〈オバマ大統領広島訪問〉「原爆投下は戦争を終わらせるために必要だったというのは幻想だ」オリバー・ストーン監督

米オバマ大統領が被爆地広島を訪れる事が決まりました。

改めて「原爆投下」について考える意味で、2013年8月に書いた記事を動画リンクなどを直して再掲したいと思います。

(引用)
原爆が必要だったというのは幻想…ストーン監督(読売新聞 2013.8.5)

 「プラトーン」「JFK」などで知られる米国の映画監督オリバー・ストーン氏(66)が4日、広島市内で読売新聞のインタビューに応じ、「原爆投下は戦争を終わらせるために必要だったというのは幻想だ。(米国人として)被爆者に謝罪したい」と語った。

 ストーン監督は昨年、第2次大戦前夜の1930年代からオバマ大統領登場までの米国の現代史について、独自の視点で描くテレビドキュメンタリーシリーズ「もうひとつのアメリカ史」を制作。その中で、原爆投下はソ連(当時)へのけん制が目的で軍事的に不要だったと主張している。今回は原爆忌に合わせ広島、長崎を初めて訪問、被爆者との対話などを予定している。

 インタビューで、ストーン監督は、原爆を投下した米国は英雄であると教わってきたと説明したうえで、「80年代までそうした幻想に疑問を差しはさむことはなかったが、歴史をもっと深く見るようになった。私は歴史に対して建設的でありたい。日本の人々も、米国の神話を受け入れず、なぜ原爆が落とされたのかを学んでほしい」と話した。(引用終わり)

「もうひとつのアメリカ史」
アメリカがこれまで歩んできた道を考える上で、示唆に富んだドキュメンタリーだと思います。
(「小さな出来事が、後々大きな歴史に影響を与える」と言うのも非常に考えさせらましたし、現代においても同様では…と感じました…)

原爆が、どの様な経緯で投下されたのか?
日本人にとって知っておかなければならない事実ではないでしょうか…?

(内容抜粋)
マッカーサー元帥
原爆は軍事的には全く必要なかった。アメリカが天皇の地位を保証していれば、日本は5月にも降伏していた

原爆によって、米兵の犠牲を免れたと推定できるか?米トルーマン大統領の発言
1945年8月:数千人
1945年12月:25万人
1953年1月:(日米合わせて)100万人
1959年4月:(日米合わせて)数百万人

1991年ブッシュ大統領「数百万人ものアメリカ人の命を救ったと賞賛

オリバーストーン・もうひとつのアメリカ史(第3話)「原爆投下」


※二ヶ国語の放送(ストーン監督本人のナレーション)ですので、片方のボリュームを絞ると聴き取りやすいと思います。

P.S.
この訪問、大統領選本選に影響・・・もしくは、民主党サイドの意図があるんでしょうかねぇ・・・?

関連
オリバーストーンと語る「原爆×戦争×アメリカ」 動画

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間約5000万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る