公職選挙法とインターネットについて

選挙期間中に、このサイトを更新するのは問題無いと思っています。

調べた所…
してはいけない事として、
「第三者による特定候補の応援サイト開設」と言うのもありますが、
橋下さんは、今回立候補していないので該当しないと思います。

ただ、特定の候補・政党への投票呼びかけはアウトみたいです。
気を付けたいと思います…

PS.「学生維新の会」がHPの更新をSTOPするとの事なので不安になりまして…

追記12/4
記事書き込み後、よくよく考えてみたら、今まで著作権的に問題の有りそうな動画とか、バンバン、リンク張ったりしてるんですよね
今更、公職選挙法とか言っても遅いですよね…
失礼致しましたm(__)m

あからさまな事は、する積もりはありませんが、非公式ならではの、かゆい所に手が届く的な感じで、これからも橋下さん・維新の政治理念・政策その他を、より多くの人々に知って頂ける様、様々なニュースソースを紹介して行きたいと思います。

スポンサーリンク

日本維新の会」 「大阪維新の会
・幼児教育から大学(私学を含む)まで、口だけじゃない本気の「教育無償化
・将来、不安な年金を、公平で確実にもらえる「積立式の年金」に転換
・少子高齢化に対応し、地域の創意工夫でさらに持続発展できる社会をつくる
・何でも反対だけの無責任野党ではない「提案型責任政党」。しがらみだらけの自民党には出来ない改革を法案にして提出【身を切る改革、維新だからできる。100本法案

【他党が賛同せずとも、公約通り、身を切る改革を実施】
※維新の全国会議員は、歳費の20%を被災地に寄付しています(合計年間5616万円)
衆院選後は、他党が賛同しなくても、公約通り30%削減(寄付)必ずやります!
【しがらみは排除!】企業団体献金も一切受けていません
「維新」がこれまで行ってきた改革の数々

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事を拡げて頂けると嬉しいです

フォローする

トップへ戻る