「停電テロ」発言で釈明 古賀茂明氏 実は想定通り!?

記事をシェアして頂けると嬉しいです

私が思うに、古賀氏は、こうなる事も予想して発言したのではないかと思ってます。

「停電テロ」と言う言葉を使った事によって、多くの人の耳目を集め、
結果的に、関電が「本当に」意図的に停電を起こす事が出来ない状況になりました。

橋下さんの様に、過激な言葉を使う事によって、メディアの注目を集め、関電を牽制したわけです。
その事により、プランC(停電テロ)が不可能になり、より再稼動に傾かざる負えなくなったのでしょう。

参考記事はこちら(関西電力・経産省が描く、原発再稼動への『最悪』のシナリオ!? 古賀茂明氏

引用

「停電テロ」発言で釈明 大阪府・市特別顧問の古賀氏

大阪府と大阪市の特別顧問を務める古賀茂明氏は29日、関西電力が原発を再稼働させるしかないという状況をつくり出す「停電テロ」を仕掛けようとしている、との趣旨の発言を民放番組で行ったことについて、真意が十分に伝わらなかったと釈明した。

古賀氏は同日、大阪市内で開かれた府と市の有識者で構成する「エネルギー戦略会議」に出席後、記者団に対し「経産省と関電が去年の夏から(今年の)春にかけて(電力確保のために)ほとんど何もやっていなかったのではないか、ということを言いたかった」などと説明した。(時事通信 5/29)

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. まとめwoネタ速neo より:

    まとめtyaiました【「停電テロ」発言で釈明 古賀茂明氏 実は想定通り!?】

    私が思うに、古賀氏は、こうなる事も予想して発言したのではないかと思ってます。「停電テロ」と言う言葉を使った事によって、多くの人の耳目を集め、結果的に、関電が「本当に」意…

トップへ戻る