福島原発 事故前の「原発マネー」の恩恵

7/29朝日新聞の原発事故に関する長期連載「プロメテウスの罠」より

(引用)
原発城下町:10 入学支度金5万円
 前大熊町長の志賀秀朗(81)は1931年、旧熊町(くままち)村の農家の長男として生まれた。

 のちに福島第一原発が建つ場所は軍の飛行場だった。練習用の赤い飛行機が飛ぶのを眺めて育った。

 一帯は貧しかった。農家では食えず、男たちは農閑期には東京に出稼ぎに行った。

 54年、合併で大熊町が誕生する。父は農業のかたわら、町の収入役を務めていた。職員給与や業者への支払いで現金が足りなくなると、「話はつけてあるから」と町外の商人へ借りに行くよう志賀に命じた。

 志賀は20歳代だった。農業の合間に125ccのバイクにまたがって受け取りに行った。ある時は15万円、ある時は10万円。町職員の月給が1万円ぐらいのころだった。

 原発を造るため、64年に東京電力が福島調査所をつくった。志賀はその臨時職員になった。2年前に町長になった父に、「これからは給料がもらえる職に就け」と勧められた。

 まもなく正社員になる試験があった。簡単な筆記と面接。面接では志賀に6人の子どもがいることが話題になった。志賀が「自然に逆らわないので」と答えると、面接官は大笑いした。東電の正社員になった。

 71年、第一原発の営業運転が始まる。農家は次々に原発関連の仕事に就き、出稼ぎをする人はいなくなった。県内でも貧しいとみられていた大熊は活気づいた。

 87年、東電を退社して町長選に出馬し、当選した。父が町長だったこともあり、周りから推された。「べつに東電から町長になれといわれたわけではない」と振り返る。

 町長になると、交付金や東電の税金など「原発マネー」の恩恵が、平等に行き渡るよう気を配った。

 小学校に入学する児童には支度金として5万円を支給。

 医療費は中学3年まで無料。

 文化センターを建て、コンサートのチケット代は半額を補助。

 下水道料金はよそのほぼ半分。

 「避難先で町民は『請求書が間違ってるんじゃないか』って思うらしい」と志賀は笑う。それだけ大熊の公共料金が安く、暮らしやすかったということだ。

 先の展望は見えないが、志賀には東電を責める気持ちはない。

 「復興の資金を考えたら一企業を責めてどうなるものでもない。俺が総理大臣なら国民に『未曽有の災害なので、みなさんに税金でお願いします』というのにな」
(朝日新聞 7/29)

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・大阪府大・市大授業料無償化(2020年度より)
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・中3まで医療費実質無料(高校生は1回500円)
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログをフォローする

トップへ戻る