全政党にLINE公式アカウント ネット選挙運動解禁で無償提供

「LINE」太っ腹ですね!
選挙に新しい風が吹く可能性を感じます。
政党の取り組み方で、与える印象に、かなり差が出るのでは…
維新も上手く利用してもらいたいです。

橋下・石原両代表のスタンプとか作ったら、面白そうですね
登録者数が、一気に増えるかも…

(引用)
全政党にLINE公式アカウント ネット選挙運動解禁で無償提供

 インターネットを使った選挙運動を、今夏の参院選から解禁する公職選挙法改正案が19日にも可決・成立する見通しとなったことを受け、LINE株式会社は17日、全政党に無料通話&メッセージアプリ「LINE」の「公式アカウント」を無償提供すると発表した。

 LINEの公式アカウントは、大手企業や首相官邸などがプロモーションや情報発信に利用するサービス。公式アカウントをフォローしているLINEユーザー全員に直接、一斉メッセージを送ることができる。50社以上が開設しており、例えばローソンの公式アカウントはユーザー680万人が登録している。

 法人が公式アカウントを利用するには通常、350万円以上の月額料金が必要だが、LINE社では「国内人口の3分の1が利用している。国民の政治への関心を向上させ、投票率増加に貢献したい」として無償で提供する。公明党は廉価版サービス「LINE@」を開設しているが、これを無償で公式アカウントへ移行するという。

 LINEのユーザー数は世界で1億3000万人、国内で4500万人を超えている。
(産経新聞 4/17)

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

トップへ戻る