松井知事「見事なブーメラン突き刺さった」共産府議・政活費領収書偽造に

共産党府議も白紙領収書 23枚121万円分 「自分で書いた」(産経ニュース)

松井知事「志位さんが指摘していた事、そのまま大阪府議がやっていた」

共産府議領収証偽造の件は5:15辺りから

「ブーメラン突き刺さった」 日本維新の会松井代表 共産府議の領収書問題で(産経WEST)

 共産党大阪府議団の朽原亮(くちはら・まこと)幹事長が、政務活動費として支出した領収書に自ら金額などを記入していた問題について、日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事は16日、「見事なブーメランが突き刺さったと思う」と述べた。富山県議補選の応援演説で訪れた富山市内で記者団に語った。

政治資金の領収書をめぐっては、共産党の小池晃書記局長が、稲田朋美防衛相の政治資金収支報告書に同じ筆跡で金額などが書かれた領収書が添付されていたとして追及。「金額を勝手に書いていたら領収書にならない」と批判していた。

こうした経緯を踏まえ、松井氏は「(共産が追及していたことを)そのまま大阪の議員がやっていたということだ」と強調した。

また、朽原府議の問題が発覚したのは「領収書をインターネットで公開しているからだ」と指摘。全国会議員に月100万円支給されている文書通信交通滞在費(文通費)について、「共産党もわれわれと同じように、ネットで領収書を公開すればいいのではないか」と述べた。

維新は、所属議員の文通費の使途報告書や領収書を党のホームページ上で公開している。(引用終わり)

国会にも「江田法案」(文通費使途公開・日割支給法案)を早く導入しないと…
(維新が提出した法律の概要:https://o-ishin.jp/houan100/pdf/detail007.pdf)

もちろん「維新」は有言実行!
法律が出来ていなくても、自主的にネットで公開しています。

文書通信交通滞在費の公開について(日本維新の会)

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る