【今週もキテます!】橋下×羽鳥の新番組(仮)「舛添都知事高額出張費、保育園問題他」2016.5.2

記事をシェアして頂けると嬉しいです

今回もいいですね(^^)b

テーマは「舛添都知事高額出張費、地方議員不祥事、保育園問題、熊本地震窃盗」


(動画が削除されてしまう場合があります、ご視聴はお早めに…)

「保育士不足の原因は、保育士の配置基準と保育士資格の硬直性にあることを、国会議員は誰も指摘しない」3/18,19のツイート

予想通り、麻木久仁子氏とバトルになりました。

この動画を観れば、そうなるのは当然ですよね・・・
青山繁晴氏が東国原氏と大バトル!?「えらいこっちゃ 生SP」 2016.1.9

これでも、(トーク)相当カットになってるんでしょうね・・・
でも、この路線でガンガンいって欲しいです!

たけし、被災地での空き巣に激怒「あいつら射殺しろよ」(サンスポ)

カットになった所、テレビでは言えない所は「有料メルマガ」で・・・と言う形でしょうか(^_^;)
「橋下徹通信」(プレジデントオンライン・メルマガダイジェスト)

関連
橋下氏と「共演NG」だったと言う「評論家M」 その原因は、この動画!?
橋下×羽鳥の新番組(仮)「特別編」 2016.5.1
(保育園落ちた)「かわいそうに、安倍首相、保育園なんとかしてやれよ!・・・でもウチの近所には作るなよ!」そして、抗議殺到・・・

(撮影5分前)橋下さんと新番組 テレビ朝日・樋口圭介(朝日新聞)

(引用)
冬のある日、「4月からハシモトさんの番組をやるぞ」と上司から告げられ、思わず「どのハシモトさんですか?」。昨年12月に政界引退した橋下徹氏。「橋下さん司会でバラエティー」「相方は羽鳥慎一さん」決まっていたのはこれだけでした。

とりあえず大阪へ。これまでの報道イメージから「怖い人だったらどうしよう」とビクビクしながらレストランで打ち合わせ開始。しかし橋下さんは終始穏やかな口調で、和気あいあいとした雰囲気。気になるニュースの話からご家庭の話にもなり、一番盛り上がったのは「飼っているカメが大きくなって、育てる場所に困っている」という話でした。

政治家時代も365日怒ってたわけじゃないんですよ、と橋下さん。そんな中、お店の方が私たちを見て「今日は随分と若い政治家さんですね」と。「いえテレビ局です」と答えると、「では記者さん」。やはり橋下さんと言えばまだまだそんな硬派なイメージ。「これからバラエティーを作るんだ」という使命に、身が引き締まる思いがしました。(ゼネラルプロデューサー)

テレビ朝日系の番組の舞台裏を、制作者が紹介します。(引用終わり)

 

「維新」「借金減らし増税なし」で大阪でやったこと
・私立高校無償化
・幼児教育無償化
・小中学校給食を無償に
・中学生塾代助成制度(月額1万円)
・0歳から高校生まで医療費1日500円(3日目から無料)
・大阪府大・市大授業料無償化
・授業用タブレット導入とクーラー設置
・水道料金値下げ
・特別養護老人ホームの整備促進・入居枠大幅拡大
 など
「維新の会」が、これまで行ってきた改革の数々

日本維新の会 – 未来共創ラボ produced by 日本維新の会 – DMM オンラインサロン
「未来共創ラボ」は、参加者が国会議員、首長、地方議員らと一緒になって日本の課題解決のための政策をつくり、実際に議員立法や国会質問を通して国会に政策提言をしていく日本初の新しい政治参加の仕組みです。

ブログランキング参加中、応援クリックが励みになりますm(_ _)m
にほんブログ村 政治ブログ 政治情報へにほんブログ村

記事をシェアして頂けると嬉しいです

ブログ・SNSをフォローする

コメント

  1. 京都の住人 より:

    麻木女史では無理があるでしょう。スキャンダルから名誉挽回することに必死なだけに、むりに目立とうとし過ぎ(笑)橋下氏、民間人になったことですし、共産や民進から洒落の効いた議員を呼んだ方が面白いのにねえ。新聞記者に声掛けても面白いし、朝日新聞紐付きのコメンテーターもいいかも。このままじゃ視聴率が心配ですね。

  2. いい加減にしなさい より:

    番組の中で野々村さんが「西宮維新の会」という全く関係の無いのに紛らわしい名前で当選したという話が出てきましたね。

    実際にあちこちの地方選ではそんな「地名+維新の会」といった紛らわしい間違え票狙いの候補者が何人も出てきていますし、結構勘違いをして投票されている方もいるのではないでしょうか。

    そこで重要なのが「おおさか」という文字なのかもしれません。
    大阪の改革理念という側面もありますが、大阪以外の選挙区で「おおさか」なんて名前をつける候補者はいないと思われますし、しかも、ひらがな、でなんて!

    ある意味、政党名がしっかりと浸透するまではこれほどの判断材料は無いと思います。

トップへ戻る