【周到な連携プレー!?】 9/12報道ステーション「慰安婦問題特集」

記事をシェアして頂けると嬉しいです

朝日の謝罪会見終了後(9時半を目処に切り上げたように見えた)、
他のメディアがあれこれ報じる前に、テレビ朝日:報道ステーションで、かなり時間を割いて、「吉田証言」と「慰安婦問題」の特集を放送しました。

私には、「周到に用意された連係プレー」で、批判の芽を出来るだけ摘んでおこう、とする意図を感じました・・・

8/5の記事が出てから、だんまりだった番組。突然、特集放送に、強い違和感を感じます。
キチンと調査してから報じたかったと弁明していましたが、訂正記事を出した事さえも報じていなかったので、「はい、そうですか」とは納得出来ないですね。

突っ込み所満載でしたが・・・
慰安婦問題を断片的に触れ、何が問題なのか良く分からない人々にとっては、流れを理解出来る特集だったのでは無いかと思います。
古舘キャスターの最後コメントも、大方の視聴者の気持ちを代弁するものだったと思います。

言いたい事は、山ほど有りますが・・・2点だけ。
1つ目、
クマラスワミ氏は、吉田証言だけでなく、韓国人元慰安婦の証言を元にしたと紹介していたが、そうさせるきっかけは、吉田証言があったからではないか?
韓国人元慰安婦らは、日本兵の信じがたい卑劣極まる行為を証言したが、氏は証言の信憑性の確認は行っていないし、また、他国(日本人を含む)の元慰安婦からの聞き取り調査も行っていない。
クマラスワミ報告書(日本語訳)(慰安婦問題アジア女性基金デジタル記念館)

2つ目、韓国政府(および挺対協)の主張は、慰安婦に関する犯罪行為?の国家責任を認め、公式に謝罪し、それ相当の補償を支払うこと。
なので、国家責任を追及し賠償をさせる為、「軍としての強制連行」や「慰安所の軍の関与」に、こだわっている。
国際的な慰安婦問題の見方とは、全く異なるものである事。

また、番組内でも紹介された「アジア女性基金」(日本人による善意の募金も含まれる)は、挺対協などは、日本政府が国家責任を免れる手段として、撤回を求めている。

2点の論拠になるのは、吉田証言が崩れた今、元慰安婦と言われる方々の証言だけ・・・
しかし、多くのものに疑念が生じて来ている・・・

そうなると、挺対協などの団体が、なぜ、慰安婦像建立を進めるのか・・・?
分かる人には分かりますよね・・・

番組では、日韓双方歩み寄れ、などと言ってましたが・・・
とても無理だと思いませんか?残念ですが・・・

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. こう より:

    意外とフェアでしたね。(もともと期待度低かったからですが)
    もちろん、突っ込みどころはたくさんありますが、
    「いろいろな意見はあるが、私は~という立場をとる」という言い方
    はよかったんじゃないでしょうか?

    ただ、日韓合作であるという話はあまり出て来なかったし、吉田氏以外の論拠の有無が示されなかったのは残念。

    改めて思うのは、「日本も悪かったが、アメリカやヨーロッパの国々はどうなんだ」という論なら戦えそうかなということですね。

  2. こう より:

    ついでと言っては怒られますが、この機に堺市長選の広告問題も謝っちゃえばいいのに、と思います。
    朝日の立場で言えば、今ならダメージも少ないですし、どうせ社長は退任するんでしょうし、現場の記者もやりやすくなると思うのですが。
    (ただ、南記者は嫌いですが…)

トップへ戻る