吉村知事生直撃「重症病床逼迫!崖っぷち!?感染拡大防止も今の知事権限では限界か?」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

医療と経済の両方から悲鳴が上がり、日々非常に重いプレッシャーの掛かる厳しい状況でも、吉村知事、毅然と立ち向かっています・・・

特措法もコロナ重症センターも
この半年間、政府・国会の不作為で、国民と自治体が窮地に立たされています・・・

(知事出演のシーンから再生します。※動画がすぐに削除されてしまうと思います。ご視聴はお早めに…)


再生が該当位置から始まらない時は、こちらをクリック
<<下に続く>>


若者はコロナにかかっても重症化しない
若者世代は、もうコロナは怖くないと思っている!

注意警戒しているのは、(家族や職場)身近に高齢者がいる若者世代の人だけ・・・

高齢者が遠い存在の若者世代の人は、怖くないコロナ、もう自身の生活や余暇を犠牲にしない・・・

コロナが分かってきたゆえの「意識の差」
知事もここが以前とは違い、呼びかけが届きにくくなったと・・・

それならば、あえて極論を承知で言うが
逆に「若者はコロナにかかっても重症化しない」を利用してはどうか?

何に利用するかと言うと・・・
コロナに対応する看護師が足りない問題

コロナ病棟には、看護師をバックアップする清掃や消毒を担う業者が入れず
看護師自らが行わなければいけないので、看護師の負担が増大し人出不足や疲弊に繋がっていると・・・

「若者はコロナにかかっても重症化しない」なら
特に体力に自信のある若者を高遇で募集して研修し、コロナ病棟に入ってもらい清掃や消毒作業に当たらせる

毎日PCR検査して、もし感染してしまったら別の者と交代する
重症化しないなら感染覚悟で人海戦術を取るのも、どうにもならなくなった場合の一案だと思う

でも、たとえ病床がパンク状況になったとしても
今の日本では、こういう手段をとる決断は出来ないのかも・・・

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 椿 より:

    戦わない卑怯者が吉村氏を批判する‼️

    何にもしなければ批判もないが、ただ【停滞】して【衰退】していくだけ…。
    批判覚悟で挑戦し戦うからこそ「原因」や「対応」も分かってくる。

    ただ【放置】して【逃げてる】卑怯者だけが吉村氏を【批判】ばかりしてる。
    詰まらない面子や嫉妬で【不毛な批判】【罵倒】は、人間として恥ずかしくないですか?

    吉村知事が大阪で圧倒的に信頼されてるのは、
    たとえ批判されても虐められても、
    国民の為に必死で考え行動し、実行してるからです!

    そんな吉村知事が、たとえ勇み足で失敗があったとしても、
    大阪人は吉村知事には感謝しかないです。

トップへ戻る