【赤信号・医療緊急事態宣言】吉村知事「できる限り不要不急の外出を控えて下さい!」(12/15まで)

記事をシェアして頂けると嬉しいです

大阪は厳しい状況になっています・・・

ここ数日の感染者数は横ばいですが、重症者はこれからも増える事が想定されます
そうなると、12/3現在、重症病床使用率66.0%(136人)が、さらに逼迫度が増し、最悪オーバーフローとなりかねません・・・

12/15から稼働予定の「大阪コロナ重症センター」が稼働すれば少し余裕が生まれますが、それまでは今の重症病床で何とか持ちこたえなければならない・・・

知事は強いブレーキを掛ける苦渋の決断をしました・・・

12/3大阪府新型コロナウイルス対策本部会議とその後の知事囲み会見動画
(知事囲み会見から再生します。※動画がすぐに削除されてしまうと思います。ご視聴はお早めに…)


再生が該当位置から始まらない時は、こちらをクリック
<<下に続く>>


会議では「大阪コロナ重症センター」を稼働させる為の看護師の手配が議題になりました
他地域でも不足している状況で、確保するに難航しているとの事・・・

有識者から、どうしても日本国内で無理となったら、南半球は今は日本とは逆に夏を迎え、オーストラリアでは感染が収まっている、コロナの治療を経験している国、さらに姉妹都市(クィーンズランド州)を結んでいる縁もあるので、技術の有る看護師を派遣してもらえるよう交渉してはどうか?
との発言

府の保健部長は、海外で働いている日本人看護師に呼び掛ける案を示す

吉村知事は、有識者の意見に対し、看護師が足りないのは大阪だけでなく日本全体の問題なので、国としてするべきとの認識を示し、国同士がお互い助け合うのはコロナと戦うには必要と、国に働き掛けると発言

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る