【任期中、今回が最後】橋下市長 定例記者会見 2015.9.16

「内容」
(市政関連)
・女性の活躍促進の取組を加速化します
・ナイトzooのご案内
・サンフランシスコ市へ送った慰安婦に関する公開書簡が、資料として採用されました。
(慰安婦の碑または像の設置を支持する決議に関して)サンフランシスコ市議会へ公開書簡を送付しました(大阪市HPにリンク・和文有)
・銭湯の水道特別料金について
・質疑応答
(市政以外)
・質疑応答

定例会見は、これが最後になるそうです。
今後は、週1回のぶら下がり取材で対応するとの事です・・・

最後との事でしたが、いつも通り、いくつもの示唆に富んだ発言がありました。

維新分党に関して(1:09:38頃) ここから続く安保法制の話も必見です!

「逃げないメンバーで固める。芯を強くする。
いざと言う時に逃げるかも分からないメンバーを1万人集めても、そんなのは大した組織にはならない。
いざとなったら逃げるような1万人よりも、絶対逃げない10人の方が強い。
・・・
「金なんか全部向こうに渡したっていいんですよ!
創業者としての自負はあるが、税金でつくった組織。私物じゃない。
民主党か何かから来た人が、金から何から全部持って行くって言うんならそれでもいい。そんなセコイことは言わない」

まさに、一騎当千。
こんな事を言える政治家は、今の日本には、やはり(残念ながら)この人しかいないですね!

橋下さんを「壊し屋」と揶揄するメディアがありますが、
これまでの結党・分党の経緯・・・
1つ1つ見れば、その時その時の置かれた状況で、最善を選んできた結果でした。

橋下さんの人気を利用された感はありますが、
維新も、そのおかげで国政での経験も積むことが出来たし、従来型国会議員の本質も知る事が出来ました。

分党のたびに「ふるい落とし」が掛かられて、橋下さんの言う、逃げないメンバーが少しずつ増えて、芯がしっかり固まりつつあるのかなと感じます。

橋下さんが話した、「政府案」と「維新案」の違いは、藤巻議員がブログに端的わかりやすくに表現しています。
政府案:「世界の警察の役割を果たす米国への配慮」
維新案:「あくまでも我が国の防衛に関しての米軍への配慮」

まあ、今更なんですがね・・・

関連
橋下市長「維新政治は第2ステージへステップアップする。僕が代表の第1ステージは終了」9/16のツイート
橋下市長「デモの人数にこだわっている人達。一度、皆さんの人数で、同じ考えの国会議員を何人当選させることができるか挑戦して欲しい。」9/6のツイート
橋下市長「日本は選挙というものを重視しない国だな、とつくづく感じた。安倍総裁の無投票当選について批判の嵐」9/10のツイート

「維新」「増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    何と今回で定例会見は終了ですか!・・・本気で残念に思います・・・むしろ任期まで毎週やって欲しいなって思ってたくらいですから(苦笑) 動画少し見ましたが、相変わらずMBS(笑)のオクダは意味不明ですな。自分から質問しておいて「その話は何回も聞いたからもういいです!」は無いだろこいつは。オマエが中居も同じ質問するから同じ答えになるのを分かってないのが痛過ぎる。

  2. 大阪府民 より:

    柳本市議出馬決定みたいですね。それも無所属で。どこまで汚いでしょ。民主、共産は支援するみたいですが、公明も応援で出馬することに決めたのでしょうか?

    知事市長で、一勝一敗だったら都構想も終わり。大阪も終わり。本当に昔のように戻りそうですね。全国でも例のみない凄まじいことになりそうです。維新は、吉村市議かな?もしそれなら名前をどんどん売っていって、当選してもらいたいです!!市民府民がどのような判断をするのか…。大阪維新の会を応援するのって、心臓に悪いです。これだけ改革する橋下市長尊敬します。市民府民本気にならないと。

トップへ戻る