【厚労省感染者推計】先週(大阪)吉村知事は批判されながらも自粛を呼びかけた(兵庫)井戸知事は大げさと茶化した(東京)小池知事は知ってて何もしなかった。結果をみれば吉村知事は正しかった、東京は間違いだった。

ここ数日、東京で多くの感染者が確認されています

この状況について、
先週、吉村知事が暴露した厚労省「非公開文書」を元に、高橋洋一氏が分析しコメントしています

【吉村知事が非公開文書を暴露!】「大阪兵庫往来自粛・イベント自粛延長の根拠、衝撃の厚労省試算!」

政治家の判断がいかに大事か
身に染みる動画です。是非ご覧下さい!

(残念ながら転載不可と書かれているのでリンクを貼っておきます)
https://youtu.be/SomvDPwegjo

<<下に続く>>


大阪・関西の方には、是非見て頂きたい動画ですね!

こういう評価は、メディアでは全くされないんですよね・・・

先週、吉村知事には批判もあったけど
今週、小池知事を批判するメディアは、関東の私が知る限りありません・・・

新型コロナ緊急対応策(総額約74億円の補正予算) いち早く実行に移す為、明日3/26に専決処分するそうです! ※専決処分:本来、議会...

追記:東京ほどでは無いですが、感染者は増えてきています・・・引き続き警戒が必要です!
【速報】大阪も吉村知事が『週末2日間の外出自粛要請』…27日12人の感染判明で(MBSニュース) – Yahoo!ニュース

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 椿 より:

    お昼の番組で、
    いつも維新や大阪をこき下ろしてばかりいる番組が、
    今日は【吉村知事の英断】を “賞賛” してましたね。

    「ひるおび」では元鳥取県知事の片山氏や
    もう1人のパネラー(白髪の男性)が、大阪の吉村知事を褒めてました。
    別番組でも尾木ママも褒めてました。

    地方交付税のさじ加減が怖くって、
    他県はアホな国のやり方にでも「ご無理ごもっともでございます」とばかりに、
    【平身低頭】に、従いまくってますが、
    吉村さんや松井さんは【是は是、非は非】、
    【国民に必要な情報はきちんと隠さず開示する】

    それをするには「とてつもなく勇気」がいる事でしょう。

    「霞ヶ関」も「永田町」も “権力を行使する人達” だから、
    裏で物凄い「嫌がらせ」や「イジメ」をすると思います。
    特に、あの二階の老害は‼️

    でも大阪は橋下さんの時代から、
    大阪の首長は、霞ヶ関や公務員を敵に回しても、
    キチンと国民に隠さず情報を開示してくれてます。

    本当にありがとう‼️

    だいたい、どこの国も全く信用してないWHOの指示に、
    アホの一つ覚えのように、必死で従ってる「間抜け政府」や
    「官僚ども」の言うことに従ってたら、大都市である大阪は、
    とうの昔に【オーバーシュート】になって、被害甚大でしたよ‼️ 怒‼️

  2. 名無し より:

    吉村知事。すごい判断だったと思う。
    あの日、「ミヤネ屋」出演時には自粛を言ってなかったのが、
    夕方の「ten」で自粛要請だったわけで、つまり報告あって数時間で判断。
    でも厚労省からは前日に説明あったというから、
    府庁内でわざと止めていて「ミヤネ屋」後に知らせたのではないかと勘ぐってしまう。
    府庁の役人の問題か、厚労省がそうしてくれと言ったのか……

  3. 仲井 より:

    兵庫大阪間の往来を三連休自粛してくださいという吉村知事記者会見の折、兵庫にも同じ緊急性が高まっていると、全国的にもそれが拡大しかけないと、特に兵庫大阪をはじめ東京や大都市で今危険範囲に入ったと、特に首長においては、国民には自治体からそれぞれにあわした注意の喚起が必要だという状況判断の内容文書が、厚生労働省官僚から各自治体首長に届けられて送られてきていたことが、まもなく後になって状況で分かってきた。
    そのことが起きていたうえでの、それを踏まえてのあの時の兵庫県知事としての発言会見内容、危機感などさらさら感じさせずに、「まだそんなに慌てる事無い」と、逆に大丈夫だとも感じさせるメッセージ発信の記者会見をやった。

    あの時の井戸知事の記者会見、
    ★【自治体の先頭に立って決断、指令、指示を出すそのトップがその場でニタニタ薄ら笑いなどできる状況か!】と、当時井戸知事の会見を見て我々は誰もがそう思った。

    その井戸が壇上で大阪府知事吉村さんの行動に対して
    「若造がそんなに焦ってお前何をやってるんだ!兵庫を一緒にするな、まだまだそんな慌てる事無いのに、大阪のトップはまだまだ若いなあ」とでもとれる様な、このタイミングで、自治体の知事を愚弄するようなとんでもない発言と表情をした。

    しかも、その目の前で集まっていた新聞テレビの連中が、
    井戸知事が皮肉な言い回しで、大阪の対応を蔑み愚弄するようにニタニタ笑うということまでやり、そのタイミングで、マスコミメディアの記者連中もそれを見て全く同じ状況でこいつらのほとんどの多くが、一緒に薄汚く笑い声を出していた。

    現状の今日のほうがもっと厳しい展開が起きかかってきている。
    こういう愚かででも薄汚く強欲だけが出てくる自治体のトップは全国にも相当存在する。
    埼玉の大野知事も同じようなもの。
    ほとんど何にも打ち出さずただ国が動くまでほったらかしで一切国民のほうなど向いてもいない。
    連合や組合、朝鮮民族団体に支援されて首長になっている連中には日本の国民など守ろうなどという気持ちなど一切ない。
    むしろ困って国内が混乱し不安に襲わr手国民が日々困ることを作り上げていく方向を故意に組織として各自治体から内部的に日本の役所内から公正公平という内容を瓦解へと工作が続けられている。

    コロナウイルスは最高などというこの本音が普通に出てくるこいつら朝鮮民族の日本における破壊活動、北海道で日本を中国へ売り飛ばそうと活動している連中も、新潟・岐阜・埼玉・兵庫・京都・神奈川川崎・大分・長崎、もう日本の多くの自治体がすでに朝鮮民族の支配下の自治体になっている。
    大阪も一時はもう占領されてしまう直前に行っていた。
    それを一度内部から破壊して新しい大阪の構造を作り出し何とかそこは断崖の直前で踏みとどまった状態。
    まだまだ安心などできる状況ではない。
    経済同友会の事は私が以前ボロカスに書いたことがあるが、小池晃の元秘書だったとされる元日本共産党人物がネット上で明しているが、奴に言わせれば経済同友会のトップが一時期共産党幹部が支配でトップにいてたという。
    まあ最近よく報道で顔と名前が出てきて、大手企業や中小の事業所、個人商店など、これらの面々がよく出てくるがそれらを見てああ日本は日本ではなくなったとつくづく思わされる。
    日本民族がもうほとんどそこに居ないようになっている。
    関電の今度のトップ、郵政事業の経営陣の顔ぶれ、NHKの経営陣幹部の面々、大企業の経営陣の顔ぶれ、もう愕然とする状況。
    今回のコロナでの対応に追われるとされている日本全国の多くの図書館だとか資料館だとか歴史あるとされる神社仏閣だとか、公的機関を含め多くの施設、税金がかなり関係している内容の施設(神社仏閣だってつまりは税金を免れる内容を持つので結局は公的税に関係する施設)
    それら多くの、いやいや、ほとんどの場所がもう日本民族かれ手が離れて税が関係し補助金が打たれて流れる場所はとにかく日本民族の施設長だとか館長だとかそういう責任を預かるトップ自体が、どこを見ても見当たらないほど。

    今回のコロナ対策に協力が必要になる地域地域の小規模での直結しそうな施設、こういう施設ももはや日本民族の手で行われている施設などほとんど存在していないと言っていいほどに裾のほうまでも広く広く税金がこぼれて動いて流れる内容のその受け場所には終戦後朝鮮半島から日本にやってきて日本のこの時代になって、朝鮮民族得意の被害請求という代物にしがみつき、福祉という事が叫ばれる時代に入ってここなら税金が安易に回ってくると、それであれば国民に直接取り立てずとも運営の資金が得られると、善意でやっているを表看板に実は日本の税金を食いつぶしていくシステムの構築に励み、政治の力で朝鮮民族支援の政治家を使えば、行政から湯水のように税金が回って落ちてくると、今回のコロナはその意味で朝鮮民族にすればこの世でチャンスが回ってきたと、これで税金が俺たちに回ってくると、そう思いだしてきている。

    だから朝鮮民族は今回のコロナウイルス大量感染はもう繊細一隅のチャンスである万歳三唱の状況なのだ。

    だから朝鮮民族の日本の議員が、コロナ万歳という形で喜んでいるのだ。
    あの東日本大地震の折も彼らは万歳三唱をやっていた。結果どうなったかと言えば世界から集まった義援金の3700億円の行方はいまだに消えてしまってわからない状態になっている。
    これを、もろ手に泡でつかんだ朝鮮民族は、連中は今回もこのコロナでも万歳万歳で、日本の国から出てくる税金にまとわりついて食いつぶしに奔走していくだろう。

    他国の違法移民の民族がそこで口を開けて税が落ちてくるのを今か今かと待ちかねている状況が今の日本である。

    日本民族はこれで黙ってていいのか!って。

  4. 仲井 より:

    兵庫大阪間の往来を三連休自粛してくださいという吉村知事記者会見の折、兵庫にも同じ緊急性が高まっていると、全国的にもそれが拡大しかけないと、特に兵庫大阪をはじめ東京や大都市で今危険範囲に入ったと、特に首長においては、国民には自治体からそれぞれにあわした注意の喚起が必要だという状況判断の内容文書が、厚生労働省官僚から各自治体首長に届けられて送られてきていたことが、まもなく後になって状況で分かってきた。
    そのことが起きていたうえでの、それを踏まえてのあの時の兵庫県知事としての発言会見内容、危機感などさらさら感じさせずに、「まだそんなに慌てる事無い」と、逆に大丈夫だとも感じさせるメッセージ発信の記者会見をやった。

    あの時の井戸知事の記者会見、
    ★【自治体の先頭に立って決断、指令、指示を出すそのトップがその場でニタニタ薄ら笑いなどできる状況か!】と、当時井戸知事の会見を見て我々は誰もがそう思った。

    その井戸が壇上で大阪府知事吉村さんの行動に対して
    「若造がそんなに焦ってお前何をやってるんだ!兵庫を一緒にするな、まだまだそんな慌てる事無いのに、大阪のトップはまだまだ若いなあ」とでもとれる様な、このタイミングで、自治体の知事を愚弄するようなとんでもない発言と表情をした。

    しかも、その目の前で集まっていた新聞テレビの連中が、
    井戸知事が皮肉な言い回しで、大阪の対応を蔑み愚弄するようにニタニタ笑うということまでやり、そのタイミングで、マスコミメディアの記者連中もそれを見て全く同じ状況でこいつらのほとんどの多くが、一緒に薄汚く笑い声を出していた。

    現状の今日のほうがもっと厳しい展開が起きかかってきている。
    こういう愚かででも薄汚く強欲だけが出てくる自治体のトップは全国にも相当存在する。
    埼玉の大野知事も同じようなもの。
    ほとんど何にも打ち出さずただ国が動くまでほったらかしで一切国民のほうなど向いてもいない。
    連合や組合、朝鮮民族団体に支援されて首長になっている連中には日本の国民など守ろうなどという気持ちなど一切ない。
    むしろ困って国内が混乱し不安に襲わr手国民が日々困ることを作り上げていく方向を故意に組織として各自治体から内部的に日本の役所内から公正公平という内容を瓦解へと工作が続けられている。

    コロナウイルスは最高などというこの本音が普通に出てくるこいつら朝鮮民族の日本における破壊活動、北海道で日本を中国へ売り飛ばそうと活動している連中も、新潟・岐阜・埼玉・兵庫・京都・神奈川川崎・大分・長崎、もう日本の多くの自治体がすでに朝鮮民族の支配下の自治体になっている。
    大阪も一時はもう占領されてしまう直前に行っていた。
    それを一度内部から破壊して新しい大阪の構造を作り出し何とかそこは断崖の直前で踏みとどまった状態。
    まだまだ安心などできる状況ではない。
    経済同友会の事は私が以前ボロカスに書いたことがあるが、小池晃の元秘書だったとされる元日本共産党人物がネット上で明しているが、奴に言わせれば経済同友会のトップが一時期共産党幹部が支配でトップにいてたという。
    まあ最近よく報道で顔と名前が出てきて、大手企業や中小の事業所、個人商店など、これらの面々がよく出てくるがそれらを見てああ日本は日本ではなくなったとつくづく思わされる。
    日本民族がもうほとんどそこに居ないようになっている。
    関電の今度のトップ、郵政事業の経営陣の顔ぶれ、NHKの経営陣幹部の面々、大企業の経営陣の顔ぶれ、もう愕然とする状況。
    今回のコロナでの対応に追われるとされている日本全国の多くの図書館だとか資料館だとか歴史あるとされる神社仏閣だとか、公的機関を含め多くの施設、税金がかなり関係している内容の施設(神社仏閣だってつまりは税金を免れる内容を持つので結局は公的税に関係する施設)
    それら多くの、いやいや、ほとんどの場所がもう日本民族かれ手が離れて税が関係し補助金が打たれて流れる場所はとにかく日本民族の施設長だとか館長だとかそういう責任を預かるトップ自体が、どこを見ても見当たらないほど。

    今回のコロナ対策に協力が必要になる地域地域の小規模での直結しそうな施設、こういう施設ももはや日本民族の手で行われている施設などほとんど存在していないと言っていいほどに裾のほうまでも広く広く税金がこぼれて動いて流れる内容のその受け場所には終戦後朝鮮半島から日本にやってきて日本のこの時代になって、朝鮮民族得意の被害請求という代物にしがみつき、福祉という事が叫ばれる時代に入ってここなら税金が安易に回ってくると、それであれば国民に直接取り立てずとも運営の資金が得られると、善意でやっているを表看板に実は日本の税金を食いつぶしていくシステムの構築に励み、政治の力で朝鮮民族支援の政治家を使えば、行政から湯水のように税金が回って落ちてくると、今回のコロナはその意味で朝鮮民族にすればこの世でチャンスが回ってきたと、これで税金が俺たちに回ってくると、そう思いだしてきている。

    だから朝鮮民族は今回のコロナウイルス大量感染はもう繊細一隅のチャンスである万歳三唱の状況なのだ。

    だから朝鮮民族の日本の議員が、コロナ万歳という形で喜んでいるのだ。
    あの東日本大地震の折も彼らは万歳三唱をやっていた。結果どうなったかと言えば世界から集まった義援金の3700億円の行方はいまだに消えてしまってわからない状態になっている。
    これを、もろ手に泡でつかんだ朝鮮民族は、連中は今回もこのコロナでも万歳万歳で、日本の国から出てくる税金にまとわりついて食いつぶしに奔走していくだろう。

    他国の違法移民の民族がそこで口を開けて税が落ちてくるのを今か今かと待ちかねている状況が今の日本である。

    日本民族はこれで黙ってていいのか!って。

    吉村知事が読売テレビに出演した折、
    兵庫大阪間の往来自粛発表翌日だったか、報道番組に緊急で出演されて出た折にコメンテーターに住田弁護士が出ていた。
    この時の知事の発言をとらえてもう必死で抵抗の発言をしていた。
    いったいどこが気に食わなかったのかを聞いていると、こいつは、
    【兵庫県をいかにも感染が拡大しかかる危険がある地域だと吉村知事が発言したことは、これはひどい】というのが本線であった。
    【兵庫県は縦に長く、なにもそんなに感染者が出ている地域ではないのに、吉村知事は大阪からなぜ兵庫をターゲットにして言うのか、なぜ兵庫なのか、それが悔しい!】と、こうしゃべった。

    こいつ頭壊れてるのかと。
    兵庫兵庫って何を言ってるのか!って。
    現状は日本で一体どういう対策をやるのかs、その対策として大都会の人の動きをまずは制限することに知事は踏み切っただけで何もそれが兵庫が銅の河野などではないにもかかわらずこういう言い回しでまあこんな奴が政治の話行政の話をこれまでコメントで偉そうにしゃべっていたという事。

    こいつにしてみれば兵庫が危険だと言われることが、まあ言えばごく一部分の自分の住んでいる地域の事で感染が広がっているという内容を出さないでくれというレベル。
    日本の弁護士などしていないで朝鮮へ帰れ!

    朝鮮半島で日本より朝鮮のほうが素晴らしいとあっちで叫んでろ!
    自分の住んでいる地域が何か価値が下がるのを嫌だというような感じにしか取れない。
    自分らが人よりも下げられることが悔しいという感覚、

    まさに朝鮮民族にしか働かない直観感覚。

    彼らの命はすべてが自分よりどれだけ上か下かということだけで、これで生きている。
    人よりも自分のほうが優れていると、比べて比べてこいつのほうが自分より優れてるだとか選ばれそうだとなれば、徹底してとにかく自分がはじかれそうで負けそうなら陥れる。

    こういう民族は、今後一切もう日本には来るな!

    こんな奴らこそマイナンバーカードに血液の遺伝子登録で民族判別も入れてほしいねえ。

トップへ戻る