山田京都府知事「原子力安全のシステムが機能しない状況の中で再稼働を判断する時期を迎えた」

引用

山田啓二京都府知事、大飯原発再稼働に懸念表明

 京都府の山田啓二知事は28日、東京都千代田区の日本記者クラブで講演し、関西電力大飯原発3、4号機(福井県)について「国の原子力安全のシステムが機能しない状況の中で再稼働を判断する時期を迎えた」と述べ、一連の政府の再稼働に向けての動きに懸念を表明した。

 細野豪志原発事故担当相は経済産業省原子力安全・保安院に対する国民の信頼低下を理由に「安全基準の策定は原子力規制庁の設置まで待ちたい。今はできない」と説明したといい、山田知事は「二の句が継げなかった」と政府を批判した。

 「関西はこれから大変厳しい状況になる。政府は暫定的、限定的な判断をいかにするのか明らかにしてほしい」と求めた。

 さらに「フライング気味だったが、橋下徹大阪市長の『臨時稼働』という言葉は、表現に違いはあるが、関西の知事は大体このような思いでいる」と指摘。自らの原発に対する考え方は「『縮原発』。即廃止はできないだろうから、新しいエネルギーに替わるまで、安全を確認しながら一定(程度)の原子力を使っていかざるを得ないのではないか」と説明した。

 また「風向きによっては大飯、高浜原発が事故を起こしたときに京都府が大変な被害を受ける。福井県の問題と言うのは無理がある」と述べた。(スポーツ報知 5/28)

ソース元は以下の動画です。

今の政府・保安院の矛盾を、的確に理路整然と指摘しています。
この観ると、政府のやろうとしている事が、いかに「むちゃくちゃ」で「ごまかしだらけ」かが分かります。
関西圏にお住まいの方、観ると恐ろしくなりますよ!

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に(市・2020年4月より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. まとめwoネタ速neo より:

    まとめtyaiました【山田京都府知事「原子力安全のシステムが機能しない状況の中で再稼働を判断する時期を迎えた」】

    引用山田啓二京都府知事、大飯原発再稼働に懸念表明 京都府の山田啓二知事は28日、東京都千代田区の日本記者クラブで講演し、関西電力大飯原発3、4号機(福井県)について「国…

トップへ戻る