2000慢人を超える。
    これとは別にテレビ局新聞社をはじめ大学や公務員を含め企業、医師も含めそこらじゅうで日本民族に化けた本当は違法移民の在日朝鮮民族が存在する。表向き法務省が公表している在日は70万人ほど、そのうちでこれだけ感染者が日本国内で発生している。
    感染者数の全体の45%がこれである。
    残りの55%のものらの中に普通に日本民族ではない朝鮮民族がそこに存在する。
    つまりは私が言ってるようにやっぱり獣の遺伝子を持つ者にしかこういうサーズもマーズもコロナも、これらウイルスは獣の中でしか生きられずに、獣を選んで寄生し、人間の遺伝子しか持っていない者には一切感染していかないという事がよくわかる。

  3. o-kinx より:

    吉村知事や松井市長にお願いします

    国の緊急事態宣言を待ってるだけじゃなく
    大阪府や大阪市で昼間の外出自粛を府民・市民に要請してください

    大阪が独自に昼間の外出自粛を要請することで
    知事・市長の危機感と決意がより住民や国に伝わるのてはないでしょうか

  4. 仲井 より:

    もう一つある。
    こんなこともある。

    一人の人物が、日本国内で戸籍を幾つも持っているという場合がある。
    一人の人物が複数の名前を持ち、それぞれが全く別の人間として国に登録され全く別人として存在しているという内容がある。

    仮に、A という人物が日本国内の或る都道府県で A として戸籍上も国籍も存在し、ところがである、この同じ人物が、全く別の都道府県では B として戸籍も国籍も登録され、、また、別の都道府県でも同じように存在しているという場合があるという問題。

    国籍も住民票も戸籍も全て何の問題もなく日本の中で役所で通用するようにそろっていて、だが、同じ人物が複数の人間として全く違う戸籍上の人間として、日本でひそかに存在しているという場合がある。

    中には日本での在日朝鮮人としての登録もありながら、別には全く存在できないはずの日本人の日本国籍の全く違う日本人国籍戸籍で存在するという離れ業をこなす連中も存在する。

    というまあ普通考えられないことを、この朝鮮民族は平気でやる。

    これは実は韓国では普通に在る話で、いつの間にか戸籍上も全く別人になっていて、ただ単に同じ人物が名前だけ複数持っているというそんな単純なものではなくて、普通に全く別人の戸籍を登録させて法的には全く問題が無いように見せかけて作り替え、何しろ、一人の人物が、複数の人間にもなっていて、全く別の人物として活動が社会でできるようにまでなっている。

    大阪では、大阪で戸籍登録された A で存在し、東京では B として生活し、北海道では C として結婚もし家族も存在し普通に過ごして。
    こういう同じ一人の人間が全く別人の人物として複数の人間に成りすましている事例は多く存在している。

    特に養子だとか養女というごまかせる唯一の機会を巧妙に工作し仕掛けこういう機会の戸籍の変更時にこれをよくやるようだ。
    身寄りのない人物を拾って(密入国させてる場合も)きて、これを養子にして、その時点でそのものの人物を日本の中で戸籍上も家系自体も複数の人物に作ってしまうのだ。

    こういう別人としてのいくつもの戸籍を一人の人物が持つ、複数持っているこういう者は、韓国内には大勢存在しているようだ。
    こういうものに実は犯行を行わせてそれで捜査をかく乱させていくのだ。
    複数の人物になっているので捜査も一人の人物にたどり着くのに難儀な場合が出てくる。
    朝鮮半島民族の国家的犯行などは、実行犯に指示したのがどこかを特定させないために、機密を要するので、ほとんどがこの手口、仕組みを使って犯行後は別に持っている戸籍の人物で悠々と生き延びていくのだ。

    これをまんまと日本ではごく簡単にできるようになっている。
    というのは、日本には国民全体での個人の遺伝子登録を国は義務付けしていないからだ。
    犯罪が表で見つけられても、実行犯が逮捕されていない限り実行犯は別の戸籍の人物として一生死ぬまで生きていく。

    そういう複数の人物として日本の中でもこれが平気で住んで生きている奴は相当いてるようだ。

    別の名前をなぜか正式な手続きを通して持っていて、複数持ち、人物は同じなのに全く違う身元、戸籍から国籍から生年月日らも役所に普通に登録され何の問題もなくそれが普通に行われている。

    ただ単に名前を変えてどこかに潜んでいるなどというものではなくて法的に役所には全く別人として一人の人間が複数の人間になって存在しているという事が起きている。
    だから韓国では普通に家系図を売買する仲介人が大勢存在するし、戸籍の改竄の手続きを普通に商いにやってる連中が存在する。

    マイナンバーカードとこの遺伝子登録は、国民全員に義務付けさせ、これはどんなことがあっても日本で今後これが実は必要になって来るし、今回の事はこのマイナンバーカードを所有するものにしか補填しないという縛りをかければいい。

    ★今回の国民への税での緊急現金支給において、公務員には支払わないという発言が吉村さんから出たことは非常にうれしい限り。
    あと、生活保護受給の人らについてもこれも排除除外するべきである。

    日本でまあありえないんだが、最高裁でも駄目だという判決が出ているにもかかわらず支給し続けている現状受け取っている朝鮮民族他在日外国人への生活保護支給は、当然即刻で排除は当たり前だし、また、日本の国民の生活保護受給者にも、今度のコロナでの特別緊急支援という現金支給は排除すべきである。

    吉村さんも松井さんもちょっと痩せているように思えます。
    バナナをたらふく食べて阿保賀度とミカンで体力を持たせてください。
    橋下さんも大分回復して良くなってこられたようだし、皆さんには本当に感謝しています。

    ★みかん(今は不知火)とバナナとアボガド、アリナミンで体力挽回を。

  5. 仲井 より:

    それはそうと、
    大阪がまだあの平松市長の時代、
    例えば大震災だとかの場合、都心で従事する労働者が自宅へ帰れないという場合の、緊急避難の折に大勢の帰宅困難者が発生したら、その人たちをしばらくの間緊急にその人たちを一時的に預かるというそういうビルなり建物について提供をしてくれた事業者などへ行政としてそのことをお願いに当たって行政から相当な資金が税で補助しますと、その内容で実は莫大な資金が或る所に支払われていたはずだが。

    私の記憶が正しければ、
    大阪の行政が平松の時代に、毎日放送は、MBSの新社屋ビル、このビル建設のタイミングの折だったと思うが、確か大阪の行政からたぶん府か市か、または両方からなのか、確か1億6千万円だったと思うが緊急避難の人らを預かるからという事でお金を税を受け取っていたはずだよね。

    あの時確か緊急時の場合には困ってる上京の折にそういう避難場所がない場合にはその人らを預かるという事でその見返りの名目でそういう1億6千万円がMBS側にわたってるよな。

    今回のコロナの事が起きてまさに大震災と同じくらいの国難になっている折、感染患者を預から施設の確保に行政が必至の状態。
    であればMBSは、誰よりも先に我々でできることはないかを吉村知事や松井市長にまずは自らで声を出してできることをやりたいとなぜこいつら言わないんだあ?

    あれだけの莫大な金額を前渡しで受け取ってるはずだよな!
    大震災は起きていないが緊急避難したい人たちの状況は同じ状況だ。
    ホテルからも断られ行き場を無くした軽症患者さん及び自宅で待っている家族の方らどちらでもいいからまずは何かあずかれる方法はあるか協力できるところはあるかをMBSは自分から率先して知事に提言すべきだろうが!

    いつもの朝鮮民族の、だましてただ金だけ受け取ってハイサヨナラのいつもの手か?

    朝鮮民族丸出しの本性出しっぱなしじゃあないかよ。
    今からでも遅くないぜよ!
    【うちでできることはありませんか?】って吉村知事になぜ自らで声を出さないんだよ。
    知らん顔できるのか?
    毎日放送は、莫大な金をお前ら受け取ってるんだぜ!
    あれって騙し取ってるのかあ?
    いつもの朝鮮民族がやる手口かあ?

    今こそ緊急事態で助ける道はあるだろうが!
    ★本社ビルで軽症患者か、または自宅待機を告げられた患者のご家族かどちらかをさ!数百人預かれよ!

  6. 仲井 より:

    https://www.youtube.com/watch?v=tdvjlXYWB6I

    武田邦彦先生がこんなコメントを出されている。
    医師会、厚生労働省、テレビ局、新聞メディア、
    これに対してどう答えるのだろう。

    日本の医療機関におけるここまでの緊急入院対応について、そのこういう隔離が条件につくような入院可能なベッド数、医療に携わるチーム、これらの絶対枠は、もともと日本は少なかったのか、もともと慢性的に足りていないぐらいの状況だったのか、

    それとも実際は現状足りていて、満たしている状態なのか、
    結局誰もがこのコロナ対応での医師自体が嫌がっていてせっかく満たしているのにそれを故意に拒絶してきているのか、

    武田先生の説明を聞いていると、確かに毎年起きている普通のインフルエンザでの病院が引き受ける、各全国のそれぞれの病院を訪れての患者数、この患者数値は確かに例年普通に病院で1千万人単位以上の患者を診断しこなしてきているはず。
    だが、そのインフルエンザの罹患者数は例年を大きく下回り、今年は今の時点でまだ僅か200万人ほどだという。
    実に例年の5分の1程度。
    風症状で病院を訪れる患者数が今年は激減してすいている状態のはずである。
    800万人も例年よりも患者数が減っているんだから、当然医師は暇を持て余しているはずだ。
    インフルエンザでの毎年発生するいわゆる A 型インフル、B 型インフルでの罹患で病院で診察を受けている患者数は現在までで200万人ほどだという。
    毎年引き受ける患者数値と、今回の診察を受ける人数は格段に少ないはず。

    であれば医師が日ごろ診察をする人数が、
    診察を受ける患者数はここ最近は、特に今年に限っては異常に減っているはず。

    いろいろと分かり始め出した今回のコロナでの国の狡さや、姑息さ、国民を国民と思わず奴隷だと思うこの朝鮮民族支配構造、公務員の世界も医師会の世界も、

    日本民族が立ち返って立ち上がり、一体一律でできる体制に戻すべきだ。
    霞ケ関の朝鮮民族官僚が、日本国民をあざ笑うように糾弾もされず平気な顔をして電通に天下る状況。
    こんなこと許しちゃあいけないんですよ。

    日本は早急に断罪すべきであり日本という国を保全に向けて国民が日本としての誇りの内容に取り戻さねばならん。
    連中の狡猾で卑劣な見せかけの表化粧のいつもの手口、

    日本人にはそれが異様に見えているが朝鮮民族にはまだまだ緩いぐらいのこれからはここに嘘を挟んで国民をだましていくのだろう。
    狡さや肝が座ってもいないただのだまして
    嘘でしのげば国民は犬豚だから別に何ともないと思ってるのだろう。

    それはそうと医学と科学で今回のコロナを検証しているなら早急にやって頂きたいもんだがそこでぜひともやって頂きたいことが羊やオランウータンやラクダから人間が、また逆の人間からラクダや羊やオランウータンはできるのか、生まれだすのかを朝鮮民族の遺伝子でぜひとも解明してほしいねえ。

    これが解明できれば、羊にコロナの遺伝子を入れ込み、そこから人間を作り出し、そこからワクチンを生み出し、それで完璧に抗体の移動移行が普通に可能になる。

    オランウータンも確か絶滅危惧種に設定されるだろうしそうすればあの民族の遺伝子からオランウータンを生んでもらえてそうすると地球上のあらゆる獣についてこれが可能になると思うので、獣について種族の絶滅という内容は死語となるだろうし、そうするとあの半島の民族はもしかすると地球上で一番貴重な遺伝子を持っている生き物に該当してきて、あらゆる絶滅しかかっている獣を絶やせることなく遺伝子の伝達によって、
    生み続けてくれるかも。
    そうするとこの地球上の人類の言葉から、絶滅という文言が皆無になるのでは?

    昔子供のころにはのどがおかしいだとか鼻水が少し出るだとか、こういう時母親は我々子供に対して何をしてくれていたかを日本人ならたぶんほとんどの人がやってもらっていたと思うが、母はいつもそういうとき昔は?本直し、今はもう殆どの人は本直しなど知らなくて味醂と呼ぶだろうが、この味醂を湯呑に少し入れて湯の中に湯飲みを浸けて
    少し温めてくれて(当時は湯銭で)そのかなり熱い目に温めたその味醂を舌でぺろぺろなめろと言われてよくなめさされたもんだ。

    すると不思議と喉の違和感やイガイガや痛みが寝て起きたら収まっていて翌朝は何ともなくなっていたという事がよくあった。
    昔の人の知恵は凄かった。
    県立病院のほうから出張してきている地域を預かる常駐の派遣されている医者など、
    我々の集落からは数キロも離れていて当時は自転車で行っても30分以上かかる距離であった。まあほとんど医者になどかかったこともなかったが当時は赤本というすごい立派な医学書があってそれを見ればおとなであれば、余程のことがない限り殆どの病気は個人個人でも読めばわかるし対処できる状況だった。

    第一学生で田舎を出るまでに風邪など引いてかかったという記憶すらないし家族の兄弟も私が生まれてから卒業する時期まで身の回りにいてた家族及び親族で風邪を引いたという内容は卒業するまで誰も見ていないし我が家には一切なかった。
    ところが卒業して新入社員の入社式の当日の折に本社社屋に向かう途中で船か列車かのどちらかで感染したようで、駅のホームの売店で当時売っていた試験管みたいな形状のガラスのアンプルを購入して一気に飲み干したら一斉に蕁麻疹が出て大変だった。

    口に入れるものが人間の体力と心を保ち、落ちた身体を持ち直す原動力になる。
    塩分控えめは危険ですよ!

    朝、寝起きやトイレで座っていてその場でふらついてしまう人、
    めまいがしてくらくらする人は騙されたと思って一度そういう時には食塩を直接手にとって舐めるか、または、お漬物の塩分の極端に多い物を一口口に入れてみると面白いことが起きます。
    目がさえて頭も足も体もふらつきは一瞬で収まります。

    トイレでくらくらしたら梅干しの辛い物か塩昆布でも漬物でもとにかく塩辛い物を少し一口口に含み飲み込みそのあとから水分を一口飲めばいいです。

    足から腕の先までしゃんとしますから。
    朝の起きがけであっても。

    あとはミカン類のビタミンCとアリナミンでも飲めばそれで十分かと。

    体は医者に任せずにまたテレビショッピングなどでのサプリメントなどにごまかされずに自分の身の回りの食品でも十分に守っていけるのです。
    最初は少し試して二~三日ほどやってまずは試す。
    そうやって見て効果が変わらなければやめる。
    それで違うことをまた試してみる。
    とにかくサプリのような作られたものではなくて、畑や海でとれたもの、天然、自然のものを口に入れる。

    日本人の方、
    普通のインフルは誰でも感染しますので気を付けて。
    コロナについては日本民族には感染しません。

  7. 仲井 より:

    今回のコロナでもたぶんこういう処置が病院では行われていると思えるのでちょっと書いてみる.

    志村けんさんが自宅で呼吸困難になりだし、緊急で救急搬送されたと報道では出ていた。この場合たぶんだが初めのうちは搬送直前の折には多分まだほんのかすかには自力での肺呼吸ができていて、でもかなりそれが自力ではもう困難になりだしてきた時期だったと思える。
    この場合病院に着いた折には多分もう自分で廃棄ができない危機の力を貰わないと肺に酸素を吸入できない状態になっていったと思える。
    この場合自力呼吸が自分ではできない、機械の力でしか肺に酸素を送り込めない状態、いわゆる昏睡状態という内容になる。

    この場合医師は一体どういう判断をするのか、そしてどういう処置をとるのか、素人が病院で身内がそうなったいろんな病気の末期状態にはこういう状態を常に迎えるが、この時医師はここからは患者の家族なり身内の者には多分無理だと伝えそこで何をするかと言えば、最低限の生命が維持できるであろう水分だけをこの意識不明でこん睡状態の患者に与えるという処置をやる。

    生理食塩水というやつだ。
    なんの栄養も入っていない、何の抗生物質も入っていない、ただの食塩水だけを点滴で患者に、もう本当にゆっくりゆっくりと、まるで秒数に一度くらいのゆっくりゆっくりと落ちてくる速度で一回水滴が落ちるレベルの量で患者にこの感じで与える。

    こうなると、こういう先がもう見通せずに或る意味医師が生命の維持は無理と判断した患者(人体の機能としてはまだ生命は何とか他動式で残っている状態で)には、患者へは一日で500CCから1200CCの生理食塩水だけが点滴されることとなる。

    こうなった場合は、もうこの患者への生命維持を医師自体があきらめた、放棄したとみていい。

    この状態では、つまり一日に生理食塩水を500CCだけ点滴で体内に補充する処置をやる場合、この状態であればその患者の命の継続は、まあ大体は早くて4日くらい、遅くても5日までで死亡に至る状況になる。
    また1200CC補充がなされていてしかものどの痰が気管支などでの誤嚥が起きていなくて誤嚥が原因での肺炎状態が起きていなければ10日くらいは命は維持されこれくらいは持つ。

    でもいずれこの生理食塩水だけが点滴で患者の体内に補充される状態になれば、長くても二週間くらいしか命は持たない。
    医師の判断でそういう処置が行われだしたら、その患者さんは長く命が持ったとしても10日から二週間持てばいいところ。

    今後もこのコロナによる呼吸困難での肺炎が起き、酸素での機器吸入処置が行われ意識がほぼ無くて昏睡が状態で起きていれば、亡くなっていくものが出てくると思う医師がこれをやると、患者の命はこれくらいだと、家族親族は思って覚悟しておいたほうがいい。

    中にはこの生理食塩水を故意に1000CCぐらいから早々に500CCくらいに減らして死を迎える期間を早める医師も存在する。命の継続期間の限度、その生命力で持つ範囲の先の答えが医師には少々違えどそれはせいぜい5日か7日程度伸びるだけだというどうせもう同じだと見えているので、無理やりこの状態で長引かせることを医師がそこをとどめるのだ。

    だから栄養も何も入れないし、抗生物質も入れないし、生理食塩水しか与えていないのだ。
    それも1200CCではなくて最低限度も限度の500CCという生命がやっとやっと持ちこたえる水分くらいの量しかわざと与えないのだ。

    入院している病院に行っても、コロナの場合には身内であっても患者に直接そばには近づけないだろうが、度の強い遠近眼鏡でもつけて点滴に書かれている内容の中身を、聞くなりちょっと見れば、その患者の命がいつまでかはほぼほぼ判断可能。

    頑張ってくださいね。
    私自身はこんなことを書いているが内心は非常に複雑でもある。
    日本民族は当たらないことが運がいいのか神様がそうしてくれているのかそこが複雑である。
    国会を見ていると朝鮮民族議員の事で腹が立ち、官僚の手口でまた腹が立ち日本から出て行けとも思うが、その中でももうほんの米粒くらいの者はまだ少しは人間に近い者もいてるだろうというかすかな希望も多少は持っている。
    我々のような一般の国民に、それも個人に向けて私が何をした訳でもない日本の現状を伝えただけでそれだけで殺害予告を送ってくるような連中の民族をやっぱり異常だと普通に思うのは当たり前である。
    普通人間が人間に対して殺害予告など送ってこない。
    それが普通のようにできる民族がこの我々の国日本の国内で平気で存在している事のほうが異常であり日本民族がこういうことをやる連中を日本に置いておいたらいけないんですよ。
    普通ではない獣の世な連中は日本から追い出して出て行ってもらわないとね。
    獣は生まれ故郷の山々の、間を通る荒野の原野で走って逃げる獣や、そこら辺の根っこにつなぐ樹木でも食って生きていてほしいものだ。

    ★普通の人間社会に人間に対して殺害予告をする連中などいらない。

  8. 仲井 より:

    前にエイズが地球上で発生しだした折に、
    あの折にその道の専門家とされる肩書をひっさげて、学者、感染症の権威と言われるものらが「我こそはその道の権威だ」とも思わせてのテレビにもよく出てきて、当時どういうコメントを日々日本で報道ベースで流していたか。

    今でもこいつらはのうのうと存在して肩書は外さずにその道の専門家という状況でのうのうと生き延び、こいつらを当時の事を考えるともう今考えると考えられないようなことをしゃべっていた。

    アメリカで初めころ数10人が発見され、その後1年もたたぬうちに罹患した患者がアメリカだけでも1200人を超えたと。
    これは人類をいずれ破滅させるほどの威力を持ったとんでもないウイルスだと。
    現状日本にはまだ表立って感染したと思える患者はわかっていないが、いずれ日本でももう相当数が発生しそうで、そうなれば日本もだが世界中がとんでもないことになるだろうと。
    人類の存亡にかかわるものすごい脅威が待っていると。

    こういう恐怖心をあおるコメントを、もう毎日のようにテレビシオン分でやりだした。
    そのうちアメリカの発生状況を人数の数値で、今月でもう1000人を超えた、今月はもう1500人を超えた、もう2000人を超えたと、ある意味今の日本でのコロナウイルスの状況と全く同じ報道の仕方をやっている。

    初めこいつらは、
    【空気感染も有る可能性がある】
    【くしゃみ・咳等の飛沫による感染も可能性がある】
    【キスも感染する可能性がある】
    【食事での一つの入れ物から皆がとって食べる相箸も感染する可能性がある】
    【お風呂でも、同じお湯に浸かれば感染の可能性がある】

    ★これってお風呂の内容を除けば、「歯周病菌の感染経路」と同じもんだよな。

    つまりはウイルスというのは、どこからでも入り込む、感染する機会などもう限りないほど存在し、どこにでも要素があるので、人間は常に日ごろからあらゆることを想定して個々がそれぞれで対応するしかないという事になる。

    専門家と称する連中は、
    【感染する内容など日頃の生活の行動の中であらゆるところにあり、どこにでもあり、自分の体調がおかしいと、日頃とちょっと違うなあと思ったらいつもやってるようにかかりつけのお医者さんに相談すればいい事であり、今までもおかしいと思ったらいつも日本では医師に診てもらうって、医師に診てもらいなさいって日ごろ言ってるんだから、これって日本人は普通にいつもやってることであり、おかしいと思えば日本は普通に病院で見てもらえるしそんなに恐怖を煽るだけあおる必要ってあるのかと私などは思う。
    現場の医者らは、これだけを言っておけばいいものを、もう個別の内容を所かまわずあれもこれも感染するからとあおるだけあおって、もう余計混乱させ、そのことがもう回り中を恐怖を与えいらぬ不安感をあをることになる。

    例年であれば、1000万人の治療診断をやっている病院が今回の今年の場合には僅か200万人もまだ発生もしていない状態で診察をする患者数の病院での受け入れは例年よりも極端に減少しており例年の普通のインフルエンザによる病院での患者診療は800万人も今年は減っているのが現実。この中で10000人が死亡していたのが日本で、であればこの死んでいっていた1万人の患者のうち、死ぬぐらいだから相当重症患者になっていたはずであり、ほとんどはおそらく病院に搬送され最後は入院してそれで病院で亡くなってる人がほとんどのはず。

    つまり例年1000万人の患者をインフルエンザだけでも病院は患者のほとんどを一度は最低でも診療を受け付けていて、しかもその中から1万人が死亡して、その死亡するような重症患者を毎年病院は入院させて、そんな状況でも毎年入院が普通にこなせて出来ていたのが今までの日本での医療体制。

    今回新型で感染者数が出ているといっても日本では、まだ1万人にも達していない状況。
    入院しているといってもまだ3000人もいてるかどうかというレベル。この時期なら毎年一万人以上のインフルエンザの患者さんを入院させて対応ができていたのに、わずか2000や3000件の入院患者の治療にもう医師会はパンク寸前だと言っている。

    この状況っておかしくねえのかあ?
    おかしくねえかあ?
    なぜ今回が医療崩壊で入院のベッド数が不足だなどと言ってるのかねえ。

    もうそろそろ事実を出したほうがいいんじゃねえの?
    医師会はすぐにでも会見をして国民に知らせろよ!

    ★【我々朝鮮民族医師は今回の新型コロナウイルスによるインフルエンザの患者さんはお断りします。感染が怖いんです。朝鮮民族には感染するんです、だから怖いんです。診たくないんです。だから現状診察を断っています。こういう場合には、国立の病院だけで診てやってください、私たちは怖くてできません、嫌です】って、お前らはっきり言えよ!

    それのほうが国民は逆にはっきりして安心すると思うが。

    ★自分が日本民族だと思える人はまずは大丈夫だと思ってください、でも日本にいてる朝鮮民族の血が入っている者は、そうだと自分で思える人は、日頃の体調に特に注意をして、何かおかしいと思えば国立の病院で相談してください、われわれの民間の病院ではこのウイルスは朝鮮民族には感染しますので朝鮮民族医療関係者が我々の病院には多く存在していますので感染が怖くて受け付けられません、怖くてできません!】ってはっきりと言えよ!

    自分は朝鮮民族だと、朝鮮民族の遺伝子が自分には入っていると、自分で分かっている人は、医師も含めて医療関係者、これらは、感染する可能性は普通にあるので、徹底して感染しないように生活行動には特に日ごろ気をつけてくださいって、それだけ言えばいい。

    サーズの折も日本民族の患者は発生していない、発生していたのは朝鮮系遺伝子を持つ民族のものであった。
    千だって南朝鮮で大量に発生していたマーズについても日本民族には感染せずに朝鮮民族に大量に発生しているし感染発生源地域が、当時も朝鮮半島であった。同じ時期に南朝鮮では糞便糞尿が水道水に混ざりこみ大量の肝炎ウイルス患者を個の糞便いる水道をのまされたソウル市内周辺で大量に発生している。
    このすぐ後で、全く同じタイミングで昔もこの間も今回もすべてこの水道水に糞便が混ざったという報告の後にこういう新型ウイルス感染が発生している。

    偶然と片付けていいのか。
    3度も同じことが起きた後で必ずこの新型のサーズマーズコロナが発生している。

    誰が考えても同じタイミングで同じように3度も同じことが事前に起こり、そのあとで必ず重なって同時期に発生していれば、発生源の原因が何かなんて誰でも想像がつくだろうに。
    因果関係はもう明白である。
    サーズもマーズも今回の新型コロナも朝鮮の南朝鮮で起こした不祥事が起きてそこから同じように毎回発生している。

    地震だってあれだけ100年に一度同じ周期でとか、200年に一度同じように発生しているから次はいつごろ起きるだろうだとか、これは同じ状況だから次はいつ起きるだろうとか言ってる連中が、これだけ同じ内容が朝鮮の南朝鮮で発生したすぐ後で、全く同じ感染ウイルスが同じことが起きていれば誰でもわかるだろうに。

    アメリカで見るとよくわかるねえ。
    朝鮮民族と中国人がたまってる州のところがもう徹底して感染が広がってるねえ。

    1800年代後半ごろには、中国本土から逃げた中国人はカリフォルニア州には400万人が移住して渡っているし、ニューヨーク州には200万人が移住して渡っている。特にマンハッタンのあの狭い地域にイタリア系中国系が込み合う如くに混ざってあんな狭いところで密集してあそこでアメリカの生活の土台の手始めをやりだした。
    その後サンフランシスコで持ち上がった不良中国人を追い出そうと、【中国人排除条例】が出て追い出されかかったが、奴らは州の法律や市条例を飛び越えて連邦憲章を盾にしての裁判に打って出てアメリカ蓮舫憲章で何とか裁判で勝ちアメリカに残ることができた。

    そこで裁判で勝った中国人が、このカリフォルニアに移住した中国人が、あの日本にもあるがアメリカで中華街を作りその中華街は今ではアメリカ全土で50箇所以上も全国の州に存在させている。

    朝鮮半島人はアメリカにあこがれ日本が朝鮮を併合から敗戦で手が離れたちょうど終戦の時期で、朝鮮人はアメリカサンフランシスコだけでも150万人もの人数がアメリカに渡航しわたり住んでいた。
    これだけの人数があの仮フルに会い周辺でもうすでに朝鮮人はこれだけの人数が住み着いていたのだ。
    そら西海岸のカリフォルニア州と東の海岸沿いのニューヨーク州で、特に中国・朝鮮民族が一斉に入り込んだマンハッタンンでこれだけの新型コロナウイルス感染者が蔓延するはずだよな。

    あの時、あの中国人排除条例が認められていれば当然朝鮮民族も同じように追い出されていたはずでそうすればアメリカでここまで感染する患者などでなかっただろうにねえ。
    お気の毒で。

    朝鮮民族とかかわるともうあらゆることが降りかかり、はらっても払っても奴ら藪蚊のように纏わりついてきてくっついてきてタカるので始末に悪い。
    離れて、これこそ近づかないに限る。

  9. 仲井 より:

    昨夜の東京フジテレビでの夜の「さんまのホンマでっか」を見た方はここにおられるかも。
    そこに「関西弁を研究した学者」という事で出てきた北海道大学の教師が出演していた。
    北海道大学の山下好孝というものが、この関西弁というのはこういう事だという解説をやっていた。

    ここにも私が何度か書いたことがあるが

    ★「関東をはじめ日本中で他と全く違う部分は、大阪弁というのはこういうものなんです」というそこの部分で、
    【関西弁というのはしゃべる初めの一文字目を、第一文字目の文字を高音で発音する特徴がある」と、
    これが関西弁で、そのことで大きくしゃべっているようにも周りには聞こえるんだと。
    こういう解説をやっていた。

    この解説には、
    大阪では、初めの一文字目を高音で発音するというここは間違いなく或る意味正解であるが、だがその解説ではそこが実は全く違う部分があって、全く違うのがこの初めの一文字目を高音で発音してしゃべるのを、ここを、これを【関西弁だと特定】したことだ。
    ここは全くその視点自体が違う。

    しゃべる初めの一文字目を高音でしゃべる特徴というのは、これはその地域の人や、もともと言語にしている民族、その国の人がしゃべる発音の仕方ではない。これは他国から来た人が自分が住み着いた他国でその国の言葉を覚えてしゃべる特徴なのだ。

    つまり現在この関西弁だとか大阪弁と全国で言われるものをテレビでタレントらはしゃべり、テレビや映画でも同じようにしゃべる、この特徴がそこらじゅうで大阪弁として出ていたり、大阪でしゃべっているものらを取り上げて、【初めの一文字目の文字を高音で発音してしゃべっている連中】というのは実は日本に元々は居なくて、日本以外の他国からやってきた民族が日本語を覚えてしゃべっているものであり特徴である。
    だから関西弁だと、大阪弁だとされてしゃべっているあれら連中は、すべて日本の民族ではない遺伝子で生まれてきている民族。

    日本の民族ではなくて、何らかの内容で、例えば密入国もあっただろうし他の理由で日本にやってきた家系を持つものら、他国から日本にきて日本語を覚えしゃべれるようになったものがしゃべっている言葉の発音の仕方があのしゃべる初めの一文字を高温でしゃべってしまうのだ。

    ケントギルバートも、厚切りジェイソンだって、ボビーオロゴンも、パックンも、デーブスペクターもそう、とにかく外人が日本語を覚えてくると間違いなしにこのしゃべり始めの1句の一文字目は必ず高温になってしまう。

     ;花が咲く   →  ”は”なが さく   、、、日本人は日本語で同じ音程で一気に流して喋る

     ;空がきれい  →  ”そ”らが きれい  、、、日本語ではすべて同じ音程で一気に流す

     ;海に行こう  →  ”う”みに いこう  、、、日本語ではすべて同じ音程で同じく

     ;月が出た  →   ”つ”きが でた   、、、日本語は同じ音程で流して一気にしゃべる 

                 ↑  、、、朝鮮民族が日本語をしゃべると、ここの一文字目を音程を高くしてここを高音でしゃべる。

    朝鮮民族タレントを抱える吉本興業が、日本人のしゃべる基本の言葉を、音程を、完全に朝鮮民族のしゃべり方にテレビで変えてしまった。昔の50年以上前の、東京オリンピックから以降の4年間近くを見ると、テレビを見たらよくわかるが、夕焼けにゃんにゃんのような吉本が仁鶴を筆頭に一斉にテレビ番組に出てきだした以前までは、まだ吉本工業がそんなにテレビに出ていないころの日本のテレビの番組を見ていると、こういう今のような朝鮮民族が日本で覚えた日本語のしゃべり方をやっている出演者はほとんどいなかったし、初めの一文字を高温でしゃべるなどという外国人しかやらない会話のしゃべり方は、これは当時の昭和40年代の初めまでは一切やっていない。つまりこの初めの一文字目を高音で発音する特徴でそこらじゅうでしゃべっているようにしてしまったのは、吉本興業のお笑い芸人が、
    ★【これが大阪弁だ、これが関西弁だ、とやらかしだしてからである。

    この時期から日本で出される全国の方言なり言語についての解説本だとか、地方地方の特徴のしゃべり方だとか、こういう学者らが出す方言のしゃべり方と称して出してくるものは、すべてがこの朝鮮民族がしゃべっているしゃべり方を日本語の日本人のしゃべっている方言のようにしてしまった。

    だから現在テレビ局のアナウンサーに出して、しゃべる言葉の発音音程、アクセントなどの出し方の局アナ教育で使われる教本は、すべてが現在はもう朝鮮民族が日本で覚えた日本語がそれが日本語として採用されている教本になっている。
    教える側も朝鮮民族でその教本を出している人物も朝鮮民族という状況にまで今はなっている。
    だから映画でもドラマでも大阪弁と称して出してくる俳優の発するしゃべり方が異常におかしすぎるのだ。
    あれは他国の者が日本語の本当の関西弁をこれを覚えようとして、それがかなわずにでもこれであってると思ってついついああなってしまうのだ。
    現在のテレビでしゃべる大阪弁とされているお笑いの関西の芸人がしゃべっているあれは日本語の関西弁でもなければ第一日本人がしゃべっている関西弁大阪弁ではありません。

    あんな大阪弁私は知りません。
    あんな関西弁は知りません。

    まるでどこかの国からやってきた民族が勝手に日本の言語に近づけようと組み立てたしゃべり方であってあんなしゃべり方をやる日本民族の日本人の者は誰一人いてません。

    ★あれは日本民族が元々しゃべってきた関西弁でもなければ大阪弁でもない、
    訃報に入ってきた朝鮮人らが日本語を覚えようと、成りすまそうと、必死に覚えたのがあれです。
    朝鮮民族が大阪でしゃべりだした朝鮮民族独特のアクセントと音程で喋る特徴のまま日本語を何とか似つかせようとしてしゃべっている言語に過ぎない。

    あれは朝鮮民族が日本で覚えた典型的な彼らが作った関西弁と称するものでありほpン党の日本人はあんな関西弁の発音もしないしアクセントも違うし第一1句、1句に音程を変えての抑揚など一切つけないで同じ音程で1句を一気に流してしゃべるのが関西弁です。

    テレビでの関西弁とされているものはあれは、日本人でもない者が日本人に成りすましての全くの偽物の日本人がしゃべっている状態であり、日本民族の日本人の大阪・関西の人が喋る喋り方の日本語に奴ら朝鮮民族は何とか似せようと、バレないように合わせようと、奴らがやっては見たものの似ても似つかぬものになっていて、全く別物です。
    あれは朝鮮民族がしゃべる大阪弁とされるものであれは、朝鮮語の内容です。

    テレビ局で教育している教本でのベテランのアナウンサーらは朝鮮人がしゃべる日本語を日本語の正しい物だと教えている。
    まあそれも仕方ないんですが教えているベテランのアナウンサー自体が朝鮮民族なので自分も実は本当の日本語をしゃべれないんです。
    だから教えている内容もやっぱり朝鮮民族がしゃべる関西弁になってしまうわけ。

    だから今のようなテレビでしゃべる関西弁とされる朝鮮人がしゃべっている日本語の関西弁などといううものが一切も都から日本にも関西にもなかったもの。

    朝鮮民族が日本で多くが日本人に化けたもんだからどうしても日本語をしゃべろうと覚えたがやっぱりアクセントと音程だけは日本人と同じにはできていないのが現状。

    まあ皆さんもテレビで出てくる関西弁と称してしゃべってる連中を見てみてください。
    そこに日本民族など居ませんので。
    朝鮮民族が大阪弁だと自分らで作った言葉をしゃべってるだけ。
    戦前の大阪にもそんなもんはなかったし戦後の時期に日本の違法に入国してきて日本で日本人のふりをして関西人の土着の日本人のふりをして家系で日本語を覚えた朝鮮民族が日本の大阪でこれは大阪弁だーーって叫びながらそれを真実にしたいがために必死でやっているだけ、今やられてる大阪弁はあれは戦後に朝鮮民族が作った者であり関西弁でもなければ日本の大阪弁でもない、
    朝鮮民族がしゃべりだした朝鮮民族会話のしゃべり方なのだ。

    たまに韓国から来ているタレントが日テレの番組などによく出てくるが今度よく見ておいてください。

    ★彼らは日本語をしゃべるとき必ず【1句ごとの、一言目の初めの一文字目の文字の発音は必ず高温でしゃべります】ので。

    日本人以外で喋れない日本語を覚えようとしたら、外国人は、朝鮮民族、日本語を覚えたらどうなるのかの、一文字一文字のそこの部分での、その文字の発音のところが最大の特徴であり、外国人が日本語を覚えたらこうなるという特徴が見ていたらすぐにわかると思います。
    上念司も、パックン・厚切りジェイソンなど、見ていて、もうそのままですから、

トップへ戻る