吉村知事「コロナ患者受入に1病床1000万支援→病床逼迫の要因『コロナ受入は赤字増』に対処し民間医療機関の受入を促す」囲み会見

記事をシェアして頂けると嬉しいです

(12/15運用開始:コロナ重症センター)
吉村知事「皆様のご協力で、30床フルで動かす人員の目途が立ちました!

各所の支援もさることながら、窮状を知り、リスクや困難を恐れず応募頂いた方が数多くいた事に、グッとくるものがあります。本当に頭が下がります!


再生が該当位置から始まらない時は、こちらをクリック
<<下に続く>>


【コロナ重症病床確保難航】橋下徹×黒岩知事(神奈川)他「確保できないのはコロナ患者を受け入れると赤字になるから!早急に対応を!」

各所から指摘されていた「コロナ患者を受け入れると赤字増

民間医療機関
使命として受け入れたいのは山々でも、経営を考えれば、断腸の思いで受け入れを断念をしている問題・・・

そうなると、公的な医療機関が担うしかなく、病床逼迫の一因になっています

国が全く動かないので、待った無しの大阪は自身で動きました!

1床1000万円を支給 コロナ対応で協力金―大阪市長:時事ドットコム

大阪の時短要請「再延長の可能性高い」と松井市長 – 産経ニュース

世界(北半球)の状況を見れば、冬になってコロナが再拡大してきています

大阪を見てもGoToを止めた所で、ある程度は下がっても劇的には効果は出てません

もし、季節が起因しているとすれば、感染者や重傷者高止まりが長期化する可能性もある

それに伴い時短や休業要請が続けば、飲食や旅行それに付随する産業は壊滅してしまう

今すぐ、特措法を改正して、強制力を持った感染防止策と補償を出来るようにして欲しい!

やらないのを分かって、言うのは虚しいのですが・・・

 

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る